「つ」「あ」「い」「う」「え」「お」「や」「ゆ」「よ」には、
「っ」「ぁ」「ぃ」「ぅ」「ぇ」「ぉ」「ゃ」「ゅ」「ょ」がありますよね?
「わ」にも
「ゎ」があるじゃないですか。
それってどんなときに使えばいいのですか??
誰か知ってる人がいたら教えてください。
本当、バカな質問ですいません…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

か(くゎ)


拗音の一。「か」の発音に半母音〔w〕が介入して唇音化した1音節の音。〔kwa〕「く」の下に「わ」を添えて表す。江戸時代から次第に「か」〔ka〕と同じに発音するようになった。

が(ぐゎ)
「くゎ」の濁音。〔gwa〕江戸時代から次第に「が」〔ga〕と同じに発音するに至った。



「歴史的仮名遣い」で書く場合には必要になってくる。
かんじん‐ちょう【勧進帳】クヮンジンチャウ
がん‐い    【願意】 グヮンイ



「ひらがな」ではないですが、「ヵ」「ヶ」も有りますネ。

茅ヶ崎、釜ヶ崎、1ヶ
1ヵ月



か【箇・个・ケ】
(「ケ」の字は「个」からか)
物を一つ一つさし示す語。「箇条書・箇所」
(漢語名詞の前に付いて) 物を数える語。「3箇月」→こ(箇・個)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうだったんですかぁ~。
本当にすごく勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/16 01:03

大体#3の方のお書きになった通りですが、「江戸時代から現在の“か”と同じ発音に…」とありますが、沖縄の離島では今も発音されていますよ。



「1回(いっくゎい)」

といったように。漁師のおじちゃんが発音するのを聞いたことがあります。ですから、その方々の発音を正しく表記する場合にも必要ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですかぁ~。
向こうの方は未だに使ってらっしゃっるんですね。
初めて知りました。
勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/16 01:08

懐かしい人に会ったとき・・・


「うわ」
汚い物を見たとき・・・
「う~わ」
それが手に付いたとき・・・
「うゎ」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白い回答ありがとーございました。
私もそうだと思ってました(笑)

お礼日時:2001/03/16 01:06

かなりバカな答えですが・・・・。


日本語以外の言葉を、カタカナで書く時とかに使うんでは?
後は、擬音語の表現の時とかに、その音を表現するのに使うとか・・。
小説とかでも、驚いた時とかに、「うわっ!」よりも短い「うゎっ!」とか
使ってませんか?

(ー”ー;)ウゥ…ム。
ほんとの所は、どーなんでしょうかね・・。

こんな答えでごめんなさい(;^▼^A”ハハハ…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり、実際見かけるけど本当の使い方ってよくわかんないですよね。
けど、そんな素朴な疑問に付き合っていただきありがとうございました。

お礼日時:2001/03/16 01:10

くゎーつ!


てのはいかが?
要は鼻にかかった「か」ではないのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「か」だったんですね。
勉強になりました。

お礼日時:2001/03/16 01:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山田悠介って文章能力なさすぎじゃないですか? どうしてあれが人気なのかわかりません。 世界観は好きで

山田悠介って文章能力なさすぎじゃないですか?
どうしてあれが人気なのかわかりません。
世界観は好きですがやっぱり読みにくすぎて…。
みなさんは山田悠介の作品についてどう思いますか?

Aベストアンサー

山田悠介は文章能力はないけど、中高生に読みやすそうな本だとは思いますね~
私も中学生のときハマってましたし。

Q「ゎ」

この小さい「ゎ」は、本来どういう時に使うのですか?
最近は文章の中にわざと混ぜて使っているのは見ますが、実際の正しい使用例を知りたいです。

Aベストアンサー

過去にも同様の質問があったようですのでこちらを参考になさってください。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=525631

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=525631

Q「編」「章」「節」「款」「目」の書き方を

「編」「章」「節」「款」「目」の書き方を教えてください。

第一編
第一節
第一章 タイトル
1・・・・・・・・
(1)・・・・・・・・・・
1-1・・・

アイ ウ
(ア)(イ)(ウ)

A B C
(A)(B)(C)

a b c
(a)(b) (c)


第一項の項はどの間にくるのですか?

各、編や節、章の中にそれぞれ
「第一編→1(1)1-1アイウ」「第一節→1(1)1-1アイウ」などのように段落わけが入るのですか?
それとも、「第一編→(中の番号飛ばしてすぐに)第一節・第一章」となり章の次から細かく分けるのですか?

