現在、月・木・土曜日と主に小学2~3年生のコーチをしてるんですが・・・すぐに飽きてしまうし、あまり話も聞こうとしません。何とか興味を持たせようと努力はするんですけど、先週やった練習をまたやらせると「また~?!」とか言われてしまいます。レベル的には下の方の子達を見ています。ドリブル・キックなどに分けて楽しくできるようなメニューや教え方をぜひ、教えてください。
 あと、今まで、少年・少女の試合の審判をした事ないのですが、高校生や大学生と同じようにやっていいのですか?!分かる方、ぜひ教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も毎週小学2年生を20人ほどみています。

やっぱり教える側の悩みはみな同じなんですね。具体的な練習メニューは様々な参考書や他チームの練習から学ぶしかないでしょう。それにチーム全体を通して今の学年でどこまでを習得させるのかということがポイントですよね。
私の場合はとにかく子供たちに遊ばせることで、まずは本当にサッカーを好きになってもらえるように心がけています。学年の変り目に「もう、や~めた!」なんてのはこっちとしても淋しいですからね。そのために私は子供たちに混じって子供たち以上に走り、汗をかいています。(自己満足かもしれませんが・・・・)
それからすぐに飽きてしまうのはある意味では仕方がないことだと思います。そこで学校の授業がだいたい1時限40分くらいだと思いますが、この40分をひとつの目安として練習時間を組み立てています。これからの季節は当然こまめな水分補給が必要ですが。
審判についてはとにかくゲームの流れを寸断しないことに気を配っています。
オフサイドなども積極的にアドバンテージをみて、むやみに笛を吹くことはつつしんでいます。また、小学生ではそれほどカードを出すことも少ないとは思いますが、高校生や大学生と違って小学生にはカードを受けること自体かなりショックがあるようですので、事前の口頭での注意はもちろんのこと何故カードを出したのかを当の子供にもベンチにも明確に知らしめるジャジメントは必要不可欠ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。秋には、チームを見てもらうかもしれないと言われてしまいました。けっこう不安です。また、意見お願い致します。

お礼日時:2001/05/24 15:51

難しいですね。

勝負に対する意識が薄いんじゃないかって思います。でもまだちっやいですからね。最後に紅白戦やミニゲームやるっていうのはどうでしょう?もーやってるかもしれませんが。練習をしっかりやらなかったら紅白戦やミニゲームをしないよっていったりするのがいいんじゃないでしょうか。サッカーで一番たのしいのはゲームだと思うんで。最後に審判についてですがファールはしっかりとったほうがいいと思います。とらなかったら昔同じことしたのに何で今はファールになるんだとか思ったりすると思うので。やっぱりなにがファールなのかしっかりわからなければいけないと思います。ただカードはださなくていいんじゃないでしょうか。注意すればいいと思います。次ぎやったらイエローだよとか
    • good
    • 0

tez3さんの言うとうり勝つための練習と認識させるのが


良いと思います。
方法として、こんなやり方はだめなのかも知れませんが、
試合をしてコテンパンに負けると言うこ事が
必要なのかもしれません。
僕自信、小学校1年の時からサッカーを始めて、
負けて悔しいと言う事を感じてから練習に真面目に
取り組んだと言う経験があります。
 あと、審判ですが多少甘めにジャッジするほうが
いいかもしれません。甘めにと言っても、
悪質なファールに関してはしっかり取る、
元気が有りすぎるがためのファールは流すと言った
感じで言いと思います。
偉そうなことを書きましたが役に立ったら嬉しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

子供達は、練習をしてるじゃなくてされているという気持ちが多少あるんだと思います。もっと自らやれるメニューを考えていきたいと思います。ありがとうございました。また、何かありましたらお願いします。

お礼日時:2001/03/15 00:44

釈迦に説法となりそうですが、子供(大きく括れば後輩)達と接する時に私がいつも心掛けていることは『彼等に考えさせ、それが効果をあげるように補佐してあげる』ことです。

(偉そうに聞こえたらごめんなさい)

サッカーをやっているならば、ゲームには勝ちたいはずです。
『勝つためにはどうするのか』→『シュートを決める』→『シュートの練習をしよう』
当たり前の事ですが、教える側はこの経過を忘れて「シュート練習」を始めてしまいがちです。ひとつひとつの練習の意味を考えさせられれば良いのですが、飽きっぽく、動き回りたい子供達にそれをさせるのは正直しんどいでしょうね…。
彼等に勝つためのビジョンを発想させ、その手段を考えさせ、その練習を考えさせ、もちろん良いアドバイザーとしての「コーチ」の考えをまじえて、メニューを考えてはいかがでしょう。
『今日の練習は僕が考えたんだよ』なんて子供が思ったとしたら練習の身の入り方も変わるかもしれませんね。

「少年サッカー」で検索をかけると結構HITします。
他のチームの関係者の方々と意見交換されるのもよいのでは?

参考URL:http://home.interlink.or.jp/~ishimori/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。子供達にもう少し考えるという事をさせてみようと思います。また何かありましたら、よろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/15 00:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浦和レッズの西川選手や、青森山田高校の廣末選手のような低く速いパントキックや普通のキックはどのように

浦和レッズの西川選手や、青森山田高校の廣末選手のような低く速いパントキックや普通のキックはどのようにすれば蹴れるでしょうか。
練習しているのですが全く蹴れません。
その練習ばかりしていたら今度はゴールキックが全然飛びません。
低い速いキックの蹴り方、ゴールキックを飛ばすコツや練習メニューを教えていただきたいです。

Aベストアンサー

右利きだとすると、蹴る方向のほぼ横向きに立ち、左手でボールを離します。
体を横に寝かせるような感じにして、蹴り足は振り子ではなく地面と水平か、もしくは下向きに振って蹴ります。
この時若干アウトサイドキック気味にするとボールに逆回転が加わり、低い弾道でも飛距離が出せます。
最初はなかなか難しいですが、練習あるのみです。
この動画の6分15秒あたりからが参考になると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=GuPYA9HnOJ0

こんなに正確にできたら良いですねー
https://www.youtube.com/watch?v=N9_0vrzlPAc

Qスローワー交代の重要性・ポール際の選手の必要性・ゴールキックの位置

サッカー未経験者ですが、TVでサッカー観戦をしていて気になりました。

(1)スローインをしようとする選手を味方選手が呼び止め、スローインを代わる光景があります。
 場合によっては攻撃を遅らせてまで代わっています。
 ロングスローの場面なら分かるのですが、投げる・受ける側が誰かというのは、そんなに重要なのでしょうか?
(2)コーナーキック時に、ゴール内のポール際に立っている守備側の選手を見かけます。
 その選手の役割はどのようなことなのでしょうか?
 また、どのような選手がそこへ立つことが多いのでしょうか?
(3)ゴールキックを蹴る際にボールを置く位置は特に決まっていないのでしょうか?

些細なことですが、変に気になっていまして…お願いします。

Aベストアンサー

 (1)については、始めスローインしようとした選手が攻撃が得意な選手だった場合、彼が直接スローインを受けるのではないとしても、スローインを交代して攻撃に参加した方が良いという場合が考えられます。別にスローインが得意かどうかではなく、スローインをする人を除いた10人がどういう顔ぶれかという問題です。ここはチームの約束事なので一概には言えません。ちなみに、私の高校では、余程相手ゴールに近くない限り、スローインはサイドバックがやるという暗黙の約束で、サイドバックがわざわざハーフウェーラインを越えてスローインをしに行く事さえありました。

 (2)に関してはGKをやっていた経験から答えます。CKの際、キーパーはゴール中心からややボールと反対側の位置に立つのが通例です。個々人で違いますが、これが標準です。すると、ボールに近いポスト側が広く空く事になるので、ポストの内側に一人立たせてGKが守れない領域を無くす必要があります。もっとも、これもチームの約束事なので、絶対に必要というわけではありません。場合によってはボールと反対側にも一人立たせる事もあります。この場合、GKの能力が著しく低いか、GKには前への飛び出しが求められる為ゴールが空きやすい等の事情があります。
 ポストの内側に立つ選手の特徴は、背が低い等高いボールに苦手だという事が挙げられます。CKは高いボールが飛んで来易いので、背が高く競り合いに強い味方が相手選手を警戒する役目を負います。必然的に、前述の能力に劣る者がポストの内側に立つ事になります。

 (3)については、ゴールエリアの中ならどこでも良いという事になっていますが、ボールが静止していなければならないという規則があります。ゴールエリアは一番内側の四角形です。アマチュアの試合では、静止について五月蠅く言う審判もいます。

 (1)については、始めスローインしようとした選手が攻撃が得意な選手だった場合、彼が直接スローインを受けるのではないとしても、スローインを交代して攻撃に参加した方が良いという場合が考えられます。別にスローインが得意かどうかではなく、スローインをする人を除いた10人がどういう顔ぶれかという問題です。ここはチームの約束事なので一概には言えません。ちなみに、私の高校では、余程相手ゴールに近くない限り、スローインはサイドバックがやるという暗黙の約束で、サイドバックがわざわざハーフウェー...続きを読む

Qいい審判 悪い審判

ワールドカップの審判で
「あの審判はファウルを取り過ぎだ。下手だ!!」
という記事をみました。

「あーー、厳しく取りすぎたのかな?」と思っていましたが、

今度は別の記事で
「全体を通じていいレフェリングだ。うまく(反則をとらないで)流している」と賛辞も送った。
とも書いていました。

ファウルを取る、取らないってあくまでも選手のプレーであって、審判はうまい下手には結びつかないんじゃないんですか??

野球に例えると「あの審判はストライクが多いからうまい。」「この審判はボークをすぐ取るので下手。」みたいに。。

ちょっと意味が分かりません。教えて下さい。

Aベストアンサー

流れを止める些細なファールをとりすぎる場合はへたくそで、流れで多少のファールでも流れを止めないようにするのを良い審判と判断してるのでは。
厳密に取り過ぎると流れを止めすぎますので試合自体がつまらなくなります。
試合中ボールをとるために色々としてますのでお互いに流す部分は流し、ファールを取るところはしっかり取ることが出来る審判は良い審判だと思います

QC・ロナウドのドリブルって・・・あれ?

質問します。気を悪くした人はごめんなさい。

C・ロナウドのドリブルってそんなに凄いですか?
いつもフェイントはかけたりしてますけど結局パスみたいなプレーしか無い様に思います。フェイントでキレイに抜いてるシーンなんか殆ど見ないです。ライン際で相手と並走しながらスピードで競り勝ったとかそんぐらいです。「相手の逆をついて」とかは無い様に思います。
正直言ってそんなに上手い部類では無いんじゃないのでしょうか?
それなのにテレビや雑誌ではまるで世界最高のドリブラーなどと言う風に紹介されてます。ドリブルだけなら上の人は結構居るのに・・・・

Aベストアンサー

最初「ドリブラーの定義」を明確にする必要があります。ここでの定義を
「アスリート的な速さに頼らず緩急やフェイントで複数のマーカーを抜き去る」とします。

>C・ロナウドのドリブルってそんなに凄いですか?
非常に冷静で、客観的な評価だと思います。最近のクリロナはドリブラーとは言えません。従って当然ですが「世界最高のドリブラー」ではありません、しかし「世界最高のプレーヤーの一人」ではあります。

現在のクリロナはアタッカーに近い。強靭なフィジカルとスピード、両脚で打てる強力で多種なシュート、ヘディングの強さと高さは指折り。マンユナでの晩年は、チームの状況もあり完全な1トップ型の選手でした。

しかし若い頃(ツーロン国際大会に出場していた17歳の頃)はドリブラーです。ポルトガルユース代表として左サイドを緩急とフェイク、シザースを織り交ぜたドリブルで仕掛けをしていました、例としたマンユナ晩年のスタイルとは異なります。

おそらくマンユナで、選手として成長する中で、求められるプレーがドリブルでは無かったのでしょう。現実的な仕掛け(速さ勝負、当りの強さ勝負)の方が、チームには必要だったのです。逆を言えば彼は「曲芸」を捨てて、現在の地位を得たとも言えます。

大事な事は「世界最高のドリブラー = 世界最高のプレーヤー」
では無いって事の認識です。
そう考えれば、ミーハーな雑誌や記事等に惑わされる事はありません。自分の目線で評価できますよ。

最初「ドリブラーの定義」を明確にする必要があります。ここでの定義を
「アスリート的な速さに頼らず緩急やフェイントで複数のマーカーを抜き去る」とします。

>C・ロナウドのドリブルってそんなに凄いですか?
非常に冷静で、客観的な評価だと思います。最近のクリロナはドリブラーとは言えません。従って当然ですが「世界最高のドリブラー」ではありません、しかし「世界最高のプレーヤーの一人」ではあります。

現在のクリロナはアタッカーに近い。強靭なフィジカルとスピード、両脚で打てる強力で多...続きを読む

Q少年サッカーのゴールキックで、キックしたボールをすぐに奪われます。

子供が小学1年でサッカーをしています。
私はサッカー経験のない親なので、困ったというか
疑問があります。

最近、試合の回数が増えて見る機会があるのですが、
味方のゴールキックで、キックしたボールをすぐに奪われやすいです。
というかあまり飛ばないので、相手がほとんど全員前に来ていて、すぐにピンチになることが多いです。

キッカーは別の子供ですが、
そんなに飛ばないのに、トゥキックで蹴るだけで、
奪われて簡単にシュートされるケースが目立ち、
同じことの繰り返しになってしまいます。

この形を打開する具体的な方法はないのでしょうか?

解決方法を考えてみました。

1.ゴールキックから短いパスをつないでいく
2.ゴールキックを少し浮かせてから蹴る

他に何かよい方法がございましたら、お教えください。

Aベストアンサー

小学校低学年の場合はよく見かける光景ですね。
#2の方のおっしゃるように「飛ばない事を前提に」考えなくてはならないでしょう。
守備体系もそうですが、ゴールキックを真っ直ぐ正面でなくややサイド(タッチライン)方向へ蹴るようにして相手に取られてもゴール正面から切り込まれてシュートを打たれないように工夫してはどうでしょうか。
また、考え方によってはヘタにカットされるより少しでも遠い位置で相手のスローインの方が次の展開が有利かもしれませんね。

個人的には、最終回答(指示)を保護者が出すのではなく自分たちで解決策を考える事が大切なような気がするので子供たちへはヒントとして教えてあげられるといいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報