こんばんはm(__)m 実は、義母が「60歳) おととい緊急入院しました。そもそも、糖尿病であったため、インシュリンをうっていたのですが、腎不全になり、尿がまったくでなくなりました。医者の話しによると、腹部透析をする事になるそうです。食事制限などをしてもって5年から10年といわれました。
今では、遠方と言う事もあり 1ヶ月後には 近くに住んでもらって、病院も変わってもらおうと考えておりますが、いつかは介護が必要になるのでしょうか。?
透析をして歩けるようにはなっていますが、脚が腐って切断になるケースとかをききました。人にもよるとは思いますが、介護が必要にいずれかなると思うと、覚悟も必要なので、どのくらいの期間を覚悟しないといけないでしょうか。? そんな事は、どなたも解らないでしょうが、経験や、解る事があれば、少しでも教えて下さい。
現在、不安で不安で心配です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 透析=糖尿病性腎症と糖尿病性壊疽は別のものです。

透析をするから必ず壊疽を起こしたり、網膜症を起こして失明したりするわけではありません。腎不全(糖尿病以外)の患者さんで透析を受けているかたもたくさんいますが、自立してる方が殆どです。介護が必要になるかどうかは透析とは直接関係ないのではないでしょうか?
 病気の進行は一律ではありませんから、現時点でどの程度の介護が必要かという判断は難しいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ちょっとほっとしました。

お礼日時:2001/03/16 13:18

こんにちは。

私の意見で参考になるかどうかわかりませんが、一応お話しします。
わたしの義母は去年亡くなりました。年は65歳でした、病気は肺の周りの血管に
血が固まってしまう病気でした。病気になるまでは本当に元気で近所でも有名でした。結婚してからずーと同居でしたが、元気な時は本当につらいことが何度もあり
逃げたいくらいでした。1年近く入院をしましたが私は朝、昼、夕と毎日3回病院に行ってました。なぜなら、病人である義母が口が達者のため看護婦の人に嫌われて手に負えないため私がすべてやっていました。おむつ交換、便を出すための浣腸
やはみがき食事の世話に洗濯、自分でなんでこんなことしなくてはいけないかと本当に頭に来ることもありました。私には3人の子どもがいますので子どもたちの世話もしなくてはいけないし、義父もいるので食事や洗濯その他もろもろ・・・1ヶ月バタバタしていたら体重が5キロほど落ちました。私の旦那は1月に2日ほどしか自宅には帰ってこれない仕事の為すべて私でした。本当に毎日が地獄のようでしかたなかったです。病院は本来3ヶ月位で退院をするものらしいですが家は病気が10万人に1人の難病だったので置いてもらえました。話しが長くなってしまい申し訳ありませんが介護は一人では本当に無理です。介護保険を使ったりしてうまくやった方がいいですよ。まずは、信頼できる主治医の先生を作り、住んでいる役所に行って介護相談をすればいろいろと手伝ってもらえます。家族の協力もなければ出来ません。そこは、旦那さんとこまめに話したりしてやったほうがいいですよ。
介護する人も人間です。限界がありますので体に気をつけてがんばって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
がんばります。

お礼日時:2001/03/16 13:19

正直言って『介護』は言葉にできるようなものじゃないぐらい大変です。

って不安をあおるようでごめんなさいね。

でも私は実の祖母の介護でさえ、ままならないんです。
母と協力してやっていますがとても精神的に辛いです。

状況は「老人の寝たきり」(96歳)ですので
marikichiさんとは違いますが・・・。

でもmarikichiさんがお義母さんを看てあげたいという気持ちが大切だと思います。

うちの場合祖母は感謝することはおろか、文句を言うくらいなので母親はよく泣いています。

「看てあげたい」と言う気持ちと「ありがとう」という気持ちが交わされて初めて報われるような気がします。

この先どうなるにしても、marikichiさん以外看てあげられる人がいなければお義母さん自身も不安な気持ちになってしまうと思うので「大丈夫!任せて!」という態度を表現してあげられれば心強いのではないでしょうか???

がんばってくださいね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言われるように、私が今からこんな事ではダメですね。
気合がはいってきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/16 13:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人工透析に必要な体力は?

一年前に、離れて暮らす71歳になる母が胃癌の手術で全摘出をしましたが、発見が遅かったため、腹膜播種となってしまい、その際に余命一年と宣告されました。先週、腎臓機能に変調をきたし、尿が殆ど出ずに顔や足がパンパンにむくんでしまい緊急入院をして、利尿剤を投与しています。週末に見舞いに行きましたが、尿が少量しか出ず効果があまり出ていない様です。今回の腎臓の障害により、抗がん剤の投与も打ち切られました。胃が無くなっているうえに抗がん剤(TS-1)治療により痩せ細りはしましたが散歩程度はこなせていました。主治医の先生が体力的に人工透析は無理なので、その時は覚悟しておいて欲しいと仰っています。そこで皆さんに質問です。最近の人工透析は技術も進み、静脈と動脈を繋ぐ施術も外来で可能と聞きますが、主治医の先生が仰るとおり体力が低下している患者には無理な療法なのでしょうか?いくら末期癌の状態とは言え、可能性がある事ならば解りもしないうちに放棄したくないのです。どなたかご経験や知識のある方がいらっしゃいましたらご教授お願いします。 ご多忙のなかご好意で回答を頂戴しても、この様な状況ゆえにすぐにお礼を書き込めず失礼してしまうかもしれませんが、何卒宜しくお願いします。

一年前に、離れて暮らす71歳になる母が胃癌の手術で全摘出をしましたが、発見が遅かったため、腹膜播種となってしまい、その際に余命一年と宣告されました。先週、腎臓機能に変調をきたし、尿が殆ど出ずに顔や足がパンパンにむくんでしまい緊急入院をして、利尿剤を投与しています。週末に見舞いに行きましたが、尿が少量しか出ず効果があまり出ていない様です。今回の腎臓の障害により、抗がん剤の投与も打ち切られました。胃が無くなっているうえに抗がん剤(TS-1)治療により痩せ細りはしましたが散歩程度は...続きを読む

Aベストアンサー

お母様が大変なご病気を抱えていらっしゃられ,ご心痛お察し申し上げます.

まず,胃がんの方は転移が見つかっているということでおられ,そこに,何が原因かはpochinosukさんの投稿ではわかりませんが腎機能不全が併発した,という事が現状のようです.

血液透析は,確かに腎機能不全の患者さんにとっては最後の治療法として有効です.動脈と静脈をつなぐシャント手術という手術ももしかしたらお母様に可能かもしれません.しかし,その後は週3回程度,1回3~4時間の血液透析を受け続けるわけです.血液透析は心臓に負担をかけトラブルも多いため,主治医の方は現状では「体力的に無理」というお話をされたのだと思います.医学的には,行うことは不可能ではないですがメリットよりもデメリットが多い,と考えられ,一般的には血液透析の適応はない,と思われます.

また,もし血液透析を行った場合には,今度は誰が付き添って通院されるのか,などといった生活面での問題が出てきますね.癌の為の体力の低下に加えて,腎機能不全によるものも重なってくるわけです.離れて暮らしていらっしゃる,との事ですがどなたか血液透析に必要な頻度で通院を助けられる方がいらっしゃるのでしょうか?

一番,考えていただきたいのは「自分が同じ立場であったらどうして欲しいか」と言うことです.お母様はこの状況で更に手術や透析を受けたいと思っているのかどうか,です.お母様ご自身がそう思っていらっしゃるのなら,もう一度主治医と相談してみるのも良いと思います.

難しい状況ですのであくまで参考程度にとどめていただければ幸いです.お大事にどうぞ.

お母様が大変なご病気を抱えていらっしゃられ,ご心痛お察し申し上げます.

まず,胃がんの方は転移が見つかっているということでおられ,そこに,何が原因かはpochinosukさんの投稿ではわかりませんが腎機能不全が併発した,という事が現状のようです.

血液透析は,確かに腎機能不全の患者さんにとっては最後の治療法として有効です.動脈と静脈をつなぐシャント手術という手術ももしかしたらお母様に可能かもしれません.しかし,その後は週3回程度,1回3~4時間の血液透析を受け続けるわけです.血液透...続きを読む

Q血液透析における透析液と補液の違い

透析について勉強しようとするにつれ、
透析液と補液の定義について、
ごちゃごちゃになっているような気がしました。

HFソリタとか、リンパックって、透析液ですよね?
生食が補液?

HDF、オンラインHDFでは、透析液を補液として使うのですか?

透析液にしろ補液にしろ、一度使ったものを、循環させて、再利用するのですか?

うーん、混乱していてすみません・・・

Aベストアンサー

HDFの場合、キンダリーやHFソリタを補液として使ってるんじゃないでしょうか、もちろん生食も補液になりますね。
簡単に言うと、血液に直接入っていくのが補液、ダイアライザー内だけを通り血液に混ざり合わないのが透析液。
でも。
オンラインの場合は透析液を補液として使います。徹底された水質管理がされないとエンドトキシンや細菌の問題がありますけど。
オンラインHDFを考えると、補液と透析液がごちゃごちゃになっちゃうと思います。
実際に見ることができれば、想像も付きやすいと思うのですが・・。
液は普通の下水道に流れて行きますから、再利用はされません。

参考URL:http://yujinkai.net/hdf.html

Q治りもしない人工透析患者を他人の金で生き続けさせるのって何かメリットあるの?自分の金でやらせろよ

で、実際あなたは人工透析患者が医療費全額無料なのはどう思ってるの?

患者一人に年間5,000,000円はかかっているけど、その金を関係ないその他の人達で払ってあげてる

人工透析患者は全国で約32万人

長谷川ってアナウンサーはこの金が無駄だから「どうせ金かけて治療しても完治しないんだから無駄な治療すんな。人工透析患者は自殺しろ。それでも生きたいなら自分の金でやれ。」って言って番組をクビになった。

でも、現実問題として完治もしないのに他人の金で生き続けようとしてるのは図々しいと思います。

、どう思いますか?

Aベストアンサー

もともとの500万円がおかしい話です。安くできるようにするべきです。

Qインシュリンの処方をしてもらう

いつもかかりつけの病院で定期的に通いそこからインシュリンの処方をしてもらっていますが、どうしても仕事で都合がつかず一週間遅れての通院になりそうです。
そこでインシュリンが足りなくなるので、会社の近くの病院へ行こうと思っています。1本だけ(一週間足りればよいので)処方してもらいたいと思っているのですが、可能でしょうか。
また、そこで診察や検査は必要でしょうか?
できれば、事情を話して検査などの費用はかからないようにしたいのですが難しいでしょうか。

お分かりになる方がいらっしゃいましたら、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これは大変な状態ですね。
一度かかりつけの病院で状況を説明し、行きたい病院にそのかかりつけの医師より連絡して貰いましょう!
多分その方が話が早く済むと思います。
但しかかりつけの病院では1回分の診察代を請求されますが。

Q公的介護保険制度の「要介護度」について

お世話になります。
公的介護保険制度の「要介護1」とか「要介護5」とかなんですけど
これは実際には症状に応じて定められた介護時間の合計で決められるものだとはわかるのですが、具体的に要介護5とはどんな状態なのか、要支援1とはどんな状態なのか一般的にわかるように解説されたものはないでしょうか?ご存知のかたいらっしゃいましたらお教えください。

Aベストアンサー

おはようございます。「障害認定」のしかたと同じように理解なさっておられるのでしょうかね。

介護認定は、本人の状態(症状等)のほかにも環境要因にも大きく左右されます。したがってどのような生活を求めておられるのかによっても変わります。(ベッドの生活が嫌というのであればADLが低く評価される場合もあるでしょう)

「できる・できない」よりは「している・していない」で評価される傾向にあります。
本人の障害が身体的なものなら、認定は高く出ますし、高次脳機能的なものなら低く出易いです。
また、昔から依存的な性格や生活の人は、介護度は高いと判断されてしまいます。(若い頃から靴下は妻に履かせて貰うのが当然という生活を送っていた「お殿様」も実際にいらっしゃいますし、家事経験が無いのでご飯が作れないなんていう独居者の場合は要介護度は上がります。)

一般的にいえば――

介護度1は、大体のことは自分で出来るが、日常生活動作(食事・身だしなみ・入浴・排泄など)のどこかに介助を必要とする場面がある状態。
介護度5は、いわゆる寝たきり状態で、ベッドから起きたり立つ動作は独りで出来ない状態。

きちんとした基準に当てはめて評価するというよりは、保険者から頼まれて来る訪問員の質問の仕方や備考欄への記載内容、ご本人やご家族の受け答え方、意見書を書くDr.の技量にも大きく左右されるものです。←きちんと在宅療養を理解・勉強している訪問員・医師が書いた資料でなければ、評価会の判定(=介護認定)についても「客観性には疑問が残る」ということです。


ゴチャゴチャしてしまいましたが、とりあえずのご参考になさってください。

おはようございます。「障害認定」のしかたと同じように理解なさっておられるのでしょうかね。

介護認定は、本人の状態(症状等)のほかにも環境要因にも大きく左右されます。したがってどのような生活を求めておられるのかによっても変わります。(ベッドの生活が嫌というのであればADLが低く評価される場合もあるでしょう)

「できる・できない」よりは「している・していない」で評価される傾向にあります。
本人の障害が身体的なものなら、認定は高く出ますし、高次脳機能的なものなら低く出易いです。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報