皆既日食は、地球と太陽の間に月が入って生じるのは分かるんですが、どうして、地球から見て、太陽と月がぴったり同じ大きさで重なるのか不思議でなりません。偶然なのでしょうか?必然なのでしょうか?

A 回答 (5件)

皆既日食とは太陽と月がぴったり同じ大きさで重なる訳ではありません。



月の方が太陽よりも大きく見える(月に太陽が隠れる)と「皆既日食」となり、
月よりも太陽の方が大きくなる(太陽の中に月がすっぽり入る)と「金環日食」となります。

太陽と地球、地球と月の距離は絶えず変化していますので、このように大きさが変わってくるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
でも、あんなに、大きさの異なる、月と太陽が、ほぼ同じ大きさに重なるというのも、神秘的な感じがしますね。
考えすぎですかね?

お礼日時:2009/07/30 13:30
    • good
    • 0

月の地球周回軌道および地球の公転軌道は楕円であるため、地上から見た太陽と月の視直径は常に変化する。

月の視直径が太陽より大きく、太陽の全体が隠される場合を皆既日食(total eclipse)という。逆の場合は月の外側に太陽がはみ出して細い光輪状に見え、これを金環日食(または金環食。annular eclipse)と言う。(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%A3%9F

だそうです。偶然が重なって見られる現象でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あまりにも、出来すぎた現象だと思うんですが
偶然なんですか・・・
そう言うことだと、それで納得して、運の良い思いで日食を
見るしかないですね。

お礼日時:2009/07/30 13:37

わが太陽系には他の惑星で衛星を持っているものも数多くありますが、すべて衛星の大きさが小さいので「皆既日食」は起こりません。

地球だけが衛星(月)が異常に大きいのです。
また、この大きさが地球から見てちょうど太陽と同じ大きさになるというのは偶然としか言いようがありません。
ただし、最近の研究によると月はだんだん地球から離れつつあり、その見かけの大きさが小さくなるので、遠い将来には皆既日食は起こらなくなってしまうそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
偶然なんですか・・・神の采配というか、不思議な感じがしますね。
でも、月が離れつつあるというのは初めて知りました。
今生きている人は、幸運なんですね。

お礼日時:2009/07/30 13:27

専門家ではないので、感覚で回答させていただきますが、



太陽は実際の大きさは大きいけど遠くにある。
月は小さいけど、近くにある。
距離と物体の大きさの関係で、地球から見た時には、同じぐらいの大きさになるからだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼ありがとうございます。
それは、そう思うのですが、偶然かどうか知りたかったのですが・・

お礼日時:2009/07/30 13:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q潮の満ち引きは、なにやら月と太陽の起潮力(引力+遠心力)によるものらし

潮の満ち引きは、なにやら月と太陽の起潮力(引力+遠心力)によるものらしいですが、これをどなたか解りやすく説明して頂けないないでしょうか。
大潮(月と太陽が一直線に並ぶ時)が何故起潮力が最大なのかも、併せて説明頂けると幸いです。

恥ずかしながら、wikiなどの情報は私には理解出来兼ねました。
中学生くらいに説明する感じでお願いします。

Aベストアンサー

物質は、常に引き合っています(万有引力)
地球は、太陽との引力によって飛び去ることなくその周りを回っています。(ひもを付けて振り回している分銅のような物で、ひもが引力に当たります)
月も、地球との引力で釣り合って地球の周りを回っています。

地球表面にある水(海水)も、自転している地球の遠心力によって飛び去ることなく、地球の引力によって地球表面にへばりついています。
しかし、水は液体でその形を容易に変えることが出来、太陽や月の引力の影響によって地球表面より浮き上がろうとする力で盛り上がります。
もちろん、地球表面にあることにより、地球の引きつける力が強いのではがれて浮くことはありませんが、太陽や月に向いた方向の方が強く影響を受けることになります。

