生活保護の中に、葬祭扶助がありますが、例えば、生活保護を受けている方が亡くなり、身寄りが無かったとします。
葬祭扶助によりお葬式を出す場合、担当する自治体職員が、故人の「債務?」と言うのでしょうか、例えば、未払いの家賃・電気代・水道代・電話代等を支払い、残った予算の中で葬儀を出すように指示を出す事は、良いのでしょうか?
慣例上のことと、法律上のことをできれば知りたいです。
葬祭用に用意されている予算を、亡くなった生活保護受給者の「債務?」補填に流用しても良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

葬祭扶助は1件当たりの上限額が定められており、その限度額内での


必要最小限の額が支給されます。身寄りがない無い場合には、葬祭を
執行した方に費用弁償として支給されます。(民生委員など)

個人の未払いの家賃や光熱水費を支払うことはありません。
よって、質問のような「流用」はあり得ません。

なお、死亡した被保護者が現金を残していた場合には、遺留金として
それを先に葬祭費に充てて、不足分を葬祭扶助で支給します。

この回答への補足

あり得ませんと言うのは、性善説で、有る場合はどうなるのでしょう?
もちろん、現金を残した場合・香典があった場合は差し引きされることは分かっています。

補足日時:2009/08/04 20:18
    • good
    • 0

何を言いたいのか良く分かりませんが、葬祭扶助の金額はそれほど多くないと思います。


どこかで読んだのですが、葬儀代といっても、棺桶、焼き場のお金、骨壷程度にあてられるので、普通の葬式で行うお坊さんが来てとかいうものと違います。写真もありません。
ですから、それで余るお金があれば、他に使うことは問題ないと思います。ただ、普通は<実費>という支出項目ですから、どこかで多めに領収書がないとやり繰りできません。

この回答への補足

私の住んでいるのは、市とはなっていますが田舎です。
葬祭扶助は一件18万円と聞きました。火葬料は市民1万5千円・棺桶は安い物で2万円・骨壷セット1万円・斎場使用料(略式祭壇含む)5万円・霊柩車使用と搬送5万円・僧侶布施3万円、このような内容が今までの一般的な費用でした。ところが、最近は質問のごとくらしいです。
疑問と感じるのは、予算の執行を前提としているはずなのに、目的外の予算使用ではないのでしょうか?

補足日時:2009/08/04 19:46
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亡くなった生活保護受給者の車について

亡くなった方が名義の普通自動車の名義変更(移転登録)を頼まれました。

その亡くなられた方は生活保護を受給されていたのですが、車を差し押さえられることはないんでしょうか?

例えば陸運局にて名義変更を行った際に、「この車は差し押さえ対象なので名義変更はできません」ってなったりするのか
名義変更をして、新所有者の名義になってからでも、元生活保護受給者の車だから、と差し押さえられる可能性があるのか…

ちなみに新所有者は亡くなられた方の家族等ではなく、全くの他人です。
なので名義変更は、一度相続人に変更してから、新所有者に変更、というダブル移転という感じで行われます。

わかる方、教えてください。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

車も財産として扱われる(歩けないから車を使うなど微妙)
生活保護者は所持しているはずがないものだそうです。

福祉事務所が生活保護の承諾をしているはずなので
財産について見落としたということになります。
まれにお金が押し入れに隠してあったなどが発覚した場合は、
支給した分の返還などを求められることが基本となっているようです。

死後の状態でもありますが、福祉事務所に一度相談すれば
クリアな処理が出来ると思います。

Qクレジット会社から訴えられてしまいました。 私は10月1日に生活保護の申請が通ったばかりの生活保護自

クレジット会社から訴えられてしまいました。
私は10月1日に生活保護の申請が通ったばかりの生活保護自給者です。
2日後にアパートへの引っ越しが控えて居る中、今日 東京簡易裁判所から手紙が来て
以前使っていたクレジット会社から
見返済金額50万の返済を求める訴えです。
出廷は11月の半ばで、その出廷日から
一週間前までに答弁書を提出して下さいとの事でした。

今現状の私には返せません。
この先に何が待って居るのでしょうか。
この先に私がしておかないといけない
事や手続きなどが有りましたら教えて下さい

法律など専門や、詳しい方が居ましたら
アドバイスの程、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

生活保護の場合、法テラスで「自己破産手続き」をしてくれます。
費用は、生活保護の為立て替え金の返済も保護受給中はありません。
また、生活保護費からの返済は生活保護法で認められていませんので、これもケースワーカーに至急相談してください。
カード会社には、生活保護受給者であることを電話で説明して、返済不可能であることを言って下さい。

Q亡くなった祖母との血縁関係の証明

カテ違いであったらすいません。

私の父方の祖母のお骨がお墓ではなく納骨堂にあります。

亡くなったのは今から約20年前です。

ですが、どこのお寺にあるのかはっきりわからないので、祖母が住んでいたあたりのお寺に電話をして聞こうかと思ってるのですが、最近は個人情報とかの関係で電話では教えてくれないと聞きました。

祖母と私が血縁関係があるという証拠がないとダメだとか・・・?

そこで質問ですが、そういう証明書ってあるんですか?ちなみに・・・

(1)一度も同居したことがない。

(2)私の両親が離婚している。

(3)祖母が再婚している。

上記のような事柄があっても大丈夫でしょうか?

父に聞けば早い話だと思いますが、上記にも書いた通り両親は離婚してます。
あまり関係を持ちたくないので、「父に聞く」というのは無です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

戸籍全部事項証明(戸籍謄本)(一通450円程度)
除籍謄抄本※除かれた戸籍に記載されている内容(一通750円程度)
改製原戸籍謄抄本※旧戸籍法に記載されている内容(一通750円程度)

あたりがいわゆる 血縁関係があるという証明になります
直系親族(例:親、祖父母、曾祖父母、高祖父母・・・)
の内容なら取得できますので
まず自分の戸籍がある市区町村で
「20年ほど前に亡くなった父方の祖母まで関係がわかるとこまで証明書が欲しい」
とでもいえば そこの役所でわかるとこまで
そして 他の市区町村じゃないとわからない場合は 「どこに問い合わせればいいか」
わかりますよ

たいてい2,3通程度の費用で済むと思います。
(届出だせば転籍を繰り返したりできるが 結婚、離婚のときくらいしか普通は変更してない)
遠方でしたら郵送で請求することもできますが 返信用封筒用意したり
郵便局の定額小為替用意したりちょっと面倒

自分の本籍がどこかわからなければ 自分の住民票とれば記載されている
(発行時に記載するかどうか選択)

Q亡くなった母の再婚前の子どもの相続権について

父は6年前に亡くなり、母は半年前に亡くなりました。
母は父と再婚する前、子どもが二人いました。
母は前夫とは昭和26年に離婚し、父と昭和28年に再婚しました。
父が昭和44年に買った土地の上に私が、平成7年1月に二世帯住宅を建てました。
今回平成27年2月に母が亡くなった時に、父が死んだ際の相続もしていなかったので
手続きをしようとして、母に二人の子どもがいることがわかりました。
この二人の子に、父が買って、現在私が建てた家がある土地の相続権はあるのでしょうか?
この問題が解決しない限り、私は父の土地を相続できないのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

半年過ぎても遺留分の請求がないのでしょうか?

であるなら、確かに他の回答者の通りで、通常相続であれば、異父兄弟への遺留分の相続が発生します。

しかし、土地相続ではなく、借地法の規定で、20年の時効規定がありますので。自身の立てた2世帯住宅の時効が、今年の1月に既に迎えておりますので、その土地はあなたの土地だと主張可能になりますので、そのまま登記を自身に変える手続きで構いません。

相続ではないので、遺留分を支払う必要もありません。

土地に関してはこのような法の救済措置があります。

遺留分請求については、10年が時効です。
万一10年以内に請求を受ける場合があったのなら。母親名義の銀行口座にあった預金の1/4をお支払いください。
当然ながら、葬儀費用などを差っ引いて構いません。

Q亡くなった母親が連帯保証をしていた弟の借金を長男の私が返済する義務があるか?

弟の借金の連帯保証を、亡くなった母親と弟と親しい友人がしていました。私は母や弟と遠く離れて住んでいたためそのことを知りませんでした。母親が亡くなって弟は商売に失敗し夜逃げをしてしまいました。弟と親しかったという友人がある日突然訪ねてきて、リース会社から厳しく取り立てられているから相続人である私に残債を支払えと要求します。実家の家と土地は弟が継いで私は外に出たため何も相続しなかったのですが支払う義務があるでしょうか。なお父親は母親より10年ほど前に亡くなっています。

Aベストアンサー

連帯保証債務は負債として相続されていきます。
母親の遺産を相続放棄をされていたなら払う必要はありませんが、
手続をしていないなら保証債務は引き継がれています。
債権者は取立の遣り易い所(資産がある)から請求していきます。

子々孫々まで引き継がれる連帯保証人制度は日本くらいではないでしょうか。
封建時代のひどい制度ですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報