『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ビルロビンソン自伝「人間風車」に有名レスラーの素直な感想が語られています。

★ロビンソンが対戦したレスラー達を語る

●ジャイアント馬場
「レスリングができないし、10回やれば9回ワタシが勝つだろう・・・プロモーターとして私にとても良くしてくれた」


●ジャンボ鶴田
「色々な(良い)評判を聞いたが、猪木の方がずっと上である。試合以外でグレコローマンスタイル(アマレス)でも手を合わせた事があるが、正直言ってそれほどのレベルではなかった」

●スタンハンセン
「レスリングテクニックはないが、気持ちが強く非常に強いレスラー。又、たいへんナイスガイだった」

●ブルーザーブロディ
「スタンハンセンよりあらゆる面でだいぶ落ちる。『こいつなら大丈夫』という選手には強いが、そうでない相手には弱気である。はっきり言ってレスラーとしては評価していない」

●ビリージョイス
「(戦ってきたレスラーの中で)ずば抜けた一位」
 どうやらジョイスは最強のようです・・。

●カールゴッチ、ルーテーズ、ダニーホッジ
「トップシューターであった事には間違いない・・・」

●バーンガニア
「技術はそれほどでもなかったが、勝とうとする意思が強く、決して悪いレスラーではなかった」

●アントニオ猪木
「私が戦ってきたジャパンのレスラーの中でナンバーワン」

●ブラッドレイガンス
「グッドレスラー」

●ボブバックランド、ジャックブリスコ
「グッドアマチュアというレベル。サブミッションを持たず、私から見るとプロとして甘く見えた」

●藤原喜明、藤波辰巳、坂口征二
「ゴッチから色々ときいているが、実際に手をあわしたり、動きをみた訳ではないのでよくわからない」


「私はビリー・ジョイス、ジョージ・グレゴリー、ギディオン・ギダ、カール・ゴッチといったヨーロッパの本当に強かったレスラー達を基準にしているから、日本の選手たちのレベルが低く見えてしまうのは仕方のない事だということを理解してほしい」



やっぱり最強のレスラーは「ビリージョイス」で確定ですか???

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自伝を読まれたのであれば知っていることもあると思いますが少し述べさせてください。



日本ではカール・ゴッチはプロレスの神様として敬意を集めていますよね。私も大ファンです。そのカール・ゴッチがレスリングの修行をしたのが「スネーク・ピット(蛇の穴)」と呼ばれたイギリスのビリー・ライレー・ジムです。ビル・ロビンソンは14歳頃からスネーク・ピットに出入りしており謂わばヨーロッパレスリングの生き字引的な人です。

ベルギーにいたカール・ゴッチは26歳頃、ビル・ロビンソンの伯父のアルフ・ロビンソンからスカウトされてイギリスに来ました。そしてスネーク・ピットの師範代のビリー・ジョイスとレスリングのスパーリングをするのですが、カール・ゴッチは何もできないまま、あっという間にビリー・ジョイスに極められてしまったそうです。

それからカール・ゴッチはスネーク・ピットで3年以上に渡って修行するのですが、ビリー・ジョイスの強さは別格で、カール・ゴッチ、ビル・ロビンソンを含めた5,6名のレスラーと相手をして全く休憩無しで3周しても息切れすることは無かったそうです。ビリー・ジョイスは本当に最強だったと思います。

ビリー・ジョイスは9年間イギリスのヘビー級のベルトを保持し続けていました。ビル・ロビンソンが「ビリー・ジョイスはすごかった」と繰り返し語っていると、宮戸優光も自著の中で述べています。宮戸優光は現在ビル・ロビンソンからスネーク・ピットの技術を習うと同時に、二人は共に東京でレスリングの指導をしています。(高円寺のUWFスネーク・ピット・ジャパン)

19世紀以降の近代レスリングには様々なスタイル、ルールがありましたが、スネーク・ピットはイギリスのランカシャースタイルと呼ばれたキャッチ・アズ・キャッチ・キャンの技術を受け継いでいます。今日のレスリングのフリースタイルも源流はランカシャーです。1900年代初頭、既にヨーロッパでレスリングは、日本の柔道・相撲のように競技文化として根付いていました。ジムも多く存在し、アマチュア競技として、また賞金を懸けたプライズ・マッチも多く行われました。

後にレスリングはサーカスなどの興行で行われるようになりカーニバル・レスリングと呼ばれますが、この頃に盛り上げるために演劇的要素が加わりました。これは純然たるレスリング競技では客が面白さを理解できなかったからというのが本当のところです。

しかしサーカス時代には飛び入りの素人との真剣勝負や、賞金を懸けた試合、ボクサーとの異種格闘技戦も行われていて、実は筋書きのあるものばかりではなかったのです。また興行主、レスラー同士の格付け争いもあり、隠れた真剣勝負もありました。チャンピオンは文字通り実力者であり力で納得させていました。その後、テレビ・メディアが誕生してからもルー・テーズなどの実力者がリングの上に君臨していました。

八百長、ショーと言われつつ、日々重いものを持ち上げたり、ジム内の練習においても真剣勝負が行われていたのには、このような歴史的背景があったからです。

ルー・テーズはそれぞれ個々のプロレスラーを「レスラー」「シューター(シュートは真剣勝負)」「ワーカー(ワークはアングル、脚本)」「パフォーマー」と区別して呼んでいました。おっしゃる通り、ビル・ロビンソンもルー・テーズのことをトップシューターと呼んでいます。これは、単に見せるだけでなく、ジム内のスパーリングの強さを重んじていた何よりも証左です。

ですから、競技としての伝統を持つレスリング、興行としてのプロレス、二つの側面を体験して知っているビル・ロビンソンの言葉は重いと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ビル・ロビンソンの言葉は重いですね。
VS猪木の時も、前半はレスリングの試合でしたが、ロビンソンの圧勝でした。
ただ、前半のレスリングでスタミナを消耗してしまったロビンソンは試合に負けてしまいます。
高円寺にネーク・ピットがあることに感謝ですね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/08/03 03:07

なにをもって「強い」と言うのかということでしょう。

その他の評価も含めて、オポジション、風評も加味して、あくまで彼の主観ということでしょうね。

映画「レスラー」を見ると何となく理解できると思いますが、レスラーは仲間意識が強いものです。その中で、相手の技に身をゆだねるためには、信頼が最重要視される。その、信頼たる「仲間」のなかで、特にスイングできる相手や、共感、尊敬するべき点を見いだせる相手などが「good wrestler」ということになるのでしょう。その証拠に、彼が上げた「強い」と評されるレスラーは、すべてヨーロッパ系のレスラーです。つまり、ビリーライレージムなどのヨーロッパスタイルにのっとったムーブができる相=同じ苦労をした同郷人・・・ということでしょう。または、シュートをさせたらかなうやつはいないと思ってる相手かな。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

シュートをさせたらかなうやつはいないと思ってる相手でしょうね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/08/03 03:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界ボクシング各階級の歴代最強は誰だと思いますか?

題名のとおりです。世界のボクシングの長い歴史の中で、各階級において歴代最強の選手は誰だと思いますか?

単純に防衛記録の面だけでなく、対戦相手の質やファイティング・スタイルなども考慮して、考えてみてください。

質問の性質上、独断と偏見になるのは当たり前なので、自由に考えてください。

できればスーパー(ジュニア)階級も含めて考えてください。また、全階級思いつかなくても、一部の階級だけの回答でもOKです。

Aベストアンサー

ボクシング好きです

全ての階級ではありませんが

●ヘビー級

「アイアン」マイク・タイソン

●ミドル級

「マーベラス」マービン・ハグラー

●ウエルター級

「パウンド・フォー・パウンド」フロイド・メイウェザー・ジュニア

●フェザー級

「悪魔王子」ナジーム・ハメド

●バンタム級

「デスマスク」ウィラポン・ナコンルアンプロモーション

●ライトフライ級

「カンムリワシ」具志堅用高

●ミニマム級

「エル・フィニート」リカルド・ロペス・ナバ


こんな感じですね。個人的には。

Q大山倍達って強いの?

じっさいどの程度強かったのでしょうか?
よくボクサーやレスラーに連勝したとか
聞きますがどの程度のレベルの相手だったのでしょうか?
なにか相対的な強さがわかるように教えて頂きたいのですが

空手を世間に広めたという事はわかるんですが
=強さと言う事では無いと思うんですが



今のレベルでは話しにならないとは思うのですが
当時のレベルでも大山倍達は本当に強かったのでしょうか?

Aベストアンサー

この質問を読んで連想したのは、昔文壇で盛んに「宮本武蔵は名人か否か」が論議された事です。
その回答として吉川英治がかの大傑作「宮本武蔵」を執筆したのはあまりにも有名ですね。
大山総帥の場合、吉川版武蔵に相当する伝記作品が「空手バカ一代」になりますが、逆に「空手バカ一代」こそが論争の的になっているのは皮肉としか言い様がありませんね。

で、回答しますと
大山総帥は確かに強かったと思います。
最盛期の身体能力を持ってして現代の戦法・戦術を身につければ充分に現代の総合格闘技でも通用するとは思います
ただし、当時でも現代でも「最強」ではないと思います。
日本あるいは世界で1番強い、とはいかないまでも充分に強いと呼べる実力
そんなところではないでしょうか

Q猪木VS馬場 が実現しなかった理由

1979年のオールスター戦で二人は対戦の意思を確認しあったそうですね。
それなのにどうして実現しなかったのでしょう。

Aベストアンサー

 理由は3つあるでしょう。

<テレビ局の問題>
 仮に両者が試合をしたとすれば、テレビ朝日,日本テレビの両テレビ局が共同で中継し同時に放送することになったでしょう。そうでないと、新日本,全日本ともにそれぞれのテレビ局と契約しているのですから、不公平です。
 しかし、何もそこまでするほどのことか? とテレビ局は考えるでしょうね。そうまでしても視聴率は稼げない(猪木×アリ戦と違い、一般のファンは興味を持たない。プロレスファンしか見ない)でしょうし、同じ試合を同時に放送するメリットもありません。
 そうかといって、テレビ中継なしで試合してもプロレス興行団体としては儲けになりませんし、ビデオ化して売るといっても、現在ほどビデオは普及していませんでした。
 結局、テレビ局が首を縦に振らなければどうにもならなかったのです。

<両者の意識の差の問題>
 ミスター高橋氏が暴露してくれたように、プロレスとは格闘競技ではなく、あらかじめ勝敗も筋書きも決まった「演劇」なのです。
 馬場と猪木が闘うとすれば、筋書きは「互いの技を受け合い、最後は引き分け」しかありません。しかし、それにしても猪木にすれば「俺はアリと闘った世界の猪木だ」と思っていますから、馬場と優劣はなく対等に闘わせてもらえる、延髄斬りや腕ひしぎ逆十字も受けて欲しい、と思っていたでしょう。
 ところが馬場は、猪木など自分より格下だと思っています。馬場はかつて「猪木をライバルと思ったことはない」と語っています。同期とはいえ猪木は5歳も年下で、体格もずっと小さく、何よりもプロレスラー,またプロモーターとしての国際的な地位では馬場の方がはるかに上です。馬場は、もし試合をするならば自分の方が優位に進める内容でなければ嫌だ、十六キックも受けて欲しいし、ココナッツ・クラッシュも受けて欲しい、延髄斬りでダウンなんか嫌だとと考えていたでしょう。
 このように、両者の意識の差が実現の妨げになったのです。

<猪木の信用の問題>
 猪木は、天才にありがちな少しゆがんだ性格です。馬場は、「猪木は信用できない」と語っていたと伝えられます。引き分けの約束でリングに立っても、突然猪木が本気で殴ってきたり関節を折りにきたらどうなるか。馬場はそれを怖れたのでしょう。

 理由は3つあるでしょう。

<テレビ局の問題>
 仮に両者が試合をしたとすれば、テレビ朝日,日本テレビの両テレビ局が共同で中継し同時に放送することになったでしょう。そうでないと、新日本,全日本ともにそれぞれのテレビ局と契約しているのですから、不公平です。
 しかし、何もそこまでするほどのことか? とテレビ局は考えるでしょうね。そうまでしても視聴率は稼げない(猪木×アリ戦と違い、一般のファンは興味を持たない。プロレスファンしか見ない)でしょうし、同じ試合を同時に放送するメリッ...続きを読む

Q貴方の中の最強レスラー

それぞれのレスラーの、『絶頂期の状態』を想像して下さい。

ヘビー
 ・ シングル
 ・ タッグ

ジュニア
 ・ シングル
 ・ タッグ

貴方の中で、最強だと思える選手(チーム)は、誰ですか?

Aベストアンサー

他の方の回答は観ないので重複したらごめんね。
ヘビー ・ シングル
「本気になったら」の条件付きで『ジャンボ鶴田(鶴田友美)』
36年前にファンになってからずっと惹かれていました。
天龍源一郎とのシングル戦のパワーボムで失神状態にさせてしまった事に「あれはやり過ぎだった」のコメントには余裕の怖さを感じましたね。
あと、鶴田さん本人に確認済みなんだけど、対戦相手によってバックドロップの角度を変えていたのもテクニシャンだね。

タッグ
昔になるけど、『ディック・ザ・ブルーザー&クラッシャー・リソワスキー組』
ロードウォリアーズも強かったけれど、このブルーザー&クラッシャーは身体が小さいのにパワーの凄さは圧巻だった。
あの馬場さんでさえかなり手こずっていた。ブルーザーの胸板の広さ(厚さ)の凄さは未だに覚えている。

ジュニア・ シングル
『丸藤正道』
プリンス・デヴィットに敗れるまで、ライガー、タイガー、金本らを次々フォールしたし、あの秋山準にも勝ってベルトを奪ったので。

タッグ
『邪道&外道』
2度しか観た事がない(TV)がかなりの強さを感じた。

他の方の回答は観ないので重複したらごめんね。
ヘビー ・ シングル
「本気になったら」の条件付きで『ジャンボ鶴田(鶴田友美)』
36年前にファンになってからずっと惹かれていました。
天龍源一郎とのシングル戦のパワーボムで失神状態にさせてしまった事に「あれはやり過ぎだった」のコメントには余裕の怖さを感じましたね。
あと、鶴田さん本人に確認済みなんだけど、対戦相手によってバックドロップの角度を変えていたのもテクニシャンだね。

タッグ
昔になるけど、『ディック・ザ・ブルーザー&クラッシ...続きを読む

Qキックの鬼、沢村忠は八百長なの?

「キックの鬼」沢村忠について教えて下さい。
彼は完全に八百長だったんですか?

亀田を見てると沢村忠を思い出すんです。
というのは、沢村をバックアップしたのがほかならぬTBSだからです。

ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現役時代の試合をTVでリアルタイムで観戦していました。TV中継の試合はほとんど見ました。
確かに?といった試合も有ったと思いますが、対戦
相手のレベルが低かったと言うのが正直な所です。
実力者同士の真剣勝負なら、跳び膝蹴りなどの大技は
そう決まりません。
ただ沢村が弱かったとはけっして思いません。
現にタイのルンピニーの現役チャンプと試合をして
引き分けていますから、ムエタイの上位ランクの実力は有ったと思います。
TBSもそうですが、故梶原一騎氏のバックアップも
相当あったと思います。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q歴代の力士の中で、一番強いお相撲さんは誰だと思いますか??

歴代の力士の中で、一番強いお相撲さんは誰だと思いますか??。

千代の富士は、いくら貴乃花に負けたとはいえ、絶頂期の頃だったら絶対に千代の富士が勝ってたと思います。みなさんは、どう思いますか??。

それと、もし、大鵬と千代の富士が戦ったら、どっちが勝つと思いますか??。
これらについて、いろいろ教えてください!!。どうぞよろしくおねがいします!!。

Aベストアンサー

双葉山でしょう。
年2場所の時代に昭和11年1月場所から昭和14年5月場所途中まで3年間無敗の69連勝を達成。
#この間に平幕から横綱に昇進

横綱になってからも圧倒的な強さを誇り、横綱での勝率は88%と歴代の大横綱と比べても
圧倒的な数字を残してます。

しかも、双葉山は右目が殆ど失明している状態でこれだけの偉業を成し遂げているわけですから…
両目とも万全でしたら、それ以上の成績を上げていたことは間違いありません。

時代の違いで純粋な強さの比較は出来ませんが、強さを見せ付けたということであれば
双葉山が一番だと思います。

雷電は実在がハッキリしてないので除外。
江戸時代では谷風梶之助も捨てがたいですね

Qジャイアント馬場の16文キックの破壊力は?

ジャイアント馬場の16文キックの破壊力は凄まじいものがあって、VTでも十分通用すると言う人がいるのですが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

VTではロープに振った人は戻ってこないと思いますが。
まぁ本当のところは馬場さんがお亡くなりになっているので検証しようがないですね。

ラッキーにもまともにあたればすごいでしょうが、ああいうスローな前蹴りで勝負が決したVTってみたことがないです。

Qジミー・ペイジはギターがどれくらい下手なのか

レッド・ツェッペリンが大好きです。
ツェッペリンを聞いて、その後洋楽を聴くようになったのですが、まだメンバーの名前も顔も知らない聞き始めのころ、「この人はギターが下手なのではないか」とふと思いました。
その後、ジミーペイジはギターが下手だという評判をあちこちで聞くようになり、自分の感想は的外れでないらしいとわかったのですが、彼はどれくらい下手なのか、そんなに下手なのになぜセッションギタリストとして重宝されていたのか、そうしたことが疑問に思えてきました。
私はギターどころかどんな楽器も弾けない上に音痴です。なのでそんな人にもわかるように教えてくださるとうれしいです。
念のため。レッドツェッペリンは大好きですし、ジミーペイジも大好きです。Heart Breakerで、ペイジのソロをはらはらしながら聞くのも好きです。

Aベストアンサー

こんばんは。書かせて下さい。

大のZepファンです。当然個々のメンバーひとりひとりのファンですし、
様々な思い入れもあります。ジミー・ペイジに対してもそうです。

「ペイジは下手なのではないか・・?」
これって大昔から言われてましたし、「ハート・ブレイカー」のソロになると
みんな大笑いしたり、ほくそ笑んだりするのは古今東西、老若男女、いつの時代でも「お約束」、
としてありながらも公の場で語るのは、「禁じ手」として暗黙の了解があったりなかったりで、
色々と複雑怪奇、奇妙奇天烈な事柄なのでありますよ(笑)

さぁ「禁じ手」を破ってこの問題にメスを入れてみましょう!!!

まずペイジがセッション・ギタリストとしてその名を轟かせていたのが
ヤードバーズ加入以前の話ですから、65年以前の話ですね。クラプトンが抜けたヤードバーズに
ジェフ・ベックの推薦でベック共々ペイジは加入しました。
ベックがサイド・ギタリストとしてペイジを推薦したわけです「みんなジミーの事知ってるだろ?あいつ俺の後輩なんだ。入れようぜ!。」
ってな感じです。
ポイントがここにあります。スタジオ・ミュージシャンで、すでにプロデューサーの経験もある
ペイジは先輩ベックにサイド・ギタリストに打ってつけと目されたのです。
同世代の有名な「ソロ・ギタリスト」として名が上げられるのが、ベック、クラプトン、ジミヘン、リッチー・ブラックモア、サンタナなど超ギタリスト達がいっぱいおります。
でもこの人達は「ソロ」ギタリストとしての印象が非常に強いです。インプロヴィゼイション、アドリヴ・タイプのギタリストですね。

ペイジのギターはこういうギタリスト達とは異なります。
彼のギターは、楽曲やバンド・アンサンブルの中で本領を発揮する、言わば「アレンジ・メイク・ギター」
の巧者だと言えるのです。
バッキングやリフ、サウンド・メイク、Zepが今でも偉大なのは、ペイジの巧みなアレンジ力と
他の3人の力、至福の化学反応の結晶だからだと断言できます。

60年代初期のセッション・ギタリストは、過激なギター・ソロも速弾きもそんなに求められません。
要は楽曲にマッチしたバッキングであればいいのです。
ペイジの才能はそのニーズに答え、数をこなす事により鍛えられ、磨かれ、名声を得るに至ったわけです。

ベックは後輩ペイジの才能を認めつつ、自分のギターをより際立たすためには、ペイジの
バッキングやアレンジに長けたギターが必要だとわかっており、あえて「サイド・ギター」で
ヤードバーズに加入させたのです。

速弾きみたいな運指がらみ、テクニックがらみの事を言うとペイジのギターの腕前には???が
ついてしまう・・かもしれません。
しかしペイジには楽曲クリエイターとしての才能が他のギタリストより群を抜いて秀でている・・
これは揺るぎ難い事実です。

リッチー・ブラックモア先生が
「ペイジは本当にクレイバー(利口)なギタリストだ。みんな(ペイジのギターの腕前について)
色々言ってるけど、昔から本当に上手いギタリストだ」
と事あるごとに誉めております。私はうんうんとうなずいてしまいますね、この言葉には・・。

長くてごめんなさい、書き足りないくらいだけどこの辺にしときますね。

参考になれば幸いです。

こんばんは。書かせて下さい。

大のZepファンです。当然個々のメンバーひとりひとりのファンですし、
様々な思い入れもあります。ジミー・ペイジに対してもそうです。

「ペイジは下手なのではないか・・?」
これって大昔から言われてましたし、「ハート・ブレイカー」のソロになると
みんな大笑いしたり、ほくそ笑んだりするのは古今東西、老若男女、いつの時代でも「お約束」、
としてありながらも公の場で語るのは、「禁じ手」として暗黙の了解があったりなかったりで、
色々と複雑怪奇、奇妙奇天烈...続きを読む

Qもし、全盛期のこの二人が対戦していたらどちらが強いと思われますか?

 古くからの格闘技ファンです。40歳以上の方でないとご存じないかもしれませんが、私が中学生~高校生だった70年代、キックボクシングが人気がありました。

 当時はテレビ放映が毎週あり、欠かさずありました。団体としてはTBS系目黒ジム系の日本、テレビ東京系の目白ジム系の全日本の二団体があり、交流マッチもあったのを記憶しています。今、K-1でレフェリーをしている井狩元秀さんも全日本系で出ていました。

 TBS系はキックの鬼、真空飛び膝蹴りで有名な沢村 忠選手、テレビ東京系では日本人初のラジャダムナンムエタイ王者となった極真系の藤原敏男選手が代表格でありました。

 どちらも実力者ですが、年齢差もあり、全盛期が若干ずれていて対戦は実現しませんでした。

 人気では圧倒的に沢村選手だと思いますが、実力ではどうでしょうか?共に同じライト級ウェイトの王者です。藤原選手の試合は当時見ることは少なく、後年ビデオ等を見る機会があり、かなりの力があるなと思いました。

 二人の現役時代、全盛期のファイトをご覧になった方にお尋ねしたいと思いますが、両者が対戦していたらどちらが勝つと思われますか?

 古くからの格闘技ファンです。40歳以上の方でないとご存じないかもしれませんが、私が中学生~高校生だった70年代、キックボクシングが人気がありました。

 当時はテレビ放映が毎週あり、欠かさずありました。団体としてはTBS系目黒ジム系の日本、テレビ東京系の目白ジム系の全日本の二団体があり、交流マッチもあったのを記憶しています。今、K-1でレフェリーをしている井狩元秀さんも全日本系で出ていました。

 TBS系はキックの鬼、真空飛び膝蹴りで有名な沢村 忠選手、テレビ東京系では日本人初...続きを読む

Aベストアンサー

私も個人的意見ですが

ご存知の通りムエタイとキックはルールが微妙に違い
ます。
藤原はムエタイの2大殿堂で王者になったのは本当に
とてつもない出来事で、しかもライト級と言う激戦区で王者になったのは本当に衝撃的な出来事です。
ですので藤原は蹴りのタイミングをヅラしたり首相撲
の対処法などタイ人のリヅムを惑わす戦い方が凄いわけです。
キックルールはパンチの打ち合いも多いいですしム
エタイの様に首相撲や蹴りの応酬だけになる事はあり
ません。

ですのでキックルールで戦えばムエタイ専用だった
戦い方の藤原は相手がムエタイのリズムじゃないので相性がわるいですし戦い慣れてる沢村の方が強いのでは無いかと思います。もちろん藤原もキックルールで戦ってますし強いですが、あえて沢村と対戦した時の場合です。

一方ムエタイルールでは逆に沢村が普段のタイ人が
戦うスタイルを逆に真似して蹴りや首相撲地獄に
落とし込めて沢村が勝つのではないかと思います。
沢村の真空飛び膝もタイ人との戦いに慣れてる藤原
には通用しないと思います。

蹴りの技術に関しては互角で威力は、やや沢村だと
思いますが後は首相撲のポイントなどのルール次第
で変わってくるんじゃないでしょうか?

私も個人的意見ですが

ご存知の通りムエタイとキックはルールが微妙に違い
ます。
藤原はムエタイの2大殿堂で王者になったのは本当に
とてつもない出来事で、しかもライト級と言う激戦区で王者になったのは本当に衝撃的な出来事です。
ですので藤原は蹴りのタイミングをヅラしたり首相撲
の対処法などタイ人のリヅムを惑わす戦い方が凄いわけです。
キックルールはパンチの打ち合いも多いいですしム
エタイの様に首相撲や蹴りの応酬だけになる事はあり
ません。

ですのでキックルールで戦えばムエ...続きを読む


人気Q&Aランキング