東京の歌手になる為の夜間学校(専門学校)で、大学に行きながら通える夜間学校。
歌手ための東京の学校(専門学校)を探しています。

大学に通いながら平行して
夜間に、歌手になるための学校に通えるところを探しています。

昼間:大学
夜間:歌手になる為の学校(専門学校)
という感じです。

知っている方は、どんなことでもお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

歌手というのは、学校を出たからといって必ずなれるというものではありません。

プロ歌手の多くは学校になど通わずにプロになっています。

…ということはわかった上で、通うとすれば「音楽学校」のボーカルコースのような所か、ボーカルレッスン専門の「ボーカルスクール」のような所のどちらかになると思います。東京にはどちらも山ほどあります。「」のキーワードなどで色々検索してみてください。

本格的な音楽学校は全日制のコースが中心になっていますが、その他に夜間と土日のみのコースを設けていたり、選択制で都合のよい日時に必要なレッスンだけを選べるコースが設けてあることが多いです。ボーカルスクールのような所は、月数回のレッスンでレッスン日時も自由に選べるような所が多いのではないかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学をやめて専門学校に行くこと。

大学1年生です。
今の大学を辞めてデザイン系の専門学校に行こうと考えています。
デザインは高校で基礎は学んでいます。
今の大学は文学部です。
やる気を持って入学したわけではありません。
親にはまだ言えてません。

この考えは馬鹿ですか?

Aベストアンサー

大学で養成するのは「頭」、専門学校で習うのは「手」です。

「頭」はすぐには役立たないが(というか、あなたが使おうとして初めて役目を果たす)、「頭」があれば今後の状況に応じていろいろな対応ができます。発展のための「可能性」ということです。

「手」は、動かすだけですぐに役には立ちますが、ニーズの変化で役に立たなくなったり、腕が落ちれば仕事が来ません。多少の改良はできても、大きな発展は見込めません。
「手」は、上手い下手が如実に表れますので、自信があればこちらを選んでもよいでしょう。

どちらを取るのかは、人それぞれの価値判断です。

Qイラストレーターになるには専門学校?美大?

現高校2年生でそろそろ受験の事を考えなければな、と思いこちらに質問失礼します。

私は昔からイラストを描くことが好きで、題にもあるように、将来はそれを職業にしたいと思っています。具体的に申しますと、乙女ゲームのイラストに携わる職に就きたいです。フリーランスではなく企業勤めのイラストレーターというのでしょうか…そういうものに憧れています。以前から乙女ゲームが好きで開発者様方のブログを拝見していて、裏話や発売までの意気込み、こだわり等を見ているうちに私もこの仲間に入って活躍したいと思うようになりました。
(イラストだけでなくゲーム開発者やシナリオライターとして関わってみたいとも考えたのですが、やはり自分に出来ることで考えたらイラストレーターになるのが一番なのかなと考えた結果、この質問をさせていただいております。)

また、小説などの挿し絵表紙、CDのジャケットなど自分の絵を色々な人に見てもらえる機会が多くある職に就きたいとも思っています。

前置きが長くなってしまいましたが本題に入らせていただきたいと思います。

私は今普通科に通っていて、絵を描くといっても画力は趣味の範疇でしかないと思います。そんな私がイラストを職にするには今後の進路は専門学校か大学、どちらの方がいいでしょうか?

美大に行くには画塾などに通わないと厳しいという意見を目にしました。画塾に行けるほどの金銭面的余裕はありません。また、美大の授業内容などを見ても私の目指している職に直結する気もしません。

それに対して専門学校は就職するにあたってのサポートも多く、キャラクターデザインやイラストを専攻としているところもあって、こちらの方がいいのではないかと思っています。


私自身についての補足を述べますと、
・親には"受験費用以降は自分で払う"ということで進路のことはすべて任されていて、学費は奨学金を借りて私が働きながら返すことになっています。ただし、専門学校ならば認可校のみ視野にいれることになっています。

・専門学校はHALや東京工学院、アミューズメントメディア学院など色々なサイトを拝見しておりますが美術大学についてはあまり詳しくありません。

・普段はアナログで描いていて、家にペンタブやPCはありますがあまり充実した環境ではありません。使い慣れてもいません。(PCは古く、イラストソフトは無料のものを使用)進学後使い慣れるようになりたいと思っています。

長文・乱文申し訳ございませんが、ご回答のほどよろしくお願いします。

現高校2年生でそろそろ受験の事を考えなければな、と思いこちらに質問失礼します。

私は昔からイラストを描くことが好きで、題にもあるように、将来はそれを職業にしたいと思っています。具体的に申しますと、乙女ゲームのイラストに携わる職に就きたいです。フリーランスではなく企業勤めのイラストレーターというのでしょうか…そういうものに憧れています。以前から乙女ゲームが好きで開発者様方のブログを拝見していて、裏話や発売までの意気込み、こだわり等を見ているうちに私もこの仲間に入って活躍した...続きを読む

Aベストアンサー

美大です。
第一に美大ですが、それでなくても絵や芸術、デザインにかかわる大学・短大に進学することをお勧めします。
クリエイター系の専門学校を出ても、目的の職業につけない人が大半で、それどころかつぶしが利かず、関係ない仕事につくことが多いです。
人の目に触れることのない素人の自己満足自費出版小説の挿絵を小額で描いて、一応お金を貰って絵を描いたからプロを名乗り、それで食える訳ないので他でバイトしている自称イラストレータ(専門卒)が腐るほどいます。職歴もないので絵をやめて普通に就職することも難しくなります。夢どころか人生自体が厳しくなります。
退路を断って目的のことだけをするのはカッコ良く見えるかもしれませんが、精神的にキツくなり病んで潰れていくパターンが多いです。大学を出ていれば、希望の職でなくても絵やデザインに関する職に就ける可能性が高く。それから何年かかけて目的の職を目指す道も開けます。逃げのように見えるかもしれませんが、その心の余裕が重要なのです。
イラストレーターに限りませんが、同様のクリエイター系の専門学校に行くか大学進学で悩まれる方は多いですが、夢を叶えプロになった方はまず大学進学を勧めます。専門学校を出てプロになったかたですら、大学進学を勧めます。
クリエイターとしてプロになるのはとんでもなく難しく(なるだけでなく続けるのも難しい)、大学受験や奨学金を自分で払う程度、それに比べればたいした苦労に入らないと考えてください。
たくさんの人の目に触れるものを作れるとか、夢の叶えた人の言葉は輝かしく魅力的に見えるかもしれませんが、そんなのは何百何千のうちの一人で、良い部分ばかりではなく、挫折する大半の例を参考に高い目標を目指す計画をたてることをお勧めします。
私もゲームやアニメ、漫画に興味があり、絵とプログラムの両方でプロの道を模索しました(絵は下手でプログラミングは得意)。私は親にゲームの専門学校行きをダメだと言われた為、大学を出て一度ビジネス向けのプログラマになり、その後、アニメーション関係の専門学校に入りなおしました、そして自分の才能では絵でプロになれないことを悟り、プログラムのほうを独学で勉強しゲームプログラマになりました。
経験からまず大学に進学しておいてよかったと心から思っています。専門学校は通ってれば勝手に目的の職業につけると遊んでばかりいる甘えた人ばかりが集まる場所にしか見えませんでした。
イラストレータやシナリオライタ、ゲームプログラマなどクリエイターの知人とそのような話をすることもありますが、みな大学進学勧めます。専門学校のダメな部分の話になることも多いです。
専門学校は入学させれば儲けになるので誇大に良くみせている面もありますが、必要な道具はそろえています。通ってるひとが楽なほうに流れる性質の人が多いのです。終わったらカラオケに行こうとか遊ぶことばかり話していて、なんの努力もせず、卒業したらプロになれなかったと専門学校の悪口をネットに書いてたりします。その為、必要以上に悪く書かれている部分もあります(そんな環境でも流されずコツコツ努力してプロになる人もいる)が、私はクリエイターとしてプロになるのに専門学校が良いとはまったく思えません。
専門学校の選択肢は最初から捨てて、大学を出てプロになる道を選んだほうが良いと思います。
以上、長文申し訳ありません、以前私も悩んだことですし、同様の悩みをよく見かけるので、自身の経験から一度書き込んでおきたく、長文になってしまいました。多少でも参考になれば幸いです。

美大です。
第一に美大ですが、それでなくても絵や芸術、デザインにかかわる大学・短大に進学することをお勧めします。
クリエイター系の専門学校を出ても、目的の職業につけない人が大半で、それどころかつぶしが利かず、関係ない仕事につくことが多いです。
人の目に触れることのない素人の自己満足自費出版小説の挿絵を小額で描いて、一応お金を貰って絵を描いたからプロを名乗り、それで食える訳ないので他でバイトしている自称イラストレータ(専門卒)が腐るほどいます。職歴もないので絵をやめて普通に就職す...続きを読む

Q美大?専門学校?イラストレーターなどの仕事につくにはどれがおすすめですか?

現在高校生なったばかりで部活は決まってません。イラストに関係ある仕事につきたいのですが。(イラストレーター・絵師?とう)その場合には美大か専門学校どちらに入ればいいのでしょうか?色々なQ&Aを見てどれが一番いいのかわからなくなってしまいました。それと、予備校には通った方がいいのでしょうか?またいつぐらいから入った方がいいのでしょうか?そうした場合部活は美術部でもいいのでしょうか?活動日数が少ない部活の方がいいのでしょうか?しつこい質問ですみませんが、皆様の意見やアドバイスを参考にさせて進路を決めていきたいです!本入部届けが今週の金曜日までなので出来れば期間内にがいいです

Aベストアンサー

やっぱり美大が良いと思います。
イラストの学校など出ても食べていけず潰しも利かないのが現状なので。
ただし美大というのはイラスト習うところではありません。きちんとした絵画をやるところ。
もちろん他にデザイン、彫刻、工芸、映像などありますが。
絵をやりたければ油画か日本画を専攻するのが良いのでは。

美大に行くためには予備校に行く必要があります。
レベルの高い美術部であっても受験になると話は別です。
むしろ部活動はやらずに予備校に早いうちに行くのが良いかも。

ただし、あなたの絵が好きというモチベーションがどれぐらいなのか?によります。
ちょっと絵が好きぐらいで美大に行くと苦しい思いをするだけですよ。
本気で自分の絵を突き詰めて行く覚悟がある人が美大へ行くべきです。

最後に、お金の問題があります。
とにかくお金のかかる道です。予備校代、美大の学費、親御さんが出してくれるならの話。
学費のこともきちんと調べて相談してみる必要があります。

部活は他にやりたいことがないなら美術部で良いのじゃありませんか?
辞めることはいつでもできるでしょう。

Q美大と専門学校、どちらがいいのでしょうか。

高校1年の女子です。私は将来、イラストレーターまたは漫画家になりたいと考えています。
ですが、美大へ行くべきなのか専門学校へ進んだ方がいいのかいまいちわかりません。

私の通っている高校は私立で、私は特進クラスです。なので国公立大学を目指すように指導されているのですが、美術部の先生には武蔵美などの私立大学方が向いていると言われました。
高校受験のとき、美術専門の高校を考えていたのですが高校生で学ぶ授業内容はすべて学んでおきたいと考えたので私立単願で受験し、今現在に至ります。
美術部の先生は大学受験前には絵を描く時間を多く取らせてあげたいと担任に相談してくれたのですが、特進クラスということもあって担任は勉強を優先させたいと言っていました。
やはり絵を描く仕事に就きたいなら高校からそういった進路を選ぶべきだったのかと少し後悔しています。

また、知り合いに専門学校に通っている人がいるのですが、その人の学校からの課題などの話を聞くと私のやりたい事は専門学校の方が多く学べるのかなとも感じました。調べてみると専門学校でも美大でも否定的な意見が多いので、何がいいのか悪いのかハッキリとわかりませんでした。

姉も大学を受験するので、親に負担はかけたくないです。なのでただでさえお金のかかる美大で私立は少し厳しいかなと思っています。やりたいことがあるならお金の事は気にするなと親は言いますが、それでも迷惑はかけたくないです。
専門学校も美大と同じくらいのお金が必要になるのでしょうか。また、美大、専門学校のそれぞれの長所も教えていただけると嬉しいです。

長文になってしまい申し訳ありません。詳しい方などいらっしゃいましたらよろしくお願いしますm(*_ _)m

高校1年の女子です。私は将来、イラストレーターまたは漫画家になりたいと考えています。
ですが、美大へ行くべきなのか専門学校へ進んだ方がいいのかいまいちわかりません。

私の通っている高校は私立で、私は特進クラスです。なので国公立大学を目指すように指導されているのですが、美術部の先生には武蔵美などの私立大学方が向いていると言われました。
高校受験のとき、美術専門の高校を考えていたのですが高校生で学ぶ授業内容はすべて学んでおきたいと考えたので私立単願で受験し、今現在に至ります。...続きを読む

Aベストアンサー

専門卒業の者です。はっきり言います。専門は何の役にもたちません。私は漫画科ではなくデザイン科でしたが社会に出てから「専門?ふふん」と鼻で笑われました。その程度です。

美大はお金がかかります。特に私大はとても高いです。大学を選ぶなら、教員免許を取るといいです。美術教師になれます。一生安泰ですね。

で、漫画家ですが、学歴は必要ありません。今頭にストーリーが降りてきていますか?作品を描き上げたことがありますか?今夏休みですよね、1作(16ページくらいの)描きあげて、投稿してみてください。編集部の生の声が返ってきます。

漫画家自体、今は職業としてとても厳しいものになっていますが、web漫画もあり、デビューへの道は大きく広がっています。ちなみに私は漫画は独学で学んで、昼仕事、夜と土日を漫画にあてて、持ち込みを続けてデビューしました。漫画界は厳しいので生き残れなかったのですが、何年か漫画家としてすごしました。

そのとき担当さんが、「漫画は学校でお金を出して学ぶものではない」ときっぱり言っていました。
専門の漫画科なんて、卒業生に1人か2人ですよ、プロになれるのは。専門はアシ養成所みたいなものです。

ちょっとweb漫画で学生の作品を読んでみるとレベルがわかると思います。漫画のソフトは専門学校で勉強させてくれるところがあるのでそれは役に立つと思います。プロの漫画家さんがクリップスタジオというソフトで悪戦苦闘しています。とても便利なソフトですのでマスターすればとても便利です。web漫画はほとんどそういうソフトで描かれています。たとえばcomicoの学選漫画(学生が描いた漫画)など無料で大量に読めるので一度読んでみるのをオススメします。

イラストは漫画家が片手間に描いていることが多いです。

専門はやめといたほうがいい、と私は思います。

専門卒業の者です。はっきり言います。専門は何の役にもたちません。私は漫画科ではなくデザイン科でしたが社会に出てから「専門?ふふん」と鼻で笑われました。その程度です。

美大はお金がかかります。特に私大はとても高いです。大学を選ぶなら、教員免許を取るといいです。美術教師になれます。一生安泰ですね。

で、漫画家ですが、学歴は必要ありません。今頭にストーリーが降りてきていますか?作品を描き上げたことがありますか?今夏休みですよね、1作(16ページくらいの)描きあげて、投稿してみて...続きを読む

Qピアノ 音階 平行調

こんにちは
急いでるので要件を書きますね

ハ長調の平行調ってイ短調じゃないですか、
ハ長調とイ短調は本来調合は何も付かないはずですよね、
しかし、イ短調に臨時記号でソに♯がつくではないですか
なんでここで、いきなり臨時記号がつくのですか?

Aベストアンサー

>終止感というのは終わる感じと理解していいのですか?

そう思ってもよいですが、「解決する感じ」と言い換えることもできます。半音の音程での進行の方が「牽引力」が強いので、全音と比べて、隣の音に進行しようとする力が強いのです(初級の音楽理論では扱わないので省略していますが、半音による「導音」という考え方は、上行だけでなく、下行の進行においてもあります)。和音を伴う場合は、V度の和音(属和音、ドミナント)に含まれる音階第7音(つまりイ短調の場合は「ソ」)を半音上げた方が、V→I(属和音→主和音、ドミナント→トニカ)という和音の進行の際に力強い半音上昇ができるので、終止感が強くなります。

古い時代の教会音楽では、ハ長調とかイ短調という考え方はありませんでした。使う音は「ドレミファソラシ」の7つで、主音(開始音)だけをずらしたものを「旋法」として考えたのです。「ドレミファソラシド」の音階を「イオニア旋法」といい、「レ」から始まる「レミファソラシドレ」の音階が「ドリア旋法」、「ミ」から始まる「ミファソラシドレミ」の音階が「フリギア旋法」というように続きます。その後、最初は旋律しかなかった音楽が和音を伴うようになり、それぞれの和音に決まった機能が備わるようになりました。「旋法音楽」から「調性音楽」が確立して、長調の各音階は、主音の高さが違っても音階構造は統一されたのです。その際、平行調の音階同志の音階音は基本的には共通という定義ですが、調性音楽のもっとも基本的な終止形(カデンツ)の終止感を長調と短調でそろえるために、短調のV度の和音(属和音、ドミナント)が長調のV度の和音と同じ性格になるように第7音を半音上げたのです。

譜例をいくつか作ったので、弾いて比較してみてください。1段目には、最初にハ長調のI→V→Iの和音の進行、2番目にイ短調のI→V→I和音の進行が書いてあります。二つを比べると、長調と短調の性格の違いは判りますが、終止感は同じです。3番目に書いたのは、「自然的短音階」にした場合のイ短調のI→V→I和音の進行です。別に聞いておかしいとは感じないはずですが、少し「古風」な感じがするでしょう。これは、「自然的短音階」というより、「ラ」から始まる「エオリア旋法」といった方がよいでしょう。近代になってからこういう形もまた使われるようになり、クラシックだけでなくジャズやポピュラーでも頻繁に使うので、今のわれわれには違和感はないはずです。
2段目の前半に書いたのは、イ短調におけるI→IV→V→Iという和音の進行です。短調を性格づけているのは短3和音なので、IVの和音「レファラ」では、「ファ」はナチュラルです。しかしVの和音では終止感を高めるために「ソ」が半音高くなっています。この和音進行の中で使われている音を並べると「和声的短音階」、「ラシドレミファソ#ラ」になります。2段目後半に、「旋律的短音階」の考え方を書いておきました。下の五線が和音、上の五線が旋律です。滑らかな旋律線を描くためには、上行では「ミファ#ソ#ラ」とシャープになり、下行では「ラソファミ」とすべてナチュラルになります。
短調の場合の五線冒頭の調号は、平行長調と統一することになっていて、上のように音高が変化しやすい音は調号では表示せず、臨時記号で記します。

>終止感というのは終わる感じと理解していいのですか?

そう思ってもよいですが、「解決する感じ」と言い換えることもできます。半音の音程での進行の方が「牽引力」が強いので、全音と比べて、隣の音に進行しようとする力が強いのです(初級の音楽理論では扱わないので省略していますが、半音による「導音」という考え方は、上行だけでなく、下行の進行においてもあります)。和音を伴う場合は、V度の和音(属和音、ドミナント)に含まれる音階第7音(つまりイ短調の場合は「ソ」)を半音上げた方が、V→I(属和...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報