外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

あれじゃタイガースファンしか見ないよなぁ? って話、実際はどうなんですか?

※添付画像が削除されました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

歴史的にみると、阪神ファンに迎合してサンテレビが独特の阪神びいきの放送をしているということではなく、サンテレビが甲子園の阪神戦の完全中継を開局当初から辛抱強く続けたので、阪神ファンが増殖して今に至っているという経緯があります。


視聴率をとれるコンテンツがなかなか集まらないUHFローカル局として、その命運を自前の阪神戦中継に賭けて、それが当たったのがサンテレビですから、阪神ファンしか見ないような中継をするのは当然といえます。UHFローカルだから、阪神ファンさえ見てくれたらそれで充分なんですね。
サンテレビが中継を始めた1970年ごろは、関西でもTVで見られるプロ野球といえば巨人戦のみで、当時関西にあって球場で直接応援できる四球団(阪神以外に南海、阪急、近鉄)にちょっとずつファンが付いていたほかは、関西でも他の地方同様巨人ファンの比率が高かったのでした。
まぁ、阪神の場合は、東京に対する関西人のライバル意識のおかげで、巨人戦だけは甲子園に3~4万人の観客を集めましたが、その他の対戦カードは観客数千人!と大甲子園にはいつも閑古鳥が鳴いていました。
それが、サンテレビの甲子園完全中継が続いたおかげで、70年代後半から80年代にかけて、阪神ファンが一気に増殖、85年の日本一の頃には押しも押されぬ人気球団となり、関西人ならたいていは阪神ファンや!みたいなイメージができてきたのでありました。
関西での阪神人気の確立に重要な役割を担ったのは、サンテレビの完全中継のほかにもう一つ、やはり70年前後に始まった朝日放送の朝のラジオ番組「おはようパーソナリティ、中村鋭一です」があります。朝っぱらから、番組で六甲颪を流すという暴挙にでたのが、この中村鋭一氏です。「阪神タイガースの歌」の通称である六甲颪という言葉を世に広めたのもこの中村氏です。公平中立性を重んじていた関西の放送局が、露骨に阪神一辺倒のスタンスを取り始めたはしりがこの番組といえます。ちなみに、関西人からすれば、東京のTV/ラジオの放送局は昔から一貫してめちゃめちゃ巨人一辺倒ですね。
    • good
    • 1

地元の放送局が地元のチームを、しかもファンが大多数であるチームを放送するならああいう風になります。


ほとんど阪神ファンですから、阪神ファン以外はみないというのは、まあ本当です。

というか、阪神戦しか放送しないんだから、当たり前です。阪神対横浜をヤクルトファンが見てどうしましょう?

個人的な感想では、横浜・中日のローカル放送は、独特というか酷いですよ。
自チーム以外はガン無視ですから。サンテレビのアナウンサーはかなり優秀です。解説と呼吸の合わないアナがいますが・・・
    • good
    • 1

サンテレビは阪神タイガースのある兵庫県を対象地域とした独立系放送局ですので、


サンテレビの野球中継が「阪神タイガースの為の野球中継」の様な形になるのは至極当然だと思います。
    • good
    • 1

神戸 大阪を中心としたローカルTV局ですね…



甲子園球場に行けば大抵 サンテレビの中継車が止まっています。

ファンも野球中継のマスコット「おっサンテレビ」(太陽におやじ顔を書いたマスコット)をユニフォームに圧着してる人や段ボールを型取って お面にしている人も見かけます。

私の住んでる京都ではアンテナを付替えないと映らないのが残念です…
    • good
    • 0

サンテレビが見れる人は自然に阪神ファンになります。



阪神ファンによる阪神ファンのためのテレビ局ですから。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪でサンテレビは受信できるのでしょうか?

大阪からサンテレビを受信はすることはできますか?

Aベストアンサー

もちろん。

アンテナの方角は、神戸の「摩耶山(まやさん)」に向けてね。
CATV配信ならば、悩まずに受信できるよ。(KBS京都も入るが、不要なN☆Kもバリバリに入る。)

Q関東に居ながら関西の 例えばサンテレビを見ることは可能か?

関東に居ながら関西の 例えばサンテレビを見ることは可能か?

と思いました。
元大阪に住んでいましたが仕事で関東に永住しています。

で、サンテレビやテレビ大阪が見れません。まぁそれは地方放送なので当たり前としても、
それに限らずアサヒの、 おはよう朝日 とかがスーパーモーニングに変わったりしています。

で、今回の疑問が こういう地方に限った放送を我が家で全部見ることは可能でしょうか?
ビデオを郵送してもらうとかMPGを送ってもらうとか言うのは無しで 普通にテレビで見るサービスは何かありますか?

熊本放送を我が家で見る
北海道で放送されているローカル読売TVを見る

などが今回の目標であります。宜しく御願いします

Aベストアンサー

インターネットのブロードバンドを使った方法もあると思います。
もし関西に友人がいるならば、そこの家で受信したTV放送を送信とか・・・
あと、ソレの延長として、外国に行ってもインターネットの常時接続で日本のテレビを時差無く見られる携帯テレビと言うのもあったと思います(確かテレ東「WBS」の「トレンドたまご」でやってたと思う)

Qサンテレビのデジタル放送が映らない

サンテレビのデジタル放送が映らない。
大阪市に住んでいますがデジタル放送のサンテレビ(26ch)の電波が弱くて映りません。ブースターもつけています。
生駒の放送局はすべて映ります。
生駒用のアンテナとサンテレビ用のアンテナを別にして取り付けています。
サンテレビ用は20素子アンテナ、型番はU204Gです。
ブースターの調整もしましたがだめです。
どうしたらいいでしょうか?。
サンテレビのアナログ放送は映ります。

Aベストアンサー

サンテレビのデジタル波はアナログよりも弱いので、
大阪市でも沿岸部や北部の区・西部の区は大抵受信できるのですが、
東部の区や南部の区は受信し難くなっています。

受信レベルはどのくらいでしょう?
U204GでダメならLSL30を使うとか。

チャンネル設定は兵庫や大阪などの地域指定ではなく、
もちろん手動でUHF全チャンネルスキャンをして設定してますよね?

Q東京になぜ阪神ファンが多いのか?

皆様が周知の通り、我らタイガースにマジックが点灯しましたがな。事実上優勝へのカウントダウンが始まったんですわ。そこで妙に思えることがありましてん。
ウチの知り合いが東京におましてな、関東は何でも大変タイガースファンが多いんやて…。テレビで観る限り、確かに東京ドームの半分は阪神ファンやけど、一昔前やったら想像すら付かへん光景ですわ。ヤクルト(神宮)や横浜(横浜スタジアム)戦では、大半が阪神ファンですやん。なんでこんなに阪神ファンが増えたんでっしゃろ。ファンは地元意識が濃いのが普通やし、場所柄タイガースファンが増える環境やないんやけど…。なんか甲子園の延長を見てるみたいで不思議なんですわ。
大阪でも巨人ファンはおまっせ。けど微々たるもんや。甲子園ではほんの一角だけや。東京ドームのように、敵地にあれだけタイガースファンがいる状況は、大阪では考えられへん。ウチは、初め関西人が態々東京まで行って応援してるんやと思とったけど、そうやないらしいわ。
そこで知りたいんやけど、なんで東京(関東)でこんなに阪神ファンが増えたんでっしゃろ?要因って何でっしゃろ?何が魅力なんやろ。ウチのような関西人から見たら、凄く???やねん。今一度、関東に棲んではる方々の一票で、自由な意見を聞かせて下はい。共にタイガースの優勝を祈願したいと思てま!今回は敢えて地(関西弁)で書かせて貰いましたで。

皆様が周知の通り、我らタイガースにマジックが点灯しましたがな。事実上優勝へのカウントダウンが始まったんですわ。そこで妙に思えることがありましてん。
ウチの知り合いが東京におましてな、関東は何でも大変タイガースファンが多いんやて…。テレビで観る限り、確かに東京ドームの半分は阪神ファンやけど、一昔前やったら想像すら付かへん光景ですわ。ヤクルト(神宮)や横浜(横浜スタジアム)戦では、大半が阪神ファンですやん。なんでこんなに阪神ファンが増えたんでっしゃろ。ファンは地元意識が濃いのが...続きを読む

Aベストアンサー

関東生まれ埼玉在住の阪神ファンです。十数年応援してます。
巨人ファン阪神ファンは元々多いと思います。
関東にも多い理由は地方からの人が多いのもあるだろうし、これだけ何でもかんでも巨人巨人ですからアンチになってしますこともあるでしょうね。
今まではクソ弱かったですから、わざわざ高い金払って負け試合観に行く必要もないっていうのもあったんじゃあいですか?(笑
でも今年は倍払ってでも観に行きたいと思える試合展開ですから、これだけ多くの方がいらっしゃるのではないでしょうか。
まぁにわかもかなりいるでしょうね。全国区のチームですからそういう方も増えると思います。

Qプロ野球の応援団って何で飯食ってるの?

毎試合球場に足を運んで応援してますけど、彼らの収入源は?
そして、いつも外野のいい席を陣取ってますけど、入場の時ちゃんと並んでるんですか?
だとしたら昼間もおちおち仕事してられないですよね?

Aベストアンサー

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃いますが、昔(15年以上前、特にパリーグ)は試合開始時点では人数が少なく、3回くらいからようやくラッパ応援が始まるような例も少なくありませんでした。仕事が終わってから三々五々球場に駆け付けていたためでしょう。
また「秋~春はひたすらアルバイトでお金を貯め、その資金でシーズン中の応援活動を行う」という人もいるようです。これは応援活動に限らず、放浪旅行を楽しんだり、タレントの追っ掛けをやったりする人も使う手ですね。
ビジターの試合まで全部観るとなるとさらに大変ですので、それも含めて全試合観ている人は少数でしょう。ビジターを本拠とする応援団の人がホーム球場に出向く場合も同じです。ただNo.6でyorunoaozoraさんがお答えのように、ビジターでも何らかの応援組織が存在するのが今は普通ですから「ビジターでは応援なし」というケースは少なくなりました。
遠征の場合その地区の幹部クラスの人が、金欠の若手団員向けに自宅を宿泊所として提供することもよく行われます。

(2)座席確保
「年間指定席だから」と回答しておいでの方が多いですが必ずしもそうではありません。確かに年間指定席を買っている場合もありますが、年間指定席があってもそこでの応援が禁止されている球場(横浜など)や、外野の年間指定席がそもそも存在しない球場も多くあります。指定部分の多いナゴヤドーム外野でも応援団は自由席を使って応援しています。
自由席の場合にどうするかというと、座席確保のために試合の始まる何時間も前から並んでいます(主に若手団員の役目だそうです)。

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃い...続きを読む

Q阪神ファンはなぜあんなに熱狂的で増え続けているの?

不思議です?今年は各球団震災のやデーゲームの影響で観客動員が減っているのが現状なのに?
阪神球団だけが動員が増えています。地方球場でも外野は半分は黄色一色ですし。。
関西の人がわざわざ応援にその球場まで足を運んでいるのでしょうか?
チームとしても生え抜きもかなり減り以前の巨人を見ているかのように、より魅力がなくなってきていると思われますがそれと反比例するかのように増え続けています。そして巨人はチームは強くなり、生え抜きが増えてますが、人気は落ちています。
阪神の魅力はなんでしょう?
(阪神ファンをバカにしている訳でも批判している訳でもありません。念のため)

Aベストアンサー

>阪神の魅力はなんでしょう?

