いつでも医師に相談、gooドクター

中3の息子が所属する野球部の夏の大会、残念ながら一回戦で敗退でした。

試合に負けたこと事態は仕方のないことです。
それはよくわかっています。
試合に出ていた子供たちは一生懸命やりました。
涙・涙の子供たちです。

そんななか「俺が試合に出ていたら勝っていたのに!!」と息巻く息子(^^;)
そうです、彼はレギュラーの背番号をもらっていたのに、なぜかベンチで用具係。
私も応援に行って、初めて試合に出ていないことを知りました。

いままでも背番号をもらっても補欠だったり、大所帯のチームでもらえないこともあったなか、最後の最後でレギュラーの背番号を持って帰り、親子で大喜びしたのも束の間。
なぜに出てない・・・・・

納得の行かない息子は先生に理由を聞いたようなのですが、親には教えてくれません(--;)

父親は最初で最後の試合に出ている息子の姿を見たいと、無理をして会社を休みました。なのに・・・・・

親として先生にお尋ねしたいところですが「絶対にやめて」と子供に言われています。

夫は「出す気がないなら最初から一桁の背番号なんか渡さなければ良かったのに。期待させるだけ期待させて、子供にとって残酷だ。」と言います。
実際、背番号をもらってからの子供の喜びようといったらなくて、私たち親もとても嬉しくて、その気持ちの高まりが大きかっただけに、先生に裏切られたような気持ちです。

「そのときに調子の良かった子を使う」とは言われていましたが、背番号もらって翌日の試合だったので、調子が悪いなんて事はありえません。
体調も万全でした。
何か違反行為をしたわけでもありません。

本当に納得いかない怒りが収まらないのですが、終わってしまった事は仕方ありません。
「高校へ行っても、野球なんかやらない」と完全に不信感いっぱいです。

気持ちを切り替えて前向きに受験勉強に励んで欲しいところですが、本人は納得できない分だけ、気持ちを切り替えることも出来ないようです。

このままズルズルと負のスパイラルに落ち込みそうで怖いです。
このことをきっかけにグレたらどうしよう・・・・・という不安もあります。

同じような経験をされた方にアドバイスをいただければと思います。
子供をどうサポートすれば、前向きになってくれるでしょうか。
体験談でもかまいません。
よろしくお願いいたします。

gooドクター

A 回答 (15件中1~10件)

こんにちは。



お母さんもお父さんも息子さんの活躍が見られなくて
凄く残念だったと思います。
今回のことは、息子さんが成長するとても良い機会になると思います。

お母さんは息子さんの試合をどのくらい応援されましたでしょうか?
お父さんは今回がまったく初めての観戦だったのでしょうか?
中学3年間、正確には先輩が引退した2年生の夏から練習試合含めて公式戦も
何度かはあったと思います。
校内の紅白戦や練習試合もたくさんあったと思います。
それらの試合に息子さんがどの程度貢献されていたのか、
同じポジションのライバル選手の実力はどうだったのか、
たぶん、息子さんには自分の力やほかの選手の実力はわかっていたと思います。
だからこそ、親には先生に尋ねてもらいたくなかったのでは
ないでしょうか?
先生に聞いた理由を息子さんが教えてくれない。
息子さんは立派です。
中学校の正門で記念写真を撮ったあの日からは
見違えるように成長されたのではないでしょうか?

親は、部活の先生に注文してはいけません。
文句も言ってはいけません。お尋ねも、だめです。
まして、会社を休んでまで・・は息子さんの前でも言うべきではないです。

先生に何か言うとしたら、

3年間ありがとうございました。
お世話になりました。

くらいでしょうか?

もう一度息子さんの顔をちゃんとみてください。
精悍な顔つきになってるはずです。
それは暑い日も寒い日も頑張った証です。

運動部はレギュラーの数は決まっています。
ほんとうに、どうしようもなく厳しい世界です。
そういう話はものすごく多いです。よくある話です。
皆そうやっていろんなことを考えられる大人になるのです。

もうやらないと息子さんが言うのなら
そうだね。って言うしかないでしょう。


3年間よくがんばったね。

親が言えるのはこれだけです。
恨み節は夫婦二人だけのときに言うようにしましょう。
    • good
    • 56
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございました。

読んでいて涙が出てきました。
本当におっしゃるとおりです。
子供のほうが成長していて、親はいつまでたっても子離れできていませんでしたね。

>3年間ありがとうございました。
>お世話になりました。

今度先生にお会いしたら、上記の通りにお礼を言おうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/24 19:33

>このままズルズルと負のスパイラルに落ち込みそうで怖いです。


>このことをきっかけにグレたらどうしよう・・・・・という不安もあります。

親が子どもといつまでも同じ立場でぐじゃぐじゃ言い続けると多分、良い
方向には行かないと思います。

息子さんは悔しさの余り感情的になっているだけだと思います。
勝負の世界ですからね。そりゃ負ければ悔しいですし「自分が出ていれば
結果が変わったかも知れない」と思うのも別に珍しいことではありません。
それだけ一生懸命野球に打ち込んでいたという証拠だったんだな、と親は
そこで終わらせないとダメだと思います。

お子さんだって、充分分かってると思いますよ。それを親が「残酷だ」
とか「先生に聞いてみる」だとかいうのは大きなお世話でしかありません。
逆に「よくある話し」を、大事件に仕立ててしまっているようなものです。

長女が高校の時ブラスバンド部にいたのですが、どうにも納得のいかない
理由で、コンクールの出場が取り消しになりました。生徒達は荒れましたが
それでも、子どもなりに世の中の「理不尽」を理解して、その後はしっかりと
勉強に励みました。私自身も腹の立つことでしたが、ここで一緒になって
「学校に抗議してやる」とか「顧問と親が話し合う」などと言い出しても
仕方のないことです。「受け入れる」それしかないことも世の中には
いくらでもあります。

卒業後もブラスバンドの子ども達は音楽と長く付き合っています。
野球だってこれからじゃないですか。私も三年生へのご褒美背番号は
聞いたことがあります。それをちょっと過信したのかも知れません。
リトルリーグなんてもっとシビアですからね。

お子さんはどうあれ、親はもう忘れましょう。受験も控えています。
試合に負けても勝っても、受験勉強は楽しいものではありません。
それはそれ、これはこれ。今回のことを「受験勉強しなくてもいい理由」
にさせないようにして下さい。

>「高校へ行っても、野球なんかやらない」

うちの子なら「そんなことは高校に入ってから決めろ」と言うでしょう(笑)
子どもの世界に介入しすぎるのは良くありません。心配しておろおろする
姿もあまり見せるものではないと思います。どんと構えて子どもの不安を
受け止めてこその親ではないですか。

「無理して会社を休んだ」「グレたらどうしよう」

本当にお子さんの気持ちに寄り添っている言葉ではないと思いますよ。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございました。

私も夫も運動系の部活はしたことがないので、勝負の世界のことがまったくわかっていなかったようです。
自分たちの都合ばかり優先してしまいましたね。

おっしゃるとおりです。
目が覚めました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/24 19:38

あまやかすだけでなく



世の中は理不尽なものだ 

勝ち負けのあるスポーツはいくら好きでも結果がともわなければ排除される
しがみつくだけ悲しくなるだけ
死ぬほど努力してもむくわれないこともあるんだよ

という 現実をしっかりと教えてあげるのも親の役目ではないでしょうか
あまやかす事だけが子供の教育ではないのですから

泣いてたらひっぱたき グレたら命がけで更生すればいいんです

あとは
これからは自分を知り自分にあった何かを探しなさい と慰めてあげてください
    • good
    • 9
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございました。

甘やかすだけが親ではありませんね。
おっしゃるとおりです。
目が覚めました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/24 19:35

>親として先生にお尋ねしたいところですが



これやってしまったらモンスターペアレントまっしぐらですよ。
「やめて!」って言うなんてすばらしい息子さんですね。

>子供をどうサポートすれば、前向きになってくれるでしょうか。

とにかく愛情を持って話を聞いてあげることだと思います。
「話し合い」をしなくていいんですよ。話を聞いてあげること。これが大事です。

僕は小学校の頃いじめに会いましたが、いちばんつらかったのは親、特に父親が「話を聞いてくれない」ことでした。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。

話を聞いてあげることが重要なんですね。
本当にその通りだと思います。
モンスターペアレントにならなくて良かったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/24 19:30

くやしい経験が何より人を成長させます。


息子さんがこれから長い人生、多くの壁を乗り越えようとするときに
その経験はいつも心の中で炎と燃えて、息子さんの力になります。
敗北を乗り越えた者が真の勝者です。

そのことを教えてあげてください。
質問者様のように親も子も一緒になって
「なんで試合に出してくれなかったんだよ・・」「負のスパイラル・・」などと
いつまでグジグジやっている姿こそがまさに負け犬だとお気づきください。

敗北と失敗こそが人の財産です。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

>くやしい経験が何より人を成長させます。
>息子さんがこれから長い人生、多くの壁を乗り越えようとするときに
>その経験はいつも心の中で炎と燃えて、息子さんの力になります。
>敗北を乗り越えた者が真の勝者です。

本当にその通りです。
目が覚めました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/24 19:28

御褒美背番号ですよね。



三年間頑張ってきたから、せめて背番号だけは選手で・・・くらいの先生の要らぬおせっかいではないでしょうか。
だから>「そのときに調子の良かった子を使う」<って補足付きなんですよね。
飴をくれたのではないでしょうか。

先生に聞かないでくれって言われて聞かないのならどうしようもない。
真実は先生と子どもしか知らない。
それをどういっても仕方ないじゃないですか?

私はなぜ、あなた方御両親が、「お前を支えて歩んできた部活動だったんだ。どうして俺達にその理由を聞く権利がないんだ!」と息子さんに言わないのかなぁ?と。

理由を聞かずして前向きな案なんて出ないでしょ?

子どもの気持ちを大事にしそのまま成り行きに任せるのか、子どもに大好きな野球を嫌いになってもらわないよう、子どもとも先生とも向き合い打開策を見出していくのか。
そこだと思いますけど、いかがでしょうか。
    • good
    • 5

初めまして 二児の母です。


私の娘も 今年 高校受験です。
全く その傾向が、、、見られないですけどね~(机の上には雑誌ばかりですから)

ちょっと我が子さんの事を過信してませんかね?
>「俺が試合に出ていたら勝っていたのに!!」と息巻く息子
本当にそうだとしたら、一年から、、いや新人戦で 既にレギュラー入してますよね?
力が無い と言って居る訳ではなく、力にまだ波があるのかもしれません。
良い時はすごく良い、、、、それでは 監督は使う事ができないですからね。

>「絶対にやめて」と子供に言われています。
****何かあるのでしょうね。 
交換してもらっただけの背番号かも知れないし、、、子供には子供なりにプライドがありますからね。

>「高校へ行っても、野球なんかやらない」
****そのまま聞き流したら良いと思いますよ。
そこで 貴方達が 《そんな事言わないで続けなよ》って言っても 素直に受け入れる年齢では無いです。
《そうだね~そんな野球辞めちゃいな》って言うのも そぅ言う言葉は 素直に聞き入れてしまう年頃だと思うので。。

社会人になっても スキならやりますよ。
夫の友達とかも 未だやってますしね(36歳)、でも高校時代の時にはパチはするし、オートレースとか、、、。

ぐれるなら ぐれた方が良いですよ。
よっぽど 引きこもりの方が扱いにくいと思いますけどね~。
タバコを吸う/万引きをする って大っぴらですから 話も出来ますし 表情からも 親ですから 分かる面がありますよね?
でも、引きこもられたら、、、何も言えなくなりますし。
ぐれて なにか悪された方が ビシッと怒りやすいしね。

サポートする事では無いですよ。
今迄と同じ様に 至って普通に 接したらどうですか?
落ち込んでいても、そのままスルー。
息子さん、、、良い経験をしたと思いますよ。
試合に出れる事だけが経験ではありませんよね? 出られない事でも学ぶ事は沢山あります。
試合に負けて学ぶ事の方が 絶対多いって思いますけどね。
御辛いでしょうけど、もぅ15歳です、少し大人になりかけてますから 子供が自分なりに消化出来るまで そっとしておいてはどうですかね?
    • good
    • 4
この回答へのお礼

同じ年頃の娘さんを持つお母さんからのアドバイス、ありがとうございます。

>サポートする事では無いですよ。
>今迄と同じ様に 至って普通に 接したらどうですか?
>落ち込んでいても、そのままスルー。
>息子さん、、、良い経験をしたと思いますよ。

おっしゃるとおりです。
いつまでも子離れできていない過保護な親でした。
お恥ずかしい限りです。
目が覚めました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/24 19:25

 従兄がサッカー部の監督をしていましたが、そういった父兄の気持ちは痛いほど分かると言ってましたよ。

ただ、説明をするにも1人1人説明せねばならず、さらにすべての試合でやっていたらキリがない。そんな時間があるなら、子供たちに1分でも練習させてあげたいと。そう言ってました。

 ところが、そういった従兄は後で踏みにじられる事になります。
 毎晩、複数の父兄から「なぜウチの子を試合に出さない!?」「何でウチが補欠なんだ!?」との相談が数件あり、長い電話は2時間近くに及んだそうです。当然、寝る暇をも与えてくれず、電話は連日深夜まで及んだそうです。従兄は、極度のストレスから突発性難聴になり、左耳が1割程度しか聞こえなくなってしまいました。それが3年前の話。今でも半分程度しか聞こえないそうです。監督は辞任。今は、別の高校でコーチとしてやっています。
 その時の生徒には謝られたらしいのですが、当時の父兄からは「アンタが悪い!」や「覚えてろ!」などの罵倒もあったそうです。

 皆かわいい選手です。監督とて出来る事なら全員出したいでしょう。ただ、競技によってスタメンの人数は限られていますし、実力を持っている子をスタメンに起用するのは勝利を勝ち取るという試合の中では当然の事でしょう。監督は決して言わないと思いますが、「実力が足りない」「チームプレイの妨げになる」「得意分野によるもの」等、色々な理由があるでしょう。ただ、それを言ってしまうと子供たちがショックを受けたり、最悪退部も考えられます。

 質問者様のお子さんは、前日に背番号をもらっていたんですね。ただ、相手の選手の特性や雰囲気・試合の流れを見て采配を振るうのが監督であって、単に調子が良いから出すなんて物ではありません。打つよりバントで確実にランナーを進めて点を狙って行く方が良い。そういった場面だってあるでしょう。それと一緒です。この場面ではこの子。この流れならこの子。あいつはちょっと物足りないが、足に特性がある。ここでこの子を出すと、乱戦になりそう。さまざまな理由がある中で、監督が決めた事です。

 また、その時の調子の良し悪しは監督が決める事です。ご両親が「野球上」の調子を理解されているんでしょうか?
 恐らく、「高校へ行っても、野球なんかやらない」と言ってるあたりから、お子さんは監督に注意されたか監督と喧嘩をしたかでしょう。そこをフォローするのが先ではありませんか?「気持ちを切り替えて」って、ヤケクソになっている息子さんに出来る訳ないでしょう。

 私はスタメンから補欠に落とされました。監督に直接言われました。悔しかったです。悔しくて悔しくて、ありとあらゆる物に当たりました。親にもです。でも、その気持ちをバネにがんばってきました。最終的にスタメンには選ばれませんでした。監督に嫌われていたんでしょうね。理屈っぽく、何だかんだと采配に対して同級・下級生に文句を言ってましたから。それでも、あの時にあれだけがんばれたのだからと、今でもあの時の踏ん張りが影響し、自分を常に押し上げています。
 選ばれなかったのは悔しいと思います。ご両親じゃありません。息子さんです。でも、ここで諦めずに歯を食いしばって先へ進んだ者が、後で自分を押し上げる事が出来ます。諦めを経験してしまうと、挫折に繋がります。

 今、ご両親が「分かった。高校では勉強がんばれよ!?」と別な方向へ受け流すのは簡単でしょう。でも、それでは本人も辛い中学校生活という意識を持ってしまうだけでなく、物事に対して諦めるという芽が芽生えてしまいます。もちろん、諦める事も重要な部分はありますが、中学生である今はその時ではないように思います。もし、父親が「何言ってんだ!?お前は何の為に野球やってきたんだ!?スタメンに選んでもらえないなら、嫌でも認めさせるような選手になってみろ!!」とは言えませんか?父親に必要なのは、「鼓舞」であり「アメとムチ」である。と思って、子育てに励んでいます。

 年下ながら、生意気な事を言ってしまいました。お気を悪くされたら謝ります。ただ、私自身もスタメンに選ばれなかったという経験から出た言葉でした。あの時、あの無関心な父親に鼓舞されていたら・・・。と考えると今でもやり切れませんが、それでも自分を奮い立たせてきた経験が、今の社会で自分自身のプラスになっています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

経験された方からのアドバイス、ありがとうございました。

息子自身の気持ちを聞いてみたのですが「面倒くさい」「もういい」と反抗期特有の言葉しか返ってきません。
でも、おしゃるとおり、この経験をバネに今後も頑張って欲しいと思います。

監督さんも大変ですね。
モンスターペアレントにならなくて良かったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/24 19:21

同じく運動部を引退した中3の息子の母親です。



>いままでも背番号をもらっても補欠だったり、大所帯のチームでもらえないこともあったなか

厳しいことを申し上げますが、実力は上記のようだったわけですよね。
最後の試合だから監督は背番号をくれたわけですよね。
息子さんは自分の実力を充分ご存知なので、「先生に聞いて欲しくない」と言う事ではないでしょうか。
でも、父親は会社を休んで応援に来るわ、母親は鼻息荒く怒ってる・・・。
息子さん、引っ込み付かないんじゃないでしょうか。

一生懸命やれば報われるとは限らない。
頑張ってもどうにもならないことがある。

監督は3年間の頑張りを見て最後のご褒美をくれたんだと思えませんか?
息子さんはもちろん、ご家族で考える良い機会だと思います。
ご両親がいつまでも拘っていると、受験勉強の逃げ道にされてしまいそうですね。
まずは、「この話はこれでおしまいね」と言えるまで話し合ったらいかがでしょう。
監督の悪口を言ってお終いにならない事を祈っております。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

おっしゃるとおりです。

最後のご褒美だったのですね。納得です。
お恥ずかしい限りです。
おかげさまで目が覚めました。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/24 19:08

実力があるのに、使われなかったのか?


実力に見合った場面が巡って来なかったのか?

なんにしろ、今回はとても良い教訓になったと捉えるべきです。

スポーツの世界でも社会においても、他人に采配をゆだねる時
個人の思いは範疇外になるのは致し方ない事です。

そんな中でも、必要不可欠な存在になる事!!

レギュラー9人の枠の中で、8番目9番目を争っても少しの環境の
変化の中で事態はいかようにも変わります。

だから常にトップを目指す。
総合力でなくても、バントのスペシャリスト・走塁の第一人者
代打の切り札、守備の要、3割バッター、無くてはならない存在を
目指すのです。

そう言った面において、息子さんは少しだけ力が及ばなかった・・・
だから、ここで腐るのでなく、次は使わざる負えない存在になって
やると意気込んで今までの努力を捨てない様助言してあげてください。

機械の歯車の一つでいては、スポーツでも社会でも通じません
歯車を支える軸となる事。

その為には、人より多くの努力を惜しまない事。

普通の人より少しゴルフの腕前の良かった若者が、プロになろうと
日々の練習を500球の打ち込みから倍の1000球にかえて練習して
プロテストを受けましたが、落ちました。

その結果を練習場の所属プロに相談した所、プロは一日に2~3000球の
打ち込み練習をしていると言われました。

自分では倍にして精一杯頑張ったつもりが、世間のレベルをみると
実は全然努力が足り無かったという話もあります。

もう高校生になるのでしたら、この辺の話をきちんと向き合って
されてもいいと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

そうですね、いつも試合に出ている子供たちは、きっと人一倍努力しているのでしょうね。

我が子可愛さのあまり、お恥ずかしいことをお尋ねしてしまいました。
目が覚めました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/24 17:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング