ブラキセラピーという治療法での他の方への影響について
線源から出る放射線は1年でほぼゼロになると聞きました。
しかし、体内に埋め込み後は子供や妊婦との長時間の接触はしばらく避けましょう。
一般の方との長時間にわたる接触はしばらく避けましょう。
(電車の絵がでていました)
とネットに出ていましたが、しばらくとはどのくらいの期間なのでしょう。
お腹が目立たない妊婦さんも電車通勤すると思いますが、知らない間に1時間とか同じ車内で接しているかもしれませんよね。そのくらいは大丈夫なのでしょうか。
また、旦那さんがそういう方と接して帰ってきて、変な話ですが
その日に子供を作りできた場合は大丈夫なのでしょうか。
電車で接して帰宅後、家にいる子供たちや妊婦の人には影響ないのでしょうか。
旦那さんが、ブラキセラピーを受けた場合、一緒に生活している奥さんは長時間そばにいることになると思いますが平気なのでしょうか。
ご存じの方がいらしたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

結論から言ってしまうと、影響があるかないか、わからないということです。



実のところ、被ばくの影響というのは、どの程度なら大丈夫なのか、というのが未だによくわかっていないのが現状です。
臨界事故や、原爆、放射線治療などで大きな被ばくをした場合には、影響はある程度わかっているのですが、
ブラキセラピーを受けた患者からの被ばくといった、そこまで強くない被ばくについては、
これまで多くの研究者が研究を重ねてきましたが、その影響がどの程度なのか、そもそも影響があるのかないのか、未だにわからないのです。
(研究を重ねてもわからない程度には低い、ということはできますが。)
また、放射線被ばくの影響というのは、どこまでなら大丈夫で、どこから危険、というのを簡単に線引きできるものではありません。
確率的影響といって被ばくの量が増えるに従い、症状が現れる確率が少しずつ増えるようなものもあります。

なので、医療機関としても、ここまでは大丈夫、ということができないのだと思います。
子供や妊婦に長時間近づくなというのは、子供や胎児が大人に比べて放射線の影響を受けやすいことを考慮したものでしょう。

長時間一緒にいたからといって、大丈夫かと問われればまぁまず大丈夫でしょうが、放射線の影響がどの程度かはっきりしない現状では、気をつけるに越したことはない、そういうことだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 前立腺がん<男性生殖器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    前立腺がんとはどんな病気か  前立腺がんは、欧米では男性がん死亡例の約20%(肺がんに次いで第2位)を占める頻度の高いがんですが、日本では約4・8%(2004年神奈川県)と比較的頻度の少ないがんです。  日本人男性が1年間に前立腺がんと診断される人数は、人口10万人あたり28・6人(年齢調整罹患率、2004年神奈川県)で、胃がん、肺がん、結腸がんに次いで4番目、男性がん全体の12%を占めています。  年齢...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳癌の放射線治療の副作用、後遺症について

半年前に乳癌の乳房温存手術を受けました。
その際にリンパ郭清(リンパ節一つ)もしました。
また、乳房再建手術も同時に受けました。
主治医からは放射線治療も勧められ、現在
照射治療中です。

そこで質問です。
1)再建している乳房に放射線治療を施して
何か副作用はないのでしょうか?
皮膚の日焼けや、ただれなどの一般的に言われている症状以外の
副作用があるようでしたら、どのような副作用があるのか
教えていただけますでしょうか。

2)放射線治療によって、リンパ郭清した側の腕が
大きくむくんで(浮腫)、一生治らない、と聞きましたが
本当でしょうか?

3)いったん始めた放射線治療を途中で辞めても大丈夫でしょうか?
もちろん辞めたら治療の効果はない、ということは理解していますが
途中で辞めることによって出てくる副作用みたいなものがあれば
教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

1)変形したり、傷口の治りがいまいちだったりする可能性があると思います。
2)リンパ節廓清の副作用だと思います。放射線治療は関連性が薄いのでは?質問文のリンパ節1つ摘出がセンチネルリンパ節なのか、摘出したうちの1つに転移があったのかはわかりませんが、センチネルリンパ節ならば廓清とは言わないですよね。
3)辞めないほうがいいですね。実験データでは放射線治療により血管の細胞が傷つきます。血管の細胞(転移に対するバリア)の損傷と生き残ったがん細胞(強いがん細胞)がセットになりますから、中途半端な治療であれば転移を引き起こしうる可能性も示唆されています。副作用等で完遂できないのでなければ止めるべきでないです。

Q乳がんで全摘手術後に放射線治療をしています。放射線治療室は高齢の方が多く40代の私がいるのが不自然な

乳がんで全摘手術後に放射線治療をしています。放射線治療室は高齢の方が多く40代の私がいるのが不自然な空間に感じる場所です。
治療室に入るとベットの上に座り放射線技師の男性の前で私は自分で検査着の前を外して胸を出さなくてはいけなくて…胸を出したら放射線技師の男性が私の背中に手を回して抱きつくような体勢でベルトを巻くんです。
毎日上半身裸になってベットに寝て腕を頭の上に上げた状態で照射するのですが…3人の男性の放射線技師さんに囲まれて身体にマーキングされたり…ベルトを巻いたあとはベルトの中に手を入れて健側のおっぱいの位置を整えたりするのでかなり恥ずかしい時間なんです。
乳がんだから仕方ないし…放射線技師さんたちは仕事として見ているんだと思うのですが…放射線治療は25回も続くためほぼ毎日病院なんです。
全摘してる胸は誰にも見せたくない気持ちなので…いくら治療とはいえ恥ずかしくて仕方ありません。
治療室の中には看護師さんもいなくて男性だけというのもかなり不安になります。
あからさまにセクハラ行為がある訳ではないのですが……数人いる放射線技師さんの中のひとりの男性は明らかに親近感を持ってる様子で話しかけるときもタメ口だし…おっぱいのベルトを巻く時も必ずその人が一番に部屋に入ってきます。ベルトの中に手を入れて健側のおっぱいの位置を整えるのもその人で、たまに他の技師さんがそっちに立った時はベルトの中に手を入れてくる事はありません。
でもこういう事ってギリギリのラインなのでクレームとして言うことは難しいですよね…。
まだしばらく毎日会うので話を大きくして気まずくなるのもイヤだけど…いくら治療とはいえ同じ男性に毎日全摘した胸を見られたり、触られたりするのは恥ずかしさを超えてかなり苦痛です…。

乳がんで全摘手術後に放射線治療をしています。放射線治療室は高齢の方が多く40代の私がいるのが不自然な空間に感じる場所です。
治療室に入るとベットの上に座り放射線技師の男性の前で私は自分で検査着の前を外して胸を出さなくてはいけなくて…胸を出したら放射線技師の男性が私の背中に手を回して抱きつくような体勢でベルトを巻くんです。
毎日上半身裸になってベットに寝て腕を頭の上に上げた状態で照射するのですが…3人の男性の放射線技師さんに囲まれて身体にマーキングされたり…ベルトを巻いたあとはベ...続きを読む

Aベストアンサー

毎日おっぱい見たり触ったりしているので何とも思ってないと思いますよ

この治療をしないとあなたはどーなりますか?

クレームとか考えるより
直す事に集中してください

考え方にもよりますが…
触られて治るもんなら大儲けと前向きな考え方もあります

病は気から…NKキラー細胞は前向きな考え方の人の方が活発になります。

不満を希望に変え完治してくだい

Q放射線治療について

医療保険のパンフレットをみていて放射線治療給付金とかいてありますが放射線治療のことがまったくわかりません。
先進医療じゃない放射線治療ってあるんですか?放射線治療って手術なんですか?
ちなみにパンフレットはアフラックの新エバーときらめき生命の新医療保険αをみています。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)先進医療じゃない放射線治療ってあるんですか?
(A)先進医療に指定されている放射線治療は、
陽子線、重粒子線など一部だけで、ほとんどは、
普通の健康保険の適用となります。

先進医療とは……
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/

(Q)放射線治療って手術なんですか?
(A)医学的、健康保険的に言えば、放射線治療は手術ではありません。
しかし、民間の医療保険では、手術に含める場合が多いです。

