「あさのタクミノカミなんとか」の
「タクミノカミ」は今でいうと建設大臣かな、と思いますが、
よく感覚的に理解できないのが、
「なんとか備中のカミ」など、地名がはいるとこです。
その地域を任せられている大名なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大宝令(701年制定)以降、朝廷の官制においては、有位の官吏


を四等に分け、これを長官(かみ)・次官(すけ)・判官(じょう)
・主典(さかん)と称しました。

内匠頭(たくみのかみ)は内匠寮(たくみりょう)の長官であり、
現代風にいえば、さしずめ職工局長官といったところでしょうか。

また備中守(びっちゅうのかみ)などは、国司(こくし)といって、
諸国を治める役所の長官で、今でいえば県知事のようなものです。
ただし、これらは朝廷の官職ですから、鎌倉以降は次第に名ばかり
のものとなってしまいます。

なお武家の時代にも、朝廷の官職は権威づけに利用されたり、名誉
としてありがたがられていましたが、実をともなっていたわけでは
ありません。江戸期になると、公家法度により「武家の補任は当官
の外たるべし」とされ、補任を受けても公卿の列には加わりません
でした。(武家の場合には)あくまでも栄誉として与えられるもの
であり、官職が変わることを「改名」と呼ぶこともあったように、
むしろ名前に近い感覚だったようです。伊達氏の陸奥守や、島津氏
の薩摩守のように特定の官職の名のりを幕府から独占的に許されて
いたケースもあります。
    • good
    • 0

参考URLには、全大名の官位と通称が載っています。



参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop …
    • good
    • 0

専門家ではありませんが、一般的な知識として。


お尋ねの部分は、本来天皇が任命する官職名です。
平安時代には地方長官として各地方に~守がいました。
他にもいろいろな官職があり、本来公家が任命されていましたが
武士の力が強くなると、武士が独占するようになりました。
実際に各地を治めていたのは大名ですから、江戸時代の官職は
名前だけの名誉職ですね。
以下面白いところを見つけました。
参考になさってください。


http://www.sol.dti.ne.jp/~hiromi/kansei/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
また、おもしろいHP紹介感謝します。

お礼日時:2001/03/14 20:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外様大名が就くことができる幕閣とは。

「願い譜代」は、wiki では、
外様大名の中で、幕閣において長年の功績のある大名を始めとして、主に血縁関係により譜代大名に準ずる家格の大名をいう、と説明されています。
書籍でも調べましたが、ほぼ同様の説明でした。 

幕閣とは幕府の最高首脳部と思うのですが、外様大名が外様大名の資格で就ける幕閣とはどんな役職ですか。
また、実際に幕閣において長年の功績があって、願い譜代になった外様大名はいますか。
wikiでは、多くの大名が「準譜代大名」として記載されていますが、全員を「願い譜代」と呼べるのですか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ithiです。

譜代との血縁関係でなったのでないとすれば、おそらく、小堀遠州や藤堂高虎のように幕府に対して何らかの手助けをした人々に対する功績をもって願い譜代にしたのでしょう。
そうなると特に幕閣に入らなくても願い譜代にはなれるでしょう。

Q【政治・第70代内閣総理大臣・鈴木善幸(すずきぜんこう)】70代内閣総理大臣・鈴木善幸(すずきぜんこ

【政治・第70代内閣総理大臣・鈴木善幸(すずきぜんこう)】70代内閣総理大臣・鈴木善幸(すずきぜんこう)ってもしかして凄い偉大な人だったのでは?

そうでもないですか?

吉田茂、田中角栄は別格として、歴代総理ナンバー3くらいに入って良い人物では?と思ったんですがどう思いますか?

Aベストアンサー

暗愚の宰相などと揶揄されましたが、そもそも日本社会自体が「愚」の価値観に満ちているという側面がありますからね。
愚における愚=偉大
という図式はあり得るでしょう。
力強くがむしゃらに前進する総理が脚光を浴びる反面、穏やかで控え目な総理は「愚」と判断されがちです。
何でもよいから「決める」人を有り難がってしまう国民性の問題とも絡んでいるのでしょう。

Q外様大名の領地の方が広い?

江戸時代が始まったばかりの時、
「外様大名/譜代大名」とわかれていますが、
当時の領土分布を見てみると、外様大名が支配している領域の方が広いようです。

江戸幕府は、ここで譜代大名の領地を、外様大名の分から削りとる…といったことはできなかったのでしょうか?

なぜ、外様大名の方が、日本全体に占める面積が広いのでしょうか?

Aベストアンサー

penichi さん、こんばんは。

江戸時代が始まったばかりの時、
「外様大名/譜代大名」とわかれていますが、
当時の領土分布を見てみると、外様大名が支配している領域の方が広いようです。

江戸幕府は、ここで譜代大名の領地を、外様大名の分から削りとる…といったことはできなかったのでしょうか?





それは東軍についた外様大名がほとんどです。家康は自分についた外様大名に対して莫大な恩賞を約束していましたから、それは当然です。2.3の例外を除いてそのようになりました。

江戸幕府は、ここで譜代大名の領地を、外様大名の分から削りとる…といったことはできなかったのでしょうか?


外様大名は江戸初期の頃、豊臣家の関係とかで少しの落ち度でも廃絶の憂き目を見ました。浪人が増えて困ったとか…
その後の領地には譜代の大名を入れることもありました。だけど、譜代大名は外様の大名に比べて少禄でした。何故というに家康は室町時代の守護大名のように幕府をないがしろにして実権を握るような態度をとらないようにするためだそうです。
詳細は下記のURLを参照ください。

外様大名
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E6%A7%98%E5%A4%A7%E5%90%8D


譜代大名
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%9C%E4%BB%A3%E5%A4%A7%E5%90%8D

改易
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%B9%E6%98%93
減封
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%9B%E5%B0%81

penichi さん、こんばんは。

江戸時代が始まったばかりの時、
「外様大名/譜代大名」とわかれていますが、
当時の領土分布を見てみると、外様大名が支配している領域の方が広いようです。

江戸幕府は、ここで譜代大名の領地を、外様大名の分から削りとる…といったことはできなかったのでしょうか?





それは東軍についた外様大名がほとんどです。家康は自分についた外様大名に対して莫大な恩賞を約束していましたから、それは当然です。2.3の例外を除いてそのようになりました。

江戸幕府は、ここで...続きを読む

Qどうして「備中ぐわ」と言うのでしょう

農器具の一つで、先が三つにわかれた鍬のことを「備中鍬(びっちゅうぐわ)」と言いますよね。
どうして「備中ぐわ」と言うのでしょう。
現在の岡山県にあたる備中とどんな関係があるのでしょうか。
いろいろ調べても語源がわかりません。

Aベストアンサー

現在の岡山県にあたる備前・備中などの地方は,古く吉備と呼ばれた時代から砂鉄を産出し,鉄器の生産が盛んでした.
日本刀で「備前長船」なんて名前は聞いたことがあると思います.
刃物だけではなく,日常使う農機具の生産も盛んで,備中鍬も備中地方で作られたのでその名が付いたんだと思います.

Q大名ってなんですか? また、諸大名と大名の違いとは⁇

大名ってなんですか?
また、諸大名と大名の違いとは⁇

Aベストアンサー

時代によって意味が違うけど、多分、江戸幕府時代での大名の事を言ってると思うので、江戸時代について。

江戸幕府(将軍)から任命されて、主に石高(こくだか)1万石以上の領地(藩)を幕府から禄(ろく:給料)として与えられ、その領地を治めた藩主。

諸大名は2人以上の大名を纏めて言う時の言い方。

日本には、領地が250以上に細分されていたから、藩主も250人以上いた。

実際には藩と言う呼び名は、明治政府が付けた。
明治政府が「県」と言う行政区分を整理する際、それまでの行政区分を便宜的に「藩」と名付けた。

だから江戸時代には藩、藩主と言う言い方は無かった。

Q感覚について。「感覚を引き起こす刺激は求心性の自律神経で活動電位に変換される。」正しいですか?

感覚について。「感覚を引き起こす刺激は求心性の自律神経で活動電位に変換される。」正しいですか?

Aベストアンサー

×
活動電位は、刺激に応じて細胞膜に生じる膜電位の変化。
主としてナトリウムイオン、カリウムイオンが、細胞内外の濃度差によって、イオンチャネルを通じて自然に広がる。

Qこんな(○△□大名)がいるよ・・・

みなさんお元気ですか?
今回の質問は(○△□大名)です。

冬の寒い時期には鍋料理をしますよね、必ずと言っていい程仕切る(鍋大名)が居ると思います。
そこで、みなさんに質問です。
どんな、(○△□大名)が身近にいますか?私の身近には、人を傷つけておいてから、彼是と言い訳する(言い訳大名)がいます。(身勝手大名とも言えるかな)

色々と面白い(○△□大名)を教えて下さい。

Aベストアンサー

鍋大名?・・初めて聞きました、出来上がるまで偉そうに待っている人でしょうか?
一般的には、いろいろと取り仕切る「奉行」ということで「鍋奉行」と言うのは良く聞きます。

大名であればいつも偉そうにしている「おやじ大名」
奉行であれば「宴会奉行」

Q「鎮防のなんとか」というお札は何と書いてあるのでしょうか?

(最初にどこのカテで質問すべきか分かりませんでした。)
知人の家の玄関の外の上あたりに、お札が二つ貼ってありました。一つは、「立春大吉」で、もう一つは「鎮防の嶋」とか何とか書いてありました。「の嶋」という部分は文字が読みにくくて何と書いてあるのかわかりませんでした。「の」は私が勝手に付けただけですが、「嶋」は、左の偏が「山」ではなく、立心偏のようにも見えました。
こういう言葉は決まり文句があるのでしょうが、どなたかご教授願えませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「鎮防火燭」のようです。
「立春大吉」とペアで売られてますね。

参考URL:http://www.komeisya.co.jp/2.html

Q藩主と大名は同じ人物か?

江戸時代1万石以上の領地(藩)を与えられた武士を大名と言い,その領地と政治組織を藩といいます。となるといわゆる藩主というのは大名と同一人物になるのでしょうか?1つの藩に藩主は1人でしょうが,大名と藩主が同一人物でないとすれば,藩に大名は複数いたのでしょうか?

Aベストアンサー

江戸時代の藩は300とも500とも言われますが、幅がおおきのは藩、大名の規定が複雑だった事を物語っています。大名という言葉は鎌倉時代からあり、徳川幕府が一万石以上を大名と定めた事から、大名とは一万石以上の領主となりますが、例外もたくさんあったようです。先ず大大名の家来には一万石以上の者がいるわけですが徳川幕府が認めなければ家来の家来(陪臣)は大名扱いを受けていません。

大名として認知されていない領主も藩を治めていれば藩主なので、大名と藩主がイクオールでないケースも出てきます。米の取れなかった松前藩は禄高ゼロでも北海道特産物を瀑布に物納して一万石の大名扱いを受けていたそうです。

参考URL:http://www.nifty.ne.jp/forum/fsiro/hp/fsiro_db/han/01-01.htm

Q  ★専門家に任せせた人物★

私は専門的な事は専門家に任せせた歴史上、有名な人物は『ナポレオン』だったと思いますが
正解は誰でしたか教えて下さい。『餅は餅屋』  
またその人物がなぜそう言われているのか? 詳細に書いていただけけると嬉しいです。

Aベストアンサー

海老蔵は、カリスマ弁護士を雇ったみたいです。
相手も見た目からしても不利だし、勝負ついたんじゃ?

参考URL:http://news.goo.ne.jp/article/nikkan/entertainment/p-et-tp0-101208-0016.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報