『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

塾のテキストにこういう問題がでました。

次のA~Jのうち、分子をつくらない物質を選び、記号で答えよ

A 水 B 酸素 C 二酸化炭素 D 塩化ナトリウム E 水素

F 酸化銅 G 銅 H 炭素 I アンモニア J 塩素

この問題の意味が分かりません。

回答は、D F G H

なぜですか、なんかよーくわかりません。

解説には、塩化ナトリウムNaClや酸化銅CuOは、イオン結合でできた物質で、分子をつくらない。

という回答がありました。

僕の学校はイオンは入試にでないということでイオンについては一切習っていないので、

イオンのことはいっさいわかりません。


どうかこの問題を詳しく説明してください。

なんか、粉?みたいなやつが回答になってますね・・。よく分かりませんが・・。

一番よく分からないと思うのが、塩化ナトリウムというもの自体が分子なのに、分子をつくるのはどれかという質問が意味わかりません。

二酸化炭素は分子をつくるということになってますね・・・

CO2→C2O4とか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

クラスに男の子が20人、女の子が20人いるとします。


座り方は色々あります。
どういう座り方をしても比は1:1です。
男の子の隣は必ず女の子である方がいいと皆が言ったとします。
これは並び方に対する希望を示していますからただ適当に座るのとは異なってきます。(適当に座る方がいいという希望であればそういう並び方になります。)
机の配置が縦横になっているとすると
○●○●○●○●
●○●○●○●○    (あ)
○●○●○●○●
●○●○●○●○
○●○●○●○●
になります。
間に通路があるとします。
○● ○● ○● ○●
●○ ●○ ●○ ●○   (い)
○● ○● ○● ○●
●○ ●○ ●○ ●○
○● ○● ○● ○●

(あ)と(い)はよく似ていますが違いもあります。
普通はこの違いは授業中だけのことですね。
もし休み時間になっても○●が離れずに一緒に行動しているとしたら○と●の間には(あ)にはない、特別の力が働いている事になります。

(あ)はイオン、(い)は分子のイメージです。

(あ)と(い)で比率は同じです。隣の関係もよく似ています。

イオンであるというのは正か、負の電気を持っているということです。正電気と負電気の間には引力が働きます。でも特定の相手でなければいけないという好みはありません。同じ大きさの電荷が同じ距離にあればどの電荷との間にも同じ力が働きます。だから(い)の状態が実現するためには(あ)にない特別の力が必要だということになります。この力がどういうものであるかがなかなか分からなかったのです。だから初めのうちは何でも(あ)で考えていました。

並び方は他にもあります。
○●○● ○●○●

●○●○ ●○●○  (う)

○●○● ○●○●

●○●○ ●○●○

○●○● ○●○●
この場合は4人一組です。
これも分子です。

(あ)(い)(う)を化学式で表したとします。
○をA,●をBとします。
(あ)・・・AB
(い)・・・AB
(う)・・・A2B2
化学式では(あ)と(い)の区別が出来ません。
(い)と(う)は比率は同じですが1塊としては異なることは明らかです。分子としては別物だと考えています。
この辺が結構混乱していることが多いです。
(い)(う)のように特定の塊が存在することがハッキリしているの出なければ分子が存在するとは言いません。(あ)には分子は存在しません。

(い)(う)以外にもいろんなパターンを考えることが出来ます。
●● ○○ ・・・・
で座る場合もあります。
塊が存在すれば分子ですが○●の場合と分子の種類は異なります。

○● ○● ・・・
から
●● ○○ ・・・
に変わったとすれば希望が変わったということです。
化学反応が起こったという事になります。力の働き方が変化しているのです。

比が同じだが塊の大きさが異なるという例を出しておきます。
C:H:O=1:2:1のばあいです。
CH2O:ホルムアルデヒド(ホルマリンの原料)
C2H4O2:酢酸(蟻酸メチルという物質も当てはまります。並び方が異なります。)
C6H12O6:ブドウ糖(当てはまる塊はたくさんあります。)

原子の種類と数が同じで分子としては異なるものを「異性体」と呼びます。
    • good
    • 9

もう一度教科書を見直してみましょう。


すべての物質は、分子でできているとは書いていませんよ。

> 一番よく分からないと思うのが、塩化ナトリウムというもの自体が分子なのに、分子をつくるのはどれかという質問が意味わかりません。

他の方も指摘されていますが、これが思い込みです。問題で、塩化ナトリウムは、分子を作らないと答を知っているのに、なぜ、この思い込みが解消できないのかがちょっと不思議です。
「化」が付く付かないとか、物質名の中にヒントがあると思っているのなら、それも間違いです。

ひとつひとつの物質に対して、それがどういう性質のモノかを覚える必要があります。
といっても、大変でしょうから、もし分からないときにとりあえず書いておこう、というのは、

○○化×× という名前のモノは、××が金属元素のモノは、分子を作れません。
名前が、金属元素そのもののモノ(鉄など)は、分子を作れません。
○○素 という名前のモノは、炭素、ケイ素 以外は分子を作れます。

ただ、例外もあるので、テストで困ったときの目安として覚えましょう。
    • good
    • 2

 全ての物質は原子でできています。

原子がどのように集まって物質を作っているかによって、分子を作ったり作らなかったりします。

 分子とは、原子がいくつか集まってまとまった状態です。たとえば、「水」という物質を原子のレベルで見ると、水素原子が2つと酸素原子が1つ、合計3つの原子が集まってひとまとまりになっています。これを「水の分子」といい、分子式 H2O で表します。

 水 の他、酸素・二酸化炭素・水素・アンモニア・塩素 も同じように分子を作ります。

 分子を作らないもののうち、塩化ナトリウムと酸化銅は、イオン性の物質で分子を作りません。「分子でなければ何なのか」ということに答えるにはイオンを持ち出さないと説明にならないのですが、中学校での授業ではイオンを習わないことになっているようですね。
 原子がある条件で電気を帯びるようになったものをイオンといいます。金属がイオンになるとプラス電気を持ち、陽イオンになり、非金属がイオンになるとマイナス電気を持ち、陰イオンになります。

>塩化ナトリウムというもの自体が分子なのに、

 と書かれていますが、そうではありませんよ。「塩化ナトリウム」では、塩素が陰イオン、ナトリウムが陽イオンです。そして、このイオンがかわりばんこにくっついています。

  +-+-+-+-
  -+-+-+-+
  +-+-+-+-
  -+-+-+-+

 のように、どこまでもくっついていくので、「いくつかの原子の集まりでひとまとまり」ということにはならず、分子を作りません。

>なんか、粉?みたいなやつが回答になってますね・・。

 残念ながら、そういう外見では見分けられません。砂糖は粉ですが、分子でできています。

 見分け方としては、「○○化○○」という名の物質の場合、金属元素と非金属元素の合わさったものはイオンからできていると考えてください。

 ただし、「○○化○○」という名前でも二酸化炭素の場合の酸素と炭素のように、どちらも非金属元素の時はイオンにはならず、分子を作っています。
 非金属元素どうしで結びついたものは、大体分子を作ると考えて良いでしょう。アンモニアは窒素と水素からできており、どちらも非金属元素で、分子になっています。

 単体=1種類の元素でできている物質の場合、金属元素の単体は「金属結合」といって、金属原子がたくさんどこまでもつながって

 ○○○○○○○○
 ○○○○○○○○
 ○○○○○○○○
 ○○○○○○○○

のようになっており、やはり分子を作りません。この問題では「銅」が金属ですね。他に鉄・金・アルミニウム・亜鉛 なども分子を作りません。

 非金属元素の単体では、分子を作るものが多いです。酸素・水素・塩素 などがそうです。
 ただし、炭素は少し違い、「黒鉛」とか「ダイヤモンド」などをつくり、これらは金属のように、原子がどこまでもつながっていて、分子を作りません。

 あらっぽくまとめますと、

 金属元素と非金属元素の化合物→イオン結合で分子を作らない
 非金属元素どうしの化合物→分子を作る
 金属の単体→金属結合で分子を作らない
 非金属元素の単体→大体分子を作るが、炭素は例外

 という感じでしょうか。あとは問題で出てきたものを個別に覚えておくくらいしか手はないかも。

 くわしいことは、高校で「化学結合」の話を勉強するとわかるのですが、中学校でイオンや化学結合を勉強していない段階ではこのくらいでいいのではないでしょうか。
    • good
    • 2

中学生ということで「イオン」を使わないで説明します。



>塩化ナトリウムというもの自体が分子なのに
これが違います。
塩化ナトリウムは分子ではありません。

分子というのは、原子が決まった数だけ結びつき、むぎゅっとくっついて「一つの粒」になったものです。
二酸化炭素は炭素原子1個と酸素原子2個がくっついて、一つの粒になった状態で存在しています。そのくっついてできた粒がたくさんあるんです。
塩化ナトリウムはそのような粒は作らないで、ナトリウム原子と塩素原子がびっしりと「集まって」できたものです。それぞれ何個集まっているかはあまり関係が無く、ナトリウムと塩素が1個:1個の割合で集まっていることだけは確かにハッキリとしているのでNaClという化学式で表します。金属の化合物にはこのようなものが多いです。

よくわからないのは、どうやって考えたらよいのかが分からない、
もしくは、規則性が見えてこない、といったところでしょうか。
しかし、その考え方や規則性については高校レベルの理解が必要です。
いきなりそこまで踏み込むのも大変ですから、中学校ではとりあえず覚えておきましょうね、ということ。
ただもしさらなる興味がわけば自分で調べるのもまた面白いでしょう。
    • good
    • 2

問題が悪いんです。


「分子ではない化合物はどれか」
というのが正しい出題です。
イオン結晶で出来ている物質は分子と呼びません。
また分子量の代わりに式量を使います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分子を作る 作らない <中2理科です>

分子を作る作らないの違いとはなんですか?

なにを見ればわかりますか?

ネットで調べて、塩化ナトリウムはNaClなので1:1なので分子を作らないとわかったのですが、酸化鉄はFe2O3なのになぜ分子を作らないのですか?

数字が大きいから関係ないのですか?

大きい数字はなんですか?(普通は右下にある気が・・・)

あと、単体の方の分子を作る作らないの違いとはなんですか?

教えてください

しつもんが多くてすみません・・・。

Aベストアンサー

詳しい理由は高校の化学で習いますが中学レベルで考えるなら

分子を作らないものは「金属や金属の化合物、炭素や硫黄」
分子は作るものはそれ以外ぐらいに考えておけばいいです。

ナトリウムと鉄は金属なので分子を作りません。

数字は原子の数です。酸化鉄Fe2O3は鉄原子2個に酸素原子3個がくっついて出来てると
いう意味です。この辺は高校の化学でやります。

参考URL:http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/genshi2.html

QNaClはなぜ分子ではないのですか?

NaClは化合物ですが分子ではないと書かれています。何故ですか?何がH2Oと違うのでしょうか?

Aベストアンサー

NaClのNaとClの結びつき方とH2OのHとOの結びつき方の種類が異なるからです。

おそらく中学生の方だと思いますので、くだいた説明をすると、H2Oは水素原子2つと酸素原子1つが非常に強く結びついていて、この3原子の結びつきだけで独立している。NaClはナトリウム原子と塩素原子が同じ割合で結びついているが、ナトリウム原子1つと塩素原子1つだけに特別に強い結びつきがあるわけではない。したがって、NaClはナトリウム原子1つと塩素原子1つが結びついていることを示しているのではなく、ナトリウム原子と塩素原子が1:1の個数比で結びついていることを示しています。たくさん並んでいてどこまでがひと塊か分からないので、一番小さい単位を切り出してきたと考えてもいいですね。

Q金属元素は分子を作らない?

「金属元素は分子を作らない」と聞いたのですが、すべての金属にいえることでしょうか。
また、最も気になるのがなぜそうなのでしょうか。金属結合だから、なんていわれても分かりません。。。

どうか、教えてください。

Aベストアンサー

分子とは複数個の原子が強固に結合した物質です。この強固な結合を共有結合といいます。言い換えれば、共有結合でいくつかの原子が離れるにはなれないひとかたまりになった物が分子です。

一般に金属と呼ばれる物は常温常圧で(つまり生活環境で)金属結合をする物質のことですから、常温常圧においては分子を作りません。原子何個かが離れるにはなれない結合を作るのではなく、すべての原子でやや弱く結合しているのです。

なお、自然界という物は1か0かの世界ではありません。やや非金属性を持った物質などもあるわけで、その代表が#2さんのおっしゃるようなスズです。
「全く分子を作らない」のではなく「めったに分子を作ることはなく、その程度に大きな差がある」のです。

Q塩化水素は分子からなる物質ですか?

塩化水素は分子からなる物質ですか?

Aベストアンサー

こんばんは。

常温では気体であり、分子です。


>>>塩化水素は分子からなる物質ですか?

「分子からなる物質」という言い方が正しいのかわかりませんが、
塩酸ガスは、多数の塩酸分子からなる気体(物質)です。


ご参考になりましたら。

Q元素と原子の違いを教えてください

元素と原子の違いをわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい話は、抜きにして説明します。“原子”とは、構造上の説明に使われ、例えば原子番号、性質、原子質量などを説明する際に使われます。それに対して“元素”というのは、説明した“原子”が単純で明確にどう表記出来るのか??とした時に、考えるのです。ですから、“元素”というのは、単に名前と記号なのです。もう一つ+αで説明すると、“分子”とは、“原子”が結合したもので、これには、化学的な性質を伴います。ですから、分子は、何から出来ている??と問うた時に、“原子”から出来ていると説明出来るのです。長くなりましたが、化学的or物理的な性質が絡むものを“原子”、“分子”とし、“元素”とは、単純に記号や名前で表記する際に使われます。

Q酸化銀の熱分解の化学反応式の表し方について

こんにちは。
ぼくは。中学2年の男子です。今、理科で、化学反応式とか、化学反応と課に付いて、勉強しているのですが、酸化銀の熱分解のところがいまいちよくわかりませんので、教えていただきたいと思っています。

★ご回答は、中学2年生でもわかる程度で、できるだけわかりやすく教えていただきたいと思います。まだ、イオンとかは習っていません(分解のところだけです)。


酸化銀の化学式は、Ag2Oですよね?これを熱分解したときの化学反応式であらわすと、なぜAg2Oではなく、2Ag2Oになるのでしょうか?授業で、分解したときに、Ag2Oだけだと、O(酸素)が1つで存在できないので、酸化銀の分子をもう1つ持ってきてO2を作るからだ、と先生が言っていました。それは理解できるのですが、化学式と、化学反応式で使う酸化銀のあらわし方(Ag2Oと、2Ag2O)が違うことがわかりません


それと、酸化銀を熱分解したときの化学反応式は、
2Ag2O → 4Ag + O2
と教科書に書いてあります。

僕は、それが理解できません。
Ag2O → Ag2 + O
になるけど、Oが1つでは存在できないので、もう1つ酸化銀を呼んできて、O2を作るんですよね?ということは、Ag2Oが2つなので、
2(Ag2O) → 2Ag2+O2
になると思うのですが、教科書には、2Ag2O → 4Ag+O2
となっていました。
2Ag2と、4Agと、Ag4は、全部同じだと思うのですが、これだとだめですか?また、その理由を教えてください。

大変醜くすみませんが、ご回答よろしくお願いします。

こんにちは。
ぼくは。中学2年の男子です。今、理科で、化学反応式とか、化学反応と課に付いて、勉強しているのですが、酸化銀の熱分解のところがいまいちよくわかりませんので、教えていただきたいと思っています。

★ご回答は、中学2年生でもわかる程度で、できるだけわかりやすく教えていただきたいと思います。まだ、イオンとかは習っていません(分解のところだけです)。


酸化銀の化学式は、Ag2Oですよね?これを熱分解したときの化学反応式であらわすと、なぜAg2Oではなく、2Ag2Oになるの...続きを読む

Aベストアンサー

中学2年生だということを考慮して、例を出して説明します。
頭に「スーパーのお惣菜パック」を思い浮かべてください。
厳密な説明をするとおそらく理解しきれないでしょうから、今はあなたの疑問を解消するための説明をします。

Ag2O とは「Ag 2個とO 1個がパックになっている」という意味です。
(基本的に、小さな数字は「その直前に書いてある原子」が何個あるのか、を表します)
で、前に書いてある大きな数字は「そのパックが何個あるのか」を表すので、あなたの書いてあるように2(Ag2O)という解釈であっているのですよ。

Ag のように別にパックにする必要がないものまで「Ag2」と書く必要はありませんよね。
なぜかというと、Agは1個だけで存在できるものだからです。
こういう金属については、1個だけでも問題なく存在できるのですが
H2のように、2個セットじゃないと存在できないものもあるわけです。

2Ag2→「Ag 2ついり」というパックを2個もってきた状態
4Ag →ばらばらのAgを4個もってきた状態
Ag4 →「Ag 4ついり」というパックを1個もってきた状態

Agは2個いりとか4個いりとかいうパックを作れませんから
4Ag以外の書き方は誤りになるのです。

蛇足になるのかもしれませんが
パックを作らなければならないものについても
パックの中身は決まっているのです。勝手に変えることはできません。
Oについては、「O 2個いり」(このパックを「酸素分子」「酸素ガス」といいます)
「O 3個いり」(このパックを「オゾン分子」と呼びます)は作れますが
「O 4個いり」とか「O 5個いり」というのは決して作れません。

中学2年生だということを考慮して、例を出して説明します。
頭に「スーパーのお惣菜パック」を思い浮かべてください。
厳密な説明をするとおそらく理解しきれないでしょうから、今はあなたの疑問を解消するための説明をします。

Ag2O とは「Ag 2個とO 1個がパックになっている」という意味です。
(基本的に、小さな数字は「その直前に書いてある原子」が何個あるのか、を表します)
で、前に書いてある大きな数字は「そのパックが何個あるのか」を表すので、あなたの書いてあるように2(Ag2O)という...続きを読む

Q酸化銀を加熱すると銀になるのはなぜ?

