人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

半分「道楽」で機械いじりをしている年寄りです。
1分間に100回以上、バンバンと叩きまくる機械を考案し、古い材料をかき集めてうどんを叩く機械を作りました。
プラスチックのタライの中にうどんの生地を入れ、それをまんべんなく叩くものです。
ところがどうやってもゴチゴチのうどんになってしまいます。
先日のテストは次のように行いました。
中力粉1.5Kgに所定量の水と塩を加えてミキサーで攪拌、練り上げし、2時間寝かせました。
その後、たらいに入れ、数百回叩きました。
たらいの直径の長さで太さ4センチくらいの横棒がはげしく生地を叩くものです。生地を入れたたらいはゆっくり廻りますからまんべんなく叩くことができます。
それなのにできたうどんはゴチゴチなのです。
叩きすぎはダメなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

またおじゃまします。


ご存知かと思いますが、うどんの生地を鍛える足踏み工程を機械化したものは、大和製作所のプレス式と、さぬき麺機のローラー式が今の2大主流です。

大和製作所のプレス式
http://www.yamatomfg.com/original/products_0/rep …
さぬき麺機のローラー式
http://www.menki.co.jp/dango/index.html

叩くというのは知りませんでした。成功すれば画期的発明ですね。

余談ですが。
機械打ちもずいぶん手打ちに近づいてきましたが、まだ手打ちとはコシがちがいます。手打ちの方がコシにしなやかさがあるというか。

これは私の考えなのですが、違いは延しにあるのではないかと。
機械はローラにはさんで押しつぶします。手打ちも麺棒と麺打台の間に生地を挟んで押しつぶしているように見えますが、じつは、生地と麺打台の間の摩擦を利用して引っぱり延ばしているのです。この引っぱりで、しなやかなコシになるのではないかと。
でもただの想像でなんの根拠もないのですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答、本当にありがとうございます。
大和製作所とさぬき麺機は以前、展示会で見たことがあり、名前は知っていました。
他にもトーキョーメンキという大型プラントを作る会社もあったようです。
改めて両社のホームページを見てみましたが、ご回答のように「叩く」という言葉は出ておりませんでした。
多分、叩いてはダメなのだろうと思います。
一度、聞いてみたいとは思いますが、そのような問合せをするとうさんくさいと思われることが多く、尻込みしてしまいます。

お礼日時:2009/08/05 09:34

うどん作りはやった事が無いのですが、趣味でパンを焼いています。


パン生地を機械でこねる時の注意点として、こねすぎるとグルテンが切れてしまうというのがあります。その時のパンは焼いてもあまり膨らまないので、ごわごわした食感になります。
休ませればうまくいくかもしれませんが、叩きすぎてグルテンが切れている可能性もありますので、両方試してみてください。
それにしても道楽でそんな機械が作れるなんてすごいですね。おいしいうどんが出来ると良いですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「叩けば良い」というものでは無いことが今までいただいたご回答からおぼろげながら判ってきました。
機械いじりは道楽もありますが、「これが麺づくりに役に立つならば・・・・・・」という「欲」もあります。お恥ずかしいですが。
回答を締め切っても良いのですが、もう少しいろいろな方のお話しも聞いてみたいのでもう数日、続けさせていただきます。
機械のほうは今度は「陶土つくり」に挑戦しようかと思っています。

お礼日時:2009/08/04 19:15

固くなりすぎたら、乾燥しないようビニールで覆って休ませてあげてください。


うどんの生地はいじめると固くなりますが、休ませるとゆるんできます。
ゆるんだすきに伸して切ってしまいます。
うどん打ちは、生地のご機嫌をうかがいながらだましだましっていう感じですかね。

中力粉ではグルテンが多すぎるのかもしれません。
日清の中力粉雪でグルテン(タンパク量)10パーセント。
http://www.nakasho-h.co.jp/catalog/confectionery …

日清製粉白椿やニップンめんたくみなど手打ちうどん用小麦粉のグルテンは8パーセント台です。うどん用小麦粉は一般的な中力粉よりグルテンがちょっと少ないのです。
http://www.nippn.co.jp/products/professional/pro …
http://shop.yumetenpo.jp/goods/d/udon2ban.com/g/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前のテストでガチガチになることがわかっていたので今回は水を多めにし、寝かせる時も叩く時も濡れ布巾で覆った状態で行いました。
ただ、休ませるとゆるんでくるという事は全く知りませんでした。
叩き終わってすぐに(ポンポンの)生地を必死になって伸ばし、すぐに切ってすぐにゆでて食べました。
ガチガチだったので腹が立ってすぐに全部捨ててしまいました。
もっと勉強します。

お礼日時:2009/08/04 19:08

強く叩きすぎると水分も表面からどんどん逃げてしまいますし、


粘りを生むグルテンが出来すぎてがちがちに固くなってしまいます。
水を気持ち増やすなり、薄力粉の割合を増やすなり、叩く強さを
弱めに調整するなりされた方が良いと思います。

人間の手の力では確かに充分に練りきれないと思っても、機械にすると
桁違いの力になってしまうので、程ほどの加減が必要です。

美味しいうどんが出来上がりますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が作った機械は生地から徹底的に空気を抜く効果があるようです。
うどんを練るときは空気を出すようにとなにかで読んだ覚えがあり、役に立つかと思ったのですが、どうやら逆効果だったようです。
水分が逃げるとか、グルテンができすぎるとか、全く予想していませんでした。
もともと、「はげしく叩く機械」を作ったので、その有効利用を探していました。
うどんは大好きなので研究は続けますが、機械の有効利用先は別を当たります。

お礼日時:2009/08/04 19:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうどんを作ったけどうまく伸びなかったです。

讃岐風手作りうどんを作りました。
ネットで検索し軽量計などできちんと分量をはかり小麦粉500gでしました。

小麦粉に塩水をまぜ生地をまとめて一時間放置。
足でフミフミして折りたたみなどして更に一時間放置。
とネットで書いてある通りしました。
熟成中は一応布団の中に入れときました。

その後生地を薄さ3mm程度を目指し伸ばそうとしましたが伸びない・・。
すごく力を入れて伸ばそうとしてもあまり伸びません。
その後棒に巻きつけ伸ばそうとしてちょっと伸びたら今度は生地にひび割れが。。さらに生地自体ところどころボロボロとなってしまって部分的にちぎれてしまいました。
しょうがなく1cm弱程度の厚みで切りました。
ゆで時間もわからずどうにか太いうどんをゆでて食べたのですが初めてだったので家族は喜んで食べたのですが納得いかないです。

コネが足りなかったから伸びないのでしょうか。
それとも熟成時間が足りなかったから伸びなかったのでしょうか。

私自身は熟成がうまくいかなかったのではと思っているのですが(コネは相当したと思っている為)この季節に最適な熟成時間となにか熟成するのに良い方法はあるのでしょうか。
例えば炊飯器の保温を利用してみるとか。。。

次こそ成功するために何かしらアドバイスお願いします。

讃岐風手作りうどんを作りました。
ネットで検索し軽量計などできちんと分量をはかり小麦粉500gでしました。

小麦粉に塩水をまぜ生地をまとめて一時間放置。
足でフミフミして折りたたみなどして更に一時間放置。
とネットで書いてある通りしました。
熟成中は一応布団の中に入れときました。

その後生地を薄さ3mm程度を目指し伸ばそうとしましたが伸びない・・。
すごく力を入れて伸ばそうとしてもあまり伸びません。
その後棒に巻きつけ伸ばそうとしてちょっと伸びたら今度は生地にひび割れが。...続きを読む

Aベストアンサー

小麦粉では、なく中力粉又は強力粉をうどん粉の粉として、使います
小麦粉でも作ることは出来ますが、グルテンが少ないため、伸ばすのが
難しいですね、うどん屋さんは中力粉を使います。
粉500gに対して水230^250cc塩40gていど、うどん粉は一度目の細かい
揮いにかけて粉に空気を入れてください。
次の順序で行ってください、先ずは30cm位のステンレスのボールか
丈夫なボールを使ってください。
1.水回しをしっかりとやってください。
 500g粉に水90%位一気に入れて、オカラ状態になるまで指を立てて
 粉をかき混ぜてください、(オカラとはトォフのかす)です
2.オカラ状態のうどん粉を一つに丸める。(なかなか丸める事ができな
 いときには、残りの水を使います)
根気良く丸めてください。
3.丸めたうどん粉を生地にします。
 約15分から20分ていどボールのなかで練ります。
 これは足で練りません、手で練ります
4.生地の寝かせ
 今の時期は一時間半夏は一時間冬は二時間ていどで十分です。
 (ビニール袋の丈夫なのに入れて寝かせる)
5.後は伸ばして自分の好きな太さにする。
6.4mmは強火で7分5mmは強火で10分茹でます。
               以上です 

小麦粉では、なく中力粉又は強力粉をうどん粉の粉として、使います
小麦粉でも作ることは出来ますが、グルテンが少ないため、伸ばすのが
難しいですね、うどん屋さんは中力粉を使います。
粉500gに対して水230^250cc塩40gていど、うどん粉は一度目の細かい
揮いにかけて粉に空気を入れてください。
次の順序で行ってください、先ずは30cm位のステンレスのボールか
丈夫なボールを使ってください。
1.水回しをしっかりとやってください。
 500g粉に水90%位一気に入れて、オカラ状態になるまで指を立てて
...続きを読む

Q手打ちうどんの打ち粉は?

最近手打ちうどんを始めました。

打ち粉に片栗粉を使っているのですが、茹でる際にトロミになってしまい、茹で上がりが「イマイチ」な感じです。

お勧めの打ち粉は何でしょうか?

ちなみに、こねた小麦粉を麺に切る際や切った麺がくっつかないようにする為に打ち粉をまぶすものだと思っています。

以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

中力粉(うどんと同じもの)か薄力粉を使っています。

打ち粉は切るときや切った後でくっつかないようにする目的だけでなく、打つときに麺台や麺捧にくっつかないように振るものです。打つときに小麦粉とは異質の片栗粉(ふつうジャガイモ澱粉)を振るというのは聞いたことがありません。打った後で使うことはあるかもしれません。

うどんは中力粉です。日本で昔から栽培されている小麦の性質は中力粉なので、日本の麺(そうめんやうどん)はその性質を最も生かすように工夫されてきました。中力粉の代わりに強力粉と薄力粉を混ぜるレシピを見かけることがありますが、そういうものではないはずです。


あとは、麺をゆでるときに余分な粉を払うことと、たっぷりのお湯でゆでること、です。
「粉を溶いた湯で煮る」ような状態は好ましくありません。

Q讃岐うどん 踏み回数

こまめにうどんを打っていますが、
踏みの回数が多すぎるのか毎回かたい
うどんができてしまいます。
ちなみに回数は右左で1回にカウントして、
100回を5セットに分けているので、500回踏んでいますが、踏みすぎでしょうか?
あと他に堅くなりすぎる原因が
ありそうでしたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

香川県在住の主婦です。
踏みは十分だと思うのですが、たぶん水や塩の分量、粉の種類に寄るのではないでしょうか。
うどん打ちには土三寒六常五杯という言葉があるくらい、季節によって塩に対する水の分量が全く違います。
下記URLを参考に作ってみてください。
私は比較的ぷり腰のうどんが作れました。

参考URL:http://taru.cc/sanuki/udon1/index.htm


人気Q&Aランキング