先日通信販売のニッセンで別の苗を購入しました。カタログには何千円以上を何日までに注文すると「イキシア」の球根をプレゼントとありました。その通りに注文の苗と一緒にイキシアの球根が入っていたのですが、これについての園芸説明などがなくて、いつ植えてよいものかわからず困っています。本や別のサイトでは「秋植え」となっていたので、ニッセンのコールセンターで確認したところ送る時期は選んでいるので大丈夫という回答でした。でも本などで調べると開花時期は4月~5月ということなので、本当に今植えても良いものかご存じの方アドバイスお願いします。また、秋に植えるならば保管方法なども教えてください(適湿or乾燥保存など)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

イキシアはフリージアみたいな植物です。


秋から春までいつ植えても平気ですが、
寒い地方では春植えがいいでしょう。
毎年、掘り上げるのが普通だと思いますが、
掘り上げなくても、数年間は植えっぱなしで咲くみたいです。
うちは三重県四日市市で、雪もつもりますが、
フリージアと一緒に植えっぱなしで元気に育っています。

なお、その球根を植えずにとっておき、
今年の秋まで保存しておくのは無理だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。芽がちょっと出かかっているので、できればすぐに植えてしまいたかったのでKOH_daさんの経験は参考になりました。

お礼日時:2001/03/15 02:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q秋植え球根の上に植えられるもの

そろそろ秋植えの球根が店頭に並び始めたので、少し気が早いかも知れませんが春花壇の計画をしています。
チューリップと水仙をメインにして、あとはムスカリやハナニラなどの小さいものも植える予定ですが、球根を植えた後にしばらく何もない状態になってしまうのが寂しいです。
(ビオラを中央に植えるので全く何もないというわけではありませんが・・・)

都合の良い要望ですが、10月か11月に球根を植え付けて、それから雪が降るまでの2ヶ月程度余白を埋めてくれる植物でオススメはないでしょうか?

Aベストアンサー

 2ヶ月程度で良いのなら、リーフレタスや春菊なんてどうでしょうか。
 邪魔になってきたら食べられるし、春菊は春の花もなかなかかわいいですよ。
 お住まいの地域がわからないのですが、あまり寒いところでなければ10月頃でも種まき出来ます。
 

Q次のビオラの苗を植える10・11月までの開花期間があり

次のビオラの苗を植える10・11月までの開花期間があり
ビオラの終わる時期に苗植えできる1年草はないですか
20CM程度のあまり背の高くないものであればなおよいのですが・・・

Aベストアンサー

インパチェンスとかサフィニアとかニチニチ草 等々、
その条件のみで良いなら幾らでもあると思いますが…

参考URL:http://yasashi.info/index.html

Q植えっぱなしで良い球根の夏から秋

チューリップや花にらなどを植えようと思っているのですが、球根のパッケージの説明書きを見ると、数年間植えっぱなしでも大丈夫というふうに書いてあります。
植えっぱなしにする場合、花が終わって葉も枯れたら夏から秋にかけて地上部に何もなくなってしまうと思うんですが、どんな植物と一緒に植えておいたらいいのでしょうか?葉が枯れてから一年草を買ってきたのでは、球根を掘り返してしまったり、行方不明になってしまいそうなのですが・・・ちょうどチューリップがお休みの時期に活躍するもので、こちらも植えっぱなしで大丈夫なものってありますか?

あと球根を掘り上げて日陰で管理する方もいると思いますが、日陰がない場合はどうしてますか?うちは一戸建てですが、真南を向いていないので、午前中は東面と南面、午後は西面と北面に日があたります。

Aベストアンサー

球根をうえっぱなしにする場合は、大胆に深く埋めるのがよいそうです。25センチくらい?浅いと、菌やウイルスがいるので病気になりやすいとか。
チューリップの球根は、凍るような真冬でも水やりをするとのこと。乾燥に弱いそうで。富山県はチューリップの特産地ですが、降雨量、降雪量、湿度が高いそうです。

チューリップの球根を植えてから咲くまでの間にちょうど合うのはパンジーだそうです。パンジーはチューリップを植える頃から冬~初春まで、ずっと咲きます。パンジーの間からチューリップが出てきて咲き、交代です。パンジーはうえっぱなしではなく、春にかれてしまうので、取り除く必要があります。

夏から秋にかけてですが、冬に地上部が枯れたようになり夏には元気になるようなうえっぱなしの草といえば、ラベンダーが思いつきます。ラベンダーは毎年、ごつい根をはって大きくなりつづけるので、球根はそのうち負けちゃうかも。
あ、夏の花ペチュニアも、冬に地上の茎葉が枯れても、根が生きていて、また復活します。ラベンダーほどごつくないのでよいかも。

初心者には、うえっぱなしよりも掘り上げて保管するほうが難しいらしいです。

球根をうえっぱなしにする場合は、大胆に深く埋めるのがよいそうです。25センチくらい?浅いと、菌やウイルスがいるので病気になりやすいとか。
チューリップの球根は、凍るような真冬でも水やりをするとのこと。乾燥に弱いそうで。富山県はチューリップの特産地ですが、降雨量、降雪量、湿度が高いそうです。

チューリップの球根を植えてから咲くまでの間にちょうど合うのはパンジーだそうです。パンジーはチューリップを植える頃から冬~初春まで、ずっと咲きます。パンジーの間からチューリップが出てき...続きを読む

Q秋植え球根

 秋植え球根の販売シーズンになりましたね。(´∀` )
球根好きの私にとっては、ホームセンターや種苗店に行く度に
ウキウキする時間です。

 さて質問ですが…。

 これを今スッゴク欲しいけど我慢しなきゃ…。(スペース、計画など為)
という気持ちになった場合の、買い物欲の発散方法はどうしていますか?

 私は結構、店頭の球根たちの誘惑に負け、ついつい買っちゃって、
毎春、球根植物達がひしめき合って咲いてくれます。(笑)

 皆さんのアドバイス、お待ちしております。

Aベストアンサー

その程度のことなら別に抑える必要はないのでは。
 何万の買い物であれ、来春になれば何倍もの喜びが返ってくるのですから。 
 よく衝動買いとか買い物欲で問題視されるのは購入品を使わないでしまっておくからですので、あなたのような方はホームセンター様々ですよ。
 我慢してもほしいと思ったものはいずれ購入しますので、さっさと仕入れてストレスを貯めないようにしましょね。
 (わたしは欲しい物はすぐ買います。)

 

Q秋植え球根の保存方法

植物初心者です。
昨日、水仙とスノーフレークの鉢植えを買いました。
庭に植えて毎年かわいい花を楽しもうと思ったのですが、
秋に植える球根であると知りました。
枯れた後の秋になるまでの球根の扱いですが、
「鉢に入れっぱなし」か「掘り上げて乾燥」のどちらでしょうか?
球根の乾燥については「何年かに1回は乾燥させる」という記載を
よく見かけるのですが、
買ったばかりの今年はどうしてあげたらいいのかと思い質問です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

葉が枯れた後は鉢に入れっぱなしで乾燥させ、涼しいところに置くのが簡単で良いと思います。
もちろん、水遣りの必要はありません。

何年かに一度掘りあげるのは球根が増えすぎて窮屈になり花つきが悪くなるからです。
その際、球根の病気予防のため日陰で乾燥させるのです。
新しい球根の場合はその必要は無いと思います。

また花が終わった後は花茎ごと切り取り、お礼肥(カリ分の多い肥料)を与えると球根が充実して来年の花立ちが良くなりますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報