マンガでよめる痔のこと・薬のこと

現在、2本神経を抜くことになり治療中です。治療してくれている先生が根管長測定器を使わないのですが、ぶっちゃけ、測定器無しで大丈夫なんでしょうか???

A 回答 (3件)

少し前までは測定器の性能も大して良くありませんでした。

今ではかなり精巧になっていますが、それでも完全とはいえません。
ある程度年齢と経験を重ねた先生であれば、測定器を使用しなくても治療は可能です。
これには幾つかの方法があります。
(1)根の先の感触に頼る。
根の先が病気の影響を受けていなければ、わずかな手応えがあります。経験から、この感触を体得していれば、測定器に頼る必要もありません。
但し、根の先が病気の影響を受けているとこの手応えが無い事がありますし、乳歯ではない方が多いので、その時は使えません。
測定器と手応えで最も正確な治療が出来ると私は考えています。

(2)疼痛に頼る。根の外側の組織に触れると、痛みを感じます。その痛みを感じたところから僅かに短くすれば根の先で治療できます。
但し痛みに敏感な人には使えませんし、感染の恐れがある場合も使えません。

(3)メジャーを使う法法。レントゲン撮影時にメジャーを使い長さをはかる方法があります。メジャー以外でも基準になる長さを元に根の長さを割り出します。
この方法ではレントゲンを複数枚撮らなければなりません。最低でも術前後に2枚は必須なので、3枚以上となります。

測定器でもいずれの方法でも完璧ではないので、
上記を初めとする、何らかの方法で長さを把握していれば、基本的に大丈夫でしょう。
あとは術者の腕と予後の問題があり、こちらは予測できるもので張りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
ちなみに術前術後、レントゲンも撮られませんでした。
ただし、初診の時にはレントゲンは撮っています。
神経を取ったあとも痛みがあり、歯茎もやわらかくなって違和感があります。
来週再診なので、その時に症状が治まってなければ聞いてみます。
測定器の件は・・・先生の腕を信用したいと思います。

お礼日時:2009/07/27 08:53

最近は測定器の性能が向上してきたのですが、数年前までは根管長測定器の性能が悪く、ベテランの歯科医師が指の感覚で測定したほうが正確でした。



ちなみに、歯内療法(根の治療)の教科書の多くには、根管長測定方法の一つとして「手指の感覚」が挙げられています。
現時点では測定器なしの治療の妥当性についてはなんともいえないと思います。
測定器を使っていても、使っているうちに校正がずれてしまい、間違った長さの治療をしていた、という例もあります。
測定器なしの治療は、良いとはいえないけれども、ダメともいえないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちなみにその先生は素手で治療されます。(他の先生や衛生士さんは血手袋されてますが)衛生面に無頓着な先生なのか、もしくは指先の感覚を大事にされてる先生なんだろうな、とは思ってました。
御回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/27 08:49

使ったほうが良いに決まってます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

先生に「使わないんですか?」と聞きたいところですが、「いつ使うのかな」と思ってるうちに治療が終わってしまいました。

お礼日時:2009/07/27 08:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q根の治療中ですが、私は何をされてますか?

奥歯の根の治療中です。

先生は親切丁寧な方ですが忙しくされてるのでなかなか質問出来ないので教えてください。

まず、口にフックをかけられて治療する歯に何かを入れられ、かすかに鳥か虫の鳴き声のような電子音がしました。この機械はなんですか?

あと、歯科衛生士さんか助手さんに、「スリーミックス持ってきて~」と先生がおっしゃった気がしましたが(空耳してしまったかもしれませんが。。)、それって3mix-mp法の液体?のことでしょうか?こちらでは3mix-mp法の治療も扱われてました。(HPで見た。)

ちなみに保険外の治療費は請求されてません。

その機械をいれて、薬をいれて、紙粘土みたいなので蓋をして1000円いかないくらいでした。根をブラシで掻き出すような治療はその前に二回しました。

ちなみに熱っぽい痛みがあります。アイスノンや市販の痛み止めで紛らわせられる程度です。
銀歯など被せるには痛みが出ないくらいにならないとダメですか?怖いです。

Aベストアンサー

>>かすかに鳥か虫の鳴き声のような電子音がしました。この機械はなんですか

根管長測定器。微弱な電流を流し、抵抗やインピーダンス
(高校の物理で習う内容ですが忘れちゃいますよね、、この辺)

測定しきちんと器具が根の先まで届いているかを確認して
います。

>>3mix-mp

根には太い幹の部分の他に枝の部分があるのですがそこの無菌化が
なかなかうまくいきません。
3mix-mpはmpの効果でとても浸透性がよく枝の部分に効果が
現れやすいので、つかう事があります。

本当は、3mix-mpは保険外なので混合診療にあたり、保険診療下では
使えないのですが、薬剤の費用を歯医者がもって患者に請求しない
という事を前提に厚労省は黙認という立場です。
そのため使用しても患者には請求しません。
ちょっと持ち出しになっても患者のためには使おうって言うのは
医療従事者的には結構よくある話なので

Q根管治療で、仮詰め→数日後激痛→開放の繰り返し

15年ほど前に神経を抜いた奥歯が最近痛みだし、歯医者を受診しました。
根の奥に膿が溜まっているのが原因とのことで、被せ物を外して中の膿を出したところ、
劇的に痛みが収まりました。
その日は開放のままとし、翌日、仮詰めをしました。

次の予約は5日後だったのですが、2日目から痛みだし、我慢できなかったため、
3日目に飛び込みで受診したところ、再び開放にされました。

開放された翌日には痛みがなくなり、3日後に再び仮詰め。
その4日後に痛みだし、5日目にはロキソニンが効かないほどの激痛に襲われたため、
次の予約を待たずに飛び込み受診、再び開放され、今に至ります。

仮詰めするときは、根管を洗浄して無菌状態にして塞いでいる、と説明を受けましたが、
2~3日という僅かな間に再び膿が溜まるということは、バイ菌を取り切れていないまま
塞いでしまっているということなのではないでしょうか?
そうではなく、どこかからバイ菌が侵入して炎症を起こしているのでしょうか?

今後の見通しを聞いてみると、状態はかなり悪いと言わざるを得ず、
最悪抜歯になるとのことでしたが、
現状のように、仮詰めしては激痛を繰り返す(開放中には痛みがない)のは、
いったい何が原因なのでしょうか?

15年ほど前に神経を抜いた奥歯が最近痛みだし、歯医者を受診しました。
根の奥に膿が溜まっているのが原因とのことで、被せ物を外して中の膿を出したところ、
劇的に痛みが収まりました。
その日は開放のままとし、翌日、仮詰めをしました。

次の予約は5日後だったのですが、2日目から痛みだし、我慢できなかったため、
3日目に飛び込みで受診したところ、再び開放にされました。

開放された翌日には痛みがなくなり、3日後に再び仮詰め。
その4日後に痛みだし、5日目にはロキソニンが効かないほどの激痛に襲われ...続きを読む

Aベストアンサー

貴方の歯の状態は急性化膿性根尖性歯周炎と思われます。人によっては7日~1

0日痛みが続く場合がある歯科の痛みでも痛い方に分類されます。文章から考

えられる不適当なことは歯科医の治療は妥当であるが排膿のため開放した後、

次回までの予約期間が長いことです。急性であるから慢性時のような排膿はな

く状態収まるまで2~3日毎ガス排除させる必要性があります。慢性の状態にな

ると切開排膿しやすくなり一段と落ち着くと思われます。今は根管内の圧高ま

っては開放するという悪循環になっていると思われます。組織変性抑えるとと

もに口腔外科で入院切開ならないよう抗生剤の投与が必要で重篤にならないよ

う早期に対処することが望まれます。仕事も大事ですが歯科医が望む治療日で

治療されるのが悪化しない方法と思われます。

Q根管治療は、どうしても、麻酔をしてはいけないのですか?

10年前に作った前歯3本連なった差し歯が取れてしまい、作り替える事になりました。
その際に、根に膿がたまっているという事で、まずは根の治療を行う事になりました。
その、あまりに拷問に近い激痛に、私は思わず力を入れ過ぎしまい、あやうくて失神してしまうほどの精神的ダメージを受けました。

その後、怖ろしく顔が腫れ上がってしまい、しかしそれは先生に相談すると、仮歯でフタをしてしまったので膿の出場所がなかったためとの事でした。
それなので今は仮歯も外して、この三十代前半にして前歯が3本ない状態です。涙

でも、そんな事よりも、とにかく、治療の痛みに耐えられないので次回は麻酔をと希望したのですが、根の治療は患者の痛みの様子を見ながら、良くなってきたかどうか判断しながら行うので、麻酔はどこの歯科医でもしないのだとの説明を受けました。

でも、本当に、どうしてもそうなのでしょうか?
今の私はもう怖くて歯医者さんに通えなくなってしまい、前歯もないので引きこもり状態になってしまっています。
そうかといって、とてもではないですが、あの治療の拷問のような痛みには到底耐える事は出来ません。
そこで、教えて頂きたいのです。

この、現代の医学においても、根の治療というのは、こんなにも拷問の痛みがあっても、麻酔をせずに行わないといけないものなのでしょうか?
それと、もう一つ知りたいのは、根の治療というのは、一回目よりも二回目というようにして、だんだんと治療が進むにつれ、治療するときの痛みは少なくなって行くのでしょうか?
1回目にあんな怖ろしい体験をしたので、2回目はもう少し楽になっていると願いたいのですが・・・。

あと、笑気ガスも根の治療にはしてもらえないものなのですか?
この三点、どうかどうか、教えて下さい。

10年前に作った前歯3本連なった差し歯が取れてしまい、作り替える事になりました。
その際に、根に膿がたまっているという事で、まずは根の治療を行う事になりました。
その、あまりに拷問に近い激痛に、私は思わず力を入れ過ぎしまい、あやうくて失神してしまうほどの精神的ダメージを受けました。

その後、怖ろしく顔が腫れ上がってしまい、しかしそれは先生に相談すると、仮歯でフタをしてしまったので膿の出場所がなかったためとの事でした。
それなので今は仮歯も外して、この三十代前半にして前歯...続きを読む

Aベストアンサー

 膿を持っている(根尖病巣)がある歯に対して不用意に麻酔を施すと麻酔の圧力で細菌を歯の周囲の骨(歯槽骨)内に拡げる危険性があります。最悪の場合は蜂窩織炎という非常に重篤な病気に移行してしまう危険性も含んでいます。
 映画「たんぽぽ」(間違ったらすいません伊丹十三作品です)でも患者さんを押さえつけ、無理やり削る場面がありますが、これも同じ理由です。圧力が下がれば痛みが消えますので、これはどうしようもない事だといえます。
 また、麻酔をしてしまうと、周辺組織の感覚もなくなってしまい、治療器具が病巣を突き抜けて、健康な組織を傷つけてしまう危険性も高まります。つまり傷ついた組織に新たな感染が起こり、病気を悪化させてしまうのです。
 更に、担当医の説明にもあったように、膿やガスの排泄によって情況が好転しても、麻酔をしてしまったら判断できません。つまり治療の限度が測りにくくなるのです。
 また、笑気ガス沈静法は麻酔の補助としては使えますが、麻酔ではありません。完全に痛みを感じないのはごく限られた場合であって、多くは「痛みを鈍くする」程度です。なかには痛み感じないまで笑気を使う歯医者もいますが、これは沈静法と麻酔の境界付近まで深くかけてしまうので、熟練していないとかなり危険な行為だと言えます。

 1回目の治療で強引に治療を進めるか、出来るだけ圧をかけないで痛みが少ないようにするかは担当医の判断に委ねるしかありません。が、圧をかけないように治療すると時間がかかりすぎる上に、治療効果もなかなか出てこない可能性があります。その間長い時間患者さんは痛みに晒される訳です。

 顔が腫れたのは前の回答にもあったように密閉してしまった結果でしょう。最近、排膿していたりガス発生があっても密閉してしまう歯医者が多いのは事実です。少量のガス発生では臭診でも気がつかない場合もあり、また、治療によって病巣が刺激されて、術後に急激にガス発生や膿の増殖があって、突発的に顔が腫れてしまう事は有り得ます。

 圧力さえ下がればあまり痛い治療では無いので、次回、次々回くらいからはかなり楽になると思います。まず、身体の抵抗力を下げないようにして下さい。抵抗力が下がれば治療も長引いてしまいますから。

 膿を持っている(根尖病巣)がある歯に対して不用意に麻酔を施すと麻酔の圧力で細菌を歯の周囲の骨(歯槽骨)内に拡げる危険性があります。最悪の場合は蜂窩織炎という非常に重篤な病気に移行してしまう危険性も含んでいます。
 映画「たんぽぽ」(間違ったらすいません伊丹十三作品です)でも患者さんを押さえつけ、無理やり削る場面がありますが、これも同じ理由です。圧力が下がれば痛みが消えますので、これはどうしようもない事だといえます。
 また、麻酔をしてしまうと、周辺組織の感覚もなくなって...続きを読む

Q明日歯の神経を抜くのですが・・・

虫歯が神経の近くまで広がっていたため
神経を抜いて被せ物をする事になりました。

検索してたら、神経を抜くのは凄く苦痛と書いてる人達ばかりです。

歯医者の先生に「神経を抜くのって痛いんですか?」
と聞いたんですが、「麻酔が効いてるし痛くない」との返答で。
ネットに書いてある事とは真逆なんです;

そこで質問なんですが、神経を抜くのは痛いんでしょうか?
凄く不安で、最近夜も眠れない日が続いてます…

どうか教えてくださいorz

Aベストアンサー

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、もろくなる。
(4)変色していく。
(5)臼歯部の抜髄は根も複数・複雑で見えにくく、手技 的に不完全になることがある。(残髄等)

などがあげられます。しかし、無理に神経を保存したために、神経に細菌が入り、歯根膜炎の著しい痛みが長期に起こったり、化膿して、根の先にバイキンの巣を作り、それによって顔が腫れたり、上顎洞炎になったり・・・と良いことばかりでもありません。

要するに、歯科医院でレントゲン写真や虫歯の深さ、痛みの程度、虫歯になっている期間などなどで、総合的に判断してもらい、決めていくのがベストだと思います。

で、基本的には神経を抜くのは麻酔下で、行ないますから、無痛があたりまえです。痛ければDrに麻酔の追加をしてもらったらいいんですから。ただ、炎症がきつい歯髄には麻酔が効きにくいこともありますが、麻酔の方法はいろいろありますから(^.^)b

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、...続きを読む

Q歯の根管治療中の痛みが消えない。

今、歯の根の再治療中です。
再治療を始めてからもう1ヶ月以上経つのですが・・・・
痛みが消えないんです。医師はもう中はキレイになっていて問題ないから歯の中の痛みではなく歯根膜の炎症だと言っています。
それも細菌性の炎症ではなく、治療における刺激によるダメージでの炎症だからあとは自然治癒力に任せるほかないそうなんです。ちなみに、顕微鏡を使って治療をしてくれている医師なので・・間違いないとは思うのですが・・
でもこの痛み、交合痛のようなかみ合わせた時に痛むとかっていうなら我慢できるんですけど・・何もしてなくても
ず~っとズキズキしてるんです。そんなわけで何をしていても集中力が続かずイライラと不安が募るばかりです。
同じようなけ経験された方いらっしゃいますか?
もう抜歯しかないのでしょうか?
辛いです。

Aベストアンサー

1ヶ月以上痛いのはつらいですね。
私の考えでは原因は2つ考えられると思います。
1つは治療中の歯の歯の根の治療が不十分である事。
治療中の医師が言っている歯根膜炎も根管治療によって直る事が普通です。又奥歯のときは根管の数が普通の歯より多いときに見逃しも考えられます。

もう1つは他の歯が原因の時です。
歯の神経は上下前後の歯は同じ神経が枝分かれしています。このため1本の歯が痛くなってその歯の治療を始めても、前後上下のほかの歯が悪いときに治療中の歯が痛く感じるときがあります。特に奥歯では間違う事が多いと思います。
この時の判断基準の一つとして、治療中の歯を指で軽くたたいて、あまり響(痛み)かなければ他の歯の原因の可能性が高いと思います。

どちらにしても他の歯医者さんに行くのもいいと思います。

田舎歯医者

Q昨日神経を抜いた歯が噛むと激痛がします

10日ほど前から右上の6番(4年前に虫歯の治療済み)の歯が浮くような感じがして噛むと痛く、歯医者さんでみてもらったところ以前治療した虫歯が深かったため、中で神経が炎症を起こして痛むのだろうということでした。
神経を抜く治療をして頂き、今は仮の詰め物が入っています。
噛み合わせも調節してもらったので歯と歯が強くあたりにくくなっていますが、食事をするときや普段会話をしているときに食べ物や舌が治療した歯にあたると声が出るくらい痛みます。
治療前も噛むと痛かったのですが、ここまでの痛みではありませんでした。
また、治療した方の歯では噛まないようにと指導されているので、反対側でやわらかいものをゆっくり噛むようにしています。
神経を抜いた日は麻酔が切れたあと3時間ほど強い自発痛がありましたが、今はもうおさまっています。
歯を削り、神経を抜くという処置は手術と同じだと聞いていたので、痛むのは覚悟しておりましたが、噛むと痛いのだけが心配で気になっています。
この強い痛みは一時的なものでしょうか?
また、「こんな症状が出たらすぐに歯医者へ」というものがあれば教えて頂けると幸いです。

10日ほど前から右上の6番(4年前に虫歯の治療済み)の歯が浮くような感じがして噛むと痛く、歯医者さんでみてもらったところ以前治療した虫歯が深かったため、中で神経が炎症を起こして痛むのだろうということでした。
神経を抜く治療をして頂き、今は仮の詰め物が入っています。
噛み合わせも調節してもらったので歯と歯が強くあたりにくくなっていますが、食事をするときや普段会話をしているときに食べ物や舌が治療した歯にあたると声が出るくらい痛みます。
治療前も噛むと痛かったのですが、ここまでの痛みで...続きを読む

Aベストアンサー

抜髄(歯の神経を取る事)後の痛みが出ないように処置をしますが、稀に痛みが出る事もあります。
いずれの場合も担当医が一番状況を把握しているのですから、連絡を取って対処してもらうのが最良の方法です。

以下に主な原因と説明を書きます。
抜髄後の痛みには幾つかの原因があります。

長年病気を放置した場合は歯髄炎から歯根膜炎にいたる場合があります。ゆっくり進んだ炎症では痛みが出ないことも少なくありません。しかし治療することで“急性発作”をおこして痛む事があります。

歯髄は一本とは限りません。上の奥歯では通常でも3本あり、それぞれも大根の髭根のように枝別れしている事もあります。
抜髄そのものが不十分だった場合、髭根のように枝分かれした神経が残った場合、途中から穴が細くなって治療困難な場合には完全に神経を取り除く事が出来ず、残った神経が痛む場合があります。

抜髄とは神経線維を途中で引きちぎる処置ですから、痛みが出ても当然で、歯医者はそれを痛みが出ない努力をしているわけです。
ところが稀に沈静薬剤の効果が出なかったり、神経が過敏に反応してしまう事があり、この場合は痛みが出ます。
文面から痛みの原因は「歯根膜炎」である可能性が高いです。
しかし、保険上の歯根膜炎の多くは感染が原因で、抜髄直後の歯根膜炎だと、治療時に既に神経が露出していた、或いは治療時に感染させたの二つしかありません。

もし今回、感染が無かったとすれば次のような歯根膜炎が考えられます。
つまり正常な治療では歯の中と外の境界(根尖孔と呼ばれる部分)で神経を切ります。
その切り口の炎症が強い場合、周囲の歯根膜(歯を支える組織)にも炎症が及びます。
そのため症状として、噛むと痛む、触るだけで痛む、といった歯根膜炎を顕すものが出てきます。

抜髄(歯の神経を取る事)後の痛みが出ないように処置をしますが、稀に痛みが出る事もあります。
いずれの場合も担当医が一番状況を把握しているのですから、連絡を取って対処してもらうのが最良の方法です。

以下に主な原因と説明を書きます。
抜髄後の痛みには幾つかの原因があります。

長年病気を放置した場合は歯髄炎から歯根膜炎にいたる場合があります。ゆっくり進んだ炎症では痛みが出ないことも少なくありません。しかし治療することで“急性発作”をおこして痛む事があります。

歯髄は一本とは限りませ...続きを読む

Q神経を抜いた歯がしつこく痛いんです

3月の半ばに虫歯の神経を抜く治療をしました。
初回は麻酔をかけて貰い、我慢できる程度の痛みまで回復したところで1週間後の治療に向かいました。
2回目「我慢できるが痛む。」と言う状態で仮詰めを取り除いて中を掃除する治療をして頂きました。その後も治療の都度、カチンと当たると痛い、何もしなくても痛い、と言う状態が行きつ戻りつしつつ続き週1ペースで通院し、2ヶ月になります。

そして一昨日、ほぼ痛みが改善し、噛締めたりカチンと当たると痛いけど・・と言うところまで回復したので、『圧力をかけてふたをしました』と言う事だったのですが、途端に痛みが激しくなり、神経を抜きたての頃のような痛みに悩まされています。
昨日、たまらずに歯科医院に行って、状況を説明し、「当たっていて痛むのだろう」と詰め物を削って当たらない様にして貰いました。

しかし本日になっても痛み止めが切れるとズキズキして目が覚めるほどの痛みで、豆腐すら噛めません。
食事は治療してない側でこわごわ噛むと言う状態です。

1.原因はなんでしょう?
2.もうしばらく様子を見るべきでしょうか?
3.思い切って転院してみた方がよいでしょうか?

通っている歯科医院はずっと診て頂いていた先生に代わり、先生の息子さんが後を継がれていて、私は若先生に見て頂いています。
その辺りで不安もありつつ、あまりに痛むので質問させていただきました。

よろしくお願いします。

3月の半ばに虫歯の神経を抜く治療をしました。
初回は麻酔をかけて貰い、我慢できる程度の痛みまで回復したところで1週間後の治療に向かいました。
2回目「我慢できるが痛む。」と言う状態で仮詰めを取り除いて中を掃除する治療をして頂きました。その後も治療の都度、カチンと当たると痛い、何もしなくても痛い、と言う状態が行きつ戻りつしつつ続き週1ペースで通院し、2ヶ月になります。

そして一昨日、ほぼ痛みが改善し、噛締めたりカチンと当たると痛いけど・・と言うところまで回復したので、『圧力をか...続きを読む

Aベストアンサー

歯の神経を抜いた場合(抜くといってもコンセントを抜くようにスッと抜けるわけではなく、根の先の部分で引き千切る様な状態です)

傷が出来るわけで、その周りが炎症を起こし、歯が響く様になります。が、通常1週間程度でましになります。

2ヶ月近く経つのに豆腐すら噛め無い様な痛みがあるのは、異常です。他に原因が有るのではないでしょうか。

神経を抜くようになった原因は虫歯ですか?

医療には限界があり、絶対もありませんが、他のDrが治療すれば(Drそれぞれに技術も経験も違うので)あっさり直るかもしれません。

今の痛みが続くようなら転医もやむなしです。

Q神経治療後、脈打つような拍動を感じる

神経を抜いた時も、なかなか痛みがとれず、銀歯をかぶせるまでに
1年ほどかかりました。
その約1年の間は、消毒等で週に1回ほど、根気良く通い続けました。

それで、やっと痛みもなんとか治まり、無事治療を終えて、半年ほど経ちます。

ですがここ1、2ヶ月、特に夜(寝ようと思い布団に入った時など)に、
治療した銀歯の部分に、中から押されているような圧迫感と
脈打つような拍動を毎日感じます。

これは、誰でも感じる症状なのでしょうか?

上記の症状があるものの、痛みは感じません。
中から押されているような圧迫感のせいか、
中で押しているものを出してほしいというか、突いてほしような感じです。

痛みがないので、一時的なものなのかなと思い、様子をみてきたのですが
即歯医者に行った方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

治療の内容がはっきりしないので、断言は出来ませんけど・・
治療中に、なぜそうなっているかの説明はなかったんでしょうか?
麻酔して神経を取ったのであれば基本的に根は非感染なので、出来るだけ早く密閉するのが基本です。出ないと感染させてしまうからです。
感染した根の場合は、消毒するので時間がかかります。いずれにせよ説明義務があるので、説明されていなければなんで一年もかかったかが分りませんね。

一つだけ確かめたいのは、根の長さを測定したかどうかです。
治療中にピーとか音の出る器具を使ったでしょうか?あるいは器具をさしたままのレントゲンを撮ったでしょうか?
何かしらの方法で根の長さを計ったかどうかは重要になります。

鼓動にあわせた痛みを感じる多くの場合は血管を傷つけているか、健康な組織を傷つけているということです。
可能性は幾つもありますが・・
長さを測定していない場合は、器具が根を突き抜けて、周囲の組織を傷つけている事が考えられます。
も一つは逆に先端までキチンと治療できていない場合です。この場合は神経が残ってしまう事になります。
これに近いもので神経が枝分かれしている場合があります。
いずれの場合も治療しようとすると痛みを感じる事が多いです。また傷を治すために血液が集中するのでドクッドクッという痛みが出る事があります。組織をキスつけたり反応が強いと、きつい痛みになる場合が在ります。

麻酔して生きている神経を抜いた場合は、神経は生きているので傷つけば直そうとする作用が起きます。
ですから通常であれば痛んで当たり前なんです。
歯医者はそれを痛まないようにしているだけですから、人によっては痛む場合もあります。
「痛む治療は腕が悪い」などと言っている歯医者はこの仕組みを知らない者です。
しかし、通常の場合は長い人でも1ヶ月ほどで消えて行きます。
多少反応の激しい人でも消炎鎮痛剤で軽減する事が多いのですが、歯医者の中には極端に薬に頼る事嫌う者が居ます。なかには薬を出す事が未熟だというものまでいるので気をつけましょう。

化膿している歯の治療では長くかかる場合もあります。特に血糖値が高い人や、他に蓄膿などの可能性疾患を持っている人、傷口がすぐに化膿する人は体の抵抗力や自然治癒力が低いので長く罹ります。
また酒や甘いもの好きな人も、当分は体の抵抗力を下げるので注意が必要です。

案外治療に一生懸命になってしまうと、治癒過程での痛みを消そうと、何度も治療を重ね、逆にその刺激で痛みが続くこともあるんです。だからそれは未熟といえば言えますが、判断の難しいところでもあるのです。

断言は出来ませんが、現状は内圧が高まっていると思われます。
担当医が処方を出さないのであれば、他院に行くしかありません。
同じ歯医者であれば根の治療代は支払わねばなりませんが、土台から冠のセットまでは2年を経過していないので無料となります。(自費を請求すること、自費治療を強要する事は違法行為です)

ただ個人的意見として、治療内容の説明が無い、根の長さを測定していないということであれば転医する方がイイと思いますけど。お金の問題より治療内容でしょう。

治療の内容がはっきりしないので、断言は出来ませんけど・・
治療中に、なぜそうなっているかの説明はなかったんでしょうか?
麻酔して神経を取ったのであれば基本的に根は非感染なので、出来るだけ早く密閉するのが基本です。出ないと感染させてしまうからです。
感染した根の場合は、消毒するので時間がかかります。いずれにせよ説明義務があるので、説明されていなければなんで一年もかかったかが分りませんね。

一つだけ確かめたいのは、根の長さを測定したかどうかです。
治療中にピーとか音の出る器具を使...続きを読む

Q歯の神経を抜いた後の痛み

20日前に下の歯の神経を抜きました。その後痛むんです。
激痛ではなくうずく感じで、特に夜が痛いです。
ここ最近では昼間もかみ合わせたときは痛いです。

神経を抜いた後、5日~7日ペースで消毒と薬をつけてもらっていまして、器具をグリグリするのですが、
やはり奥の方へ器具が入ると、
「ズーン」とした痛みがあります。
4回の消毒・薬つけをしています。

歯科医の話では、かさぶたが残ってる為少し炎症してる。薬が合わない時がたまにある。とのことなので、
様子を見たり薬を変えたりしているのですが・・・・

器具を入れたまま再度レントゲンも撮りました。
レントゲンで見える範囲の神経もちゃんと取れている様なのですが。

激痛ではないけれど気のせいではないし、このまま痛んだまま治療が進むのもイヤだなぁと思います。
(今はフタをしている状態)

神経を取っても痛いことがあるんでしょうか?
この場合、今後どのような治療になるのでしょうか?

教えて下さい。よろしくおねがいします!!

Aベストアンサー

こんにちは。
私も一週間前、前歯の神経を抜いたんですが、全く同じ症状が出てます。
痛みが完全に引かず、毎日不安で、お気持ちがよくわかります。
治療方法ではないので、以下、参考にならなかったらごめんなさい。

神経を抜いた当日の夜は薬も効かず、夜ピキピキ疼いて眠れませんでした。
神経をいじったので痛むとは聞いていたのですが、それから痛みがあまり引かず、痛み止めも効かなかったので、今は2~3日ごとに掃除→薬を替えて交換(もう3回目)してもらってます。
私も歯の根元の炎症が長引いていると言われました。歯茎の根元も少し腫れてます。
(1)夜うずく(2)歯の方へ器具が入ると、まだ「ズキン」として響く痛みがある。この症状はまだ炎症が治まってないか、神経の取り残しではないかと思います。
根幹治療が不完全だと、数年たって腫れたり、最悪の場合歯自体を失ってしまいます。知人はレントゲンで神経の取り残しを見落とされ、鼻まで腫れ歯茎を切開して膿を出しました。また、別の知人は、治療後も根っこが膿み歯の根元自体がだめになり、抜歯し、結局両隣の健康な歯も削ってブリッジになりました。もし最初の根幹治療が上手く行っていたら、歯を失ったり、健康な歯を削ることはなかった筈です。
そうならないためにも痛みが引くまで、とことん治療してもらうべきです。

また、私の場合、他の要因もあるため、先日、大学病院へ行きました。
1ヶ月経っても痛みが残る場合は、マイクロスコープで見てくれるとのことですので、そうする予定でいます。あまりに長引く場合は、設備の整った病院へ行ってみるのもいいと思います。
治療費等高額になりますが、やはり歯はお金には変えられません。

こんにちは。
私も一週間前、前歯の神経を抜いたんですが、全く同じ症状が出てます。
痛みが完全に引かず、毎日不安で、お気持ちがよくわかります。
治療方法ではないので、以下、参考にならなかったらごめんなさい。

神経を抜いた当日の夜は薬も効かず、夜ピキピキ疼いて眠れませんでした。
神経をいじったので痛むとは聞いていたのですが、それから痛みがあまり引かず、痛み止めも効かなかったので、今は2~3日ごとに掃除→薬を替えて交換(もう3回目)してもらってます。
私も歯の根元の炎症が長引い...続きを読む

Q虫歯の治療の途中で違う歯医者へ行くこと

タイトルどおりです。
たくさんの虫歯がみつかり、それらの治療で通っている歯医者が、お世辞にも良い歯医者とはいえません。ほとんどの作業をギャルのような女の子の助手がおこなうし、(乱暴、茶髪で清潔感がない。ある人はタトゥーがしてあった。←偏見ではなく、歯医者という空間の中ではあまりにも患者に対する親身さが見つからないと言う意味です。)自由診療費はバカ高いし、、、。そこで、インターネットで調べて、患者さんが勧めるほかの歯医者に行ってみようと思うのです。
けれど、いまの歯の状態は、神経を抜いてこれからクラウンをかぶせるために型をとる予定で、ただ土台がはまっている段階なんです。この状態でべつの歯医者さんに行ったら、やっぱり困らせてしまうでしょうか?ひととおり治療をおわらせてから、別の虫歯を診てもらったほうが良いでしょうか?
どなたかアドバイスをおねがいします。

Aベストアンサー

経験者です。

私は例え歯医者さんの手がにんにく臭かろうが
助手に「これでいいと思う?」と聞いていようが
治療中に「あ・・・やっちゃった・・・」と言う呟きが聞こえてこようが、ここにかかったんだから、と、半年余りの長きに渡り、「バカ高い」治療費を払い続け転院せずに我慢しました。

なぜ転院しなかったかというと、
またレントゲンと撮ったり、型をとったり、お金が倍、かかってしまうと思ったからです。

そして3年たって今、
当時かぶせた歯が取れたのをきっかけに
治療したはずの歯が痛み始め、別の歯医者さんに通いはじめました。
私の歯を見た、今のお医者さんは「同じ歯科医として恥ずかしい治療」「治療したところが皆 虫歯になってる」「神経抜いたところに薬が根っこまでつまってない」などなど・・・
そして、やっぱりレントゲンの撮り直し。
かぶせた歯もやりなおし、
何もかもやりなおし・・・
結局 お金は更に余計に・・・そう、倍の倍、かかったのでした。

こんなことなら おかしい、変だ、と思った3年前に、妙な義理立てをせずに、レントゲン代、初診料をけちらずにさっさと転院しとけば良かった。
当時さっさと見切りをつけて転院してたら、
この余分なお金は払わずに済んだのです。


乱暴、茶髪で清潔感がない助手さんをよしとしている歯科医、
私はごめんです。

経験者です。

私は例え歯医者さんの手がにんにく臭かろうが
助手に「これでいいと思う?」と聞いていようが
治療中に「あ・・・やっちゃった・・・」と言う呟きが聞こえてこようが、ここにかかったんだから、と、半年余りの長きに渡り、「バカ高い」治療費を払い続け転院せずに我慢しました。

なぜ転院しなかったかというと、
またレントゲンと撮ったり、型をとったり、お金が倍、かかってしまうと思ったからです。

そして3年たって今、
当時かぶせた歯が取れたのをきっかけに
治療したはずの歯が...続きを読む


人気Q&Aランキング