PCを組み立てて、CDーROMから起動する時、「CMOS Setup Utility」でBoot Deviceを設定しますが、その中のLS/ZIPとは、何ですか?是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>ところで、普通「Floppy」とすべきところを「LS/ZIP」にしても問題は


>ないのでしょうか?少し、疑問におもったので聞いてみました。

以下推測ですが、問題はないと思います。
ただ、フロッピーから起動できなくなって、BIOSで設定した
順番通りにBOOTディバイスを探しに行くと思います。

色々試してみることは経験になりますが、最終的に正しい設定に
しておかないと、思わぬトラブルになりますよ。
上記の例では、フロッピーから起動できないと悩んだり・・・

追記:もし、BIOSでどうしようもなくなったらCMOSクリアーしてください。
    • good
    • 0

どちらもフロッピーの代わりになろうとしたドライブです。


スーパーディスクやZIPドライブを付けているときで
それから起動したいときに選びます。

以下、アスキーデジタル用語辞典から引用です。
(LSは)
PC向けのリムーバブルストレージとして広く普及した3.5インチフロッピーディスクとの上位互換性を保ちながら、ドライブにレーザーサーボ技術(レーザー光線を利用して、ヘッドの精密な位置決めを行なえるようにする技術)を組み込むことで、120Mbytesのデータを1枚のメディア(LS-120用メディア)に記録できるようにしたデバイス。OR Technology、松下寿電子工業、Imation(旧3M)、Compaq Computerの4社によって開発された。

このLS-120の登場以前、OR Technologyは、レーザーサーボを利用した大容量リムーバブルストレージのFlopticalを発表していたが、このFlopticalの記録容量は21Mbytesと小さく、外部インターフェイスにもSCSIが採用されており、広く普及するには至らなかった。LS-120では、メタル塗布磁性体(MP)を用いた専用メディア(開発元は3M)により、120Mbytesのデータを記録可能なほか、既存の1.44Mbytesおよび720Kbytesメディアの読み書き、さらには1.2Mbytesメディア(日本電気フォーマットおよび東芝フォーマットをサポート)の読み書きも行なうことができる。
現在は「Super Disk」の名称が使われている

(ZIPドライブは)
米国のIomega社が開発したリムーバブルストレージの1つ。
Zipでは、3.5インチフロッピーよりもひと周り大きなメディアに、最大100Mbytesのデータを記録することができる。ドライブ価格が非常に安価なことが大きな特徴で、'97年現在で150ドル程度で購入できる。接続インターフェイスの違いにより、SCSI版とパラレル(プリンタポートに接続する)版、ATA版の3種類が販売されている。

参考URL:http://www.ascii.co.jp/ghelp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただき、ありがとうございました。
あっという間に回答が来たので、びっくりしました。

セットアップをしている最中で、「LS/ZIP」の疑問の壁に当たって
しまっていたので、助かりました\(^◇^)/

ところで、普通「Floppy」とすべきところを「LS/ZIP」にしても問題は
ないのでしょうか?少し、疑問におもったので聞いてみました。

お礼日時:2001/03/14 17:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報