ワイパーのゴムに短いものを使っていたら、残った金具部分でフロントガラスに円状の傷がついてしまいました。(前のオーナーが長いワイパーを使っていたらしく、純正品を買ったら短かったのです。もったいないので使ってしまいました。)
爪が引っかからない程度なのですが、長さが長いです。このままで車検を通すことはできますか。(タイミングベルトを交換したばっかりなので、どうしても通したいです。)
 あと、自分で修復するとしたらどのような手段がありますか?また、ガラスリペアするとしたら費用はどれぐらいですか?
 詳しい方よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

再びカキコさせていたできます。


「ガラスが汚れている場合」についてですが安直じゃありませんよ~。結構有効手段です。場合にもよるのですが…
ディーラーなどの民間車検場で車検を受けるか陸事で車検を受けるかで変わってくるのですが。

ディーラーなどの場合、そこの検査員の判断や経営方針などによって変わってきます。ガラスを交換させたほうが利益が上がりますから。常連客やおなじみさんだったりすると見逃してくれたり。ここではガラスが汚れていても大差ありません。

陸事でユーザー車検を受けるようならば雨の日などに走りまくって全体的に汚しておきましょう。その方が違和感ありませんから。ただ汚しすぎると怪しまれますから程々に。そしてそのまま検査ラインへ突入です。
検査では、ウォッシャー液を出してワイパーでふき取るという事をテストするのでその時の筋と判断してもらえれば大丈夫です。
ただし、陸事によって判断基準や重点項目が変わってくるので、陸事の検査ラインを見学に行くのがお勧めです。検査官がどこを見ているのか大体分かりますから。予備検査を受けるのもいいと思いますし。
なんとかなりますよ!(たぶん)
    • good
    • 0

フロントかリヤか分からないのですが、一応…


長さが長い引っかき傷のようでしたらリペアは無理です。リペア出来るのは、小石で傷ついたような小さいひび割れぐらいです。このような傷の場合は全交換するしかないと思います。
リヤならば車検には関係ありません。
フロントですと…正直言って難しいところです。
「運転者の視野の妨げにならない」という事が検査基準ですので、傷の場所が微妙なんですよね。民間車検場なんかだと「ワイパーの外の多少の傷程度なら目をつぶる」とか、いったところですが。陸事にしても検査官の判断によって変わると思います。
普段お世話になっている工場があればそこに相談すれば車検に通るかははっきりすると思います。
もし、通らなくて交換するようであれば、その前にダメ元でガラスコンパウンドでこすってみるといいと思います。
これは、今以上にひどくなる危険性もあるのであくまでもダメ元っていうことで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申しわけありません。ありがとうございます。
引っ越しをしていたもので。
僕もコンパウンドは気にしてたんですが、あまり期待できないのですね。

それと車検の時に、ガラスが汚れていた場合どうなるのですか。
傷の原因が原因だけに、汚れたガラスをウォッシャーで洗うとちょうど分からなくなるんですが。。。
こういう安直な考えではだめでしょうか?

よろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/16 23:57

ガラスの種類や大きさにより値段が違うのでお車に種類は?それとフロントだとは思いますがフロントは合わせガラス。

リアだと強化ガラスなのが一般的なので値段が全然違います。フロントでしょうか?リアでしょうか?

この回答への補足

さっそくのご回答ありがとうございます。
車はホンダCR-Xで、フロントです。
車検が通せればあまり直したくないのですが。。。
よろしくお願いします。

補足日時:2001/03/14 23:28
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワイパーモーター・ワイパーリンクについて

ワイパーモーター・ワイパーリンクについて、お尋ねします。

上のそれぞれの物の、役割と機能を教えてください。
ネットで見てみてもイマイチわかりません。

出来れば詳しく教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

・ワイパーモータ・・・ワイパーの動力源ですが回転運動しか出来ません。
・ワイパーリンク・・・ワイパーモータの回転運動をワイパーに適した往復運動に変換させるものです。

Q雨の日にワイパーをかけると窓の外がワイパーの形に曇ってしまう。対処法は

雨の日にワイパーをかけると窓の外がワイパーの形に曇ってしまう。対処法は?

 いつもご丁寧な回答をありがとうございます。

 購入半月の新車です。

 今日夜間に、初めて雨天時の運転をしました。ワイパーをかけると、ワイパーの通った跡が付くように曇って大変見えにくく危険でした。

 その曇りは、ワイパーをかけずに数メートル走ると消えます。

 曇りの原因は何でしょうか。また対処方法を教えてください。

 ・小雨
 ・湿度高い
 ・車内温度24度くらい。車外は20度くらい。
 ・購入前にコーティングしている。

Aベストアンサー

フロントガラスに撥水コーティング加工して小雨時の間欠ワイパー動作はフロントガラスに霧状の水滴が付くのです。
水滴が大きくなると撥水効果で水滴が弾かれるので視界が良くなります。
他に、外気温より車内温度が低い場合もガラスの外側が曇りますが、質問内容の通り外気温20℃くらいで車内温度24℃くらいでは結露の原因になりませんから、曇りの正体は霧の可能性が高いです。
霧が気になるならワイパー動作を連続運転にするか間欠時間を短くすれば視界を妨げなくなります。

Qワイパーブレードを長いものに

 MC21ワゴンRの後期型に乗っています。
雨の日に運転しながら、何となく「もしかしたらワイパーブレードのサイズを少し長くすれば拭き取り面積が広がるかも」と思ったのですが、ワイパーの長さを変更することによるデメリットはありますか?
 また、おすすめサイズ等ありましたらご教授願います。

Aベストアンサー

モーターに負担がかかり、故障する可能性があります。
枠に当たらなければ大丈夫ですが、それほどメリットは感じませんでした。
10mm、20mmほど大きくしてみましたが。

雪が降って大きなワイパーブレードのままだと壊れる確率は大きくなります。
スノーブレード(又は、ウィンターブレード 雪用のワイパー)は少し小さめに出来ています。
モーター(又はリンク・アーム類)にかかる負担が大きくなるからです。

Qワイパー立てたら折れるやん!?

雪国の方限定質問です。
長時間駐車するときや夜寝る前なんかに愛車のワイパー立てますよね?あれは何故?
エスティマの車体の形状では、ワイパーを立てておくと上から滑り落ちた雪でワイパーが折れる気がして立ててません。が、「立てたほうがいいよ」と言う友人たちに理由を聞いても納得できる理由が得られないんです。

雪の重みでワイパーがゆがむから?→ゆがむほどの重量がワイパーのあの狭い面積にはかからない気がするんですが・・・
フロントガラスにブレードが凍りつくから?→ってことはフロントガラスも凍りつきますから、エンジン始動後ヒーターで暖めることになります。そのときブレードについた氷もそれで十分融けるんじゃないでしょうか?

友人たちに聞いて一番多かった回答は「みんなそうしてるから」ってヤツでしたのでこのサイトに質問してみることにした次第です。

Aベストアンサー

雪国にもいろいろありまして、日本海側の新潟地方では雪は降るけど凍結しない。
しかし、信州だと降った雪が凍結する。

また、車体形状にも左右されます。
トラックのような垂直に近いフロントガラスの場合はワイパーに雪の荷重がかかりますが、ロングノーズの車ではほとんど負担になりません。

ワイパーの格納状態と雪質、凍結の有無で判断されるべきものでしょう。
「みんなそうしている」方々は条件を考えてやっているのではないでしょう。

ただし、豪雪地帯ではワイパーを立てません。
立てたワイパーがごっそりと埋まるほど積もると、ワイパーがねじれるどころではなく、根こそぎもぎ取れてしまうからです。

Qどれくらい雨が降ってきたらワイパー動かしますか?

文字で表現するのは難しいと思いますが、例えば、
・フロントガラスに雨が数滴落ちてきたら
・路面が濡れて色が変わる程度に降ってきたら
・道行く人が傘をさし始める程度に降ってきたら
・数センチ開けたサイドガラスの隙間から雨が入ってくる程度に降ってきたら
等々。


回答の参考になるかもしれない動画がありましたので貼っておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=ETaOgJ0Z5tU
*教えてgooでは動画が反映されないかも・・・
私もこの動画同様撥水剤を塗っていますが、この動画と似た条件なら、
間欠ワイパーを動かします。

なお、この質問はアンケートですが、
車に特化した内容なのでこちらのカテゴリでの質問としました。

https://www.youtube.com/watch?v=ETaOgJ0Z5tU

Aベストアンサー

車に任せています

フロントガラスに水滴が着いたら、それを検知して、自動的にワイパーが動いてくれます

雨量(水滴量)に応じて、ワイパーの間欠間隔も自動的に調整してくれます

実用車なので、色々実用的な機能が設けられています


人気Q&Aランキング

おすすめ情報