太陽や月が地球に対して同じ方向に並べば、当然その影響が大きくなって盛り上がりが高くなり、満潮と言われる状態になります。
またそのとき、太陽や月が引く地球の反対側も、地球の引力中心が太陽と月側に引かれることによって反対側の水面に対する地球引力の力が弱くなり同じように盛り上がることになります。
当然、太陽と月とが一直線上の反対側に並べば、その盛り上がりは最大(大潮)になることとなり、その側面である場所は引き潮になります。

物質は、常に引き合っています(万有引力)
地球は、太陽との引力によって飛び去ることなくその周りを回っています。(ひもを付けて振り回している分銅のような物で、ひもが引力に当たります)
月も、地球との引力で釣り合って地球の周りを回っています。

地球表面にある水(海水)も、自転している地球の遠心力によって飛び去ることなく、地球の引力によって地球表面にへばりついています。
しかし、水は液体でその形を容易に変えることが出来、太陽や月の引力の影響によって地球表面より浮き上がろうとする力で...続きを読む

Q皆既日食(日食)は、何年先まで予測できる?

『次の日食は、○○年○月○日、△△の地方で観測されます』
とかの記事を早くも眼にしました。

素人なりに、地球や月の軌道を緻密に計算してると考えてるのですが・・・。

一体、「何年先」まで予測が可能なのでしょうか?

また、月や地球の軌道って、過去のデータなどから、ずっと変わらないモノなのでしょうか?
僅かずつでも、軌道が変わって来ているのでしょうか?

「天文関係、知識ゼロ」に近い自分です。(^^;ゞ
分かり易い回答を、お願い申し上げます。

Aベストアンサー

月と地球の距離は年間約3.8cm遠ざかっていますので、いずれは皆既日食はおこらず金環食だけになるでしょう。
距離の移動も考慮すれば数億年レベルでも予測は可能でしょう

しかし、現在全く予測不可能な隕石の影響までは計算できません
月や地球の軌道を変えるほどの隕石がどちらかに衝突したりかすめたりすればその都度計算しなおさなければならないでしょう

もっとも、計算できる生物が生き残っているかどうかはわかりませんが

Q潮の干満と月と太陽の関係について。

潮の干満と月と太陽の関係について。

以下自分の考えなのですが何かが間違っているようなのです。

 以前、潮の干満は月と太陽の引力が原因と聞きました。
 それで考えてみると、
 「月が太陽に最も近い時に、最も月・太陽に近くなった時間が
  最も満潮になる」
 のではと思いました。

 「月が太陽に最も近い時」というのは、朔月(新月?)の時で、
 「最も月・太陽に近くなった時間」というのは、標準時エリアのズレは
  多少あっても、基本的には正午頃
 かと考えました。


それで、先週末はほぼ朔月でしたので正午ごろに海を見たのですが、
最も干潮になっていました。
ついでに潮の干満表を見ても、当然ですが、そうなってました。
今は、朔月と満月のほぼ間ですが、正午頃に最も満潮になっています。

上記仮説(?)と全く逆です。

すみません、どこが間違っていたのか教えて頂けますか?

Aベストアンサー

月と太陽の引力が原因ですが力が強くなった時が最も大きい変化になる訳ではありません。
たとえばブランコを考えてみれば、ブランコが下のときに力を加えて大きく振れるようにした時
下の時は振れの位置は最低ですがスピードは速くそれから相当ずれた時に大きく振れて最大の振れになります。

潮の流れも一旦流れが起きると流れ続けて、力が無くなっても止まるまでにはかなりの時間が必要です。
そうして流れが止まった時が満潮、干潮となります。
このような現象は運動をする物理法則の常識となっています。

Q皆既日食や金還日食がいつ起こるのか計算する方法を教えてください。

自由研究の参考にしたいと思います。
高校1年生にも分かるように教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

参照URLから計算方法PDFのダウンロードができます。

はしがきを読むと三角関数(sin,cos,tan)と四則演算だけなので高校生にも理解できるとの事です。

ちなみに31歳の俺は3ページで理解不能となりました…orz

参考URL:http://www.astro.sci.yamaguchi-u.ac.jp/~kenta/eclipse/calc.html

Q月と太陽の遠近について。

月と太陽が地球から月を見ると、見かけ上、月は太陽とほぼ同じ大きさに見えます。
これは、「近くのものは大きく見えて、遠くのものは小さく見える」という遠近法によります。
ここまでは分かりますが、「太陽の大きさが月のおよそ400倍あり、地球から太陽までの距離も400倍あるため」という説明が分かりません。
何故、大きさの比と距離の比が一致すると同じ大きさに見えるといえるのでしょうか?

Aベストアンサー

どうして一致するのか、直角三角形で考えてみると分かりやすいと思います。

底辺と右辺が直角の直角三角形があったとします。
この直角三角形の底辺の調度半分にしたところから、右辺と平行な直線を斜めの辺まで引いたとします。
これを見ると、調度半分の位置で引いた線と右辺の長さの比率は、調度2倍であることが分かります。

直角三角形でわかるように、斜めの辺が横に進む距離と上に上がる距離は、必ず比例することは一目瞭然です。

月と太陽の見え方もこれと一緒で、斜めの線が人の視線、右辺が太陽、底辺の400分の1の位置に引いた直角線が月、という訳です。
視線は必ず直線で進んでいきますから、直角三角形のように底辺(距離)と右辺(大きさ)の比率が一定の場合は、必ず同じ大きさに見えると言うことになります。

ご参考まで。

Q金環日食って皆既日食以上に何か面白いんでしょうか?

楽しみにしている方には まことに申し訳ない質問なのですが...

金冠日食って暗くならないそうですね。日食が起こることを知らなければ外に居ても分からないとか。
コロナが見えたとしても、皆既日食のそれの方がよりはっきり見えるような気がしますし。
ここんとこ毎日毎日 金冠金冠って、 まぁ珍しい現象だとは思いますが、見たところでどうってことないと思うんですが、金冠日食って何が面白いんでしょうか?

いえ、ほんとにそういう質問です。
私が知らないだけ?
皆既日食だったら見てみたいというか、体験してみたいと思うのですが、金冠日食って皆既日食以上に何か見て面白い現象があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学者には貴重なことでしょうが
一般の我々には
ただ金冠が見られるという
それだけなんですよね

太陽の本当の大きさが分かる
月の引力で光が曲がり
本来は見えない部分が見える実験
などなど

以前には
わざわざグァムでしたっけ
海外まで見に行く人もいましたが
素人が行くことじゃないんですけどね

マスコミが騒ぐと
一般人まで騒ぐのがすごいですね

Q地球と月と太陽の大きさや距離関係について、中3のテストで覚えるべき内容を、簡単にまとめること出来ます

地球と月と太陽の大きさや距離関係について、中3のテストで覚えるべき内容を、簡単にまとめること出来ますか〜
お願いします^o^

Aベストアンサー

月の直径は地球の1/4⇒体積は1/16
太陽の直径は地球の109倍⇒体積は1,295,029倍
地球から月までの距離は370,300km(光で1.23秒)
地球から太陽までの距離は150,000,000km(光で8分20秒)

Q[皆既日食]と[金環日食]がなぜ起こるのですか?(月のみかけの大きさが変わるのはなぜ?)

今日(4/10)のニュースを見ていて疑問に思ったのですが、

----------------------------
>ダブル日食…中南米で「金環」、南太平洋では「皆既」
>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050409-00000305-yom-int
>環日食は太陽の見かけの大きさが月の見かけの大きさを上回る現象。
>今回、南太平洋上では、太陽が月の陰にすっぽり隠れる皆既日食も起きた。
----------------------------

[皆既日食]と[金環日食]と2種類あるようです。
そこでその違いを調べたら、

----------------------------
>皆既日食、金環日食
>http://www.live-eclipse.org/
>通常の日食では、月のみかけの大きさが太陽より大きいと太陽面を
>完全に覆う「皆既日食」に、また、逆に、月のみかけの大きさが太
>陽より小さいと太陽面が環状に残る「金環日食」になります
----------------------------

という記述を見つけました。

[皆既日食]と[金環日食]の両方が起こりうるのは、
月の見かけの大きさが変わるから、という答えでいいんでしょうか?
月の見かけの大きさは、なぜ変わるんでしょうか?

今日(4/10)のニュースを見ていて疑問に思ったのですが、

----------------------------
>ダブル日食…中南米で「金環」、南太平洋では「皆既」
>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050409-00000305-yom-int
>環日食は太陽の見かけの大きさが月の見かけの大きさを上回る現象。
>今回、南太平洋上では、太陽が月の陰にすっぽり隠れる皆既日食も起きた。
----------------------------

[皆既日食]と[金環日食]と2種類あるようです。
そこでその違いを調べたら、

----------------------------
>皆...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

> 月の見かけの大きさが変わるから、という答えでいいんでしょうか?

だいたい,それで良いと思います。実は太陽も見かけの大きさが変わるので,それだけとも言えません。
でも話がややこしくなるので,月の見かけの大きさが原因で,皆既日食や皆既月食になると考えても良いです。

> 月の見かけの大きさは、なぜ変わるんでしょうか?

地球と月の間の距離がいつも一定ではないからです。
同じ物でも遠くにあるときは,見かけ上小さく見えますね。
それと同じ。月が近くにあるときは大きく見えて,月が遠くにあるときは小さく見えるのです。

ではなぜ,月が遠くなったり,近くなったりするのでしょうか。

月は地球の周りを回っていることは知っていますよね。
その月のまわる道(軌道(きどう))がまんまるな円ではなく,すこしつぶれた楕円(だえん)形をしているからです。

参考URLのページの真ん中より少し下あたりに
図入りでそのことについて説明してくれています。
よかったら参考にしてみてください↓。

参考URL:http://gate-stfwww06.comet.go.jp/visual2/hoshizora/annai/0406/hosizora_0406.html

こんにちは。

> 月の見かけの大きさが変わるから、という答えでいいんでしょうか?

だいたい,それで良いと思います。実は太陽も見かけの大きさが変わるので,それだけとも言えません。
でも話がややこしくなるので,月の見かけの大きさが原因で,皆既日食や皆既月食になると考えても良いです。

> 月の見かけの大きさは、なぜ変わるんでしょうか?

地球と月の間の距離がいつも一定ではないからです。
同じ物でも遠くにあるときは,見かけ上小さく見えますね。
それと同じ。月が近くにあるときは大...続きを読む

Q月と太陽の絵

いつ書かれたのかははっきりしないのですが、
月と太陽がリアルな顔で笑っている絵がありませんか?
たぶん中世のヨーロッパだったようなきがするんですが・・・。
書いた人とかこんなやつ?というのでもよろしいので
ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

タロットカードの「太陽」がそんな感じですよね.(参考URL)
勿論デザインはいろいろあるでしょうが,古典的なものはリアルな顔が描いてあったと思います.
タロットカードは14~15世紀にヨーロッパで広がり,ちょうど印刷技術の発展とともに「太陽と月」のモチーフも地図や書物の挿絵に使われたのではないでしょうか.誰が書いたか特定するのは難しいと思います.
現在だと,ムーンフェイスの時計や,イタリアの工芸品のモチーフに使われたりしています.
http://esearch.rakuten.co.jp/search/e.mh?url=/e-unit/438703/428007/433428&shop=%A5%A4%A1%BC%A1%A6%A5%E6%A5%CB%A5%C3%A5%C8%28e-unit%29&surl=e-unit&sv=3

参考URL:http://www.bitfemme.com/tarot/19.html

Q月の表面で地球が太陽を隠す日食

月の表面で地球が太陽を隠す日食は見られるのでしょうか?
あるとしたら、どれくらいの頻度ですか?
また人類はこの撮影に成功してますか?

Aベストアンサー

「かぐや」が半影月食じの動画を撮影しています。
http://www.astroarts.co.jp/news/2009/02/18kaguya_diamond_ring/index-j.shtml
頻度は年によります。全くない年もあれば3回起きる年もあります。

なお月面での撮影はされていません。
(月食のときに月に着陸していないので)

なお人類は月に1回しか行っていないという回答がありますが、6回月面に着陸しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD%E8%A8%88%E7%94%BB


人気Q&Aランキング