今朝,新聞の広告で幕末偉人が40人ほどそろった写真を見ました。大政奉還の2年前にとられたものであって,写っている人物は勝海舟,岩倉具視,西郷隆盛,西郷従道,江藤新平,副島種臣,坂本竜馬,中岡慎太郎,大隈重信,後藤象二郎などそうそうたるメンバーであり,真ん中に外国人の博士とその息子がいました。西郷さんの写真は実在しないと聞いていたのでびっくりだったのですが,この人たちが一同にそろうことがあるのか,なんとなく寄せ集めのような気もしましたので,写真の真偽を知る人がいれば教えてください。ちなみに,写真は有田焼の陶板に焼かれて通販で販売されるものです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

大政奉還は慶応3年10月14日(1867年11月9日)の出来事です。

この2年前というと、薩長連合が成立していません(慶応2年1月21日(1866年3月7日)締結なので)。写っている人物を整理すると、

勝海舟=幕臣
岩倉具視=公家
西郷隆盛,西郷従道=薩摩藩士
江藤新平,副島種臣,大隈重信=佐賀藩士
坂本竜馬,中岡慎太郎=土佐藩脱藩(この時点では脱藩罪を赦免されていません)
後藤象二郎=土佐藩士

となります。敵対関係にあった者が一同に介しており、どうも信じがたい話です。

この写真は「フルベッキ写真」として知られており、オランダの宣教師フルベッキの依頼により上野彦馬が撮影したものです。撮影時期は1868年頃と推定されており、幕末の偉人勢揃い、という説は1974年に発表されました。学会では問題にされなかったそうです。写真は本物ですが人物名はこじつけ、というのが真実に近いと思われます

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%82%A4% …
「幕末偉人 写真」の回答画像2
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。過去にも問題になった写真のようですね。国会でも話題になったという記事がありました。舞台が致遠館とされてるようで,佐賀県人として放って置けませんでした。

お礼日時:2009/08/02 14:01

ああ、おなじみの「アレ」ですね(笑


すごいですよね、「明治天皇」がワンオブゼムの扱いですからね。
まあこんな笑い話のネタもあるってことですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。夢でいたほうがいいのかもしれません。

お礼日時:2009/08/02 14:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。怪しいと思っていても何度も見てしまう写真です。

お礼日時:2009/08/02 14:03

率直に販売元に聞くのが良いですよ。


私もちょっと「まゆつば」ですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。販売元のサイトは閉じられていたようです。

お礼日時:2009/08/02 14:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大隈重信について

(1)大隈重信が暴漢に襲われたことがあるそうですが、犯行動機とはどのようなものだったのでしょうか?
(2)第一次世界大戦に日本を参戦させたことに対して、当時の国内世論はどのようなものだったのでしょうか?

Aベストアンサー

当時最大の外交問題であった不平等条約改正絡みです。黒田内閣に外相として迎えられ改正交渉に取り組みますが、反対派の暴漢により負傷、辞職を余儀なくされ、その努力は残念ながら実りませんでした。

Q西郷隆盛の銅像

上野の西郷隆盛の銅像についてお聞きします。
テレビなんかでもよく言われていますが、あの銅像って、できた当時、西郷の奥さんが「うちの人と全然似てません」みたいなことを言ったそうです。
そこで疑問なんですが、奥さんが「全然似てない」と言った時に、
「じゃあ、どんな顔だったんですか?」とか聞かなかったんですか?
聞いておけば良かったんじゃないんですか?

Aベストアンサー

>「じゃあ、どんな顔だったんですか?」とか聞かなかったんですか?
>聞いておけば良かったんじゃないんですか?

 一説によると あの像を見た奥さんは、
かなり、「取り乱した」という話もあります。

 アナタは、そんな取り乱した女性に対して
「どんな顔だったんですか?」と平然と聞けますか?
http://pleasure-bit.com/1048.html

 仮に取り乱していなくても
<除幕式>の祭典の際中に「どんな顔だったんですか?」なんて
まともな、人間なら聞かないわな~

 聞いたところで どうするの?
似顔絵でも書いて銅像を作り直すの?

 あの銅像が作られた経緯を考えたら
作り直しなんて余程バカか、責任感のある奴しかやらんだろ

 大日本帝国憲法発布に伴う大赦によって
西郷の「逆徒」の汚名が解かれたのをきっかけに、
吉井友実ら薩摩出身者が中心となって建設計画が立てられ

・宮内省より500円を下賜
・全国2万5千人余の有志の寄付金で建立

 この金額と善意が無駄になりますがな~

Q大政奉還

大政奉還の時の江戸城で慶喜が武士達に命令している絵を探しているのですが、なかなか見つかりません。
それと、明治天皇が京都から江戸へ行幸しているところの写真も探しています。
お願いします。

Aベストアンサー

江戸城ではなく、二条城のものなら見つかりましたが…。

http://www.eva.hi-ho.ne.jp/iwaemon/tokugawa.htm

参考URL:http://www.eva.hi-ho.ne.jp/iwaemon/tokugawa.htm

Q大政奉還の時何してましたか?

私は海外に渡航しようと出島でスタンバってました


ユーモアのある回答お待ちしています

Aベストアンサー

上七軒で遊んでいました。

歩いてすぐの二条城であの日起きていたことはずっと後になってから知りました。

同じ「ほうかん」でも「奉還」ではなく「幇間」を相手に騒いでいたのだからしょうもない。

わたしが傾城を相手にしていたとき、ほんとうに城を傾けたお方がいらしたのですね。

Q岩倉具視のちょんまげ

 岩倉遣外使節団が1872年にサンフランシスコで撮影した有名な写真がありますよね。(木戸孝允、山口尚芳、岩倉具視、伊藤博文、大久保利通が写っているもの。)そこでは岩倉だけが着物にちょんまげで、他の4人は洋服姿で断髪(現在の七三分けに近い)です。

 なぜ岩倉だけがちょんまげと着物を着用していたのかの理由があるなら教えてください。明治の時代に入り、徳川時代の悪習のようなちょんまげ・着物を捨て去るのが自然なような気がしますが、なぜにこの格好で洋行したのかが不思議です。公家出身というプライド(武士のちょんまげではなく、頭上一髻に近いタイプのまげをつけて朝廷を守ってきた公家であるというプライド)からなのでしょうか。どうぞ教えてください。

 岩倉は元・公武合体推進派だったので、このメンバーの中では微妙な立場のようですね。見る人によって悪役やベビーフェースに見えたり…。

Aベストアンサー

この前の「その時歴史は動いた」でやってました!

それによると、木戸らは、西欧に蔑まれたちょんまげを残したままでは、欧米列強のような近代国家を建設することが出来ないと考えて、ちょんまげを切り落とす「断髪」を進めました。

一方、当時の日本では、断髪のせいで、一揆や離婚がたびたび起こっていたようです。岩倉も、ちょんまげは日本人にとっては魂も同然というような考えから、木戸らの急進的な改革に反対していました。
岩倉は、西洋の科学や文明は早くから優れたものだと評価したようですが、文化面に関しては日本の伝統文化の優秀さを強調していたようです。そのようなことからも、日本の魂・ちょんまげにはかなり固執していたみたいです。ですので、使節団として派遣された時も一人和装で行ったようです。

その時日本の使節団は一見歓迎されたように思われました。でもそれは、岩倉の事を珍しがってのこと。ほぼ見世物状態だったようです。そんなような事を息子らに告げられ、ついに断髪の決意をしたようです。

岩倉は、「自分が日本の全権大使だったことから、日本全体が古い考えに固執した、後進国であると思われる=国として対等に見てもらえない。」そう考えて、ちょんまげを落としたんじゃないかな~と勝手に解釈しました(^^)

一応↓に、番組のURL載せておきます。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/sonotoki/sonotoki_syokai.html#01

この前の「その時歴史は動いた」でやってました!

それによると、木戸らは、西欧に蔑まれたちょんまげを残したままでは、欧米列強のような近代国家を建設することが出来ないと考えて、ちょんまげを切り落とす「断髪」を進めました。

一方、当時の日本では、断髪のせいで、一揆や離婚がたびたび起こっていたようです。岩倉も、ちょんまげは日本人にとっては魂も同然というような考えから、木戸らの急進的な改革に反対していました。
岩倉は、西洋の科学や文明は早くから優れたものだと評価したようですが、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報