似たような質問がすでにありますが私も 入院補償はいらないので生命保険の金額だけ3000万円保証として掛け金の安いもので、掛け金の上がらないタイプを探しております。
あと 今人気のあるライフネット生命などは 30年タイプがありますが
そのあとの保険料は 跳ね上がるんでしょうか?現在32歳で 今もしライフネットの30年タイプにはいっても、62歳で保険料が跳ね上がるのでしょうか?  できれば 掛け金の一生あがらないもので、掛け金の安い保証3000万円のものをおしえてください。宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私は新米の保険外交員です(^◇^)はじめまして


3000万円の保証とおっしゃっているのは、死亡保障の総受取額のような印象を受けましたが、いかがですか?
生命保険にも、それぞれ意味があります。
たとえば、(定期保険)のように ご自身が亡くなった時にのみ効果を表すものや、(3大疾病特約)といった医療特約のような 生きている間に効果が表れるものもあります。これらは満了日までに何事もなければ掛け捨てになる保険です。
ただ、これらは貴女にもしもの事があったときの為の準備金なので、例えばお子さんの教育資金が必要なくなった時に減額をするなどの措置をとられると良いと思います。
これに対して(終身保険)は資産形成効果がありますので、300万もあれば、お仕事を離れる頃に個人年金に組み替えることもできます。保険料に幅をきかせてきますが、これはまだ保険料が安くすむ若いうちから、コツコツ組んでおいた方が老後の生活資金に役立られると思います。
保険料は年齢と性別に応じて設定されていきます。保険料を保とうと思えば、保障内容を薄くせざるをえなくなります。
あなたの担当者には、あなたの要望(予算+ライフスタイル)を聞いた上で、もしもの事があっても支えられる範囲内で相談されると良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0

kouyougogoさん



なぜ一生涯(60歳でも120歳でも)にわたって3000万円の保障が必要かはわかりませんが、
ご要望に沿うもの、及びおおよそご要望に沿うと考えられるもので例示をご紹介してみます。

32歳、男性、保険金額(保障額)3000万円、死亡保障(遺族のための保障)

○終身保険(一生涯(120歳でも)いつでも保険金は3000万円支給される)
 払込期間60歳までの終身保険で例示
 払込期間中、保険料は変わらない。
月額保険料 約60000円、払込満了までの総額払込保険料 約2000万円

○定期保険(ほぼ一生涯(80歳まで)いつでも保険金は3000万円支給される)
 オリックス生命、保険期間 80歳満了、払込期間 80歳まで、以後更新なし
 払込期間中、保険料は変わらない。
月額保険料 12570円、払込満了(80歳)までの総額払込保険料 約720万円

○定期保険(だいたい一生涯(70歳まで)いつでも保険金は3000万円支給される)
 オリックス生命、保険期間 70歳満了、払込期間 70歳まで、以後更新なし
 払込期間中、保険料は変わらない。
月額保険料 10230円、払込満了(70歳)までの総額払込保険料 約470万円

○定期保険(だいたい一生涯(70歳まで)いつでも保険金は3000万円支給される)
 
 ライフネット生命、32歳~62歳 月額保険料  8344円
          62歳~70歳 月額保険料 44455円
          払込満了(70歳)までの総額払込保険料 約730万円
 (保険期間は70歳までが最大のようです。)

○定期保険(だいたい一生涯(70歳まで)保障がある。契約当初の保険金額は3192万円。保険金は年々減っていく)
 SBIアクサ生命の収入保障保険「カチッと収入保障」
 万一のことがあった場合、月額7万円の保険金が契約満了(70歳)まで給付される。
 保険期間 70歳満了、払込期間 70歳まで、以後更新なし、 
 払込期間中 保険料は変わらない。

契約当初の保険金総額    7万円×12ヶ月×38年=3192万円
契約から10年後の保険金総額 7万円×12ヶ月×28年=2352万円
契約から30年後の保険金総額 7万円×12ヶ月× 8年= 672万円

月額保険料 3738円、払込満了(70歳)までの総額払込保険料 約170万円

以上、一生涯(又はおおよそ一生涯)保障される保険を、保険会社や少しずつ条件を変えた商品でいくつかを例示されていただきました。

さて、
kouyougogoさんは、なぜ一生涯 3000万円もの保障を必要とするのでしょうか?
死亡保障保険は、遺族のための保険です。
kouyougogoさんに万一のことがあった時、遺族を経済的にサポートするために、保険金という"お金"が支給される保険です。

お金を少しずつ貯めていけば、わざわざ保険料を払って生命保険で保障してもらう必要性も低くなってきます。(保険を使って"お金"を補てんしてもらわなくても、既に自分の"お金"が用意できているのですから)

また、ご遺族の生活費やお子さんの教育費の補てんのために「保険金」の活用をお考えでしたら、年数が経てばそれらに必要なお金も少なくなってきます。(例えば、お子さんが0歳の時には将来の教育費が仮に1000万円必要であっても、お子さんが22歳になれば必要な教育費はゼロになるでしょう。教育費補てんのために生命保険での保障は不要となります。)

さらに、社会保障制度の中には、「遺族年金」という制度があります。

このような社会保障制度、あるいは、ご自分の貯蓄なども考慮されて、
必要な生命保険、保障額(保険金額)をご検討されますよう。     
 
    • good
    • 0

私の考えは一般的ではないようですが参考にしてください。



掛け捨ての保険で一番安いのはサラリーマンなら団体保険でしょう。
しかし掛け捨ての保険で死亡保障を得ることは確率的にほとんど無理です。
(60歳までは統計的に死亡する確率が低い、また60歳以降は保険料が急騰するので保険を実質続けられない)

日本人は金銭の教育(お金のことを考えると卑しい)を受けていないので、世界で一番保険料を支払っていながら、(保険屋さんの勧める保険に素直に加入し)その保険のほとんどは資産価値のない「掛け捨ての保険」です。ですから平均的な死亡補償金も実質的にはスズメの涙程度でしょう。

専門家と称する人は難しい理屈をつけて掛け捨ての割合の多い保険を勧めますが、欧米人は掛け捨てには、日本人ほど無頓着でないので、保険は自分から加入手数料を払っても、まずは終身保険、や超定期保険に加入し、60歳以降は日本人とは反対に保険も金融資産と見なします。

欧米では保険も金融資産としての価値を国が認めていますので保険会社が倒産しそうになると銀行と同様な手厚い保護を国が行います。

反対に日本では保険に対し金融資産となりうる保険に入っている割合が少なく、多くの人は、実質、掛け捨ての保険ですので、世界で一番保険料を払いながらも経済的な影響が少ないので、保険会社は国の直接の保護は受けられず(保険会社は銀行同様には保護しない)簡単に倒産します。
    • good
    • 0

(Q)今人気のあるライフネット生命などは 30年タイプがありますが、そのあとの保険料は 跳ね上がるんでしょうか?


(A)30年後では、62歳です。
その時点での保険料となるので、当然ですが、保険料は高くなります。
現在の保険料だと、62歳男性が70歳までの定期保険で、3000万円の場合、月払保険料は44,455円のようです。

(Q)掛け金の一生あがらないもので、掛け金の安い保証3000万円のものをおしえてください。
(A)保険料としては、変額保険が安いでしょう。
ただし、変額なので、解約払戻金は保障されていません。
32歳契約、60歳払済、終身保障で、月額6万円程度であると思います。

アドバイス
「今人気のある」というのは、どのような意味なのでしょうか?
ライフネット生命の2008年度の契約件数は、5253件。
日本生命の2008年度の契約件数は、約130万件。
人気がある=売れているというわけではないので、お間違いなく。
    • good
    • 0

3000万の保障というのは、なぜ3000万が必要とお考えなのでしょうか。


万が一の時に子供に残したいとか。
まずはその金額が本当に必要かどうか、これを考えてから保険金額を設定する事をお勧めします。

3000万の保障を得るには高い金額の終身保険、もしくは掛け捨ての定期保険を利用することになります。

終身保険ですと60歳まで支払った場合、総額2300万程も支払わなければならりません。
20年間での支払と考えれば、月々10万程の支払となります。
これは支払満了以降で解約すれば全額以上返ってきますが、月々の支払いが大変です。
それだけ生活に余裕があれば問題はないのですが。。。

また、定期保険ですと例えば40~60歳までの定期保険で3000万の保障を得ようとした場合、
総額300万程度の支払で済みますが、全て掛け捨てとなります。
60歳で亡くなる方は、日本人では100人に10人もいないと言われています。
300万という大金を、これだけ低い可能性の万が一の為に支払ってしまうのはもったいない気もします。

ちなみに支払額は、その商品によって上がっていくタイプと定額タイプもあります。
定期保険は大体が上がっていくかと思います。
終身保険は一定が多いかと思います。

まずは保険の目的を明確にし、保険の種類や特性を知ることが重要です。
その上で、自分の目的に最も適した商品を選択することをお勧めします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生命保険の見直し。予定死亡率の改定

生命保険の見直しを検討していますが、この前、テレビかラジオで、近い将来保険料の算出の基礎となる指数(予定死亡率?)の見直しがあるので、そのタイミングで保険の見直しを検討したほうが良い?という内容の話をしていましたが、そのような見直しはいつされるのでしょうか?また、生命保険料はその前後で下がる傾向にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

生命保険の保険料の基礎になるのは予定利率、予定死亡率、予定事業費率です。
このうち1つ目の予定利率の件ですが最近の株価の上昇や量的緩和の解除で引き上げる傾向にあります。引き上げは保険料の低下につながります。昨年の12月以降予定利率を引き上げてる会社が何社かありますし、量的緩和以降その傾向は強くなるような気がします。
2つ目は予定死亡率の件ですが現在各会社が使用している生命率表(死亡率のデータ)は確か1994年に作成されたもので変更されていません。これはひとつにはこの間死亡率に大きな変化が無かったことです。もうひとつは死亡率が下がると保険料が下がります。しかしながら94年以降は生保会社の破綻が相次ぎ、救済的に死亡率の引き下げを見合わせていたように思います(推測です)。
死亡率の見直しが議論されているのは事実のようですので保険料は低下するものと思われます。
上記の改定はいずれもある程度時間を掛けて変更いたしますので、いつからとはいえません。待っている間に健康を害して見直しできなくなっても問題がありますので、過度な期待をせずに見直しを進めたほうが良いと思います。保険料の低下よりも見直し効果の方が大きい場合も多いと思います。

生命保険の保険料の基礎になるのは予定利率、予定死亡率、予定事業費率です。
このうち1つ目の予定利率の件ですが最近の株価の上昇や量的緩和の解除で引き上げる傾向にあります。引き上げは保険料の低下につながります。昨年の12月以降予定利率を引き上げてる会社が何社かありますし、量的緩和以降その傾向は強くなるような気がします。
2つ目は予定死亡率の件ですが現在各会社が使用している生命率表(死亡率のデータ)は確か1994年に作成されたもので変更されていません。これはひとつにはこの間死亡...続きを読む

Q生命保険と共済の掛け金の違い

生命保険と共済の受け取る金額が大差ないのに、どうして掛け金が共済の方が割安なのでしょうか?同じサービスを受けるなら安い方に越したことはありませんよね?違いをぜひ教えてください。

Aベストアンサー

生面保険会社は外交員を使って募集します。
共済は人件費とかビル管理など全ての経費が少ないのでそういうことができるのです。

Q保険料が家計に影響していて、生命保険の見直しをしようと考えています。

保険料が家計に影響していて、生命保険の見直しをしようと考えています。
私は46歳です。
生命保険の見直しサイトを見ていると、補償額を減額する方法を良く見かけますが、同じ条件で他の保険会社に代えた場合は保険料は上がるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

yasu2355 さん

一般的にいいますと、
契約する年齢が上がる、保障金額が高くなる(保障内容が多くなる)、保障する期間が長くなる、
このようになりますと支払う保険料は上がります。
上記3つの条件のうち、どれか一つ以上に該当すると、他の条件が同じでも、保険料は上がります。

逆であれば保険料は下がります。つまり、保障額を下げる、あるいは保障してもらう期間を短くする。(年齢は下げられませんので)

保険料の見直し方法のうち、現在契約している保険の保障額を下げるという方法は、
・契約している年齢
・保障してもらう期間
を変えずに、保障額を下げる、あるいは、保障内容を少なくするということです。
yasu2355 さんが契約している保険が「特約」(オプション) http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/view.html#tokuyaku がたくさん付いている保険であれば、その特約のうちのいくつかを中途で止める(解約する)と言う方法も有ります。

「同じ条件で他の保険会社に代えた場合」ということが、
「保障期間、保障金額(保障内容)をほぼ同等にして他の保険会社の商品で保険契約をする場合」ということでしたら、
「契約する年齢」が上がっているでしょうから、一般的には支払う保険料は上がります。

健康上の問題がなく他の保険会社の保険を契約できるとして、他の保険会社に変えても保険料を下げるには、(契約する年齢は少なくとも上がっていますので)保障内容の大幅な見直しが必要だと思います。つまり、
・保障期間を短くする
あるいは
・保障金額をグッと下げる、保障内容をグッと絞り込む(少なくする)
ということになるのではないでしょうか。

yasu2355 さんの性別、ご家族の状況、現在契約している保険の契約年齢・保障内容、
どのような保障を求めているのか、(and 会社員か自営業か、持ち家か賃貸か)などが分かりませんので、yasu2355 さんに対して具体的なアドバイスはできませんが、
私ucosmosが過去に「教えてgoo 生命保険」で回答したもののうち、ご参考になるものがあれば幸いです。
(教えてgoo-ucosmosプロフィール(http://c.oshiete.goo.ne.jp/user.php3?u=774663)-「回答履歴」をご参照ください)

yasu2355 さん

一般的にいいますと、
契約する年齢が上がる、保障金額が高くなる(保障内容が多くなる)、保障する期間が長くなる、
このようになりますと支払う保険料は上がります。
上記3つの条件のうち、どれか一つ以上に該当すると、他の条件が同じでも、保険料は上がります。

逆であれば保険料は下がります。つまり、保障額を下げる、あるいは保障してもらう期間を短くする。(年齢は下げられませんので)

保険料の見直し方法のうち、現在契約している保険の保障額を下げるという方法は、
・契約している...続きを読む

Q生命保険と生命共済、どちらも掛け金が高いような・・・

公務員の妻です。現在36歳の夫の給料明細を見て、いつも疑問に思うのですが、生命保険19542円、生命共済15690円、損害保険23410円が控除されています。損害保険は車が3台分なので仕方がないかと思うのですが、生命保険と生命共済で合わせて35232円っていうのは高すぎるように思うのですが・・・保険の中身は全然知らないので、貯蓄型なのか掛け捨てなのかもわかりません。配当や一時金などあるのかないのか???
詳しい方、ご意見聞かせてください。

Aベストアンサー

#1の人の前段説明はすべて間違いです。
質問者さんの補足のとおりです。

掛け金の金額も大事ですが、保障額もみる必要があります。ご主人のへそくりのつもりでしょうか?

Q最近、生命保険の見直しを勧められる。

最近、よく生命保険の見直しを勧められます。
よくと言っても2か所からですが、確かにかけっぱなしであまり関心が薄くなってます。
短い期間に2か所から言われると、何か時期的にあるのか?と思ってしまいます。
生命保険の見直しを勧められる時ってどんな時なんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には、「保険会社もしくは代理店にとってメリットがあるから」です。
まずよくあるのが、「保険会社にとってより儲かる商品を作った場合」です。今の商品の参考にはならないでしょうが、昔は非常に利率の高い積立保険があったんですね。銀行の利子が0.0何%なんてご時世に利子2%なんて商品があったのです。当然、保険会社からするとどんなに頑張って運用してもそんな高い利率なんて得られませんから、赤字になるわけです。それでは困りますから、新商品を作って利率を下げる。ただし、それでは誰も見直しに応じてもらえませんから、他の保障を増やしたりして「こっちのほうがお得ですよ」と勧めるわけです。
あるいは、保険会社が新商品のキャンペーンで代理店への手数料を増やす場合があります。「今この商品を売れば5%手数料を余計にあげましょう」とかそういうのです。そうなると、代理店はそっちの商品に書き換えてもらったほうがもらいが大きくなるので書き換えを勧めるというわけです。

基本的に、保険会社あるいは代理店がいうことはなにかウラがあると疑ってかかったほうがいいと思います。ただし、代理店が変わっている場合は、以前の代理店が儲け至上の悪徳代理店で契約者の実態に合わない商品を売っていて、新しい代理店が「こっちの商品の方が合うじゃないか」と気づいた、ということもあります。

基本的には、「保険会社もしくは代理店にとってメリットがあるから」です。
まずよくあるのが、「保険会社にとってより儲かる商品を作った場合」です。今の商品の参考にはならないでしょうが、昔は非常に利率の高い積立保険があったんですね。銀行の利子が0.0何%なんてご時世に利子2%なんて商品があったのです。当然、保険会社からするとどんなに頑張って運用してもそんな高い利率なんて得られませんから、赤字になるわけです。それでは困りますから、新商品を作って利率を下げる。ただし、それでは誰も見直しに...続きを読む

Q満期生命保険を据え置きにしています。明治安田生命で満期の生命保険を据え

満期生命保険を据え置きにしています。明治安田生命で満期の生命保険を据え置きの形で預かってもらっています。金利がとても良いのでそのままにしておくつもりだったのですが、10月から何か規定の変更があったそうで”お勧めの商品”への乗換えを進められました。据え置きというのは預金のようなものだと思っていたのですが、違うのでしょうか?ほかに保険に加入しているのでこれ以上保険を増やすつもりも無いのですが?何かよいアドバイスをいただければ助かります。

Aベストアンサー

私は第一生命で?百万、満期過ぎて2年越えたものがありますが1年を超えたころから
手を変え品を変え、これを買えといろいろ宣伝に来るようになりました。
 最近保険が売れない上に回転資金が厳しいのでしょう。
 仕組み上保険商品はどの商品も最低3年以上置かないと定期預金より低いものばかりであるはずです。

 それを超えて使う見込みがない¥があるなら合う商品があるかも知れません。
 老後まで使う予定がない¥があるならいくつか銀行よりお得なものがあるはずです。
 ただ破綻騒ぎもあるますし、慎重に選択を。
 私は家を買う都合そろそろ引き戻します。

Q生命保険の契約内容の見直しを行いたく、無料の保険相談窓口へ行きました。

生命保険の契約内容の見直しを行いたく、無料の保険相談窓口へ行きました。

家族構成は、私と妻の2人で、平均的なサラリーマンです。
現在、掛け捨てに入っていまして10年近くが経過しました。

担当のファイナンシャルプランナーに貯蓄型の生命保険を強く勧められました。
満期前に解約は出来ませんが銀行より利率がよく、貯蓄として考えて下さいと
言われました。

そこで質問ですが、
・なぜ世の中の人は、利率のよい保険があるのに(元本割れはありますが)銀行ではなく、
 貯蓄型の生命保険を利用しないのでしょうか?
 貯蓄型生命保険を勧めるのには、何か裏があるのでしょうか?
 ご教授下さい。

Aベストアンサー

あのね、保険相談なのにFP資格を前面に押し出してくる人は要注意です。

保険販売には、FP資格よりももっと重要なものがあります。

「情報と経験」です。

保険相談窓口に行ったのならば、担当者のプロフィールなど尋ねてみてください。
既婚者なのか? 住宅購入経験はあるか?
子どもはいるか? 子どもの教育状況(大学まで経験しているか?)
などです。

実際に経験している人は、机上の空論ではなく、
経験値に基づいた話やアドバイスをしてくれます。


商品の話。

貯蓄型の保険を利用しない理由。

途中の元本割れのリスク・・・払い込み期間の当初もしくは全期間に渡り元本が割れる。
流動性のリスク・・・いざというときに使えない(使いにくい)
保険会社の破綻のリスク・・・銀行も同じですが、破綻の事後処理は、銀行の方がリスクが少ない。


貯蓄型生命保険を勧める理由。

保障と貯蓄のバランスを考えた時、保険商品が最も効率的だったから。
勧めた人(代理店)に手数料が入るから。

後者が有力な気がします・・・

ま、ここら辺でしょうかね。


FP資格をお持ちの担当者は、他の金融商品などと比べての
メリット、デメリットを説明してくれましたか?
FPというのは、金融全般の知識があるはずですの・・・

あのね、保険相談なのにFP資格を前面に押し出してくる人は要注意です。

保険販売には、FP資格よりももっと重要なものがあります。

「情報と経験」です。

保険相談窓口に行ったのならば、担当者のプロフィールなど尋ねてみてください。
既婚者なのか? 住宅購入経験はあるか?
子どもはいるか? 子どもの教育状況(大学まで経験しているか?)
などです。

実際に経験している人は、机上の空論ではなく、
経験値に基づいた話やアドバイスをしてくれます。


商品の話。

貯蓄型の保険を利用しない理由。

...続きを読む

Q生命保険の見直し(ライフネット→メットライフ)

34歳男性です。第2子が生まれたこともあり、現在加入しているライフネット生命の「かぞくへの保険」(下記詳細)を解約し、メットライフアリコの「スーパー割引定期保険」(同じく下記詳細)に新たに加入しようと考えています。見直しのポイントは、保険期間と保険料です。

お伺いしたいことは以下の通りです。
 (1)今の保険を解約し新たな保険に入りなおすことが本当に良いのか?
 (2)34歳男性、保険金額3000万円、保険期間60歳までという条件で、
   「スーパー割引定期保険」よりも保険料の安い保険はあるか?
 (3)そもそも保険金額や保険期間は妥当か?
そのほか、上記に拘わらず幅広いご意見やアドバイスを頂ければと思います。


≪家族構成≫
1)本人 34歳 男性 会社員(税込年収800万円)
2)妻 39歳 会社員(100万円:育児休業中)
3)長男 4歳 保育園
4)次男 0歳
※1 半年ほどで私が転勤することになると思います。その場合、妻は仕事を辞める予定です。
※2 子供を私立中学校に入れたいという希望は特にありません(本人が望めば別です)。

≪住宅≫
持ち家(住宅ローン支払14万円/月、ボーナス払いなし、平成58年まで)

≪その他資産≫
1)預金:1400万円
2)株式時価総額:300万円 (約200万円含み損)
3)投資信託時価総額:350万円 (約100万円含み損)
4)FX:100万円 (約400万円含み損)
※1 現在も投資信託に毎月5万円(夫婦)、ボーナス時に別途7万円積み立てています。
※2 住宅購入後も毎年別途100万円貯金するように頑張っていますが、妻が仕事を辞めると
    厳しいかもしれません。

≪住宅ローンを除く毎月の生活費≫
22万~27万円程度

≪現在加入中の保険≫
(本人)
ライフネット生命 「かぞくへの保険」 
死亡・高度障害保険金 3000万円
保険期間 20年 (51歳まで)
月保険料 4,909円
(妻)
生命保険に加入していません。

上記のほかには医療保険、終身保険、学資保険など一切加入していません。

≪加入を検討している保険≫
メットライフ・アリコ生命 「スーパー割引定期保険」
死亡・高度障害保険金 3000万円
保険期間 26年(60歳まで)
月保険料 5,340円(非喫煙優良体)

宜しくお願い致します。

34歳男性です。第2子が生まれたこともあり、現在加入しているライフネット生命の「かぞくへの保険」(下記詳細)を解約し、メットライフアリコの「スーパー割引定期保険」(同じく下記詳細)に新たに加入しようと考えています。見直しのポイントは、保険期間と保険料です。

お伺いしたいことは以下の通りです。
 (1)今の保険を解約し新たな保険に入りなおすことが本当に良いのか?
 (2)34歳男性、保険金額3000万円、保険期間60歳までという条件で、
   「スーパー割引定期保険」よりも保険料の安い保...続きを読む

Aベストアンサー

(1)両者の優劣のみを語るならメットライフの商品の方がベター
(2)個人で入れる定期保険では私のしる限りないです。
(3)厳密な回答をするのには情報が足りません。気になる所として住宅ローンに入っているという事は団信があるのではないか、そうであるなら少々入りすぎではないか?という印象はあります。

>幅広いご意見やアドバイスを頂ければと思います。

余程運用に自信があるのでなければリスク資産を(預金も当面必要分以外は)売却して住宅ローンを繰り上げ返済しましょう。借金の返済というのはノーリスクで金利を減らす事ができる超お得な行為です(つまりそれだけ借金は超不利)。例を挙げると3%のローンを繰り上げ返済するというのは、絶対に潰れない銀行に年利3%の預金をするようなものです。

ただネット生保を利用して極力出費を抑えるという発想は良いと思いますよ?保険会社やFPを介するとそれだけお金がとられますから。例えば下のFPのご発言を見てみましょう。

>「キャッシュフロー表 家計」で検索すれば、ヒットします。
>(中略)
>この段階で、それぞれの人の価値観が織り込まれます。

実際にはこの段階でFPの価値観(保険料を最大化させて儲ける)も織り込まれます。
“ご両親に葬式代を負担させるのは心苦しくはありませんか?”
“入院するなら差額ベッド代も考えないといけませんよ?”
などです。キャッシュフロー表に罪はないんですけどね。


>必要保障額とは、もっともお金がかかる場合を想定して、

もっともお金がかかる場合を想定=もっとも高額な保険=もっともFPが儲かる

ちなみに殆どのFPは失業や減収といった自分が儲からないリスクは想定しないです。本当にキャッシュフロー表を用いてライフプランを作るならそういう諸リスクも加味してリスク対応資源(お金)の按分を決めないといけません。

>この超低金利時代でも、利率3%以上で資金を運用しています。

まず3%は嘘。ただ一般人より有利な条件で運用できるのは本当です。それも別段運用がうまいとかではなくて有利な金融商品(例えば超長期国債。40年ものなら今でも利率は2%ですが個人は買えません)。

>景気が上昇傾向にあれば、みんながその恩恵を受けられます。

この辺の言い回しはさすがプロだな、と感心します。例えば上記の3%の運用ですけどこれは保険加入者に全て還元されるわけではないです。

例えば1万円払ったならまず3000円~4000円位(実際は殆どの保険会社で非公開)が保険会社の取り分として取られて残りが運用に回されます。で7000円を3%で運用したら210円の益が出ますが予定利率が1%なら客に還元されるのは70円だけで残りの140円は保険会社がピンハネします。これを正直にいってしまうと当たり前ですが誰もお得だとは思いません。

ここからがプロの腕(舌)の見せ所です。この人が上昇傾向云々いっているのは景気がよくなれば予定利率が上がってという意味でしょう。新しく保険に加入する人間からみればそうなんですけど、既に保険に加入している人間は予定利率は変わらないので上の例でいうと相変わらず1%です。

・・・とまぁこんな感じです。“オーダメイドの保険コンサルティング”がなぜ高いのかの一端はわかるかと思います。

(1)両者の優劣のみを語るならメットライフの商品の方がベター
(2)個人で入れる定期保険では私のしる限りないです。
(3)厳密な回答をするのには情報が足りません。気になる所として住宅ローンに入っているという事は団信があるのではないか、そうであるなら少々入りすぎではないか?という印象はあります。

>幅広いご意見やアドバイスを頂ければと思います。

余程運用に自信があるのでなければリスク資産を(預金も当面必要分以外は)売却して住宅ローンを繰り上げ返済しましょう。借金の返済というの...続きを読む

Q『生命保険の見直しについて』

『生命保険の見直しについて』

生命保険の見直しを検討しています。

私は、36歳、男性で平均的な給与をもらっているサラリーマンです。

入院給付金を、これまで5,000円としていたのですが、8,000円か10,000円に増額しようと考えています。

参考として、同じような状況の方、生命保険に詳しい方がおられましたら、入院給付金をどの程度にされているのか教えていただければ助かります。

何卒、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

何の為に医療保険に契約しているのですか?
言うまでもなく、医療費を支払うためだと思います。
となれば、どのように医療費を支払うつもりですか?

健康保険には、高額療養費制度があり、ある月(1日~末日)の
医療費の自己負担の上限が決められています。
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm
医療費には、入院食事代、差額ベッド代、雑費は含まれていないので、
これらは、別途、自己負担となります。
つまり、高額な差額ベッドを利用しなければ、月に15万円もあれば、
何とかなります。
となれば……
(1)主として預貯金から支払い、保険は気休め程度で良い。
(2)主として医療保険で支払い、預貯金にはできるだけ手を付けたくない。
という2つの大きな考え方が成り立つと思います。
どちらが正しいという問題ではなく、どちらの考え方をするかで、
選ぶべき保険が異なってくるのです。
質問者様は、どちらの考え方に近いですか?

(1)に近いのならば、入院給付金日額を上げるよりも、
保険料の安い保険を選んで、浮いたお金を貯蓄に回すべきでしょう。
(2)の考えに近いならば、支払われないということがないように、
長期入院に備えて入院限度日数を120日以上にする。
全入院の5%は、90日以上の入院です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/03.pdf
手術給付金の支払い対象が広い保険にする。
先進医療、通院など守備範囲の広い保険にする。
そして、入院給付金日額を上げる。
当然ですが、保険料も高くなります。

人それぞれの考え方がありますから、まずは、
ご自分の基本的な考え方を決めることです。
次に、それに応じた保険は何か、ということを探すことです。

何の為に医療保険に契約しているのですか?
言うまでもなく、医療費を支払うためだと思います。
となれば、どのように医療費を支払うつもりですか?

健康保険には、高額療養費制度があり、ある月(1日~末日)の
医療費の自己負担の上限が決められています。
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm
医療費には、入院食事代、差額ベッド代、雑費は含まれていないので、
これらは、別途、自己負担となります。
つまり、高額な差額ベッドを利用しなければ、月に15万円もあれば、
何とかなります。
...続きを読む

Q生命保険(入院保証が充実したタイプ)どこがオススメですか?

生命保険の見直しを考えております。
現在、加入しているのは全労災の「総合タイプ」(月額1,800円)です。
http://www.zenrosai.coop/kyousai/kokumin/type/sougou/index.php

AIGに勤める知り合いが『「入院保障」が充実してた方がいい(高齢になれば入院する可能性高いですし)。この全労災の保証だと、万が一の時に困るよ』と言っていました。

ちなみにAIGの保証の話も聞きましたが、国内の生保はあまりメリットがないらしく、外資が良いとの事でした。
ですが、私はまったく知識がないので他と比べようがなく、ただ話を聞いただけ判断できません。

でも、話を聞いた事で生命保険を見直すきっかけになったので感謝しています。
という事で生命保険の勉強を始めようと思いました。

しかし、今まで保険の事を全く考えていなかったので、まずどこがいいのかさっぱり分かりません。
オススメの生保、プラン、あるいは生命保険の知識を分かりやすく習得できるサイトがあれば教えて頂きたいと思います。
AIGスター生命の事も含め、教えて頂ければと思います。


◆私は33歳男性です
◆月額の上限は1万円(出来るだけ安くしたいです)
◆入院保証が充実しているタイプ希望

生保の知識がまったくない為、質問や自分の情報も足らない所があれば言って下さい。

生命保険の見直しを考えております。
現在、加入しているのは全労災の「総合タイプ」(月額1,800円)です。
http://www.zenrosai.coop/kyousai/kokumin/type/sougou/index.php

AIGに勤める知り合いが『「入院保障」が充実してた方がいい(高齢になれば入院する可能性高いですし)。この全労災の保証だと、万が一の時に困るよ』と言っていました。

ちなみにAIGの保証の話も聞きましたが、国内の生保はあまりメリットがないらしく、外資が良いとの事でした。
ですが、私はまったく知識がないので他と...続きを読む

Aベストアンサー

 全労災の「総合タイプ」(月額1,800円)は、悪くない保険だと思います。これを止めてしまうのではなく、不足する分を補う保険を追加するほうが良いと思います。
 不足していると思われるのは、(1)がんになってしまったときの保障 (2)病気入院のときの補償です。
 先日発表された 週間ダイヤモンド3月20日号http://dw.diamond.ne.jp/contents/2010/0320/index.htmlのプロが入りたい保険という記事は参考になると思います。一冊お買いになってはいかがでしょうか?

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/kawakawajuno/20100321,http://d.hatena.ne.jp/kawakawajuno/20100320


人気Q&Aランキング

おすすめ情報