マーベル映画シリーズの伝説の始まり『アイアンマン』を紐解く! >>

米キニピアック大学(Quinnipiac University)が4日に発表した世論調査によると、米国人の約3分の2が、
第2次世界大戦中の64年前、米国が広島と長崎に原爆を投下したことは正しかったと考えていること
が明らかになった。

この世論調査によると、当時のハリー・トルーマン(Harry Truman)米大統領が原爆投下を
命じたことは間違いだったと回答したのは、回答者のわずか22%だった。

米国は1945年8月6日に広島に原爆を投下し、14万人以上が死亡した。
同9日には長崎にも投下され、7万人が犠牲になった。

世論調査によると、原爆投下を支持する意見は年齢が上がるにつれ顕著に増加しており、
55歳以上の回答者では4分の3近くが支持している。
一方、18-34歳では50%、35-54歳では60%にとどまった。

キニピアック大学のピーター・ブラウン(Peter Brown)氏は、「第2次大戦の恐ろしさが
記憶に残っている回答者は、圧倒的にトルーマン大統領の決断を支持している。
その一方で、冷戦時代の核の恐怖の下で育った世代以下の回答者では支持する意見は少なくなっている」
と指摘した。

今回の世論調査は、全米の2409人を対象に7月27日から今月3日までの期間に行われた。
誤差はプラスマイナス2%。

http://www.afpbb.com/article/politics/2627862/44 …

原爆投下は正しかったのでしょうかそれとも正しくなかったのでしょうか?
そしてどうも米国等で核兵器とは威力がちょっと大きい普通の爆弾というような認識に思えます。
たとえばハリウッド映画などでも放射能の影響など知らないかのようにバンバン簡単に核爆発しまくってます。
核の本当の恐ろしさは放射能汚染だと思うのですがなぜ外国人はこんな感じなのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (46件中1~10件)

ただ一つ確かな事は、日本軍が【真珠湾】を奇襲しなければ【広島】・【長崎】の原爆投下も無かったと云う事なのです。



●『NHKスペシャル』のドキュメンタリー1時間番組(昨年8月6日放送)
◆【原爆投下・活(い)かされなかった極秘情報】は、非常に衝撃的です。
その内容を掻い摘むと、以下の様なものです。

※大戦中、日本も科学者を集めて原爆開発を進めていました。また日本陸軍情報部の【備忘録】が公開され、日本はアメリカが原爆実験に成功した事を知っていました。
アメリカ軍の通信を傍受して、テニアン島から【広島】に向かう特殊任務機のB-29【エノラゲイ】も特定しており、後に、この原爆機のコールサインを割り出した陸軍情報部の大尉が、参謀本部から表彰されています。更に【長崎】に原爆を投下した【ボックスカー】の動向も、投下の【5時間前】に知っていました。
ここで最も驚くべき事は、事前に【広島】・【長崎】への原爆投下を知っていたにも拘わらず、その情報は何故か隠蔽され、戦闘機隊への迎撃命令はおろか空襲警報すら出されなかったのです。その後、上層部はその【陸軍情報部】を、元もと存在しない事にしてしまいました。

◆日本は、アメリカが【原爆実験】に成功した事を知っていた。
◆極少数のV600番台のB-29が、【特殊任務機】と知っていた。
◆情報部の大尉が【原爆機】を割り出し、参謀本部から表彰されている。
◆戦闘機【紫電改】の搭乗員が、迎撃命令が有れば【B-29】を撃墜出来たと証言している。
◆空襲警報が出ていれば、相当数の人々が市の中心部から離れ、防空壕に避難できた。

●NHKスペシャル◆【原爆投下・活(い)かされなかった極秘情報】◆が↓全て見れます。
http://www.asyura2.com/10/warb7/msg/843.html
★どうぞ是非!【1時間】↑最後まで見て下さい。
    • good
    • 0

ある意味、正しかったのではないでしょうか。


確かに、国際法違反の民間人虐殺行為ですが、日本もアメリカに対し宣戦布告前に攻撃を行っています。
太平洋戦争は、どっちもどっちです。
アメリカとしては、本当に早く戦争を終わらせたかったのではないでしょうか。
日本軍の戦略、士気を考えると、戦争を長引かせればアメリカ軍の疲弊するのは目に見えていますから。
    • good
    • 0

原爆投下は非人道的行為です、悪魔どものなせるわざです。



アメリカのいいなりで、競争、市場原理主義、強い者勝ち優先で、都合の良い所にばらまきで、役人経営者経済団体とぐるで、開発経済優先で、大企業金持ち役人優遇で、国家権力側は甘くしろ反国家権力側は厳しくしろで、マスコミも世論も司法もコントロールしろで、選挙の時だけパフォーマンスを行えで、闇献金インサイダー取引パーティー官房機密費懐入れなどで金をつくって数を勝ち取れで、国家権力側に住み良い都合の良い日本社会を目指す自分党公暗党政権が良いか、

アメリカとは距離を置いて、理念ある独立国家として言うべき事は言いで、全人類の共存共生協調自然とも共存共生協調を目指すで、必要な所を重点に予算を組んで、役人を国民の公僕として職務を行わせるようにし天下りは許さんで、環境福祉質素な生活セフティネット優先で、汗水流している労働者中小企業弱者優先で、なんぴとたりとも公平平等に扱えで、マスコミ弁護士司法などは独立しろで、政権を担えば優先順位を考えて直ちに真の改革国民のための政策を行えで、志のある者だけで連帯し政党助成金も有効に使えで、全国民が住み良い日本社会にするかもしれない民主党政権が良いかの総選挙の結果、

民主党が大勝したわけであるが、国民新党や社民党に気を使って妥協したために、おかしな決定もあったわけである。

そして、自公政権で任命した、腐りきった国家権力の役人幹部らが、今だに裁判所、検察、警察、法務省などに居座って、自民党や創価学会公明党やこれらのバックにいる、アメリカ支配層の影響をうけているから、こいつらの命令意向に従って、与党幹部らのみを徹底的に攻撃しまくっているわけである。

御用マスコミも使ってね。

自公政権や自民党政権が復活すれば、また今まで通り、天下りや裏金作りや血税を飲食いに使うや不都合な人々を不当逮捕、不当起訴、冤罪に追い込むなどのやりたい放題の甘い汁が吸えるようになるというわけである。

鳩山総理や小沢幹事長の疑惑がすべて事実と仮定してさえ、自民党や創価学会公明党や腐りきった国家権力である悪徳役人の行ってきた犯罪悪行悪政の数々に比べれば、微罪にさえならないのである。

野党が贈収賄など成立するわけがないし、疑惑のほとんどがどぐされマスコミなどのデマだからね。

ということで、民主党がアメリカ支配層側に向けば、まともな国民にとっては、期待が失望に変わる、というわけである。
    • good
    • 0

原爆投下は非人道的行為です。

悪魔どものなせるわざです。

アメリカのいいなりで、競争、市場原理主義、強い者勝ち優先で、都合の良い所にばらまきで、役人経営者経済団体とぐるで、開発経済優先で、大企業金持ち役人優遇で、国家権力側は甘くしろ反国家権力側は厳しくしろで、マスコミも世論も司法もコントロールしろで、選挙の時だけパフォーマンスを行えで、闇献金インサイダー取引パーティー官房機密費懐入れなどで金をつくって数を勝ち取れで、国家権力側に住み良い都合の良い日本社会を目指す自分党公暗党政権が良いか、

アメリカとは距離を置いて、理念ある独立国家として言うべき事は言いで、全人類の共存共生協調自然とも共存共生協調を目指すで、必要な所を重点に予算を組んで、役人を国民の公僕として職務を行わせるようにし天下りは許さんで、環境福祉質素な生活セフティネット優先で、汗水流している労働者中小企業弱者優先で、なんぴとたりとも公平平等に扱えで、マスコミ弁護士司法などは独立しろで、政権を担えば優先順位を考えて直ちに真の改革国民のための政策を行えで、志のある者だけで連帯し政党助成金も有効に使えで、全国民が住み良い日本社会にするかもしれない民主党政権が良いかの総選挙の結果、

民主党が大勝したわけであるが、国民新党や社民党に気を使って妥協したために、おかしな決定もあったわけである。

そして、自公政権で任命した、腐りきった国家権力の役人幹部らが、今だに裁判所、検察、警察、法務省などに居座って、自民党や創価学会公明党やこれらのバックにいる、アメリカ支配層の影響をうけているから、こいつらの命令意向に従って、与党幹部らのみを徹底的に攻撃しまくっているわけである。

御用マスコミも使ってね。

自公政権や自民党政権が復活すれば、また今まで通り、天下りや裏金作りや血税を飲食いに使うや不都合な人々を不当逮捕、不当起訴、冤罪に追い込むなどのやりたい放題の甘い汁が吸えるようになるというわけである。

鳩山総理や小沢幹事長の疑惑がすべて事実と仮定してさえ、自民党や創価学会公明党や腐りきった国家権力である悪徳役人の行ってきた犯罪悪行悪政の数々に比べれば、微罪にさえならないのである。

野党が贈収賄など成立するわけがないし、疑惑のほとんどがどぐされマスコミなどのデマだからね。

ということで、民主党がアメリカ支配層側に向けば、まともな国民にとっては、期待が失望に変わる、というわけである。
    • good
    • 1

>原爆投下は正しかったのでしょうかそれとも正しくなかったのでしょうか?



私は正しくないと思います。

最近、日本のテレビも平気で使っていますが、あれもハリウッド映画と同じくらい悪いと思います。
    • good
    • 1

核兵器に対する考え方が、違うのだと思います。


日本人の感覚からすると通常兵器と核兵器では、その桁違いの破壊力というより残忍性で非人道的兵器の印象が強いと思います。
(もともと兵器に人道性を求めるのが間違っていますが)
大量破壊兵器という観念でしょうね。汚染といえば放射能もダイオキシンも世代を越えて連鎖していきますので、同等のカテゴリに入るかもしれません。

すでに核兵器は原爆から水爆に移行し、1発で破壊力はすさまじい大量破壊(殺戮)兵器になっています。
言い換えれば使えない兵器に「成り下がった?」訳です。
現在まで、核保有国はそういう兵器を保有することでお互い使用出来ずにいました。

たった2発の原爆が与えた事実は、大きな犠牲の上に「使えない兵器」であることを全世界に知らしめたと言わざるを得ません。
その結果、先の大戦から世界規模の争いは発生していませんし、核兵器が使用された戦争もありません。(戦争は無くなっていませんが…)


正しいか間違いかを検証するなら、私は原爆の使用に対しどのような理由も認めることが出来ません。
私は広島で生まれ育ったこともあり、幼い頃から「核兵器」についてはいろいろ見聞きする機会にありました。
実際に原爆症で苦しんでる方から、お話を聞いたりしてました。
一人の男性が「この兵器が、広島で使われた事実をもって最後となるなら・・・」と言われてたことを覚えています。

これまではたぶん、広島・長崎の悲劇にも「意味」があったのだと思います。ここに来て急速にその意味を失いつつあることに、強い危惧を感じています。
(1)に、核兵器の拡散(国と国の争いであれば報復というブレーキが機能しますが、テロにはブレーキがありません。)
(2)に、現在の核兵器保有国は、使える核兵器を造りだし保有しています。(核を小型化し、局地戦用に使用出来るようにとか・・)

兵器というのはいつの時代も、経済的価値で成り立っています。
数百万円のミサイルで数千億の戦闘機が100%落とせるなら、戦闘機は不要となるでしょう。地雷が重宝されるのは、戦果に対する経済的価値が優れて?いるからだと思います。
どこまでも人類は、「矛盾」を繰り返すのでしょうか。

広島・長崎の経験を持つ日本人が持つ核兵器への特別な嫌悪感は、間違っていないと思います。
先に述べた「核の語り部」の男性は、「人や国を憎むのではなく戦争を憎んでください」とも言われてました。
たぶん心から「戦争」を憎める国民は、日本人だけだとの想いからだと思います。
    • good
    • 0

正しい、間違っているという二元論で語れないようなことですね。


核兵器は確かに一発で数万人を一瞬にして殺害できる兵器ですが、それが残虐だというなら殺さない事を目的にしている対人地雷はもっとも人に優しい兵器になるんでしょうか。
原爆が日本に投下されなかった場合、終戦の時期が遅れ戦死者(その巻き添えも含めて)以外に、機雷による海上封鎖で経済が崩壊していたので餓死者が十万人単位で出ただろうとも言われています。可能性によっては北海道がソ連に取られ、日本が分断国家になったのではとも。
原爆投下は日本に降服を促す、というよりも戦後の世界情勢を見据えたソ連に対するデモンストレーションだったという意味合いが強かったようです。
日本が共産化する事を考えれば原爆投下には利もあったとはいえますが、実際の行為とはまた別問題です。
日本は被爆国なので原爆には否定的な感情を持ちますが、兵器の一つに過ぎない事も事実です。
例えばの話として、日本は国防費に毎年何兆円も使っていますが、トマホークミサイルを1000発ほど買ってそのうち1基を核弾頭にするだけで抑止力となり、誰も日本を攻めようとはしなくなるでしょう。(そんな簡単なことじゃありませんが)
トマホークは1発5~6千万円といわれ千発買っても600億円で済んでしまいます。30万トンクラスのタンカーの船体を流用したミサイル戦艦に全部積んで、イージスシステムを積むとともに護衛艦で守れば米海軍ですら沈めにくい戦力になります。
有事に狙われるにしても四六時中海に出しておけば日本本土への被害は無いに等しくなるでしょう。
原爆を特別視しなければそういう選択肢もあるでしょうが、日本ではまず無理でしょうね。
アメリカの場合戦勝国であり、核の抑止力で冷戦に勝った、国を守り切ったという意識があるし、多少の後ろめたさもあるから国の教育として原爆投下は正しかったと学校で教えていて、国民に刷り込まれてしまっています。
代理戦争でしかなかったベトナムとは意味が違うんですね。
原爆投下は正しかったとも言えますが、だからといって肯定する事はできないし、逆に認められないからといって全否定するのは現実的ではありません。
こういう例え話をご存知でしょうか?
ダチョウは危機がせまると地面の穴に頭を突っ込んで見えなくするそうです。脅威が見えなくなれば実際に危険が無くなると考えるダチョウの愚かさを笑ったものですが、日本の核アレルギーに近いものを感じませんか。
こんな事を言っても、私も実際には核兵器には否定的な考え方をしていますが。
    • good
    • 0

>原爆投下は正しかったのでしょうかそれとも正しくなかったのでしょうか?



戦争です。
アメリカにとっては正義で、落とされた日本にとっては悪です。
破壊力だけでなく、遺伝レベルで後々まで禍根を残すと云う被害の甚大さを考えますと、倫理的には悪に間違いないですが、アメリカのあの時点の外交上の戦略としては正でしょう。
まあ宗教的、人種倫理観的に右寄りのプロテスタントが多いアメリカですから、一部の人の認識として、日本人は人間として認められないから、良しとしても不思議ではありませんけど。

また、仮定の話をしても意味はありませんが、落としていなければ、本土決戦になっていたでしょうし、死傷者は攻守ともにより甚大で、戦後の占領政策も米ソ仏英などで分割占領でしょう。一部は中国にも分けられた可能性もあります。

アメリカ側のことを考えるのは大きなお世話だとは思いますが、原爆投下は正義でないと、国のアイデンティティは保てません。

また日本としては核兵器廃絶を根気よく訴え続ける事は被爆国としての使命でしょう。
    • good
    • 0

アメリカ人には原爆を投下した本当の目的も知らされてないんだし、アメリカ国民の立場にたてば当然の結果だな。


原爆の被害者の立場にたてば100%に近く、戦争だろうと間違っているという結果になるのも当然ね。
投下した要因は日本人は白人ではないというのも一つね。実験も兼ねていたわけね。一番大きいのが無条件降伏に追い込んで都合のいい国にしたかったことね。大成功しているがね。
    • good
    • 0

「原爆を落としたことで戦争が早く終結し、多くの犠牲者を出さずにすんだため、原爆投下は正当なものであった」


というのが、昔からのアメリカ人の原爆投下の正当性を主張する際の屁理屈ですし、学校教育でもそのようなかたちで説明がなされているのが現実です。
まあ、そのような主張でもしないと、核兵器という非人道的な武器を使った自分たちの野蛮さを否定できないということもあるんでしょうね。

でも、原爆投下が正当性のあるものであったと主張している一方で、スミソニアン博物館で原爆投下の惨状を伝える写真展を開催しようとしたところ、退役軍人組織から猛烈な反発が起き、中止させられたことも過去にはありました。

WW2中は、日本も中国において非人道的な人体実験などを行っていたので、一方的にアメリカの非人道的行為だけを批判することはできないとは思いますが、この原爆投下による人民の集団虐殺行為が正当化できるものではないことは自明の理です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1  2  3  4  5 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング