人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

初めて投稿します。わかりにくかったらすみません・・・

今、駐車場を1台分借りているのですが、先日その駐車場の解約を通告されました。

確かに、契約書には1ヶ月前に通告すれば解約できるとし、貸主からの申し出の場合は保証金2万円全額借主に返還される。とあります。

しかし、その理由として、『他の人に貸す』為だというのです。
もともとマンション用の駐車場で、空きがあるから外部の方に貸し出しをしていた。
といわれましたが、契約時にはマンションの住人が借りる場合には解約されることがある。などとは聞いていません。
さらに、近くには他の駐車場もあり、後から来た人はそちらのほうへ契約したら良いのに。というのが私の言い分です。

今まで、家賃を滞納したこともなく、騒音などの、他の人の迷惑になったこともありません。
ただ、つい3週間前に、トラブルがあり、それは先方の落ち度であり、和解したばかりでした。

契約書に記載されている以上、解約は免れなさそうだったので、近くの新しい駐車場を契約することにしましたが、たまたま空いた物件につき、来月まであるかわからないといわれたので、今の駐車場を今月いっぱいにしてもらい、新しい駐車場の仲介手数料を払っていただきたいといったところ、今月いっぱいの契約で打ち切るのは良いが、仲介手数料は払わないと言われました。

確かに、そこまで契約書には明記されていませんが、それでは借主の一方的な不利益なのでは?と思っています。

例えば、駐車場を閉鎖するためとか、老朽化のためで解約ならまだしも、私だってお金をちゃんと払っているのに、他の人に貸すから出て行ってくれというのは正当な理由なんでしょうか?
駐車場は住居権がないので、そこまで保障されないらしいのですが、それにしても、こういう場合も仕方がないことなのでしょうか?

もし、詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

借地借家法はもちろん適用外ですが、消費者契約法と民法の制限は受けます。



消費者契約法では、消費者が一方的に不利になる消費者の負担条項や
事業者の免責条項は無効とされます。
(参考までに、最近の借家関係の判決は借地借家法よりこの消費者契約
法を適用して借主が勝訴するケースが多いのですが)

今回の契約では、期間条件は契約していますが、解除原因の類例は契約
していません。
とすれば、許される解除原因は民法や判例に即したものでなければならず、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%A3%E9%99%A4 
もし、契約が貸主のフリーハンドを規定しているとすれば、消費者契約
法違反であり、民法の権利の濫用禁止に違反します。

今回の他人に「貸すから明け渡せ」は解除権(原因)として正当では
ありませんから、あなたは解約要求を拒否できます。
または、次の駐車場を選ぶ際の費用と、増額した場合その差額は損害
賠償として請求できます。

難しい裁判ではありませんから、弁護士立てなくても勝てるでしょう。
そういうつもりで、再度交渉してみてください。

この回答への補足

なるほど~!スゴいですね。別の法律を持ってくるとは、考えていませんでした。

契約の解除を拒否できるのは理解しましたが、質問したいところがあります。

「消費者の一方的な不利益」というところなのですが、契約時に保証金を2万円、私が払っています。私は関東出身なもので、この保証金とは何か聞いたところ、敷金、礼金みたいなもので、関西ではこういう仕組みだと説明されました。

ここで、敷金1万円、礼金1万円という内訳の場合、貸し主の収入である礼金分が私に返ってきているのだから、お互いに痛み分けになると思います。

しかし、礼金の類ではなく、家賃滞納等の場合に当てられるべきお金ならば、それは私のお金であり、還ってくるのは当たり前だと考えられます。

私が解約の申し出をした場合に、次の借り主が見つかるまでの少しばかりの賠償金のようなものと考えていたので、不動産屋さんがいうように、「還ってこないはずだった1万円で契約すればいいでしょ」という言い分には納得できません。

しかも、「私は法律に関しては無知であるから、本当に不当ではないのか調べてほしい」と依頼したのに、中立の立場である仲介業者は,そんなこというなら、8月分の家賃だって払ってもらえる権利があると言われました。

貸し主から解約してきたのに、私は新しい駐車場の家賃と今の家賃の二重で払わなければならないのか?

それだったら、相手の言い分をのみ、保証金を2万円返してもらい、7月末で契約を切った方が一番損害が少ないと考え、相手の条件をのみました。

しかし、こんな月末にもめても、それを解決するための時間もなく、ずいぶん強引なやり方だととても不信感をもっています。

一度『仲介料は自分で払うから、契約を7月末で切ってください』と言った以上、今更…となるのでしょうか?

補足日時:2009/07/26 22:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございます。

今の会社に不動産に詳しい人がいて、その通りに話を進めたらいいよっていってもらえました!

不動産屋さんには、今の担当の人と話をしていても先には進めなそうだったので、本社へ聞いてみたら、不当かどうかは確認してくれるそうです!

手放しには喜べませんが、相手方も耳を傾けてくれたことにホッとしています。

消費者契約法を知らなければ、今ごろまだ悩んでいるところでした。

この先納得できる答えがでたらいいなと思います。

本当にありがとうございました!

お礼日時:2009/07/28 00:57

ウィキの解除の説明が裁判で勝てる根拠になるとは知りませんでした(大笑)



もっともらしく消費者だの民法だの書いてますが、それをもって
根本たる契約書に記載された事項が無効となるようなものではありません。
「貸主・借主双方ともに一か月の予告期間をもって解約ができる」ことが、貸主からの解約に限ってはまるで詐欺行為であるかのごとく簡単に
覆せるように小難しい言葉をならべてますが、ただの詭弁ですね。

裁判で勝てるなんて釣り行為みたいなこと書かないほうが
いいと思いますけどね。

この回答への補足

結果が出ました!

一番の論点だったのが、『保証金』のことです。

貸主さんからの解約申し出時にも保証金が引かれるとしたら、消費者契約法に引っかかってくるかもしれないのですが、保証金が返金されるので、貸主さんにも損害が出る。という考え方のようです。

保証金とは関西独自のもので、敷金とも礼金とも異なりますが、契約書に、借主からの解約申し出時に貸主が1万円を差し引き借主に返金される。
というようなことが書いてあります。

この場合、貸主が引き抜く分の1万円については、礼金に近い意味合いになると私は解釈しました。

礼金と異なる点については、
(1)契約時ではなく、契約解除時に発生する。
(2)貸主から契約解除の申し出がある場合は、返金される。(礼金の場合は返金されないと思います。)

ということです。

これで、私は納得することができました。

ちなみに、

借地借家法→駐車場の解約については、契約書に記載されている期日以前に解約の申し出がある場合は、いかなる理由であっても、解約することができる。

民法→実際に判例があるわけではないので、裁判をおこしてみないとなんともいえないところがありますが、おそらく理由にかかわらず解約することができる。

そうです。

のこりの消費者契約法で、一方に損害があるのか、痛み分けなのか、によって、結果が違ってくると思います。

みなさん、いろいろとありがとうございました!

補足日時:2009/07/30 13:21
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私は裁判をおこすつもりはありません。

名前を公表し、資格を持っている弁護士さんなら、信頼できますが、あくまでネット上では皆さん一般人な訳ですし、ただ、正当、不当と言われるだけより、根拠を言ってもらえた方が納得できます。

契約書に解約できると書いてあるのだから、解約できるというのは一つの意見ですし、私もちゃんと聞いています。

ことの結果が、そうなってしまっても、仕方のないことだと思います。

皆さんの回答はあくまでアドバイスであり、それ以上でも、それ以下でもないと思っています。

detekoiyaさんの意見も、私はもっともだと思っております。

ただ、他の回答者さんからもいろいろな意見をいただき、私なりに納得いく答えを探している最中なので、できればそのような言い方は控えていただけるとうれしく思います。

お礼日時:2009/07/28 02:31

>ここで、敷金1万円、礼金1万円という内訳の場合、貸し主の収入である礼金分が私に返ってきているのだから、お互いに痛み分けになると思います。



保証金は保証金です。預かり金ですから、実は礼金でしたとか、敷引き
がありますとかは、契約書に記載がなければなりません。

記載がなければ、賃料の不払い以外で保証金が減額になることはありま
せん。

それから、これは質問者さんへではありませんが、
>なんか甘い期待を持たせるようなこと書いてる人がいますけど、
>裁判やっても勝てないと思いますよ。
他回答者を批判するなら法令や判例で根拠を示すべきだと思いますが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり、保証金は貸し主さんの金というわけではなかったんですね!

借り主が契約解除を申し出た場合は、1万円のみ返金され、貸し主が契約解除を申し出た場合は全額返金される。

としか、書いていないので、礼金とは全く異なるものなんですね。敷き引きについても調べてみたんですが、敷き引きとは、ハウスクリーニングなど、次の人に明け渡す際に必ず必要となる費用ということであっていますか?

契約書には特に残りの1万円が貸し主さんのところへいくなんかは書いていないんですよね。

一体、残りの1万円はどうなるところだったんだろう…

保証金のこと、ありがとうございます!

とてもすっきりしました!!

ありがとうございました!

お礼日時:2009/07/28 01:13

>法律を知らないことが弱者になってしまう事に、少し寂しく思います。



そういう発想は違うと思いますけどね。

なんか甘い期待を持たせるようなこと書いてる人がいますけど、
月極駐車場の解約に理由は関係ありません。
他の人に貸そうが、顔がきらいだろうが関係ないのです。

他を借りる費用だの差額だの主張したら笑いものですよ。

自分の都合ばっかり書いてますけど、そもそも月極駐車場は
そんな程度の契約です。
ごちゃごちゃ言う方が間違ってます。

裁判やっても勝てないと思いますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうなんですよね…

確かに借地借家法でいけばその通りなんです。

私一人では皆さんにいろいろ教えてもらわないと前に進むことができません。

不動産屋さんには言ったのですが、

本当に不当なことがないのなら、それは仕方がないことだと思います。
ただ、それが、本当に不当ではないのか、確認していただきたい。

もちろん、私自身も調べている最中です。

あんまり事を荒立てない方がいいとは思うのですが、納得したいんです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/28 00:48

駐車場は借地借家法の適用外です。


したがって予告期間を守って解約であれば理由など
一切関係なく解約できます。
当然、仲介手数料を負担してくれなどと言っても
負担する理由がまったくありません。

まあ、契約時に多少の説明不足はあったのかもしれませんが
金銭的にうんぬんというほどの話でもありません。

失礼ながら説明はあったのにちゃんと聞いていなかった
可能性もありますね。借りようとする方は自分が借りたい
ということばかりで都合の悪いところを聞いてなかったり
することはよくありますし。

何にせよ、保証金の返還以外には無理です。
そういう契約ですし、法もそうなっていますから
ゴネても無理なものは無理でしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早くに回答してくれてありがとうございました!

こんなに早くに答えてもらえるなんて知りませんでした。

やっぱり、先方の言い分が強いのでしょうか?

法律を知らないことが弱者になってしまう事に、少し寂しく思います。

お礼日時:2009/07/26 22:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月極駐車場の一方的な契約解除に伴う請求

こんにちは。

先日、私の契約している月極駐車場の管理会社から以下のような文面の書類が届きました。

「土地所有者(賃?者)の意向で、~~パーキング(駐車場の名前)は、今後外部月極駐車場としての使用を行わないこととなりました。つきましては、~様(私)の契約を9月30日をもって解除させて頂きます。何かこの件に関して質問等がある場合は、以下の管理会社まで御問い合わせ願います。」

いきなり何だよ!と思いつつも、
しょうがないので他の駐車場を探しました。

ここで問題となるのが、新たに他の駐車場と契約する際には敷金と手数料みたいなのを取られるということです。
返金される敷金はともかく、
返金されないであろう契約手数料はについては、
駐車場を変える必要さえ無ければ発生しない出費であった訳で、
私が負担することに納得できません。

法律的には今までの駐車場の管理会社等に
この契約手数料は請求できるものなのですか?

やっぱり無理なのでしょうか?詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

残念ながら、無理です。
人間の住居であれば、借地借家法で手厚く保護されており、たとえ契約書に書いてなくても、大家から一方的な解約はできないとか、大家の都合で解約したら、被害額を請求できるとか、いろいろと店子を保護する規定があるわけですが、駐車場に関してはそのような法律がありません。
したがって、契約書に書いてあることがすべてだということです。
もし、前の駐車場の契約書に「急に解約したら、そのときの手数料を実費で払う」とか「解約は両者合議の上でないとできない」とでも書いてあれば(書いているはずないでしょうが)、請求できるでしょう。ですが、おそらくは「大家の都合で一方的に解約できる」と書いてあると思います。したがって、解約は法律上正当ということになりますから、損害賠償の請求はできません。

Q月極駐車場の相手都合の解約

今、月極駐車場を借りているのですが、今度その場所にマンションを建てるということで契約を打ち切りたいとの通知が来ました。

この場合って解約しなければならないのでしょうか?
その場合、立ち退き料みたいなのって請求できるのですか?

一応、毎年1回の更新で1年契約。
契約の残りがあと数ヶ月残ってます。


また、出なかった場合どうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

>>「甲(貸主)の都合により本駐車場を他の目的に使用するときは、契約期間内であっても、本契約を解除することができ、乙(借主)はこれに対し何ら異議を申し立てない。」

 このような条項は、賃借人にとって一方的に不利益な条項ですから、不当条項に該当するでしょう。消費者契約法違反を理由として、条項の無効を主張できます。理由は前に述べたとおりです。

 私の述べた文章を全て持って、弁護士事務所を訪ねてみて下さい。きっと、良い方向に行くと思います。

Q駐車場に建物が建つので契約解除を通知された

契約していた駐車場にて、駐車場に大家が建物を建てるという
理由で1ヶ月前ぐらいに契約解除の通知が来ました。
その際に契約している不動産屋から別の駐車上を紹介され、
その際に仲介手数料をとられました。

1、契約時には、とくに契約期間の話はなかったのですが
  契約の解除に従わなければならないのでしょうか?
2、不動産に支払う仲介手数料は払う必要があったのでしょうか?

なにも気にしないで契約を不動産屋に言われるがままに進めてしまったのですが
どうも、損している気がするので教えてください。

Aベストアンサー

>大家が建物を建てるという 理由で1ヶ月前ぐらいに契約解除の通知が来ました。
>損している気がするので教えてください。

契約書をごらん下さい。普通はそのようになっています。借地借家法の適用がありませんし、「大家が建物を建てる」なら正当な理由です。「1ヶ月前」も通常です。新たに借りるなら当然と手数料も必要です。残念ですがしかたがないと思います。

Q駐車場解約

月極で借りてる駐車場を今月で解約します。
不動産会社に解約の件で問い合わせると、
「特に解約手続きの書類記載は結構ですので、お電話で構いません」
と言われました。
駐車場解約は特に当方で記載する書類などは無く、電話で解約する事が
出来るんでしょうか。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大家してます

アパートの部屋などは法律などで強力に保護されていますが駐車場などはそうでも有りません

いきなり借りるのをやめる方も多いですし、貸す側からは、逆に突然他の用途に使うから解約する事もあります

「貸した・借りる」は立ち話で有ろうと電話であろうと大丈夫です

会社経営の駐車場の場合は、社内処理が必要でしょうからきちんとした解約書類が必要な場合もあります

要は「適当」に運営している場合が多いのです

うちも居室の場合は厳格な手続きをしますが、駐車場の場合はいい加減にしています
「おっちゃん来月から貸して」
(いいよ、8番を使ってね)
「料金は?」
(8000円、書類出来たら渡すからハンコ押して返して)
この程度のやりとりでやっています
解約の時も似たようなものです...。

Q駐車場を解約したい。1か月分の賃料支払を避ける方法はありますか

賃貸アパートに住んでいて、同じ敷地内の駐車場も借りています。
2月28日をもって駐車場だけ解約したいのですが、駐車場の契約書には1か月前に文書による告知をすることと書かれています。

1か月分の賃料を請求されることになりますが、これを回避する方法はないものでしょうか。

契約書に書かれているので無理な気もしますが、
利用してもいない期間の支払いをすることに納得できません。
次に使う人を探すという理由もありそうですが、駐車場は半分以上空いているので、私が借りていることは別に問題にならないと思います。
契約締結時に主張すればと言う意見もありますが、貸してくれなくなると思うと言えないよなーと思います。

何かよい方法があればご教授いただきたく。

Aベストアンサー

契約というのはお互いに納得して守るためにあるものです。

あとから納得できない、と言えるのは相手が詐欺行為を行っている場合くらいなものです。
社会通念上も、問題のない契約内容ですので 子供じゃないんですからダダをこねるのはやめましょう。
あなただって 明日からアパート解体したいから出てけって言われたら契約書を盾にとるでしょ?

Q車庫証明取得後について

2km以内の駐車場を契約して、車庫証明を取ったとします。
数ヵ月後、契約を解約したら、法律違反になると思うのですが、
警察って、車庫証明取得後、調べに来たりするのでしょうか?

また、上記の状態で車を使用していた時に、ひょんなことから
警察に見つかってしまった場合、どんな罰を受けるのでしょうか?

けっこう車を登録するためだけに駐車場借りて、そのあとは解約してる人って
いてるんだろうか。

Aベストアンサー

 不動産賃貸業を営んでおります。

 我が社では、といっても、ごく小さな同族会社ですが、20年くらい前かな、警察から「いったい何人に貸しているんだ」とお叱りのような問い合わせのような電話を頂いて、以来、きっちりと誰に何番の区画を貸したか帳面に記録してすぐ分かるようにしています。

 また、その問い合わせがきっかけで、書類を出したのに1年以内に解約する場合は、12ヶ月に足りない月分を一括で払う方式に切り替えました。その前から、何度か、書類を出して2ヶ月くらいで解約する事例が出ていたからですが(つまりお尋ねのような人はかなりいます)。


 そこの区画は、うちのマンションに住んでいた自動車販売会社の社員が車検を取るのに使っていたんですねぇ。1年に3台に発行していました。こちらとしてはその居住者の買い換えに対して発行していたつもりだったのですが、「飛ばし」に使っていたんです。急に発行をしぶりだしたので1年くらいしてその人は退去しましたが、まだその会社はすぐ近くにあります。10年くらい前に、また部屋を借りたいと言ってきたので、「ああ、前にもいた車屋サンね」と言ったら、まだ覚えていると悟ったのか、来なくなりました (^o^;

 そのころは、印鑑証明などを必要としていたはずです(駐車場として登録してハンコだけでよいようにしていた)が、いまはどこでもポンとハンコを押すだけでOKになっていますね。その分いい加減にならないよう、当時より厳しく警察も調べてはいると思いますよ。 

 不動産賃貸業を営んでおります。

 我が社では、といっても、ごく小さな同族会社ですが、20年くらい前かな、警察から「いったい何人に貸しているんだ」とお叱りのような問い合わせのような電話を頂いて、以来、きっちりと誰に何番の区画を貸したか帳面に記録してすぐ分かるようにしています。

 また、その問い合わせがきっかけで、書類を出したのに1年以内に解約する場合は、12ヶ月に足りない月分を一括で払う方式に切り替えました。その前から、何度か、書類を出して2ヶ月くらいで解約する事例が出て...続きを読む

Q月極駐車場解約に車庫証明は必要?

家族が家を出てるときに車を持っていきました。
駐車場を借り続ける必要もないので、大家さんに解約を申し出たところ、解約の際に、「次の保管場所の車庫証明を提出して下さい。」と言われました。

なぜ解約なのに車庫証明が必要なのか疑問です。
新契約の際に、大家さんに車庫証明の作成を依頼するということなら、わかるような気がしますが。
ただ単に、大家さんが次の保管場所を知りたいだけなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

駐車場の契約解除をしても、その区画は警察の書類には貴方の自動車場所として登録されたままです。
つまり以前に取られた車庫証明が抹消されない限り、同じ場所で新しく車庫証明は取れません。

次の保管場所の車庫証明を取ると、元の場所の車庫証明は抹消されます。
車庫証明が取れる状態でないと次の人に貸せないので、新しい車庫証明を請求されているのだと思います。

Q3ヶ月だけ駐車場を借りた場合の車庫証明は?

知り合いが車を新規で車を買いました。
ところがあてにしていた駐車場が
すぐに借りれないことが判明したそうです。
9月からは確実に借りれるらしいのですが、
6,7,8月は別の駐車場を探さなければ
いけないらしい。この場合、6月に契約した
ところで車庫証明をとって、9月にまた
車庫証明を変更しなければいけないのでしょうか?
また、3ヶ月だけの契約と分かっている場合、
車庫証明ってとれるのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

同じ状況に私もなったことがあります。

「3ヶ月だけ貸してください」と言うと
「3ヶ月?
車庫証明のためだけに借りるんじゃないでしょうねえ?
そういう方にはお貸ししません。
最低でも半年以上契約してもらわなければなりません。
駐車場によっては、一年以上の条件をつけてるところもあります。
まあ、だいたい半年以上が契約の条件ですよ。」と言われました。
そういうことで、渋々、半年の契約をしました。
またディーラーから車庫場所が変わったら
必ずまた新たに車庫証明書を出してくださいと
言われたので、駐車場変更後も証明書を
発行してもらいました。

たぶん、3ヶ月だけの契約は難しいと思います。
駐車場側も、警察からの監査が入るから
「3ヶ月だけでもいいですよ」とはいかないそうです。

いろいろと策を練ればなんとかなるかも。
なんとかなるといいですね。

Q「金員と金額の違い」について教えてください

つかぬ質問ですみません。

『借用書』を作成中です。
ネットで借用書の例文をみたら「金員」とあります。

意味は、金額=金員だと辞書にありますが、
どういう場合に使いわけるといいのでしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 確たる根拠もなく、私が自分なりにかんがえただけなのですが・・・
 「員」という字には、「まわり、幅の広さ」という意味があります(例、幅員)。そこから、「金員」という言葉は、数額が一定に確定していない場合に使うのではないかと思います。
 たとえば、請求認容の給付判決を求める場合、請求の趣旨には「被告は、原告に対し、100万円及びこれに対する平成○年○月から支払済みまで年○分の割合による金員を支払え。」と書きます。この場合、支払を履行するまで利息が付くので被告が支払うべき数額は確定していません。この例で「100万円」というのは「金額」ですが、実際に被告が支払う100万円と利息を合わせた数額は「金員」と言うのだと考えられます。
 

Q駐車場の保証金について

契約や解約について、あまり知識がないため、皆様のお知恵をお貸しください。

今年の9月から転勤することが急遽決まり、現在契約している駐車場の解約申し出を8月初めにしました。その駐車場契約時に保証金として(賃借料)2ヶ月分を渡していますが、解約申し出時に「1ヶ月以内であるため保証金は返却することができない」と相手側から言われました。

賃貸契約書抜粋

第2条
賃貸借の期間は平成20年8月1日から平成21年7月31日までの1年間とし、双方より申し出がない限り同期間を自動更新とする。

第3条
賃料は月額 金壱万二千円也、保証金として2ヶ月分を差し入れるものとします。

第8条
賃貸人及び賃借人双方とも二ヶ月前に本契約の解除の申し出が出来るものとする。

以上のように、契約書では明記されています。
尚、保証金の返却に関する記載は一切ありません。また、駐車場は4年利用しています。
支払いも遅れたことがありません。

相手側の主張では、「(第8条にあるように)解約申し出が二ヶ月前でなく、更に一ヶ月を切っているため、保証金の返却は出来ません。二ヶ月前であれば全額返却、一ヶ月前なら1ヶ月分返却となります。」
とのことです。

保証金が返却されないことに関してはそこまで気にしていませんが、この契約書から相手側の主張に至るのが納得出来ません。
立地や設備など気に入っていた駐車場でしたので、スッキリ納得したいと思っています。

これは、本来返却されるものでしょうか?それとも、相手側の主張通り、返却できないというのが正解なのでしょうか?

ご教授下さい。

よろしくお願いいたします。  

契約や解約について、あまり知識がないため、皆様のお知恵をお貸しください。

今年の9月から転勤することが急遽決まり、現在契約している駐車場の解約申し出を8月初めにしました。その駐車場契約時に保証金として(賃借料)2ヶ月分を渡していますが、解約申し出時に「1ヶ月以内であるため保証金は返却することができない」と相手側から言われました。

賃貸契約書抜粋

第2条
賃貸借の期間は平成20年8月1日から平成21年7月31日までの1年間とし、双方より申し出がない限り同期間を自動更新とする。

...続きを読む

Aベストアンサー

保証金は返却されないというのが、ご質問の回答になります。
No1.3さんの通りとなります。

相手方というのが貸主本人なのか不動産会社かわかりませんけど、
少し説明の仕方が悪いのかもしれませんね。

契約書には契約解除する場合は2ヵ月前に予告しなければならないと
書いてあります。
よって、相談者さんの場合は、8月初めの時点で契約解除を予告
したわけですから、10月分までの駐車場代金を払う必要が
あります。
こういった解約予告期間を設ける理由としては、次の借主を探す
という目的があります。
相談者さんも、貸主の立場になって考えてみたら、急に明日解約だ
と言われても困ると思います。
そのため、アパートや駐車場などの賃貸借契約の場合には、
解約予告期間を定めているのが普通です。

つまり、保証金が返却されないというよりかは、10月まで代金を
払う義務があるので、保証金と相殺しますねという意味だと
思われます。

ただ、そちらの契約書には、「解約月の駐車場代金は日割りしない」
といった規定はありませんか?

というのも、仮に、相談者さんが、昨日(8月7日)に契約解除を
通知した場合、契約書どおりでいけば、2ヵ月後の10月6日までの
駐車場代金を払う必要があります。
つまり、10月分は日割り計算されるのが普通ですので、その分、
費用負担が減ることになります。
解約通知した日によっては、日割りできるかどうかで金額的に
かなり差がありますので、その規定があるかどうか確認してみて
下さい。

もし、「解約月の駐車場代金は日割りしない」という規定が
なければ、原則、日割りされると思われます。
逆に、その規定があったら、10月末までの代金を払う義務が
発生しますので、保証金と相殺されても仕方がありません。

保証金は返却されないというのが、ご質問の回答になります。
No1.3さんの通りとなります。

相手方というのが貸主本人なのか不動産会社かわかりませんけど、
少し説明の仕方が悪いのかもしれませんね。

契約書には契約解除する場合は2ヵ月前に予告しなければならないと
書いてあります。
よって、相談者さんの場合は、8月初めの時点で契約解除を予告
したわけですから、10月分までの駐車場代金を払う必要が
あります。
こういった解約予告期間を設ける理由としては、次の借主を探す
という目的がありま...続きを読む


人気Q&Aランキング