あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

こんにちは。
液体のコラーゲンを飲んでいますが、いつ飲むのが効果的なんでしょうか?今は、寝る前に飲んでいますけど・・
アドバイスよろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは.



スキンケアの一環として,コラーゲンを含有した商品がたくさん出ていますよね.
その中には塗るもの飲むものいろいろあり,どれがよいのか,いつ飲めば最も効果的か判断しかねる方が多いと思います.

そんな中,#1のかたはコラーゲンのサプリメントに対してちょっと否定的なご回答ですが,実は私も同じ立場で書き込んでみようと思います.
サプリメントを販売されている方たちからは,おこられそうですが・・・
皮膚の結合組織を構成する主な物質はコラーゲン(ヒドロキシプロリン)で,水分を保持して弾力性を保つはたらきがあります.
ですから,コラーゲンが少なくなると皮膚の弾力性が失われていくのはご承知のことと思います.
そこでコラーゲンを摂取すると「弾力性を失いかけていた皮膚であれば弾力性が戻ったり,たとえ弾力性は正常であっても,みずみずしい素肌を保つことができます」とサプリメントでは述べています.

では,口から飲んだコラーゲンが皮膚にそのまま到達するのでしょうか.コラーゲンを含むクリームなどを塗ると,皮膚の構成成分になるのでしょうか.
よくよく考えてみると,残念ながらそううまくいきそうもないことは,なんとなくご理解いただけるのではないでしょうか.
実際,コラーゲンは体内で生合成されたうえで,皮膚の構成成分となるのですから.

私は,この事実確認をモルモットを用いた動物実験で検証したことがあります.
結論から申しますと,コラーゲンを摂取させても皮膚のコラーゲン量にはあまり影響がでなかったのに対して,ビタミンCを添加した餌を摂取させると良い成績が得られました.
このことから,コラーゲン自体を摂取しても皮膚のコラーゲンに直接結びつくわけではなさそうですが,ビタミンCを摂取すると皮膚のコラーゲン量を高めることができると考えられます.

ですから,コラーゲンを摂取されているのに否定的な書き込みで申し訳ないのですが,スキンケアの一環でコラーゲンを摂取するよりは,ビタミンCを多めに摂取された方がはるかに皮膚にはよいと思われますが,いかがでしょうか.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても勉強になりました!
ビタミンCを多くとろうと思います!
私も、飲みながら何となく、これは普通にエネルギーになってしまってるのでは?と疑問だったのです。
ただ、もうひとつ疑問点ですが、コラーゲンとビタミンをいっしょにとればなお良いということでもないのでしょうか?もしわかったらよろしくお願いします!

お礼日時:2003/04/08 15:00

#1.4


>その方面に利くみたいな過大な宣伝は避けた方が無難だとおもいますよ。

その方面に効くみたいな過大な宣伝文句の品物は避けた方が無難・・・でした。 

失礼しました。
    • good
    • 0

#1です


>もうひとつ疑問点

コラーゲンというのはタンパク質の一種で、口から摂取したとしてもタンパク質の最小単位、アミノ酸に分解されないと吸収できません。アミノ酸に分解されたコラーゲンが身体の中でまた元のコラーゲンになるとは限らないんです。その時の身体の調子で必要なタンパク質に再編されて利用されます。
ビタミンCが働くのは今あるお肌のコラーゲンです。

ですから 特定の場所に効くというのはちょっと~考え、その方面に利くみたいな過大な宣伝は避けた方が無難だとおもいますよ。

ご参考までに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。。
分解されてしまうんですね。
確かに生物の時間に教わりましたね。
過大な広告に惑わされないでかしこく生きなければと身にしみました。ありがとうございました!

お礼日時:2003/04/10 01:46

動物実験ではコラーゲン単体を摂取させてもあまり意味はなく,ビタミンCを摂取させると良い結果がでました.


であれば,両方を摂取させるとどうなるか?
これは興味のあるところですよね.

実は,ビタミンCだけを摂取させた場合とあまり変わりませんでした.
ですから,良質のタンパク質をたくさん含んだ食品を摂取して,ビタミンCをサプリメントで補う(食事のバランスが良ければ,本来サプリメントという発想はいらないのですが)という方法が一番良いように思えます.

では,ビタミンCと一緒に摂取したコラーゲンはどうなってしまうのか.
消化吸収されて,また元のコラーゲンに生合成されればいいのですが,モルモットも我々もそうそう都合良くできていないようですよ.

コラーゲンを構成するヒドロキシプロリンあるいはヒドロキシリジンというペプチドが分解されると,いろいろなアミノ酸ができますが,これらを求めている細胞は体中にあります.そうなると,摂取したコラーゲンがまた元のコラーゲンになることを期待するのは無理があります.

ここで「100のコラーゲンを摂取して100のコラーゲンが生合成されないとしても,材料(コラーゲン生合成の)を摂取することは良いのではないか」というヒトもいます.

理屈としては筋が通っているように思えるのですが,私としてはコラーゲンを与えても動物実験でぱっとしなかったため,ちょっと疑問に思っています.

やはり食事で得られる良質のタンパク質とビタミンが最高ということでしょうか.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すっっごく勉強になりました!
危なく、無駄なことを一生しつづけるところでした・・
良質なタンパク質と、ビタミンCをとるように心がけようと思います。やはりバランスのとれた食事が一番なのでしょうね。ありがとうございました!

お礼日時:2003/04/10 01:43

食事と一緒にと一応アドバイス致しますが・・。



飲む・塗るコラーゲン、あまり効果はありませんよ。
たんぱく質の多い食事に変えた方が
いいとおもいますけどねぇ。

誇(過)大広告に惑わされないでほしい。
アミノサプリも同類です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか。。
塗るコラーゲンは効果ないのは知っていましたけど、やはり日ごろの食事に気を配ったほうがいいのですかね。
アミノサプリも意味ないんですか!?
ちょっとショックです。気をつけます。ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/08 14:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング