インサイダー取引というのを調べてみたら、
「内部事情を知ることで株の売買で不当な利益を得ること」と書いてあるのですが、どういうことなのかイメージが湧きません。
インサイダー取引というのがどういうことなのか教えてください。具体例みたいのもありましたら教えてください。
お願いします。

A 回答 (5件)

会社の利益や損失に重大な影響がある(株価の上げ下げにつながります)重要な情報があるときに、一般の人や業界関係者・市場関係者に、その情報を公開する前に、会社の役員・幹部などその情報を知っている人が(自分の家族名義でやるときも有ります)、事前に自社の株式を売買して、利益を上げたり、損失を逃れる為に行う株式の売買をインサイダー取引といい増す。


この行為は、法律で禁じられています。
    • good
    • 0

kumao-kumaさんの例の逆の考え方もありますよ。


例えば、☆製薬会社が開発した薬を使用している患者さんが副作用で死亡・高度障害等が起こってしまったとします。
当然そのような事態が公表されれば株は売られ株価は下落するわけです。
しかしそのような情報はまず、病院から製薬会社に通知されるので
一般の投資家が知るにはもう少し後になるわけです。
その間に製薬会社が保有する株式を売却してしまえば立派なインサイダー取引にあたります。
すなわち、時間差で自分が最初に知る情報を個人投資家に公表する前に売却(購入)して不当な利益をあげたり、損失を最小限に食い止めたりする一連の手段が
インサイダー取引です。
    • good
    • 0

例えば・・・


A製薬会社がガンの特効薬を開発しました。
その内容を知る、会社関係者(仮名O.K取締役)
が自社株を2000株買いました。
1株200円でした。
一週間後・・・
A製薬会社は「ガンの特効薬を開発しました。」
プレス発表しました。
その発表後、A製薬会社の株は急騰し1株1000円
になりました。

OK取締役は・・・・1000円で売ったとします。
200円×2000株=40万円
1000円×2000株=200万円

ということで簡単に計算したら一週間で160万円
儲けた訳です。

こう言うことがインサイダー取引です。
    • good
    • 0

株価が上がることが予測できるときに、その会社の役員や、株主またその家族が、内部情報を元に、株を購入し、不当に設けることです。



例えば、必ず売れるであろう商品の開発や、公開している売上利益予算を遥かに上回る売上利益を達成しているときなど、一般の投資家では得られない情報を元にした株の購入。
    • good
    • 0

例えば、会社役員などが自社で近いうちに大ヒット間違い無しの商品が発売されることを知り、あらかじめ株を買い集めたりすることだと思います。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報