HPLCとは,どのようなものでしょうか?
本をみたのですが,原理がいまいちよく分かりません,
ご存知の方がいましたら,おしえてください.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

お礼を拝見しました。


高圧のカラムを通過した液は色々な成分が分離された状態で順番に流れ出てきます。この液は検出器に流れ込むのですが、紫外線吸収を持つ物質では紫外線検出器、可視光線の吸収が特異的なものでは可視光線検出器、紫外線吸収がないものについては、他の偏光などの測定ができる検出器を用いるのです。
多くの物質は特異的な紫外線吸収を持ちます。溶液にして、全波長スキャンを行うと、ある波長において吸収のピークを持つ波形となります。その部分の波長を用いて測定することが多いのです。
丁度、連続した吸光光度分析を行っていると考えてください。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度,お返事をありがとうございました.
調べようとしているサンプルがどのような吸収の特異性(紫外線や可視光線など)を持つのか分からないときには,全波長スキャンをして特異的な吸収波長を見つけだし,その波長を使ってサンプル量を測定するということなのですね.ありがとうございます.HPLCの原理をつかめてきました!
皆さんからお寄せ頂いた回答やアドバイス,URLを参考にさせていただいて,原理・実技共にもっと勉強しようと思います.HPLCの使用に関して,また質問させていただくことがあるかも知れません.その時はどうぞ,よろしくお願いします!

お礼日時:2001/03/21 16:11

かつてはカラムクロマトグラフィーという手法が一般的でした。

つまり、長いガラス管にシリカゲル等を充填し、そこに試料溶液を流し、ついで溶離液を流していました。シリカゲルなどへの吸着力と溶離液への溶解度のバランスによって、試料溶液中の物質が分離するのです。
この方法は数日間の放置といった長時間を要するものだったのですが、HPLCはステンレス管の中にオクタドデシル基を持つシリカゲルなどを充填し、一定の流量や流速を保つことができるポンプで溶離液を流し、短時間で高性能の分離をすることを可能にしたものです。
基本的な理論はTLCやカラムクロマトと同じですネ。
検出は一般的には紫外線吸収や可視光線の吸収で行いますが、蛍光や屈折などを利用することもできます。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様:
回答,アドバイス等をお寄せいただき,ありがとうございました(失礼ですが,この欄にまとめて,お礼とさせていただきました).HPLCの原理の概要をつかむことが出来ました.これまでに調べた本では,私にとっては専門的過ぎて原理がつかみ難かったので,簡潔な説明を頂けてありがたく思います.ところで,どのように「紫外線吸収や可視光線の吸収」を利用するのか,また「蛍光や屈折」はどのように用いるのか,検出方法についての説明をもう少しいただいてもよろしいでしょうか.よろしくお願いします. 

お礼日時:2001/03/19 01:20

ものの本によると「HPLC(高性能液体クロマトグラフィー)の分離原理は吸着、イオン交換、ゲルろ過、疎水相互作用、逆相クロマトグラフィーなどいろいろだが、分離能のよいカラムを使い、ずっと短時間ではるかによい分離を実現する。

」そうです。

要するに、ふつうのクロマト(上に挙げたようなやつ)の速くて分離能のいいやつです。HPLCは高圧(350気圧)で移動相を流す事によってスピードを上げたりしているわけです。

ふつうのクロマトの原理まで解説すると長くなりそうなので今はやめときます。知らなかったら応答して下さい。
    • good
    • 1

直接的な回答ではありませんが、以下のサイトに関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


HPLC(液体クロマトゴラフィー)でも使用するカラムによって化合物の分離する原理はことなりますので、紹介した成書でご自分に合うものを見つけて勉強してください。

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=28512
    • good
    • 0

HPLCとは、高速(高圧)液体クロマトグラフィーの略です。


高圧条件下で、ガラス粉を吹きつけたものに、液体の試料を流すというような方法です。
ちょっと不十分ですが、こんな感じの方法です。
下記のURLにアクセスしてみてはどうでしょうか?

参考URL:http://www.sdk.co.jp/shodex/japanese/kouza.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPLCとHPLC/MSの違い

大学院で研究を行なっている学生です。
環境水中のある化学物質の分析を行いたいのですが、幾つかの論文では分析機器としてHPLC/MSが用いられていました。
で、当研究室にはHPLC/MSが無く、かわりにHPLCならあります。

この二つの違いというものはなんでしょうか?
HPLC/MSで検出されるものはHPLCでは検出されないのでしょうか?

勉強不足で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

HPLC は物質を分ける過程。
MS は物質を同定(質量を測定する)過程。
HPLCで分けたピークを手動でMSにかければ、問題無いでしょう。

Qミズスマシの特徴がよくわかる資料(論文,雑誌,本など)を教えてください

ミズスマシの特徴がよくわかる資料(論文,雑誌,本など)を教えてください.

先日インターネットで,ミズスマシは下記のような特徴があることを知りました.
そこで,下記の特徴についてもっと具体的に深く知りたいと思い,質問致しました.

どうぞよろしくお願いします.

--------------
ミズスマシの特徴
「水面のミズスマシを見ると、くるくると円を描くようにして泳ぐ
 ようすが観察できます。ミズスマシはこうして泳ぎながら、水面にできる波
 を利用して、餌や障害物の位置を知ることができるのです。」
「ミズスマシの体を観察してみると、前脚は餌をつかまえるために長くなっ
 ていますが、泳ぐための中脚と後脚は短く、しかも平たくなっていて、とて
 も泳げるようには見えません。じつは、ミズスマシは中脚と後脚をスクリュ
 ーのように回転させて、水面を高速移動することができるのです。」

Aベストアンサー

以下を参考に。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B7%E7%A7%91
http://www.maff.go.jp/nouson/mizu_midori/frame/615f.html
http://www.asahi-net.or.jp/~qf7n-adc/mizusumashi.html
http://contents.kids.yahoo.co.jp/zukan/insects/card/0019.html
http://kids.goo.ne.jp/zukan/infozukan.php?category=5&id=49

Qタンパクの分離にはFPLCかHPLCか

こんにちは。

早速質問ですが、タンパクの精製には主にFPLCが使われていると思います。FPLCがHPLCよりも優れているところは低圧なのでタンパクに与えるダメージが少ないということなのでしょうか?
私はHPLCを使ったことがないので知らないのですが、HPLCを使うときに圧を下げればいいだけなのでは?と思いました。調べてみますと、少量のサンプルの場合、HPLCのほうが分離能に優れていると書かれている文章を見つけました。つまり、結晶化をするようなスケールでなくとにかく純粋なタンパクをとってくる場合はHPLCでもいいのではと考えました。また、歴史的にみても昔はFPLCがなく、HPLCを使っていたはずです。

結局、FPLCとHPLCについて、タンパク質の精製に使う場合の利点と欠点を教えていただきたく質問をさせてもらいました。ぜひ回答の方をお願いします。

Aベストアンサー

ペプチドクラスならHPLCでも出来ましたが、分子量が大きくなるとさすがに無理でした。

理由はリンクをご参考に…

参考URL:http://www.gelifesciences.co.jp/newsletter/biodirect_mail/technical_tips/tips60.asp

Q今朝見つけたコガネ虫みたいなの名前がわからないのでご存知の方がみえましたらご教授願います^_^

今朝見つけたコガネ虫みたいなの
名前がわからないので
ご存知の方がみえましたら
ご教授願います^_^;

Aベストアンサー

この子はシロテンハナムグリですね。カナブンとは違います

Q高速液体クロマトグラフィー(HPLC)について

現在HPLCを勉強中なのですが、HPLCの最先端の技術または面白い機能を持ったカラムなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

>>HPLCの最先端の技術または面白い機能を持ったカラムなど
昭和電工様のHPLCの入り口のページを添付しました。ニュースレターなどをご請求下さい。
他に和光純薬様、東京化成様、島津製作所様、ジーエルサイエンス様などのニュースレターをお集めになると良いと思います。
また、日本化学会、日本薬学会、日本分析化学会での発表をご覧下さい。

参考URL:http://www.shodex.com/

Q一般的にセキツイ動物の肺は,両生類,は虫類,鳥類,ほ乳類の順に表面積が

一般的にセキツイ動物の肺は,両生類,は虫類,鳥類,ほ乳類の順に表面積が大きくなり,気体交換効率が高くなっているようです。それはどうしてか,くわしく教えて下さい。

Aベストアンサー

交換効率は鳥類が最も優れてますよ。
鳥だけが一方通行の呼吸をしてますから。

どうしてかというと必要に応じてであって、
なぜ必要に応じた機能があるかはまったく謎です。
淘汰説は適合するケースがきわめて小さな割合なので、
ぜんぜんまちがいです。正しいなら全部適合するはず。
個体差として現れない構造的な進化を説明できません。

QHPLCに関する質問:テトラヒドロフラン

現在HPLCを使用してます。
テトラヒドロフランでカラムの洗浄ができることということが、HPLCの説明書に書いてあるのですが、
テトラヒドロフランはポンプによくないということを知人に言われまして。
どなたか理由をしっているかた教えてください。

Aベストアンサー

汎用されているC18などの逆相HPLCと仮定して回答いたします。
一般的に逆相HPLCで用いる溶出液の系は水+比較的水溶性の高い(極性の高い)有機溶媒です。具体的にはメタノール、アセトニトリル、使ってイソプロパノールでしょうか。

ポンプ自体はこのような溶媒の使用を前提として部品が使われていますので、THFなどの相対的に極性の低い溶媒を使うと部品(樹脂部品など)が痛むというハナシはよく聞きます。
ただし、最近の機器はその程度ですぐに機械がだめになるとはおもいませんが。
詳しくはHPLCのメーカーさんに聞くとよいかと思います。メーカーさんではそういった耐有機溶媒の実証実験をやっていますので。