こればかりは甲子園球場や
その周辺での飲み屋あたりでの盛り上がりぶりを
知らないと説明のしようがありません。

要は熱狂、興奮、みんなで騒ぐ連帯感が楽しいのです。

関西はもともとそういうのが好きな風土がありますが、
他地域でもそういうものに対する、許容、寛容が
あこがれ、羨望にかわってきて、
いまでは関西並みに盛り上がりつつあるということでしょう。

もっともそれだけだと昔の阪急(現オリックス)や南海の
不人気ぶりが説明できませんが、
それにはやはり、巨人という絶対悪(強者)の存在が
あったからでしょう。いわゆる東京に対する反発心というやつです。

地方でも盛り上がっているのは、不景気で塞ぎがちな日常の中で
ぱっと明るく気分転換できるものを求めているという
今の世相を反映しているのではないかという気はします。

Q今まで聞いた面白かったヤジは?

タイトルのとおり、今まで聞いた面白かったヤジを教えてください。

TVで、球場でどちらでも構いませんができれば球場で聞いたヤジを教えてください。

自分が聞いたのは
・西武時代清原選手がファールを打った際、客席から「清原ー!ビールこぼれたー弁償せぇー」
・阪神が大量リードで負けてる試合でレフトを守ってた金本選手に「金本ー今日はあかんから帰るわーまたなー」
です。

Aベストアンサー

野次は近鉄ファンが放つものが最強でした。

もう、何十年前になるでしょうか。
南海ホークスにホークスにK川(ドカベン)という選手がいました。
簡単な漢字が読めず簡単な計算ができない選手でした。
他チームのファンはそのことを野次りmすが、香川はそれを無視して
打ちまくっていました。
しかし、近鉄ファンは無視させないように巧妙に罠をしかけます。

近鉄ファン「香川~。第一問。3たす5はなんぼや?」
K川「8や」
近鉄ファン「正解や。では、第二問。9たす8はなんぼや?」
これができなくて、K川は恥ずかしさで顔を真っ赤にしていました。

あと、阪神ファンが不倫を暴露されたSノ塚に対して
「腰ふっとらんとバット振れ~」

山本モナとホテルに入って5分で出てきたN岡が初球から
打って出たのに対して
「あっちのバットもこっちのバットも早打ちやの~」

味方の片岡選手が自宅をリフォームしたのに対して、
「リフォーム、リフォーム、実家の風呂は檜風呂」

Q関東の電車も関西を見習う気はないのですか

出張でよく関西へ行きます。
いつも感心するのは、電車が、高級(というか)上質、スタイリッシュであることです。
また、とても高速で走っている感じがします。高速なのに揺れも少ない気がします。

JRでは、

・神戸線・京都線快速や新快速の電車と、東海道線の電車を比べると質感が雲泥の差で違う気がします。窓もとても大きくとってある。
蛍光灯がむき出しでない。特急電車みたいにカバーがかかっている。たったこれだけでも高級感がある。

関東の電車は、ドアには蛍光色のテープが張ってあったり、全般に機能に重きを置き、快適性はどうでもよいかのように感じました。

同じく、京都線神戸線 普通電車 と 似たような性格であろう京浜東北線の電車でも、西に軍配をあげたくなります。 とにかく揺れない感じがします。

また古い電車もきれいに使っているように感じました。

私鉄は関東関西とも多数乗ったわけではありませんが、
関東の場合、JRと同じように、蛍光色がけばけばしく、座席が、ポールで仕切られたり、狭苦しい感じを受けました。

自分が関東でよく乗るのは、東急 小田急 京王
関西でよく乗るのは、阪急 阪神 京阪 近鉄

阪急の電車は、これは会社のこだわりもあるのでしょう。
車内は木目 シートは渋い緑色で統一。梅田の駅の床は、ワックスでピカピカ気持ちいい。
昭和40年代のプレートがある電車もきれいにリフォームしている感じ。

阪神の電車は高さを大きくとった窓が印象的。

京阪の電車 お札があることにこれもびっくり。でも安全は大切。
青いほうの特急電車、二階席などはないものの、ドアの内側はダークグレー 全般にシックにまとめています。
赤と黄色の特急電車は、二階席もあったり、これで料金とらないのが不思議に感じるレベルです。
初めて見たとき、これは有料だろうと、見送ってしまったことがあります。

また、関西の私鉄で感じることは。全般に銀色の電車がないこと。
京阪 阪急 ではもしかして銀色の電車はない?
  
関東の電車は、銀色の車体に安っぽいステッカーを張ったように感じます。

なぜ、こんなに関東と関西の電車は質感が違うのでしょうか?

願わくば、関東の電車に関西の電車の息吹が吹き込まれてほしいと感じます。
   

出張でよく関西へ行きます。
いつも感心するのは、電車が、高級(というか)上質、スタイリッシュであることです。
また、とても高速で走っている感じがします。高速なのに揺れも少ない気がします。

JRでは、

・神戸線・京都線快速や新快速の電車と、東海道線の電車を比べると質感が雲泥の差で違う気がします。窓もとても大きくとってある。
蛍光灯がむき出しでない。特急電車みたいにカバーがかかっている。たったこれだけでも高級感がある。

関東の電車は、ドアには蛍光色のテープが張ってあったり、全般に...続きを読む

Aベストアンサー

一般論で言うと、特に鉄道業界では以下のようになります。(以下すべて一般論です。当然ですが一般論が成立しない部分も祟ることをご了承ください。
関西はどちらかと言うと、顧客のことを考えて、何かをすることが多い。
関東はどちらかと言うと、自社の都合を顧客に押し付けることが多い。

ではなぜ、そのような違いが生じたかと言うと、鉄道と言うよりは人文地理学、歴史学の範疇でしょうが、以下のようなことが影響している可能性があります。
・関西は巨大な田舎、すなわち都会のいい部分と田舎のいい部分がちょうどミックスされた状況がある。(もちろん、両者の悪い部分が重なった悪い部分もあるでしょうけど)たとえば、適度に都会なのであえて東京など他地方に出ないですむ人が多くなるので、ずっと地元に住んでいる割合が高くなる。そうすると、多くの人が地元意識を持ち、他人でも知り合いのような感覚になる。そうすると、その人のためと思えば言いにくいことでもずけずけということが増える。そのため、企業に対して、クレームの前段階である「要望」が多く寄せられることになる。
・俗に商人の町と言われていたように、他地域と違い江戸時代に(事実上)武士に支配されていないように感じ、上(支配者層)の意向に関係なく、純粋に顧客との関係でのみいろいろなことを進めることができた。
・首都圏のように他地域からの何十年以上も継続するような巨大な人口流入がないので、乗客増に対する設備投資等は早めに行うことができ、戦後の高度経済成長は乗客増に対する対応と快適性の向上との両方を進めることができた。(逆に首都圏は常に乗客が増え、大量の旅客を輸送する手段を提供するので精いっぱいな部分がある)
・人口増加が限定的な上関西全域の広さは首都圏より狭いよりので、人が多く住む商売になる地域は限られ、どこに路線を設けてもどこかと競合することになる。
・競争のため、そして上述のように元々顧客重視の土壌のため、各社とも顧客サービスを重視しなければならない。しかも最近はマイカーとの競合も意識しなければならない。

要は、元々の土壌と競争原理で、鉄道会社自身が「サービス業であり、電車はそのサービスを提供するための大事なもの」と認識しているからだと思われます。国鉄ですら、新快速などのサービスは国鉄時代からあり、国鉄時代個々の職員にはサービス業としていかがなものか思われる態度の駅員がみられたのは事実ですが、大阪独自の方針で実現できることは今のJR西日本につながるようないろいろなことをやっていました。(もちろん本社が東京故やりたくてもできないことも多数あったようです)

ですので、各社とも車両は大事にし、車内も他社との区別化、差別化のため少しでも独自色のあるしかも快適性を考慮したものとなります。
質問で指摘された蛍光灯ですが、これは室内環境の重視もありますが、ラッシュ時に乗客の持ち物が当たって破損するのを防ぐのが本来の目的です。(そういう意味では首都圏こそカバーをすべきと思います)
顧客の重視は阪急がダントツで、定評がありますので、さすがに関東の他社を阪急と比べるのはかわいそうです。阪急は蛍光灯カバーは当然の話で、関東の技術者が驚いた話としてガラスも連結部の小さなガラスまで、「破損時に細かな破片が生じない特殊なガラス」を使用していることがあります。(関西他社はもちろん、関東ではせいぜいフロントガラスなどに使う程度です。もちろん値段が全然違います)

また、上述の事情から車両自体の考えが東西で大きく変わったのです。
東は、乗客増に対応するため、そもそも車両自体を増やす必要がある、また、老朽化で更新する車両も大量に発生するので、できるだけ安く大量に導入します。その代り、長持ちしないものにすることが多いです。また、各社共通デザインのいわばセミオーダーメードの車両にして、費用や製造期間を短縮する流れになっています。(そのためどこも同じようなステンレスの車両が多い)
西は、乗客増に対する車両自体の増加はほぼ必要なくなり、おおむね老朽化車両の更新のみです。であれば、中途半端な車両を購入して短期間で再更新するより、(しかも他社と差別化した)立派な快適な車両を作って、それを長期間使い続ける方がよいと判断されているようです。JR西日本になって最初に作った大阪近郊用の車両は、一条件等すべてを考慮して、JR西日本どの電化路線でも使えるような車両を設計し、まず大阪近郊に導入しました。これが少し時間が経って陳腐化し、さらに新型を導入することになった場合は、これを他の地方に転属させて、その地方の老朽化した車両より快適にするわけです。(実はこの考え自体は国鉄の考えです。ただ、国鉄の場合は必要最低限のやや低性能な車両を大量に発注して安くすることにこだわったのに対して、JR西日本ではできるだけいいものを設計し、それ1種類を大量に発注するという考えにしたようです)

車両以外のサービスでも関西の方が乗客視線が多いです。
例えば、ICカード乗車ですが、関東ではチャージ額が初乗り運賃より多く残っていないと改札入場自体ができません。これは鉄道営業法と言う法律で、運賃は前払いしなくてはいけない原則があるためで、せめて初乗り分のチャージがないと「前払い」したことにならないと考えたからです。但し、そのためにチャージ額が少ないときはICカード使用前(通常急いでいることが多い)に駅の券売機等に並ばなければならなくなります。鉄道側も利用が減るであろう券売機を大幅には減らせなくなります。
一方、関西では同じ鉄道営業法の運賃前払いの原則規定の但し書きに、特段の定めをすれば前払いでなくて思いいことに目を付けました。どうせ、ICカード乗車するために今までの紙の切符とは別にルールを決めなければいけないのですから、そのルールの中にチャージが10円以上あればとりあえず入場はできるように定めたのです。
そうすれば、チャージは駅のホームや精算機で行えばよく、駅間窓口や券売機瀬でチャージする必要性が大幅に減り、鉄道側としては券売機等を大幅に減らすこともできます。つまり、乗客にも喜ばれ、しかも鉄道側にもメリットが生じるわけです。
鉄道に不通が生じた場合も、関東ではICカードで振替乗車ができないのが当然になっていますが、関西ではICカードチャージ額を利用して入場したのちに不通が発生すれば、当然のように振替乗車を受けることができます。

とにかく、首都圏に比べて人が少なく、しかも実質本位の土壌が、少なくとも質問事例ではいい面として表れているのです。

一般論で言うと、特に鉄道業界では以下のようになります。(以下すべて一般論です。当然ですが一般論が成立しない部分も祟ることをご了承ください。
関西はどちらかと言うと、顧客のことを考えて、何かをすることが多い。
関東はどちらかと言うと、自社の都合を顧客に押し付けることが多い。

ではなぜ、そのような違いが生じたかと言うと、鉄道と言うよりは人文地理学、歴史学の範疇でしょうが、以下のようなことが影響している可能性があります。
・関西は巨大な田舎、すなわち都会のいい部分と田舎のいい部分が...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング