はじめまして。
私は現在サラリーマンの29歳です。直にベンチャー企業として起業しようとしています。
農産物を取り扱ったインターネットショップを作りたいと考えています。アイデアはあるものの本当にこれだけでやっていけるのか。開業する為にはどうすればいいのか。これから調べなければと思っています。そこで、どなたかわが社の相談役となってアイデアをお貸ししていただける方はいませんでしょうか。また、そういう方やホームページを知っていらっしゃる方はいませんでしょうか。ぜひ教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

そういう起業について”農家”として少しアドバイスを・・・


私は長野県で果物農家をやっておりますが、インターネットでの農産物の販売ができればいいなぁ~と私も思っています
しかし そこには大きな壁があります。
たとえば 葡萄や林檎等をインターネット上で販売しようとしても
貴方がよほど大きな農家であるか、もしくは農協、農村と言ったようなところから直接○○さんなら直接下ろしてもいいよ と言われる位のコネがなければほとんどスーパーと同じになってしまいますよ。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
違った面からのアドバイスありがとうございます。
私も少しその点を考えておりました。
さて、どうすればその点を克服できますでしょうか。
もしお分かりなら参考にさせていただきたいのですが。
ぜひ、ヒントでもいただければ嬉しく思います。

お礼日時:2001/03/17 23:56

農産物を取り扱ったインターネットショップですか・・・そこらへんに腐るほどあるのでそういう所を見てみてはいかがでしょうか。

良い例、悪い例を直接見ることができると思いますよ。

そして、調べてわかるものだけで勝負しても勝てないですよ。農産物系のショップはとにかく商品が命でしょうから、他の場所で取り扱っていない作物を販売しなければ土俵に乗ることすらできないと思います。そして特徴ある作物を作っている所はすでに自力でサイトを立ち上げている所が多いですからねえ・・・今はサイト作らなくても各オークションで販売してる人が多いですね。集客力が違いますから。

キラーソフトじゃないですけど、販売サイトであれば、キラー作物が必須でしょう。それを見つけて、その生産者と交渉するのが先決ではないでしょうか。そして独占的にその作物を扱えれば・・・素晴らしい未来があるかもですね。それだけの契約を勝ち取るにはヤフーや楽天よりも集客力があるサイトを作る必要があるのではないでしょうか。

独立頑張って下さい。アイディアだけならいくらでも出しますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おへんじありがとうございます。
y45uさんはショップを持っているのでしょうか。
私もただの農作物をHPに出展しようとしているわけではないのですが。
参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/14 21:52

失礼ですが、まあこんな所で聞いているアイダは、例え起業にしたと


しても、成功するとは思えません…

逆にあなたが、そういう風なアドバイスを求めているのなら、そういうニーズ
があるというコトなので、そういうサービスを起業された方が成功しますよ。
ベンチャーとはそういった物です。所詮ニッチな産業ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそのとうりだと思います。
参考になりました。

お礼日時:2001/03/14 21:53

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「中小企業ベンチャー総合支援センター」
さらに、
http://www.jasmec.go.jp/index.html
(中小企業総合事業団)
このHPにはいろいろな情報がありますので参考にしてください。

ご参考まで。

参考URL:http://www.jasmec.go.jp/venture/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

知らないことがたくさん書いてありました。
参考にさせていただきます。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/14 21:54

都道府県、市町村の経営支援、産業育成などを取り扱う部署で、起業のための相談を受け付けているところがあります。

地方によって異なりますが、それらの専門家も紹介してもらえるところもあります。また、経済・経営関係の雑誌で、起業家のためのセミナーを紹介していたりします。書店に行けば、起業のための参考書も多く発売されています。なかには、あまり役にたたないのもありますが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
起業したい人はずいぶんいるのですね。
これからも頑張ります。

お礼日時:2001/03/14 21:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分で起業するのに、豊富なサラリーマン経験は必要?

1、自分で起業するのに、豊富なサラリーマン経験は必要ですか? 起業家の方々のアドバイスお願いします。
現在、23歳です。半年間ほどサラリーマン経験があります。
起業される方々はビジネスを始める前に豊富なサラリーマン経験はありましたか?
それと何をきっかけに、何の分野で、何歳で、起業されましたか?

2、最期に質問なのですが、ビジネスって他人のアイディアを真似るのは恥ずかしいことでしょうか? 他人のやっている良いものをパクってしまうことをどう思われますか?

Aベストアンサー

1.
個人的見解ですが、「サラリーマンじゃ収まらない」人は成功しているように見えますが、「サラリーマンが勤まらない」人は失敗するように見えます。
「俺はバカの指図を受けたり、バカのせいで俺の足を引っ張られるのがまっぴらごめんだ」という人は上手くいかないです。なぜなら、どんな業種であっても企画から経理から広告宣伝に至るまで、すべての能力に秀でた人はいません。仮にマルチな才能を持ち合わせていても、その仕事にはその仕事のノウハウというのがあり、それを学ぶにはそれなりの時間やら出費やらが必要です。
だから、「周囲から応援される人」は本人の足りない才能は誰かがフォローしてくれるのですが、周囲から応援されない人は何か困ったことがあっても誰も助けてくれないので、結局どこかで行き詰まるように思えます。
そしてサラリーマンの経験は、んー、まあないよりあったほうがいいとは思うけど、サラリーマンで成功したからといって起業家として成功するとは限らないからなんともいえんですね。「長いものに巻かれる」という訓練をするという点では意味はあると思いますけどね。あとは業種によってはサラリーマンでも業界経験がないと通用しないってのはよくありますので、そういう意味でサラリーマンとして業界経験を積むという意味はあります。
人脈に関しては、サラリーマン時代の人脈はほとんど役に立ちません。人脈だと思っていた相手は、こちらの名刺の名前を見ているのではなくて、会社名と役職しか見ていませんから。人脈はあくまで個人的関係によるものです。

2.
天下のトヨタの商売は、ホンダやマツダがちょっと変わった車を作ってそれがヒットしたらそれを徹底的にパクってあとはトヨタのブランドと宣伝と販売力で売りまくるというやり方ですよ。WindowsもMacをリスペクトしてインスパイアされて作ってることは周知の事実。
ただし、「せこい」「しょせん二番煎じ」と揶揄されるのも仕方がないことです。他人からなんといわれようが「儲けなければ意味がない」のが起業というものです。一番ありがちな失敗が「なんかこれがヒットしてるみたいだからウチも真似てみよう」というパターン。表面上だけ真似てもオリジナルには勝てません。勝てるのは、資金力がある企業だけ。

1.
個人的見解ですが、「サラリーマンじゃ収まらない」人は成功しているように見えますが、「サラリーマンが勤まらない」人は失敗するように見えます。
「俺はバカの指図を受けたり、バカのせいで俺の足を引っ張られるのがまっぴらごめんだ」という人は上手くいかないです。なぜなら、どんな業種であっても企画から経理から広告宣伝に至るまで、すべての能力に秀でた人はいません。仮にマルチな才能を持ち合わせていても、その仕事にはその仕事のノウハウというのがあり、それを学ぶにはそれなりの時間やら出費や...続きを読む

Q農産物直売所の駐車場

調べたところ農産物直売所は農業用施設に該当するとのことですが
直売所の駐車場は農業用施設としては認められないですよね?
その場合、駐車場部分のみ農地転用をするひつようがあるのでしょうか?

お分かりになる方ご回答をお願いします。

Aベストアンサー

農業用施設への農地転用で、転用許可が不要なのは、
1.もともとその農地を耕作していた者が、転用するものであること(新たな権利設定や所有権移転を伴わないこと)
2.転用する農地の面積が2アール(約200m2)未満であること
3.他の農地の保全若しくは利用の増進のために設置する、農作物の育成若しくは養畜の事業のための農業用施設であること
という3つの条件を全て満たす場合に限られます。(農地法施行規則第32条第1号)

農産物直売所は、農業用施設ではあっても、「農作物の育成若しくは養畜の事業のための農業用施設」ではないので、転用面積に関係なく農地転用許可が必要です。

なお、来客用駐車場は直売所の付帯施設ですので、農地転用許可申請は別々にはできません。
両方あわせて一つの転用事業として、一括して申請する必要があります。

Q農産物販売企業の設立について

私は、田舎に住んでいるのですが、来年早々にでも農家からお米や野菜等を仕入れて都市部の家庭等に販売する会社を設立したいと考えています。
米は特に政府が関与している分野だと思いますが、起業にあたり許認可等必要でしょうか。また、問題点や注意点等ございましたら、アドバイスを頂きたいと存じます。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 現実的には、お米の販売は自由化されています。輸入米は、3年前に国会を通過し、自由化されていますし、様々な形態の米が市場に溢れています。

 さて、販売会社の設立ですが、農家の美味しく新鮮な野菜等を都市部で販売することは良いと思います。ただし、「通信販売」なのか、都市部に店舗をもった「店舗販売」なのか、それとも予約を受け付ける「予約販売」なのか、販売方法を明確にする必要があります。その方法によって、人件費、広告宣伝費、その他間接経費(コスト)の掛け方が異なります。
 また、都市部では、安い・新鮮だけではダメです。農家・地方などの生産地のブランド化、食材のブランド化がされていなければ、都会人は納得しません。
 それから、都市部は極めて広く、複雑です。どこに、どんな人が、どのように居るのか、つまりエリア・マーケティングの考え方を持たないと、店舗を出すにしても、無店舗でもチラシを配付するにしても、基準が持てずに大変です。
 すべての事柄を明確にして、確実に販売ができ、収益が挙がるという確信が持てるまでは、会社を起こすのは早すぎると思います。
 もしも、確信が持てないのであれば、テスト・マーケティングとして、都市部のどこかで、お試し販売してはいかがでしょうか。
 ともかく、慎重に。

 現実的には、お米の販売は自由化されています。輸入米は、3年前に国会を通過し、自由化されていますし、様々な形態の米が市場に溢れています。

 さて、販売会社の設立ですが、農家の美味しく新鮮な野菜等を都市部で販売することは良いと思います。ただし、「通信販売」なのか、都市部に店舗をもった「店舗販売」なのか、それとも予約を受け付ける「予約販売」なのか、販売方法を明確にする必要があります。その方法によって、人件費、広告宣伝費、その他間接経費(コスト)の掛け方が異なります。
 また...続きを読む

Q直売所(農産物)の開業にあたって

県道沿いに所有物で余らせている土地があるのですが、
農産物などの直売所を始めたいと考えています。
上物(建物)などの予算はなんとかなるのですが、開業するにあたり、必要な申請等(市や県に)などはございますでしょうか?それと、開業にあたっての必要事項などがございましたら、出きるだけ詳しくお教え頂けないでしょう?その道に詳しい方、ご回答頂けたら幸いです。宜しくお願い致します。m(_ _)m

Aベストアンサー

販売する商品によっては許可が必要なものがあります。単なる農産物のみの販売では、許可は必要としません。

参考URL:http://www.pref.chiba.jp/hokenjo/matsudo/kenkou_seikatsu/sik_syokuhin.html##1

Q農産物を加工して販売するには?

田舎に住む、知り合いのおばあさんは、漬物作りの名人です。
今までは、知り合いに配っていましたが、好評なので、インターネットで販売をしてみたいと思います。

漬物や七味唐辛子の販売にも、保健所への申請は必要なのでしょうか。
問い合わせ先は、最寄りの市町村の保健所となるのでしょうか。

実際に作るのは、高齢のおばあさんですが、近所に住む親族が責任者で、差し支えないのでしょうか。

Aベストアンサー

漬け物の販売には調理場を整備して農産物加工所として保健所へ申請する必要があります。
菓子製造なども申請しておけば色々な物を作れるでしょう。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~banchan/yamasa/yamasaprfl.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報