レース編みの本がたくさん種類置いているお店しりませんか?
できれば岐阜か愛知の西尾張と名古屋市内でおねがいしたいんですが・・・。
いろんな店で新しいのを見つけるたびに買っていたら
もうどこの店に行っても自分のもっているものばっかに
なってしまって、編んだ事のあるものばかり何度も編んでる毎日なんです・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

雄鶏社という編物専門の会社があって、そこで本をたくさん刊行しているのですが、ネットで注文できるようです。

ここにある本は全部お持ちですか?ちょっとのぞきに行ってみるといいですよ。探し回るより、良いと思うのですが。
あと、個人のHPでもレース編みを色々と紹介している方がいますので、検索してみるといいと思います。

参考URL:http://www.ondori.co.jp/shomei/sho_la01.htm
    • good
    • 0

ここのサイトで↓登録をして


お近くのサテライトショップで受け取るというのは
いかがですか???送料もかかりませんし。

本が到着するのはサテライト加盟店で
あとは普通に本を買うだけです。
注文もネットでするのでお店に足を運ぶのも
一度きりですよ。

ここの絞込み検索の出版社の所に
「雄鶏社」とか「日本ヴォーグ社」とか「NHK出版」とか入れて、キーワードに「レース編み」と入れれば
かなりの数を見ることができますよ。

西尾張でしたら「TSUTAYA」とか加盟しています♪

参考URL:https://www.honya-town.co.jp/satellite/index.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「西の善き魔女」について教えて下さい

「西の善き魔女」今はハードカバーで『旅立ちの巻』というのを図書館で借りて読んでいます。
なかなか面白いので次を予約したいのですが、図書館の検索画面だとタイトルが様々で、少々混乱しています。
そこでお聞きしたいのですが、
『セラフィールドの少女』とか『薔薇の名前』とかいうのは文庫版のタイトルなんでしょうか?
ハードカバーで読む場合は『旅立ちの巻』『戦いの巻』『世界の扉』『星の詩』これで完結ですか?他に外伝もあるようなのですが…。
もしご存知の方がいらっしゃいましたら是非教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1 セラフィールドの少女
 2 秘密の花園
 3 薔薇の名前
 4 世界のかなたの森
 5 闇の左手

 外伝1 金の糸紡げば
 外伝2 銀の鳥 プラチナの鳥
 外伝3 真昼の星迷走

以上がC・NOVELSファンタジア (新書のサイズで発売された物)のタイトルになります。

 単行本第1巻「旅立ちの巻」 (C・NOVELSの1,2収録)
 単行本第2巻「戦いの巻」  (C・NOVELSの3,4収録)
 単行本第3巻「世界の扉の巻」 2300円(C・NOVELSの5,外伝1収録)
 単行本第4巻「星の詩の巻」 ( C・NOVELSの外伝2、書き下ろし収録)
以上がハードカバーの物ですので、恐らく読まれているのはこちらになるかと。

現在は文庫サイズで再販が行われています。
タイトルはC・NOVELSと同じようですが、発売順が異なる様子です。

Q美女か美少女が主人公のモテモテ恋愛小説 (できれば翻訳本で)

美女か美少女が主人公で二人以上の男性に猛烈に愛されるか、一人の男性でもいいので狂ったように愛される小説。または、女主人公が男性を美しさで魅了し、虜にしてゆくような小説。できれば翻訳本で。

V・C・アンドリュースやシドニィ・シェルダン、ダニエル・スティールの作品は読破しました。

リンダ・ハワードやノーラ・ロバーツなどのハーレクイン系の作家の作品は遠慮します。

Aベストアンサー

こんばんは。
正確には女性が主人公、ではないのであれですが、少なくとも男性が美しさで魅了されて、虜にされてゆく物語ですので、一筆します。ほとんど古典で、お読みの書風とは全く違うでしょうが、ご参考までに。
『毛皮を着たヴィーナス』マゾッホ(河出文庫、種村季弘訳)
魔女のように美しい貴婦人に理想の悪女像を見出した青年が、彼女を狂気のように崇愛し、いよいよ自分の理想にかなうよう導いて行くが、終に彼女が・・・
というスジです。
主人公の男性より圧倒的にこの女性の存在感の方が大きいですね。

Q指輪物語 追補編

追補編を買おうと思っているのですが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4566023737/ref%3Dnosim/straydogsroos-22/249-9186518-7665927

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4566023605/ref%3Dnosim/straydogsroos-22/249-9186518-7665927

というのがあって、どちらにしようか悩んでいます。
おすすめはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

他の方もおっしゃっているとおり、上か文庫版、下がハードカバーの単行本です。
価格や携帯しやすい方が良いか、丈夫な方が良いか、の違いになるかと思います。
私は文庫版だけ持っているのですが、文庫としてはかなり分厚くて、紙も厚いものですから、意外に持ち歩きにくいですが・・・(汗)
紙面が小さくなっているので、文庫版は巻末の索引や系図が見づらいようにも思います。
また、余談ですが、後半の索引に出てくるページ数は、どちらもハードカバー版の「指輪物語」本編のページ数になっています。

内容はさほど変わっていないのですが、文庫版はハードカバー版が出てから10年以上経ってから出ているため、一部変わっているところがあります。
ただ、訳者の田中明子氏も、あとがきで、見直すべきところを結局訂正しないまま出してしまうことをお許しください、と書いているように、そんなに大きな違いではないと思います。
私が気がついた違いはホビットの系図で、紙面の都合か、ハードカバー版では省かれていたところが一部増えていたりします。
たとえば、文庫版の系図ではメリーの奥さんの名前が出ています。ハードカバー版には出ていなかったので、原書を見ていない人は、メリーは独身で通したのかと誤解していた人も多いと思います。それでもまだ完全ではないのですが。
ただ、その程度ならハードカバー版の巻末を図書館などで見たりすれば済むことかなとも思いますが。完全な系図が欲しければ原書を買った方が良いですし。

他の方もおっしゃっているとおり、上か文庫版、下がハードカバーの単行本です。
価格や携帯しやすい方が良いか、丈夫な方が良いか、の違いになるかと思います。
私は文庫版だけ持っているのですが、文庫としてはかなり分厚くて、紙も厚いものですから、意外に持ち歩きにくいですが・・・(汗)
紙面が小さくなっているので、文庫版は巻末の索引や系図が見づらいようにも思います。
また、余談ですが、後半の索引に出てくるページ数は、どちらもハードカバー版の「指輪物語」本編のページ数になっています。

...続きを読む

Q金城一紀 対話編の扉絵は?

金城一紀「対話編」の扉絵に、花の水彩画が書かれていたのですが、誰の絵かご存知の方、よろしくお願いします。
今本が手元にないので・・・

Aベストアンサー

おはようございます。

 えーと、これでいいんでしょうか。↓の2003 0606の項を参照して下さい。
装幀:著者
扉画:鴨居まさね
と有ります。
 こちらの2003.2.3の項にも同じ内容の記述が有りますから、これで間違いがないと思います。
http://www.cc.rim.or.jp/~mikage/diary/diary-200302.htm

 それにしても、本を買う人は本当に良く買っていますね。私は二月くらい前に2000円ほどの単行本を買ったきりです。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Skyblue/9441/rbook3.htm

Q「長短編並立方式ライトノベル作品」に関して

ライトノベルで世界設定を共有する長編と短編が並立して発表されている作品が結構ありますよね。これに関していくつか質問なのですが・・・

(1)この方式を採用している作品はどれくらいあるのでしょうか?
※「好きな作品」や「オススメの作品」を聞いているわけではないので、『思い浮かんだ作品』を片っ端から挙げてください。
(2)この方式、角川グループ系列のレーベルでよく見かけますが他社のレーベルにも存在するのでしょうか?
(3)ライトノベル以外の小説や、(小説以外の)他メディアの作品にも似たような方式の作品はあるのでしょうか?
(4)質問タイトルの「長短編並立方式ライトノベル作品」というのは(他に思いつかなかったこともあり・・・)自分で適当(?)につけたのですが、この方式を表す業界用語みたいな言葉はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 No.4ですが、再び失礼します。

 おっしゃるような作品は、単純に外伝がたくさんある作品としか、言いようがないと思いますが・・・・

 角川系列が多いのは、単純に定期的に発行されるライトノベル専門雑誌の有無のような気がするのですが・・・・短編の外伝は、そういった雑誌で発表されることが多いですし・・・・角川以外ですと、集英社のコバルトぐらいしか、思いつきません。あとは、新書館からも出ていたかな。

 グイン・サーガ 栗本薫 本編100巻(予定)外伝19巻

 ローゼンクロイツ 志麻友紀 本編10巻プレザン1巻(雑誌連載分があるので、多分増えると思います)

 影の王国 榎木洋子 本編12巻十六夜異聞(短編集)2巻

 リダーロイス・シリーズ 榎木洋子 本編6巻外伝3巻ワールド2巻

 風の大陸 竹河聖 本編25巻外伝複数(氷の島全3巻外伝3巻たぶんほかにもあったと思います)

 スクラップド・プリンセス 榊一郎 13巻サプリメント2巻

 四龍島 真堂樹 本編(確か)22巻(龍の文字が入っています)外伝多分4巻(花で始まるタイトルの作品です)

 破妖の剣 前田珠子 本編13巻外伝6巻

 銀河英雄伝説 田中芳樹 本編10巻外伝4巻

 クシアラータの覇王 高瀬美恵 本編10巻外伝2巻

 とりあえず、思いついたものをあげてみました。だいぶ、取りこぼしているような気はするのですが・・・・・

 また、先にあげたシェアード・ワールドの作品も、長編と短編集がいろいろと混ざっています。「百鬼夜翔」「妖魔夜行」は、確実にそうです。また、ソード・ワールドも同様だったと思います。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

 No.4ですが、再び失礼します。

 おっしゃるような作品は、単純に外伝がたくさんある作品としか、言いようがないと思いますが・・・・

 角川系列が多いのは、単純に定期的に発行されるライトノベル専門雑誌の有無のような気がするのですが・・・・短編の外伝は、そういった雑誌で発表されることが多いですし・・・・角川以外ですと、集英社のコバルトぐらいしか、思いつきません。あとは、新書館からも出ていたかな。

 グイン・サーガ 栗本薫 本編100巻(予定)外伝19巻

 ローゼンク...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報