様々な本の小説やその他の目次を見ますとそれぞれ分け方が違い。
中には、章から始まったり、節から始まったり
とありますが、正しくはどの様な手順で書くのですか。
小説や、論文を書くのでご存知の方教えてください。

一応ネットでwikiや法令の形式などを確認しましたが
上記はそれでも理解できなかった部分です。
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

>法令の形式などを確認しましたが

>第一項の項はどの間にくるのですか?

法令だと編、章、節、条、項、号、の順番が多いですね。

例)

地方自治法
(昭和二十二年四月十七日法律第六十七号)

第二編 普通地方公共団体
 第五章 直接請求
  第一節 条例の制定及び監査の請求
   第七十四条  普通地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する者(中略)請求をすることができる。
             ↑これが「第1項」になる。
    ○2  前項の請求があつたときは、当該普通地方公共団体の長は(以下略
         ↑これが「第2項」になる。
(中略)
    ○6  選挙権を有する者のうち次に掲げるものは、第一項の代表者(以下略
     一  公職選挙法第二十七条第一項 の規定により(以下略
     二  前項の選挙人名簿の登録が行われた日以後に(以下略
     三  第一項の請求に係る普通地方公共団体(以下略
         ↑これらが「一号、二号、三号」になる。

で、小説などになると「著者の好き勝手」になっちゃうので「これと言った決まりがない」です。

著者によって、章の中に節があったり、節の中に章があったりします。

同じ著者なのに本によって章と節が逆になってる事もあります。

>法令の形式などを確認しましたが

>第一項の項はどの間にくるのですか?

法令だと編、章、節、条、項、号、の順番が多いですね。

例)

地方自治法
(昭和二十二年四月十七日法律第六十七号)

第二編 普通地方公共団体
 第五章 直接請求
  第一節 条例の制定及び監査の請求
   第七十四条  普通地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する者(中略)請求をすることができる。
             ↑これが「第1項」になる。
    ○2  前項の請求があつたときは、当該普通地方...続きを読む

Q「校勘」「校正」「校訂」「校定」の違いは?

(カテゴリに悩みました。)

質問内容はタイトルの通りですが、
特に、ある文献に対して、それぞれ異なる各種の解釈を、
「見比べる」、またそれぞれ見比べ「自分なりに解釈する」時に、
上記4つ共に使われるとおもうのですが、
この4つには、それぞれ「意味合いの違い(ニュアンス)」「使用の際の使い分け」等があるのでしょうか?

ある資料(大学教授の文献)に「校勘」「校正」「校定」と、一つの文章に記載されており、私には、同じような意味で使われていると思われたため、
しかし著者は、使い分けに「意図」をもっているかもしれないとも思われた為に質問した次第です。

Aベストアンサー

こんにちは。それぞれの意味は、

校勘→古典の文献(写本など)などを突き合わせをして、文の同じ部分や違う部分を調査することです。
校正→原稿や元の資料などと突き合わせをして文字や図版の間違いを直すこと。本にする前にさんざんやることです。
校訂→古い本などを読者にとってわかりやすくすることです。
校定→なにかしら問題になっている古典の本文を、なるべく原文に近い形で復元することです。

ということで、全部違います。

Q森鴎外って本当に凄い人じゃないですか?

森 ?外(もり おうがい、文久2年1月19日(1862年2月17日)- 大正11年(1922年)7月9日)は、明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、戯曲家、陸軍軍医、官僚(高等官一等)。陸軍軍医総監(中将相当)・正四位・勲二等・功三級・医学博士・文学博士。第一次世界大戦以降、夏目漱石と並ぶ文豪と称されている。本名、林太郎(りんたろう)。石見国津和野(現・島根県津和野町)出身。東京帝国大学医学部 卒業。

Wikipediaより

この人ってまさに世界に誇れる日本のレオナルド・ダ・ヴィンチじゃないですか?

Aベストアンサー

仰ることの意味がよく理解できないのですが、要するに政府のお抱え医師として年功出世の階段を極め、趣味として書き物もしたドイツ語に堪能なひとだったということでしょうか。
若いころは結構遊びすぎ、左遷もされていますし同期よりもよほど出世は遅かったようです。そんな人間くささに同感するひとも多いようですが。
ダヴィンチの多芸多才とは比較できないのではないでしょうか。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報