良い変化なんでしょうか?悪い変化なんでしょうか?躁うつ病の治し方は?
うつ病の知識はあるけど、躁病の知識はないです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

NO.1さんの回答通りです。


私も質問者様と同じように、うつ病が躁うつ病になりました。
躁うつ病が「うつ状態」から始まったために、躁状態が出るまで、躁うつ病とは分からなかったのです。
うつ状態が5年続いたあと、急に治った!と思って、幸福感と高揚感、神様がどうこう、買い物で大量買い、電話しまくり、ピアノ10時間、などの異変が起こるようになり、2ヶ月続き、3ヶ月後、またいっきにうつ状態に移行し、あまりのショックで入院していました。
実のところ、おととい退院したばかりです。
うつ病のほうがまだよかったと思いました。
だって、躁うつ病は治らないから。
一生、薬を飲み続け、躁鬱の波をできる限り押さえることが治療で、躁うつ病そのものは完治しません。
私は入院して薬を調節し(うつ病に使う3環の抗うつ薬は、躁うつ病の場合、躁鬱の入れ替わりの回数を増やす「ラピッドサイクル」を引き起こすので一般的には使われない)、それなのに少し良くなっただけで、まだ苦しい状態にいます。
医師にはこの程度治ればあとはうまく付き合って生きていかなければならないと言われ、余計にショックで‥。
こんな状態で一生を送る?ありえない。ウソでしょ?という感じで、もう少しなんとかならないものか、今、医師とカウンセラーに相談中です。
私も質問者様の仲間ですので、お互い、病気とうまく付き合っていきましょう。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。治らないんですか?

お礼日時:2009/07/31 17:19

それは申し訳ありませんが悪い変化です。


治し方は、完治はありません。
一生「気分安定薬」を飲まなければなりません。
(リーマス、デパケン、テグレトールなど)
20年間安定していた人が、もういいだろうとやめたら、いきなり再発するなどします。

きちんと薬を飲むことと、
躁の症状を知り、警戒することです。
(鬱の場合も重要)
また、うつ病相のときも、抗鬱薬はあまり良くないとされます。
とくに効き目の強い三環系は躁転を誘い危ないです。
統合失調症用の非定型抗精神病薬のいくつかが、有効らしいですが
双極性障害に適応になっていません(正規には10割負担の恐れ)。

とりあえず、
バイポーラーワークブック(星和書店)
に、薬を如何にして飲み続けるか、から、症状から、
躁うつ病向けの認知行動療法まで、スーパーセットで載っています。
このワークを一冊やってみるといいでしょう。

あとは、一生病気をなだめすかして、手なづけて、
暴れないようにして、過ごす努力をしていくことになります。

私も注意しながらやっています
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。・・・・・。

お礼日時:2009/07/31 05:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうつ病の薬について

うつ病の薬について

先日、うつ病を発症しましてクリニックで治療を受け始めました。
うつ病が突然発症するのもあまり聞きませんが、そのタイプがよくあると先生に言われました。

そして、薬による治療が始まりました。
ですが、処方されるのがトレドミンと言う薬で、薬局でもらう説明書きには「胃腸・十二指腸潰瘍を改善します。低下した意欲を高めて気分を楽にします。精神の症状を改善します。」とありました。

100%うつ病の薬である、と言うわけではなく、もしかしたら「うつ病じゃなくてただの甘えなのかも・・・」と思い始めています。

100%うつの薬ではない薬を処方される場合は、うつ病ではないのでしょうか。
自分はうつ病ではなく、ただの甘えなのでしょうか・・・。

Aベストアンサー

うつ病の薬が、ほかの作用を持つこともあります。
しかしかいてあることがどうも、トレドミンではなく、
ドグマチールなのではないか?と思いました。

トレドミンの添付文書には「うつ病・うつ状態」としかなく、
疼痛への応用を述べているサイトが有るぐらいです。
なお、トレドミンは神経伝達物質の、ノルアドレナリンとセロトニンに
作用してよくうつ症状の低減を図ります。比較的新しい薬です。

ドグマチールは、
少量で胃腸・十二指腸潰瘍改善
中量でうつ病
多量で統合失調症
という作用をもちます。(中量・多量を飲む場合色が進んで
肥満の副作用がでます)

こっちなのではないかなと思いつつも、
いずれにせよ、
薬には副次的にいろんな作用が出て、その作用を使うこともあります。
処方からは、100%うつ病ではない、かどうかは判断できません。

甘えかどうかは、医師が診察しないとわかりません。

Q躁うつ病?もしくは躁病でしょうか?

うつ病歴11年です、1ヶ月前までシンドかったのに、最近は元気があり過ぎます。今日は走って転んでしまいました。一ヶ月前は歩くのも億劫だったのに。今は24時間闘える状態です。毎日2時間ぐらいしか寝てません。でも、全然、元気で、寝不足感がありません。睡眠薬は飲んでます。躁病か躁鬱病になったのでは?と心配なのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

抗鬱薬が増えたとかはないのでしょうか。
また、これまでも、妙に
元気
多幸
睡眠不要
易怒
性的亢進・奔放・逸脱
散財などになったことはないでしょうか。

あるとすれば、もともと双極性障害(現在のレベルならば2型)の可能性があると思います。
なくても、やっと躁病相が現れた可能性がある、あるいは、躁を見逃していた可能性があります(かなり多い)。

医師にきちんとこれまでの症状の推移、とくに現状を年表にして、
できれば浮き沈みをグラフ化して、
「双極2型でリーマス飲まなければならないのでは?」と言って見せてみてください。
年表にするのは、時間経過で浮き沈みの様子を見るためです。

Qうつ病だが、抗うつ薬を処方してくれない

 うつ病として治療中ですが、抗うつ薬は、今はもらっていません。抗不安薬と睡眠薬だけ服用しています。うつ病としてと書きましたが、先生は、そうおっしゃったことがありますので、そう思っています。
 落ち込むときはよくあり、なんとなく、億劫です。
 しかし、抗うつ薬は、最初の1ヶ月もらっただけで、あとは、ずっと、抗不安薬と睡眠薬だけです。
 症状が改善されず、うつ病だったら、抗うつ薬を引き続き処方されるのではないでしょうか。
 うつ病とは何なのでしょうか。本当はうつ病ではないのではないかという疑問が湧いてきます。焦りはないのですが、不思議ですし、不安です。どうして抗うつ薬を処方してくれないのか。先生は、そういううつ病だからですとしか、答えてくれません。
 要領の得ない質問でごめんなさい。抗うつ薬が効かないうつ病かもしれないと思ったりもするのですが…。

Aベストアンサー

myeyesonlyさんの回答を見ていて気づいたことがあったので追記いたします。
前回の回答で、副作用の経験を記載しましたが、私の場合、その後、医者を変えました。2件目の医者に、薬の副作用のことを言ったので、今、薬を使わない治療を行っているのかもしれません。ただ、1件目の医者にくらべて、2件目の医者の方が、私個人としては、とても信頼しています。(「鬱病に効く薬がどれなのかは、ある程度試してみないとわからない」という事は、医者から聞かされて頭では理解しているのですが、副作用で苦しんだ経緯があると、どうしても信頼出来なくなってしまうものです。)
dance2002さんも医者が信頼出来ないのであれば、通院先を変えるもしくは、大きな病院なら、担当医を変えてもらうなんていうのもいいかもしれません。
あと、他の鬱の方にもアドバイス差し上げたのですが、このページをプリントアウトして医者に見てもらうなんて言うのもどうでしょうか?

Qなぜルーランに抗うつ効果があるのでしょうか?躁うつ病でうつ病エピソード

なぜルーランに抗うつ効果があるのでしょうか?躁うつ病でうつ病エピソードがひどかったのでリフレックスとルーランが処方されました。先生いわく、ルーランには抗うつ効果があるとのこと。セロトニンアンタゴニストのルーランになぜそんな効果があるのでしょう。そもそもうつ病はセロトニン不足で受容体にセロトニンが十分いかないからうつ状態になるのではないのですか?

Aベストアンサー

うつ病でうつ病エピソードがひどかったのでリフレックスとルーランが処方されました
双極性障害のうつ状態に坑うつ剤を使うと躁転し易く、
しいては病相がラビットサイクラー化する恐れがあるので
気分調整薬(リーマス、デパケンR等)を主剤にするべきと聞きます。

>そもそもうつ病はセロトニン不足で受容体にセロトニンが十分いかないからうつ状態になるのではないのですか?
これはあくまでも仮説です。
古典的モノアミン仮説から、延々と続いてる仮説ですよ。
たまたま、坑うつ剤がこの仮説に基づく、作用機序で作られてるに過ぎません。
双極性障害のうつ状態は、うつ病性障害のうつとは同一視されていません。
どちらも現在の所、ハッキリした原因は解明されない「原因不明の精神障害」です。

>セロトニンアンタゴニストのルーラン
全てのセロトニン受容体に拮抗する訳じゃないですよ。
セロトニン5-HT2A受容体には拮抗作用だけどセロトニン5-HT1A受容体へは作動作用する。
非定型では坑うつ作用が強いと言われてるエビリファイと同様に
5-HT1Aへのアゴニスト作用が坑うつ作用を持つと言われている。
同様にリフレックス錠もセロトニンの増加でセロトニン5-HT1A受容体を刺激して
坑うつ作用を生み出しています。
全て、同じ様な作用機序を持ってるのです。

うつ病でうつ病エピソードがひどかったのでリフレックスとルーランが処方されました
双極性障害のうつ状態に坑うつ剤を使うと躁転し易く、
しいては病相がラビットサイクラー化する恐れがあるので
気分調整薬(リーマス、デパケンR等)を主剤にするべきと聞きます。

>そもそもうつ病はセロトニン不足で受容体にセロトニンが十分いかないからうつ状態になるのではないのですか?
これはあくまでも仮説です。
古典的モノアミン仮説から、延々と続いてる仮説ですよ。
たまたま、坑うつ剤がこの仮説に基づく、作用...続きを読む

Qうつ病治療薬の最終達成目標ってどこですか?

うつ病治療薬の最終達成目標ってどこですか?

抗うつ薬の最終達成目標をどこに置いているのか教えてください。

扁桃体と海馬の伝達物質であるニューロンを抑えるということは、うつ病患者は扁桃体の恐怖心を海馬の記憶から呼び出さないだけで、恐怖心は残ったままですよね?

抗うつ薬が根本治療になるのは、扁桃体に記憶する能力がないと無理では?と思ってしまいました。

私の考えはおかしいですか?

扁桃体の萎縮を止めてもうつ病になった原因の記憶が海馬に残ったままでは恐怖の記憶は消えない。海馬の記憶が消えるならうつ病治療として分かるが、海馬の記憶が消えるというのは聞いたことがない。記憶喪失になるので治療として危険過ぎる。

今のうつ病治療薬はどこまでを治そうとしているのか不明です。言えることは今のうつ病治療薬は根本的な治療は絶対に出来ない。完治することは普通に考えてあり得ない。治ったとしたら、それは元々うつ病じゃなかったか薬のお陰ではなく自然治癒したと思われる。

質問内容

今のうつ病治療薬って最終達成目標をどこに置いているのでしょう?

Aベストアンサー

 医者ではありませんが、うつ病に関する研究者の講演を聞いたことがあります。色々な意見はあるでしょうが、総じて的を得ていないわけでもないと思います。

 まず、結局世の中で総称的に呼ばれている「うつ病」というものは一部のものを除き多くは患者の申告する「症状に」対する医者の主観的な診断によってカテゴライズしているのが現状であるということです。その上でどのような種類の薬を使うかというのを決定するそうですが、結果的に効果がでる(症状が緩和される)場合もあればもちろん出ない場合もあるそうで、そう言う意味ではそもそも「うつ病」という病気自体はいわゆる他の病気とは少し性質が異なっており、生理学的な原因→症状の関係とその病名が必ずしも一致していない曖昧な定義なのです。そう言う意味では治る治らないというもの結局はその症状が改善するかしないかでしかなくて、それは対症療法であって、その根底にある分子メカニズムが曖昧である以上根治を目指すということ自体が難しいのが現状です。

 じゃあ精神科医はうつ病が治らない病気としてあくまで対症療法に過ぎない薬を与えているのか?と考えると少し違うようです。少なくともその演者の意見としては「社会的ストレスなど様々な要因によって脳内の神経伝達物質等のバランスが乱れることで症状がでて、さらにその症状がでることで物事がうまくいかなくなってズルズルと影響がでる不安定な状態がうつ病だとする。本来人間はそう言ったバランスが崩れた状態であっても時間があれば元に戻せるが、薬によってそういうアンバランスを緩和してやることでその手助けをすることが治療だ。」とのことです。つまり、対症療法であってもそれによって一時的に立ちいかない状況から離脱する手助けをすることが完治につながるのです。もっとも、根底にあるのはその症状を引き起こしているバランスの何処を治療することが効果的なのかの判断ですが、うつ病の診断基準自体が症状による分類に過ぎないことから、それが合わないと薬があまり効きません。つまり、第一にその診断基準をより生理的に評価できることが望ましいですが、そうした有効なマーカーはないのが一つの課題でしょう。また根本的な原因となっているストレス(例えば社会的な強い要因)が残り続けるなら、結局はそれをクリアできないなら薬に依存する可能性もわるわけです。ですが、少なくとも急激なストレスに本来人が持っている適応能力を得るまでの時間稼ぎをするというのがなんだかんだいって、現代社会での多くのうつ病には効果的でもあるのです。

 いずれにせよ、最近は「新型うつ」とかいうのもあるみたいですし、マウスによるうつ病解析もあるようで曖昧な評価しかできないためなかなか研究が難しい分野なんでしょうね。

 医者ではありませんが、うつ病に関する研究者の講演を聞いたことがあります。色々な意見はあるでしょうが、総じて的を得ていないわけでもないと思います。

 まず、結局世の中で総称的に呼ばれている「うつ病」というものは一部のものを除き多くは患者の申告する「症状に」対する医者の主観的な診断によってカテゴライズしているのが現状であるということです。その上でどのような種類の薬を使うかというのを決定するそうですが、結果的に効果がでる(症状が緩和される)場合もあればもちろん出ない場合もある...続きを読む

Qうつ病?躁うつ病?精神病?発狂?

職場の先輩が「ソウウツ」だそうです。確かにすっっごい変な人だとは思っていましたが、実際そんな病気の人に遭遇したのは初めてなので驚きました。

さっき「うつ病」で検索をかけて、ソウウツを漢字で書くと「躁鬱」だとか、「励ましてはいけない」とか、「薬で治す」とか知りました。

でも、結局「うつ病」と「躁うつ病」の違いって何なんでしょうか??「精神病」とは別ものなんですか?

無知な私の感覚でいえば、そんな人は病院に収容しなきゃいけないんじゃないの…?と思いますが。(映画「ハンニバル」みたいな病院)

Aベストアンサー

こんにちは。
あなたが毎日そのような場所で仕事しなくてはいけないというのが
ここで一番の問題ではないでしょうか?

会社としては、その先輩を辞めさせるわけにいかない、というのなら
少なくとも、あなたは別のところで働きたいと上司に言うべきです。
その先輩が仕事する場所を与えられているのと同様に、
あなたにも、自分の仕事をきちんとできる場所が与えられて当然です。
毎日、仕事と関係のないトラブルが起きて、プライバシーを侵害されて、
これでもしあなたがノイローゼになったら、会社はどう対応するのでしょう?

先輩や、先輩の親や、先輩に対する会社の態度は変えにくいかもしれません。
それはあなたにとって第三者どうしの関係だから。
でも、会社とあなたの問題については、
あなたの掛け合い方次第で、会社側のもっといい対応を引き出せると思いますよ。
手間はかかりますが、あなた自身を守るためです。
どうぞがんばって。

Qうつ病の薬について

うつ病の薬は何を飲むのでしょうか?

どこかで読んだのですが、うつ病の薬を飲んだ人が、
免疫疾患にかかったというのを見た事がありました。

うつ病の薬にはこういった、副作用があるのでしょうか?

詳しい人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

薬については、精神科用薬が主体です。心配されている副作用などは全くありません。副作用としてありえるのは、一般的に眠気・嘔吐・悪心・頭痛などです。

実際に「うつ病」だとしたら、現段階で白血球数がさがっているはずです。(副交感神経優位状態)薬では交感神経優位の状態にもっていかなくてはならないので、白血球数は若干増加します。正常値に戻ると言った感じかな?

「うつ病」と「うつ状態」では根本的な治療法がちがいます。精神科医への受診をお勧めします。

Q夫は躁うつ病? それとも単なるうつ病?

躁うつ病について質問させて下さい。(長文にて失礼します)

今は抑うつ状態で通院中、別居中の夫の事です。 
躁状態?躁とうつの混濁状態?の時、私に対する言葉の暴力がひどかったため、今はそれぞれの実家で暮らしています。

自営業で仕事はしていますが、家にこもって出来る仕事のため、こもっている事が多く、今は自殺願望を口にしますが、躁鬱病ではないかと疑っています。

というのも、その時は分かりませんでしたが、振り返って考えると2009年に躁状態からうつ状態(医者には抑うつと言われました)になり、今回、前回と似たような状態なんです。

2009年の時はすごく景気のいい業界にいて、その流れに巻き込まれ、バブルになり、派手な生活をし、それがはじけて仕事をなくした。という状況と理解し、そんなのに巻き込まれたら精神状態のバランスも崩した・・・と説明を受け、そう思っていたのですが、今回の彼を近くでみて、それは状況要因もあるけれども、彼自身が起こしている部分が大きい事に気が付きました。

現在、通っている医者は2009年の医者とは違いますが、今回も抑うつと言われています。
きっかけは自営業としてやっていく重圧からくる不安とお客さんとの人間関係だと思っています。
どちらのお医者さんも躁状態の時は受診しておらず、一番ひどいうつの時には出かけることもできないので、受診していません。 ちなみに今回の波の前は約2年ほど穏やかに暮らしていました。

躁状態の時に一部の人には遠ざけられていたり、失言があったようですが、お客さんと仕事はある程度上手くやっているようでした。

毎晩飲み歩いて帰ってくるのは明け方だったり、自分が偉くなったようで人をこき下ろしたり、俺はなんでもできるんだ!と言ってみたり、今回の人生シナリオは二回目だから自分の魂の運命を知っているなど、スピリチュアル系の誇大妄想はありましたが、いわゆる、一晩で数百万使う・・・レベルの豪快さはありませんでした。 でも、うまく説明できませんが、彼の周りにいると、精神的に嵐に巻き込まれるような感じがありました。 

そこで質問なのですが、

単なる躁状態と躁うつ病の躁状態の違いはどこにあるのでしょうか? 
情報が少ないかと思いますが、彼の躁状態は躁うつ病のレベルと言えるのでしょうか?

また、躁うつ病の躁状態の時、仕事はある程度できるものなのでしょうか?

最後に、3年に1回激しい躁(半年)とうつ(半年から1年)がやってくるくらいでは躁うつ病ではないのでしょうか? サイクルはもっと短いものなのでしょうか?

今後の治療について、義父母と話す前に私が考えすぎなのか、ちょっと心構えとして知っておきたくて質問させていただきます。 もちろん、その後に医者に判断を仰ぐ事を考えています。 

宜しくお願いします。

躁うつ病について質問させて下さい。(長文にて失礼します)

今は抑うつ状態で通院中、別居中の夫の事です。 
躁状態?躁とうつの混濁状態?の時、私に対する言葉の暴力がひどかったため、今はそれぞれの実家で暮らしています。

自営業で仕事はしていますが、家にこもって出来る仕事のため、こもっている事が多く、今は自殺願望を口にしますが、躁鬱病ではないかと疑っています。

というのも、その時は分かりませんでしたが、振り返って考えると2009年に躁状態からうつ状態(医者には抑うつと言われました)に...続きを読む

Aベストアンサー

http://square.umin.ac.jp/tadafumi/Living_with_bipolar.htm
ここに詳しく書かれているので、参考になさって下さい。

ただ、考え方として「病気の種類がわかっていること」は、治療には大変に重要なことなのですが、日常生活の中で「双極性障害か、抑うつ状態なのか?」と悩むことや、また、ご両親にそれを聞かせることなどは、私は必ずしも必要なことじゃないと思うのです。

糖尿病と風邪が違う種類の病気であるように、病気は違っていて当たり前です。
風邪には風邪の薬、糖尿病には薬と運動療法とか、対策も違ってきます。
結果が出れば、それに従った治療をしていくだけですので、周囲はむしろそれに従い、状況を見守っていくしかないのではないかと思います。

直接治療に当たるのは専門家の役目です。
ですので、結果が出てから、ご両親にも伝えられる部分は伝えるようにして下さい。

Qうつ病には必ず薬が必要なの?

うつ病を発病して一年ですが、

そろそろ薬をやめたいです。
薬代も馬鹿にならないし、
副作用も嫌です。

わがままかもしれませんが・・・
うつ病には薬が必要なのでしょうか?

必要ならばなぜ必要なのでしょうか?

昔の人はうつ病という薬はなかったはずなのに
ネガティブじゃないですよね。

だから薬以外のなにかで治していけるのでは?
と思うのですが・・・

教えて下さい。

Aベストアンサー

うつ病を発症して1年ということですが、医師からは経過はどのように説明を頂いていますか?
薬の副作用ということですが、先生には言ってありますか?必ず副作用の少ない薬が見つかりますから、ここは少し辛抱強く合う薬を探した方が良いと思います。

なぜ、必要か。
現代の生活は、昔よりずっとストレスの多い生活です。人が人を常に支えあっている、誰かがおかしいと言えば助け合える状況は、むしろプライバシーと言って倦厭される風潮です。そうなると、自分でなんとかするためにコンディションを整えないといけません。
うつは脳の伝達物質が、強いストレスで出ないように”しつけ”られている状態です。それを薬で元のように出すよう”しつけしなおす”のです。薬自体、良くなっていけば、軽いものに替わっていきます。

薬を使って、しっかり今までの自分のストレスの原因を探って、改善すれば、うつも治ってくすでしょう。
うつには認知療法など、効果的と言われる療法もあるので、先生と建設的な関係を結ばれているのであれば、そういうこともたずねてみたらどうでしょうか。

なお、薬、心療代は、32条というものがあって、自己5%のみの負担となって、かなり助かります。まだ受診されるのであれば、すぐに申請した方が良いでしょう。
ただし、申請には3,000円ほど(正確ではないですが)掛かります。

参考URL:http://www.pref.osaka.jp/izumihoken/qanda/qanda.html#E1

うつ病を発症して1年ということですが、医師からは経過はどのように説明を頂いていますか?
薬の副作用ということですが、先生には言ってありますか?必ず副作用の少ない薬が見つかりますから、ここは少し辛抱強く合う薬を探した方が良いと思います。

なぜ、必要か。
現代の生活は、昔よりずっとストレスの多い生活です。人が人を常に支えあっている、誰かがおかしいと言えば助け合える状況は、むしろプライバシーと言って倦厭される風潮です。そうなると、自分でなんとかするためにコンディションを整えな...続きを読む

Qうつ病だと思ってたら、実は「躁うつ病」だったっていう話はよくありますか?

はしゃいだりすることはなくても、
怒りやすい、声に出して怒鳴ることはなくても、
怒りを内に溜め込んでる。
これは躁うつ病かもしれませんね?
医師が頑固でなかなか話を聞いてくれないですが、
相談してみます。

Aベストアンサー

双極性感情障害(躁鬱病)です。

最初はうつ病と診断されてましたよ。
でも一向に改善しなくて病院を変えまくってある病院の先生にアンケート取らされて診断されました。
躁鬱は鬱もある上、患者が病院に行くのは鬱のときがほとんどでかつ躁状態を異常だと本人は思っていないため問診で鬱のこと
しか話さないので専門医でも一発で判断するのは非常に難しく経過観察することで診断することがほとんどだそうです。
例外は躁状態があまりに酷く家族が病院に強制連行した場合くらいです。

躁鬱の特徴は鬱状態はうつ病と同じですが躁状態になると、
活動的になる・怒りっぽくなる・浪費(借金することも)・睡眠時間が短くても元気・性的に乱れる(性欲が抑えられない)
これらが代表的な症状(他にもあります)です。

主さんにこれらの症状があるなら可能性は否定できませんが、基本的に自覚症状だけでは診断されないので主治医の先生とよく
話し合われるのがいいと思いますよ。躁鬱かどうかは客観的な意見が大きいので自己主張だけでは通らないと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング