サラリーマンです。
複数証券会社で取引を行ってます。

証券会社A:<一般口座(中国株)>     +30万
証券会社B:<特定口座源泉あり(日本株)> +5万(-20万の含み損)

含み損の処分と確定申告を避ける両方の側面から考え中です。
証券会社Aを<特定口座源泉あり>にできていれば
こんなこと考えなくてよかったのですが・・・、

1)
年末までに-20万の含み損分を処分すれば
今年の譲渡益は30万+5万-20万=15万となり
「売却益が20万円以下の人は申告不要」という原則により
確定申告は不要という解釈であってるでしょうか?

2)
損切り計算の際、今年の配当受取分を考慮に入れる必要がありますか?
(日本株/中国株とも源泉徴収されています)
損切りにて20万ちょうどに調整した場合に
もし配当が1万あったら21万の所得になりますか?

3)
税務署からお尋ねが来た場合は
「売却益が20万円以下の人は申告不要なはずです」と言えば問題ないですか?
微々たる額面(20万前後)でもお尋ねってあるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

度々回答します。


>・・・当初の解釈で大丈夫かと思うのですがどうでしょうか?

ダメです。
特定口座の源泉ありは税金を納める側は利益の10%分を証券会社を通じて納税で完結、税務署はその10%相当を受け取ることで双方誰がいくら儲けたのかまで追求しない・・・そういう口座です。

ですから誰がいくら納めたのか税務署は不明です、まして質問者さんが20万の損失を出したかななんて税務署には知る術はないです。
知らないのですから、損益通算の確定申告をしないと一般の利益30万分は申告すべきところをしなかったという脱税ということになります。
特定口座の源泉ありででた損失を一般口座の利益と相殺したいなら損益通算のため、確定申告してください。

>・税務署に<特定口座源泉あり>の報告はされる
と書かれてますが、されてません。
将来に渡り、500万の端境で源泉あり口座も調書がいくと散々言われてますが、現状いくらでも逃げ道があるため、実行されるか疑わしいのは先のNo.2の回答で書いたとおりです。
抜け道が多いからです。
本来源泉あり口座というのは証券会社を通じて納税が完結することで確定申告しなくても済むという投資家サイドに立って簡素化された制度です。
>報告される・・・ことで納税を捕捉されていたんでは源泉ありの存在する意味そのものがなくなりますよね。
このため、繰り返しになりますが、500万を境に税務署に通知が生じるのはおかしいのでは・・という意見、同一人物で証券会社を分散させれば免れる・・という抜け道が考えられるため、実行が危ぶまれる・・という話が現状でていたんです。
この4月の延期で保留?(探し当てられなかった・・とは書きました)

特定でも源泉なし口座というのがあり、こちらは納税をしてないのだから税務署に通知されます。同じ特定口座でも源泉あり口座とはそもそもが違います。
更に一般口座とはその源泉なし口座より全ての取引を自分で証明するという意味で取引件数が多い投資家には極めて不便、あえて一般口座の利便性を理解してる人でないとうまく使いこなせない口座区分ですよ。

とりあえず、質問者さんは一般口座での利益が30万ある、申告が必要な20万を超えているので申告要。
で、特定口座源泉ありの含み損を損切りすれば利益が圧縮されるので納税が少なくできる・・・それを確定申告で証明します。
申告すれば“お尋ね”も来ませんよ。

この回答への補足

呑み込み悪くて申し訳ないです(ーー;)
非常にケチ臭いことですが確定申告しないことで
最大20万*10%=2万の節税ができるかなと思っていました。
巷の20万以下の譲渡益は申告不要という情報を鵜呑みにしてました。
確定申告に行くのが面倒だったということもあります。
回答をお見受けする限り、今回は確定申告に行くしかないようですね。
勉強代と思ってしっかり納税することにします。
この度は回答ありがとうございました。

補足日時:2009/08/03 19:44
    • good
    • 1

続いて回答します。


読み落としてました、内藤とダイワは特定口座が可能・・と書いてあったので内藤のHPを確認しました。
出来るようですね。・・すみません、その点は認識が間違ってました。

中国株で特定口座対応証券会社が・・香港株のみ日興、ダイワ。
香港とB株で内藤、東洋、アイザワ・・だそうです。
他社はできない・・ですね。

ちなみにこのサイトから判明・・http://www.nageyari-china.com/shouken/saiteki/to …

この回答への補足

いろいろ調べていただいてありがとうございます。
証券税制は本当にコロコロ変わりますね。
最近調べ始めたんですがなかなか解釈の難しい部分もあります。

** 損益通算の件 **
・税務署に<一般口座>の報告はされる
・税務署に<特定口座源泉あり>の報告はされる
・ただし税務署は売却代金を把握しているのみ
以上のことより・・・、
お尋ね対策として売買の明細を取得し
年間20万以内の証明ができれば
当初の解釈で大丈夫かと思うのですがどうでしょうか?

** 中国株口座の件 **
自分の持っている証券会社AもBも特定口座に対応して
いなかったので特定口座が持てる証券会社に申請中です。
勉強している際、挙げていただいたHPも見てましたよ♪
ただ現在所有の一般口座から特定口座への移管はできないようです。

補足日時:2009/08/02 20:02
    • good
    • 0

補足に回答。


>今年から<特定口座源泉あり>の取引報告も
税務署に送られると思います。

こちらはH21.4月に更に税制が改正され、H23年年分までの譲渡益は従来の10%で据え置かれてました。
こちら・・http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1463.htm
そのため、言われておりました、源泉ありの報告書提出の可能性は消えた・・とどこかで読みましたが探しあてられませんでした。
源泉ありの本来の姿から外れるので反対が多いとか云々とかで・・。
税制が先に延ばされたこと、8月の衆院選で民主が政権をとればまた流動的なので頭の隅に入れて置いて変更に柔軟に対処がよいようです。
(証券税制は本当にコロコロ変わります)
尚、参考にこの4月に税制の改正がされる前のQ&Aでまさにピッタリの質問がありましたので貼ります。
こちら・・http://profile.allabout.co.jp/ask/qa_detail.php/ …
二人目の回答者が特定口座の取引報告書が提出される場合の対処について・・・回答してます。

>中国株に特定口座を開設していても
特定口座適用範囲外とはどういう意味ですか?

頭文の“中国株に”は“中国株は”の誤植だったので解りづらかったかもなんですが・・・。
書きたかったのはどこの証券会社でも国内株は特定口座の開設が出来ますが、外国株(多くはアメリカ、中国株かと)には特定口座という取り扱いはありませんよということです。
ですからお使いのB証券に口座移管しても国内株は特定口座で取引ができますが、中国株に特定口座などないので一般口座扱いということです。
全社共通です。例外などないです。
参考に注意書きを・・一社のみ添付・・http://www.orix-sec.co.jp/support/tax/each/each5 …

判り辛いですが、他社でも同じように中国株で取引注意事項辺りを熟読して頂くと“特定口座を開設されていても、中国株取引は特定口座でのお取引とはなりませんのであらかじめご了承ください”などと表記されてます。
    • good
    • 1

(1)あってません。


源泉ありの口座は確定申告しないと表に出ませんので確定申告が必要です。
一般口座の利益を相殺する根拠である特定口座源泉ありとの損益通算をして初めて利益が確定します。
ですから申告必須なので(申告不要の)20万以下であったとしても申告することで15万に対して課税されます。

(2)配当金は源泉徴収済みなので考えなくていいです。
人によってはその源泉徴収さえも還付される場合がありますが、普通は引かれっぱなしで課税関係は終了してますので。
ですからあくまで譲渡益を20万以下にして申告不要にする・・でいいです。

(3)税務署が支払い調書(一般口座での取引は証券会社から提出が義務づけられているので税務署はこれで把握してます)から判断できる事実は売却代金をいくらいくら受け取ったということです、売却代金は把握した、購入した代金は一体いくらだったのかこちらは不明・・儲けているなら申告してるはず、申告してないから少なかったんだろう・・が果たしてどうなのか?と疑問が生ずるからお尋ねを送ってくるのです。

売却代金の額が大きいと購入金額も当然多いはずだろうし、少額だから儲けてないとも支払い調書だけでは判りません。
ですから該当する人、申告してない人にランダムに選別して問い合わせてきます。
税務署が忙しければ後回しでしょうが、税収の落ち込みが激しいと取れるところから取る・・といわれますよね。
“お尋ね”が来たら申告不要でしたと言うだけではダメで根拠となるものを提示します。身の潔白ですね。言うだけなら簡単ですし、誰でもしますから。
そのためには購入、売却の計算書は数年手元に取り置きます。

尚、中国株に特定口座を開設していても特定口座適用範囲外ですので元々利益の具合によっては損益通算のための確定申告が必須なので税金面で心配なら中国株取引自体を考え直した方がよいかと思いますが・・。

この回答への補足

丁寧な回答ありがとうございます。

「表に出ません」という表現ですが
今年から<特定口座源泉あり>の取引報告も
税務署に送られると思います。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
・・・ということは税務署側も計算の材料は
同じ物であるといえないのでしょうか??


中国株に特定口座を開設していても
特定口座適用範囲外とはどういう意味ですか?
中国株の証券会社見直しも考えてます。
大和証券や内藤証券は中国株に特定口座を
持てますが日本株の特定口座と扱いが違うのでしょうか?

補足日時:2009/08/02 00:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未成年の特定口座(源泉あり)での含み益について

今年に入り、未成年(学生)の子どもが株の売買をする為に、特定口座(源泉あり)を開きました。
現在、少々の含み益となっておりますが、ほかに収入がないので、この場合は確定申告をすると10%の源泉は戻ってくるのでしょうか?

1年に20万の含み益になることはないので(元手が5万ほどなので)
アルバイトなどをして他の収入を得るまでの間は、
特定口座より一般口座で売買するほうがいいのでしょうか?

(一般口座では収入が20万以内なら申告しなくていいのですよね??)

Aベストアンサー

>現在、少々の含み益となっておりますが…

含み益も含み損も、課税対象ではありません。
課税されるのは、実際に売却して差益を得たときです。

>ほかに収入がないので、この場合は確定申告をすると10%の源泉は…

申告すれば、どんな所得でも一律に 38万円の基礎控除がありますから、還付してもらえます。

>一般口座では収入が20万以内なら申告しなくていい…

本当に ?? ですね。
20万円まで申告不要というのは、給与所得者が、主たる給与所得以外の所得が 20万円までは申告しなくて良いということです。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1900.htm
給与所得者でなく一般口座であるのなら、1円のもうけから申告の義務があります。

税金について詳しくは国税庁の「タックスアンサー」をご覧ください。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

Q法人が株トレードを行った場合、含み益に対して課税?

法人が株トレードを行った場合、含み益に対しても課税されるのでしょうか?
FXの取引を行う場合は、法人に対しては含み益にも課税されると知ったので、株の場合はどうなのかと思い、質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

売買目的有価証券については、評価益(含み益)に対して課税されます。

もともと法人税法では資産の評価損益は益金・損金に算入しないという大原則があります。つまり含み益に課税しない代わりに含み損がでても損金として認めないという原則です。

この原則自体は変わりませんが平成12年の改正により、売買目的有価証券については時価評価とし、その評価益は益金、評価損は損金に算入することとされました。

したがって、その株トレードが売買目的有価証券に該当すれば、お書きのとおり含み益に対して課税されます。

Q含み損の株。このまま保持した方がいいでしょうか?

今年4月に買った初めての株(2銘柄)が値下がり、現在含み損24%。
(保有株銘柄)
・紀文フードケミファ(4065)取得価格2,180円(現在1,193円)
・伊藤園(2593)取得価格4,175円(現在3,590円)

余裕資金100万円で始めました。長期保有するつもりでしたが、あまりにも下がり続けた為、このまま2銘柄を処分して、株にはもう手を出さないか、または、安くなった銘柄を(紀文の方)買い増して上がるのを待つか?又は、このまま2銘柄を売らずに上がるまで待つか思案中です。
良い方法があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>企業を応援するとか、経済に貢献する
これは、株の本来の目的であり本質ではないでしょうか。
株を始めて僅か半年で株は怖いものなのでもう手を出してはいけないものと決め付けるのは単なる敗者になるだけです。
長期保有するつもりで買ったのであれば長期保有してみてはどうでしょう。
そもそも長期保有というのは、3年以上10年くらいのサイクルをいうのですよ。
10年の間には、山あり谷ありで様々な軌跡を辿るのでひとつの物語が出来てしまいます。
好きな企業の軌跡を見続けるのもある意味面白いものです。
投資とは、そういうものです。
半年で下がったから売るというのは、単なる投機の世界です。
つまり、丁か半かの世界で博打に過ぎません。
要は、その企業が悪くて下がったのでなく買った時期が悪かったのでその点をじっくり反省して好きな企業を応援してみてはいかがでしょうか。
ここで、むやみに乗り換えても乗り換えた株が下がりもとの株が上がりだすことだってあります。
株は、売らなきゃ含み損のままで売った時点で損益が出ます。
こんなこと書くと閑々諤々の批判も出ましょうけど右肩下がりの時代は終わったように思えます。
これからは、横這いか緩やかな上昇に転ずると思えますので待てば回路の日和ありです。

>企業を応援するとか、経済に貢献する
これは、株の本来の目的であり本質ではないでしょうか。
株を始めて僅か半年で株は怖いものなのでもう手を出してはいけないものと決め付けるのは単なる敗者になるだけです。
長期保有するつもりで買ったのであれば長期保有してみてはどうでしょう。
そもそも長期保有というのは、3年以上10年くらいのサイクルをいうのですよ。
10年の間には、山あり谷ありで様々な軌跡を辿るのでひとつの物語が出来てしまいます。
好きな企業の軌跡を見続けるのもある意味面白いもので...続きを読む

Qみなし取得額で計算すると株式譲渡益が20万円未満なら申告不要?

2004年分の所得税の確定申告について質問です:

株式の売買による利益がサラリーマン給与所得以外にあり(配当所得は申告しない)、確定申告の要否について悩んでいます。

一部銘柄に、取得日・取得額の記録が手元に残っていないものがあり、2001/10/01の終値で見做し買価を設定すると、利益が20万円をきる計算になるため、サラリーマンの雑所得の申告不要上限である20万円より低い数値になります。

1. 20万円を切るという事を証明するために、申告しないといけないのでしょうか?また、申告不要でもした方が良いのでしょうか?
(本当に20万円を切っているのがわかっていれば、胸を張って申告不要にできるのですが)

2. 取得時期が「わからない」という事を証明する事は無理だと思うのですが、みなし取得価格の適用は簡単に認めてもらえるでしょうか?

Aベストアンサー

1.については、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1222988
↑これの#2の回答はいかがでしょう。

2.について
みなし価格は一般口座であっても「平成22年末までの売却に限り」選択できることとなっております。
特定口座でみなしを使えるのは昨年末までにタンス株預入れ手続をする際に限りということでした。一般口座はみなし価格使えますよ。
http://www.nikko.co.jp/SEC/service/anshin/jiten_17.html

>株式譲渡から発生するキャピタルゲインによる利益は、給与とは分離して計算するのだと思っていましたが
↑株式売却益の税金計算は他の所得とは分離して計算します。
#2garnetscreinさんご指摘の話は以下のURLがご参考になるのでは。

http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/lifestyle/358746
http://www.nikko.co.jp/SEC/service/anshin/qa_06.html

URLにもあるとおり申告したほうが良いか否か、総合的に判断ください。

1.については、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1222988
↑これの#2の回答はいかがでしょう。

2.について
みなし価格は一般口座であっても「平成22年末までの売却に限り」選択できることとなっております。
特定口座でみなしを使えるのは昨年末までにタンス株預入れ手続をする際に限りということでした。一般口座はみなし価格使えますよ。
http://www.nikko.co.jp/SEC/service/anshin/jiten_17.html

>株式譲渡から発生するキャピタルゲインによる利益は、給与とは分離して計算するの...続きを読む

Q今年、株式投資に利益が出ている場合には、含み損を抱えている株を売却して、相殺するべきか

今年、約40万円程度の利益が出ています。その内、利益の10%ほどの約4万円が課税金額になりそうです。そこで、相談です。
今、ちょうど40万円ほどの含み損を抱えている株があり、本当はホールドしたいと思っているのですが、売却・即買い戻しをすることにより、その含み損で今年の利益を相殺した方がトクなのでしょうか。
手数料がかかることから、売った価格よりも、ちょい安めで買い戻したい欲もあります(笑)。
ただ、確か、2007年(2008?)から、利益の20%が課税されることから、「含み損を有効に使う」のであれば、今年ではなく、課税比率が戻ってからの方がよいような気もします。
また、2007年以降、その含み損を抱えていた(買戻し済み)株が、当時の損を越えて大きく上昇した場合、「あのとき含み損を吐き出すのではなかった」と後悔することになりはしないか心配です。
つまらない質問で大変恐縮ですが、ご教示いただけましたら、幸いです。

Aベストアンサー

そうですよね。確実性を求めれば1か2でしょう。

2008年までに限らず「塩漬けて」待つという手法は「不確定要素=不確実性」が多すぎて、その動向と対応が事前にキッチリ計算できませんよね。

もし私が同じ立場だったら、27日の大引けで売ります。引け値なら後悔しないでしょうから・・・

そして翌日の28日の寄りに再度買いを入れますね。これならわずかな差額で買い直せるので、思い入れの面でも良いのではないかと思います。

もちろん、もっと安く買い直すなら2月まで待てば確実でしょうけど、それだと1月の上昇の恩恵は受けられない可能性があるので、12/28日に買ったら1月の天井を目標にいったん売りたいですね。細かい売買になって恐縮ですが・・・そして2月の底値で拾い直す・・・どうでしょうか


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報