例えば、EVERの場合……
旧EVERでは、放射線治療は手術給付金の中の一項目です。
新EVERでは、手術給付金の考え方を健康保険で言う
入院手術・外来手術という項目に変更したので、
放射線が給付金の対象から外れてしまいました。
そこで、わざわざ「放射線治療」という別の項目を加えたのです。

Q放射線治療【体外照射と体内照射】

こんにちは。
タイトルのような言い回しが適切ではないかもしれませんが、
私は現在放射線治療について勉強中です。

一般的な体外照射(ガンマナイフ等含む)のほか、
アイソトープやヨードなど、注射や経口投与によって
行われる放射線治療もありますが、放射線を体外から取り入れる
場合と、体内から取り入れる場合において
どのような違いがあるのでしょうか。
身体的なダメージなどにも差異はあるのでしょうか。

ご教授いただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

放射線治療についての質問ですが、通常は体外照射として
差し支えないです。
γ線・電子線・重粒子線等(γナイフも)すべて、体外照射です。
体外照射は比較的コントロールがしやすい点で多く用いられています。
特殊な例は腔内治療というのがあります、子宮がんや食道がんとうに
用いられています。
線量的には多いですがシミュレーションの装置などで
しっかりコントロールしてあまりガン以外のところ
にはあたらないようにしていますが、嘔吐や白血球の減少が
みられたりします。
一方体内照射は注射や経口投与によるものでがん細胞および周囲に
取り込まれやすい物質にアイソトープをラベリングして投与しますので
すべての症例に使えるものではありません。
また外照射にくらべコントロールがしにくい欠点があります。
投与量のすべてがガンおよび周囲に取り込まれれば問題はない
のですが、なかなかうまく行かなかったり、多すぎて正常細胞が
照射されてしまってりするケースがあります。
以上ですが、まだまだ書ききれません何か追加質問でもあれば
どうぞ。

Qガンの放射線治療によって

こんにちは。 ガンの放射線治療を受けたら、その後遺症でほぼ無精子状態になると聞いたのですがそうなったら子供は絶望的なのでしょうか、もし、生れたとしても障害児の可能性が高いのでしょうか?

Aベストアンサー

被ばくすると生殖細胞の分裂や分化がとまり、生殖細胞の生産が中止するらしいです。つまりある程度の被爆を受けると一時的あるいは永久的に無精子状態になります。また、無事に精子が作れるようになったとしても、DNA(染色体)に傷がつく可能性があり、子供に染色体異常がおこり、発ガン、奇形などが起こる可能性があります。
 そのため、精子を凍結保存して、放射線治療前にとっておくこともあるみたいです。

参考URL:http://mext-atm.jst.go.jp/atomica/09020403_1.html

Q前立腺ガンの放射線治療について

57歳の父前立腺ガンで治療を悩んでましたが、手術が一番適していると思われましたが、本人の仕事の都合上入院をすることが今無理なので、放射線をすることにしました。当院ではまだあまり症例が少なく副作用でごくまれに大腸に障害がでて人工肛門をしなくてはならないことがある、といわれ実際前立腺ガンの放射線の副作用、治療の実績などあまり本にものってないし、教えていただきたいのですが・・57歳の父は、6カ所中1カ所のみの初期の癌といわれています。PSAは7前後肥大も合併しています。当院の放射線は外部より1分間ほど毎日照射して6から7週間通院するみたいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

プロトコールとは…
「あらかじめ病状の段階に応じて決められている『標準的な』治療法です。」

各悪性腫瘍の場合には当該団体の腫瘍研究部会ないしは各大学の腫瘍グループが作ったものまであり、それぞれにはマイナーな違いはいくつかありますが、現段階での学会や論文発表されているものの内から、信頼できる情報をあつめて標準的な対応方法をあらかじめ決めておいたものです。
前立腺癌の場合、ステージBについてはいくつもの議論がされてきた結果手術療法を標準治療とするのが決まった経緯があります。ステージCについては現在も積極的な議論が行われているようです。ステージAについては、放射線療法を行うのが積極的な立場の部類、W/Sといって厳重観察とするのが保存的な立場の見解です。全ての疾患はこれにしたがって多くの治療研究成果が発表されたりもします。ただし、プロトコールは絶対に従うべきものとは規定されていません。これを基準に各患者さんの状況を加味し主治医が実際の治療法を決定するものです。しかし、専門医としてプロトコールを熟知していないのはお粗末としかいえません(?)、これは専門医の基礎知識に属します。

これまでのお話を伺う限り、主治医の先生には全く問題がありません。とても優秀な方だと思います。副作用などについても伺えばもっと詳しく教えてくださるように思うのですが…

プロトコールとは…
「あらかじめ病状の段階に応じて決められている『標準的な』治療法です。」

各悪性腫瘍の場合には当該団体の腫瘍研究部会ないしは各大学の腫瘍グループが作ったものまであり、それぞれにはマイナーな違いはいくつかありますが、現段階での学会や論文発表されているものの内から、信頼できる情報をあつめて標準的な対応方法をあらかじめ決めておいたものです。
前立腺癌の場合、ステージBについてはいくつもの議論がされてきた結果手術療法を標準治療とするのが決まった経緯があります。ス...続きを読む

Q放射線治療の副作用と対策について

こんばんは。

先日、肺がんで闘病中の父のことでご相談させていただき、たくさんの方々から貴重なアドバイスをいただきました。どうもありがとうございます。

父は目下、抗がん剤治療・放射線治療を平行して行っています。ところがここ数日、ものすごい倦怠感・疲労感を覚えています。その原因ですが、よくわかりませんが「放射線」によるものかと考えています。

ちなみに、抗がん剤・放射線治療はいままで以下のように受けています。

■抗がん剤
今まで1週間ごとに2回投与
■放射線
毎日(土日除く)、合計17回

もし、放射線による副作用である場合、しばらく治療を休ませても大丈夫でしょうか。(僕としては、毎日で17回はちょっと回数が多い気がします。)
明日からも月~金までの放射線治療が待っており、本人はもちろん、家族としても大変心配です。

アドバイス・ご指導いただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

放射線の照射は総線量50グレイくらいまでかけられます。月-金で毎日で1日(1回)にかけられるのは2グレイだけ。つまり総線量50グレイで25回となるので17回は普通です。

月-金毎日の決まった線量の照射でゆっくりと効果が出ます。土日のお休みもじわじわと効いてますし体も休められます。途中で放射線治療を休むと効果が出ません。
あまりに患者さんの状態が悪い場合は中止などもあるようですが。休まずきちんと受けることが大事です。

私はかけた部位が違いますが照射後、倦怠感と疲労感、食欲不振、匂いが鼻につくという副作用が出ました。
精神的なものもあったと思いますがそういう方も多いようです。放射線の照射は一種の日焼けのようなものだそうで
胸にかかると食道炎、口の中だと口内炎が出たりしますが一時的なもので治ります。

肺ということと抗がん剤の関係もありますからやはりきちんと医師に話された方がよろしいと思います。

Qがんの放射線治療について

私の父の癌についての質問です。

食道がん(原発巣)
リンパ節転移
胃浸潤

父(65歳)は上記診断の癌で、週明けにも放射線(抗がん剤治療併用)が始まることとなりました。

その放射線治療ですが、担当医の話によると、食道・リンパ節・胃の広い範囲にわたって放射線をかけるとのことで、心臓にもかかってしまうと言っておりました。
こんな端的な情報では回答のしようもないかもしれませんが、このようなケースでは広範囲にわたって放射線を照射するものなのでしょうか?周辺臓器や心臓に放射線がかかってしまっても問題ないのでしょうか?

お忙しいところ申し訳ありませんが回答いただければと思い質問させていただきました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>このようなケースでは広範囲にわたって放射線を照射するものなのでしょうか?
広範囲に照射することも、確かにあります。癌の治療を考えると致し方ないのかもしれません。

>周辺臓器や心臓に放射線がかかってしまっても問題ないのでしょうか?
一定線量を超えて照射しないものに関しては、問題ないとさえれています。治療線量であれば、副作用が生じるリスクがありますが、リスク-ベネフィットの兼ね合いで判断すべきであると思います。
たとえば心臓であれば、心臓の周りに水がたまったり、不整脈が起こる可能性もあります。胃であれば、胃炎や逆流性食道炎が起こる可能性もあります。が、がん治療という目的の前では、重症とならない限りは対症療法しかないと思います。
治療におけるもっとも苦痛なことは、おそらく放射線性食道炎だと思います。これがもっとも症状としてきついかもしれません。心配なのは骨髄抑制、すなわち貧血や白血球減少などですが、症状に出ることはすくないです。
楽な治療とはいかないかもしれませんが、がんばっていただきたいと思います。

Q前立腺癌末期の放射線治療について教えてください。

私の叔父なのですが、前立腺癌末期と判り2年目です。抗癌剤治療、ホルモン治療をしたのですかどれも治療の成果が出なく 頭に出来たテニスボール大の2つのコブはどんどん大きくなり それに伴い痛みも我慢できなくなり 新薬をつかい痛みを軽減することが出来たのですが 新薬もいつまで効くか判らないので 頭のコブに放射線治療をして痛みを緩和させることになりました。(脳にも大分、癌が食い込んでいるみたいです)そこでお尋ねしたいのは この放射線治療により延命できるのか、そして癌を食い止めることはできないのか、よく放射線治療をすると急激に悪化するとかきくので心配です。医者からは もういつ旅立ってもおかしくないと言われております。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

放射線治療は延命の意味よりも痛みの緩和の意味が大きいと思います。

どのタイプの癌も一旦は放射線治療が効きますので、表面に近い腫瘍に対し局所的な照射は一時的ではあると思いますが有効と思います。全身への負担も少ないと思います。

状況はよろしくないと思います。緩和治療の1つとしてお考えになるものと思います。

急激な状態の悪化としては、放射線により脳の炎症がおきて意識障害などを来たすことがあるかもしれません。これは、癌そのものによる脳への浸潤と区別は難しいと思いますし、リスクと放射線治療の是非の判断は主治医、ご本人、ご家族にゆだねるものと思います。

Q肺がんの放射線治療

この間から度々質問させて頂いています。
脳梗塞に肺がんを併発している67歳の母の事ですが、非小細胞ガンだとの診断で、今週中に放射線治療を始めますがその治療に成果が出る確率は100分の1だと言われました。放射線治療は身体が衰弱しやすいと聞き、心配しています。
100分の1に掛けてみたいけど、副作用に苦しむ母の姿も見たくない!
脳梗塞も良くなっていないようで、実際どれぐらい本人が耐えられるのか・・・。
個人差もあるでしょうが、放射線治療をして本人は楽になるのでしょうか?
難しい質問ですみませんが、お願いします。

Aベストアンサー

不思議な話ですね、それは。

医師は、その治療の有益性が、その治療のリスクを上回る
と考えるからこそ、患者さんに治療を勧めるハズです。
どんな場合でも、治療の意義は、その一点にあるはずです。

放射線治療には、放射線宿酔(全身倦怠感・食欲不振・嘔吐など)
や、皮膚障害、骨髄抑制、食道炎(これは照射部位によって)
など、様々な副作用があります。

これらの副作用が出れば、苦しむのは医者ではなくてmonkoさんの
お母さんですよね?
そのことを考慮しても、百分の1の可能性の方が有益だとその医師は
考えているのでしょうか。

末期癌なのですか?
その場合、手の施しようが無いから、放射線でもかけてお茶を
濁しておこうかというぐらいの意図しか、私には感じられません。

小細胞癌でなければ、第一選択は手術ではないかと思います。
たとえそれが不可能だとしても、可能性のきわめて薄い治療を
選ぶ理由にはならないと思います。

いずれにせよ、納得がいくまで医師と話し合うべきでしょう。
monkoさんが心配されるお気持ちは、当然ですよね。

不思議な話ですね、それは。

医師は、その治療の有益性が、その治療のリスクを上回る
と考えるからこそ、患者さんに治療を勧めるハズです。
どんな場合でも、治療の意義は、その一点にあるはずです。

放射線治療には、放射線宿酔(全身倦怠感・食欲不振・嘔吐など)
や、皮膚障害、骨髄抑制、食道炎(これは照射部位によって)
など、様々な副作用があります。

これらの副作用が出れば、苦しむのは医者ではなくてmonkoさんの
お母さんですよね?
そのことを考慮しても、百分の1の可能性の方が有益...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報