1)武士の切腹はいつ頃からはじまったものでしょうか?
2)なぜ「はらをきること」が侍の不始末のおわびの形になったのでしょう?
3)武家の子女ははらをきらず、のどに短刀をつきたてますが、なぜはらはきらないのでしょう?
4)のどVSはら、ではまだはらのほうがやりやすいと思いますが、子女にイタイやりかたをさせるのは武士の美学に反するのではないでしょうか?
5)他の文化圏でも「はらきり」に類するものはあるでしょうか?西洋の騎士や中国の武将などはどのように「おわび」していたのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

確か、切腹はそもそも責任を取るとか処罰じゃなくて、戦場で負け戦になって自分の首が取られそうな時、相手に首を取られて恥をさらすよりは自分で・・・ということじゃなかったかな?


武士は何より恥をさらすことを嫌いましたからね。ある意味勇者の証みたいなものでしょうか?

また、切腹の方法も介錯のつく他刀式とつかない自刀式があったそうです。

他刀式は、皆さんも述べているようにお腹を刺したら介錯が後ろから切りつける、自刀式は、お腹を横一文字もしくは数字の4の字に切り裂いて、刀を一度抜き、首筋に当てて引き頸動脈を切断するか、心臓に突き立てるということだったようです。

実際には気の弱い人は、お腹を刺しただけで失神したり、貧血で伸びちゃってお腹に刺した刀を抜けなかったりってのがけっこうあったようです。

また、戦場では、のどに小刀の切っ先を当てて、頭から落馬するという方法もあったらしいです。

あと、お腹と首では、意識を失うまでの時間は、間違えなく頸動脈を切断した方が早いので、どっちが痛いかは???ですね。

西洋では自分で死ぬという思想そのものがなかったみたいです。
相手に処刑されるまで生き延びるのが普通だったみたいです。
中国とかでもそのようですね。

三国志の関羽なんか、曹操の軍門に下っても戻ってきちゃいますしね。
    • good
    • 0

musutanfaさん、こんにちは。


武士のことを「もののふ」などといったりしますが、この「ふ」
とは内臓(腑)のことを指すのではないでしょうか。
「肝が太い」ということわざにもあるように、ここには武士の
魂が宿っていたと信じられていたのだと思います。
ある合戦の時、もはやこれまでと思ったある武将が、腹を割いて内臓を引き抜いた
というエピソードもあるほどです。
ですから切腹は武士の魂を捨てることだとおもわれていたのでしょう。
腹だけではとても長く苦痛を伴い見苦しいので、介錯人がいました。
そんなこともあって、やがて、切腹は形だけになって、早々と介錯人が
首を落としてしまうこともあったようです。
女子供も自害の練習はしていましたが、なかなかうまくはいかなかったようです。
    • good
    • 0

切腹の起源については参考URLを見てみて下さい。



切腹は武士の責任の取り方であったので「武士」ではない子女は腹切りは出来なかったのではないでしょうか。

4についてですが切腹ってそう簡単に死ねるものではないのでかなり長く苦痛を伴ったりするようです。
のどとどっちがと言えばのどの方が苦痛の時間は少ないでしょう。

参考URL:http://basara.to/mon.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

頚動脈 首」に関するQ&A: 39、5度の高熱の対処

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qわびさびについて

授業で「わび、さび」について簡単に話してくださいと指されたのですが..返答に苦しみ答えられず。
日本人であるからに、まして茶道を習っているにも係わらず返答できない自分が情けなかったです。
どうか教えてください。

Aベストアンサー

わびとは、流行りの価値観に従わず、金銭・権力・名誉欲などに左右されていない事で、その人の心中に価値を見出す事。
さびとは、限りなく変わりゆく「無常」の中に価値を見出すこと。

参考URL:http://www.japanlink.co.jp/ka/jsei1.htm

Qわびさびとは何ですか、調べてもよくわからないのでよろしくお願いします。長いと時間が

わびさびとは何ですか、調べてもよくわからないのでよろしくお願いします。長いと時間がないので殆ど見れません。

Aベストアンサー

わび:パッと見ると朽ちていたり、劣化していたりするものと判断しがちなものも、良く見るとそれなりの美しさや味わいがあるということに気がつくこと。
さび:汚れや劣化を受け入れて積極的にその良さを見出そうとすること。

物の美しさというもの表裏一体であり、それを理解するのが日本文化の真骨頂だという意味で使われます。

Q算数です、誰か教えてください! 500円玉、100円玉、50円玉、がたくさんあります。750円をはら

算数です、誰か教えてください!
500円玉、100円玉、50円玉、がたくさんあります。750円をはらうとき、硬貨の出し方は全部で何通りありますか。ただし、おつりが出ないようにし、使わない種類に硬貨があってもよいものとします。

Aベストアンサー

まず、500円玉を使う時と、使わない時の2パターンに分けます

500円玉を使う時は、後250円をどうするかですね。
①100円玉を使わない時、50円が5枚
②100円玉を一枚使う時、50円が3枚
③100円玉を二枚使う時、50円が1枚
の3通り。

500円玉を使わない時は、100円と50円だけで750円にしないといけないので、
①100円x0、50円x15
②100円x1、50円x13
③100円x2、50円x11
④100円x3、50円x9
⑤100円x4、50円x7
⑥100円x5、50円x5
⑦100円x6、50円x3
⑧100円x7、50円x1
の合計8通り。

合計11通り。

Qふと 思ったのですが 現在 切腹の介錯をしたら殺人罪にとわれますか? 日本刀所持とかそういうのはおい

ふと 思ったのですが 現在 切腹の介錯をしたら殺人罪にとわれますか? 日本刀所持とかそういうのはおいといて、殺人罪についての事だけ考えてでお願いします

Aベストアンサー

殺人にはなりません。

被害者の承諾があるので、承諾殺人罪という
犯罪になります。

{自殺関与(自殺幇助罪)及び同意殺人(承諾殺人罪)}
刑法 第202条

人を教唆し若しくは幇助して自殺させ、又は人をその嘱託を
受け若しくはその承諾を得て殺した者は、
6月以上7年以下の懲役又は禁錮に処する。

Q帰国子女

だれか「帰国子女」の語源を知っていますか?どうして海外にいたことのある子供のことを男女に関わらずこう呼ぶのでしょうか?

Aベストアンサー

子女とは子供(男女)を指す場合と女の子(娘)を指す場合があります。1960年代に駐在や出向で海外に長期間生活する日本人が急増しました。後に世界の主要都市に文部省公認、後援の小中学校が作られるまでは、全ての子女は現地校で学んでいました。3~5年の海外勤務を終えた保護者(親)の日本帰国に伴って帰国する子供が増え始め、異文化の中で異なる教育を英語や現地語で受けてきた子供の受け入れが大きな社会問題となりました。時期はわかりませんが、多分80年代ごろにジャーナリズムがこれらの社会現象を帰国子女問題として取り上げたのが帰国子女の始まりではないかと思います。1980年ごろ帰国子女受け入れの私立高等学校が関西に設立されています。

注意しなければならないのは帰国子女に定義はないことです。帰国子女という言葉はそれを使う人によって意味が少しずつ違ってきます。

*旧文部省
*公立学校
*私立学校
*企業
*マスコミ
*一般人

強いて平均像を求めるなら次のようになるかも知れません。

『保護者に帯同され1~2年以上海外生活を送る。現地で小、中、高の教育を受ける。(幼児、大学生は含まない)学校では帰国後1~4年までの者を帰国子女と見なす。留学生は含まない』

世間一般では帰国後の年数に関係なく一旦帰国子女と呼ばれたものは永久に帰国子女と見なされます。又世間では文部省や学校が問題とするような細かい規定には拘りませんので幼稚園生や大学生が含まれる事もあるようです。

最近は日本の国際化が進み(80年代に比べ)有名タレントなどに帰国子女を売り物にするものも現れ、帰国子女にプラス・イメージも加わったようです。しかし、均一志向で個性(人)を認めない日本社会では帰国子女は苦しい試練を受ける事になります。帰国子女という名前が定着すること事態がおかしな現象だと思います。本来、帰国子女は性質や資格を表すものではない筈です。

子女とは子供(男女)を指す場合と女の子(娘)を指す場合があります。1960年代に駐在や出向で海外に長期間生活する日本人が急増しました。後に世界の主要都市に文部省公認、後援の小中学校が作られるまでは、全ての子女は現地校で学んでいました。3~5年の海外勤務を終えた保護者(親)の日本帰国に伴って帰国する子供が増え始め、異文化の中で異なる教育を英語や現地語で受けてきた子供の受け入れが大きな社会問題となりました。時期はわかりませんが、多分80年代ごろにジャーナリズムがこれらの社会現象を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報