生命保険を解約したいのですが、時間の都合もあり、窓口へ行くことができません。
郵送などでの解約は可能なのでしょうか?
良い方法があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

郵送でも、可能です。


解約手続き書類の取り寄せ時に解約理由などしつこく聞かれることがありますが、めげずに
(1)解約したいという意志
(2)窓口に出向く時間が物理的にとれない
(3)郵送による手続としたい
という点を主張してください。
    • good
    • 0

契約時には自宅で契約できるのに、解約は窓口に行かないと解約できないようです。


ちょっと変だと思いますのが、窓口に行くしかありません。
ただし、全ての保険会社で同じ方法ではないと思います。

どうしても窓口に行けない、行きたくないときは、
保険証券、印鑑証明書、解約の旨および口座引き落とし停止依頼の旨をメモ書きし記名・捺印の後、書留で郵送しましょう。
こうすれば保険会社から連絡が来ますし、解約できると思います。
    • good
    • 0

郵送では本人の確認が出来ないので無理と思いますが、委任状を書いて代理人に窓口へ行ってもらうと解約できると思います。


委任状には、契約した時の印を押してください。
あと、口座振込みになると思いますので、銀行名、口座番号も代理人に伝えておいてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事業主の生命保険の解約で差額は?

有限会社の経理をしています。
社長が終身の生命保険に入っていまして、全金額「積立」に計上していました。資金不足のため保険を解約することになり、計上金額は670万ですが、入金されたのは480万でした。差額は何で処理すれば良いでしょうか?科目を教えてください。また、入金されたものに税はかかるのですか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

積立て保険解約損として「雑損失」か「特別損失」で処理します。
払い込んだ保険料よりも、返戻金が少なく利益が出ていませんので、返戻金に課税はされません。

Q生命保険解約払い戻し金の仕訳は?

個人事業主です。
うっかり忘れていたのですが、余分な生命保険の
解約をした払い戻しが返ってきました。
しかし、このような払戻金の仕訳が
何にあたるかわかりません。
すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

自営業の場合、個人の生命保険の解約は事業とは関係ありませんから、何の仕訳も必要有りません。

ただし、解約返戻金を事業に使うのであれば、事業主からの借入れとして、次の仕訳をします。

現金 ****** / 事業主借 *******

なお、生命保険等の解約返戻金は、下記のように計算した額が一時所得になり、事業所得と共に確定申告をすることになります。

解約返戻金 -支払った保険料 - 500.000万円(特別控除額)×50%=一時所得

従って、支払った保険料よりも返戻金が少ない場合は、課税対象には成りません。

Qなぜ生命保険の外交員には雇用保険があるのか?

保険の外交員は、事業所得で確定申告をします。
とゆーことは、保険会社とは雇用契約ではなく請負契約とゆーこと?
請負契約なのに、なぜ雇用保険に加入できるのでしょうか?
給与所得でなくても雇用保険に入れるのでしょうか?
詳しい方、暇なときにでもご回答下さい!

Aベストアンサー

下記ウエブによれば、雇用状態に応じて、生保会社が申請すると。由来は、恐らく「既得権益」では。外交員は、当初、戦争未亡人の雇用事業であったが、今や圧力団体に成長したこと。かつ生保会社が、経営上、この制度の維持を政官界に対して工作しているのでは。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~aaf62270/hihokensya.htm

Q東京商工リサーチから郵送されてくる企業情報調査票って書くと良いことある?

東京商工リサーチから毎年財務状況を確認するための企業情報調査票が郵送されてきます。そういう会社は多数あると思いますが、皆さんはこれ記入して返信していますか?

 私はこれを一方的に送り付けてきてまるで義務かのように電話で「記入して下さい」と言われるのが大嫌いです。郵送されてきたものを毎年捨てています。
 人の大事な情報を郵送と電話一本で記入させ、忙しいのにこらちに無料で仕事させておき、そのデータを売るやり方も嫌いです。帝国データバンクは直接挨拶来て出来るだけこちらの手間のかからないように聞いてくれるので答えますが・・・
 取引先が直接聞いてくれれば答えていますし、直接聞けないような取引先とは取引したくありません。

 これってしておくとメリットなどありますか?
 またはしておかないことによるデメリットなどありますか?
 皆さんどうしていらっしゃいますか?

Aベストアンサー

#2です

>必要な会社が多くあるということですね。

はい、特に50点前後の企業は大切です

50点は点数がでますが49点だと「D1」...わずか1点の差が大違い

しかも経営が順調なときは1-2点は問題ない(60点とか)のですが得てして借り入れや重要な取引をしたいときは経営が悪いとき...(笑)
そのときの評点は大切です

いきなり調査に協力しても評点はUPしません
「継続は力なり」...「評価も継続しなければUPしません」

>やはり必要な人には必要なことだと言うことですね。

必要な時が来ないのはある意味幸せです...(笑)

Q年末調整の生命保険料控除額と社会保険料の記入の仕方について

今年初めて年末調整の担当になりました。で、税務署の手引きにも記入されてない下記の点を教えて下さい。
1)2件以上の生命保険料を合算して、生命保険料の対象額を記入する欄には小数点円以下の金額は、切り上げ・切捨て・四捨五入のいずれにするんでしょうか?
2)転換した生命保険の場合、転換前の保険料と転換後から12月までの保険料の合算でよかったのでしょうか?
3)社会保険料の記入欄で、国民健康保険と国民年金の支払先の欄には、何と記入すべきなんでしょうか?
こういう細かい点までは、どこにも記入がなく、前任者から引継ぎがないので、大変困ってます。どうかよろしくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

税法の場合は、原則納税者有利と考えておいてもらえるといいと思います。

1.これらは、本来、申告する人が書きますから、1円未満については、いずれでもいいのですが、代書されるのなら切り上げておかれるといいでしょう。
2.これは、別々に控除証明書が出ているなら、それを合算した金額になりますが、実際に支払った分のみになります。12月分を来年に支払うこととなったときは、来年にまわします。
3.これは、払い込んだ市町村の名前を書けばいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報