Q遺伝学で Allelic with ,,,の意味は

生物好きの素人です。

先天的な奇形の話で、○○症候群は、□□症候群とAllelic であるという文がありました。 
## Syndrome is------- Allelic with $$ syndrome (103285), && malformation (605289), とか書かれています。
このAllelic withと言う意味は、、□□症候群と同じ、という意味なのでしょうか、だとすると()の数字が異なるのは不可解だし。
Allelic with ,,,の意味を教えてください。

Aベストアンサー

二つの遺伝疾患の原因が、同一の遺伝子の異なるタイプの異常であるということです。

Alleleは一応正式な訳語では「対立遺伝子」ということになっていますが、字面で理解しようとすると誤解を招くかもしれません。原意はともかく、現在では同じ遺伝子の異なるタイプ、異なるタイプの異常をalleleいいます。
むかしむかしは、遺伝子のタイプ、すなわちalleleは野生型(正常型)の形質を示すものに対して、ある突然変異型の形質をしめすもの、あるいはエンドウマメの丸型対しわ型、緑色対黄色のように二元論的に捉えられていました。

しかし、実際は同じ遺伝子にも多数のタイプ、異なる突然変異型が存在しうるもので、異なる突然変異型が異なる突然変異形質を示すこともあることが常識となっています。

QHPLCによるカフエインの定量での溶離液について

HPLCによるカフエインの定量を行う際、まずメタノール100%を流した後に水:メタノール=60:40に切り替えて溶離液を流した後、カフエインの標準液を注入し、検量線を作成し、その後、カフエインを含む試料(お茶など)を流し、試料濃度を検量線より求め、終了して、また1週間後にカフエインを含む別の試料の定量を行う場合もその都度、最初と最後にメタノール100%を送液するように言われました。1週間後にいろんなお茶など同じカフエインの定量を行う場合でも、まずメタノール100%を送液した後、水:メタノール=60:40で濃度決定を行い、またメタノール100%を送液するようにしなくてはいけないのでしょうか。水:メタノール=60:40で送液してそのまま終了し、そのまま新たな別のカフエイン試料を注入してはなぜいけないのでしょうか。なお、HPLCはカフエインの定量だけで他の人はHPLCは使用しません。HPLCの初心者で分かりませんので宜しくご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

私の経験からいいますと

 (1). 分析終了後にメタノールでカラムを洗浄する。
    (カラムはメタノール充満状態で保存する)
 (2). 使用時はベースが安定するまで溶離液を直接流す。
 (3). ベースが安定したら分析を始める。
 (4). 分析終了後は(1)に戻る。
  
    参考にして下さい

Qなぜ,カエルなどの両生類は,子はえら呼吸で,親になると肺呼吸になるので

なぜ,カエルなどの両生類は,子はえら呼吸で,親になると肺呼吸になるのでしょうか? 教えて下さい。
両生類にとって,それが適応しているつくりになっているとはわかりますが,このしくみの科学的な根拠を教えて頂ければと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

適応しているからではなく未だ適応していない結果です。ですから残念ながら何故適応できないのかという科学的な根拠はありません。

生物は水中で発生進化しました。全ての動物が受精は未だ水中以外で受精できません。空飛ぶ精子やとことこ歩く精子が誕生しないで、精子の運動能力は皆水中を泳ぐものだからです。今後も精子の運動機能に変化はないでしょう。卵もそれに対応した変化をしなくてはなりませんから同時にと言うことは不可能なことと思います。

さて受精が水中で行われれば、当然そこから発生します胚は水中で発生することになります。陸上で卵を発生させます陸上動物は、この問題を解決するために胚を卵殻で保護し、人工的な水中環境で発生させるように進化しました。また、同時に胚が呼吸出来るように胚膜と呼ばれるものを作り出しました。胚膜の中で漿膜と尿膜を融合させました漿尿膜が臍に繋がっていまして呼吸します。それが発達したものが我々の臍の緒です。ですからヘビもワニもヒヨコも発生の過程では臍があったのです。

両生類は、残念ながら適応できずにそれらの卵殻や胚膜を持ちません。ですから名のごとく幼生期は水中生活をし、生体は陸上生活に移行します。カエルにはまさしく臍がないのです。何故カエルは臍の緒を作れないのか、これは永遠のなぞです。

適応しているからではなく未だ適応していない結果です。ですから残念ながら何故適応できないのかという科学的な根拠はありません。

生物は水中で発生進化しました。全ての動物が受精は未だ水中以外で受精できません。空飛ぶ精子やとことこ歩く精子が誕生しないで、精子の運動能力は皆水中を泳ぐものだからです。今後も精子の運動機能に変化はないでしょう。卵もそれに対応した変化をしなくてはなりませんから同時にと言うことは不可能なことと思います。

さて受精が水中で行われれば、当然そこから発生します胚...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報