酸化銀を加熱すると銀になるのはどうしてなんですか?
銀を加熱すると酸化銀になるのはわかりますが、なぜその逆が起こるのでしょうか?

教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下の3つの事実があります。

1金属は、空気中の酸素と反応し、酸化物になる性質を持つ。
 その性質には強い弱いがあり、速やかに反応するものや長時間かけて反応するもの、
 何も無ければほぼ反応しないものなどがある。

2化学反応は温度が高いほど速やかに進行する。
 一般には10℃上がれば2~3倍早く進行する。
 つまり、100度温度が上がれば1000~59000倍に、
 200度温度が上がれば100万倍~35億倍に早くなる。
 過熱すると酸素との化学反応も早くなり、速やかに酸化物へと変化するようになる。

3金属は高温では酸化物ではなく単体でいたほうが安定である。
 もちろん金属ごとにその性質の違いがあるが、1と関連して、
 常温で速やかに酸素と結びつく=酸素と強く結合する性質のものは超高温を必要とする
 逆に常温ではあまり結びつかない=酸素との結合が弱いものは
 ちょっと過熱した状態でさえ、酸素と結びつくよりも離れていた方が安定になる。

これらの現象が相まっておこります。
ほら、鉄の精錬も高温にして行っているでしょう。
いろいろな理由がありますが、高温ほど単体のほうが安定するというのも理由の一つです。

以下の3つの事実があります。

1金属は、空気中の酸素と反応し、酸化物になる性質を持つ。
 その性質には強い弱いがあり、速やかに反応するものや長時間かけて反応するもの、
 何も無ければほぼ反応しないものなどがある。

2化学反応は温度が高いほど速やかに進行する。
 一般には10℃上がれば2~3倍早く進行する。
 つまり、100度温度が上がれば1000~59000倍に、
 200度温度が上がれば100万倍~35億倍に早くなる。
 過熱すると酸素との化学反応も早くなり、速やかに酸化物へと変化するようになる。

3...続きを読む

Q分子結晶と共有結合の結晶の違いは?

分子結晶と共有結合の結晶の違いはなんでしょうか?
参考書を見たところ、共有結合の結晶は原子で出来ている
と書いてあったのですが、二酸化ケイ素も共有結合の
結晶ではないのですか?

Aベストアンサー

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素SiO2の場合も
Si原子とO原子が共有結合し、この結合が立体的に繰り返されて
共有結合の物質というものをつくっているのです。
参考書の表現が少しまずかったのですね。
tomasinoさんの言うとおり、二酸化ケイ素も共有結合の結晶の1つです。

下に共有結合の結晶として有名なものを挙げておきます。

●ダイヤモンドC
C原子の4個の価電子が次々に4個の他のC原子と共有結合して
正四面体状に次々と結合した立体構造を持つのです。
●黒鉛C
C原子の4個の価電子のうち3個が次々に他のC原子と共有結合して
正六角形の網目状平面構造をつくり、それが重なり合っています。
共有結合に使われていない残りの価電子は結晶内を動くことが可能なため、
黒鉛は電気伝導性があります。
(多分この2つは教科書にも載っているでしょう。)
●ケイ素Si
●炭化ケイ素SiC
●二酸化ケイ素SiO2

私の先生曰く、これだけ覚えていればいいそうです。
共有結合の結晶は特徴と例を覚えておけば大丈夫ですよ。
頑張って下さいね♪

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素Si...続きを読む

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q分子式と組成式の違い

えっと…初歩的なことで今更あれなんですが、分子式と組成式の違いがよく分かりません。
お分かりになる方、お教えください。

Aベストアンサー

分子式というのは分子が存在する物質に限って用いられ、その分子に含まれている原子をその数とともに示したものです。
たとえば、水:H2O、アンモニア:NH3といった感じです。


組成式というのは、その物質を構成している原子を最も簡単な整数比で表したものですが、それには2つの可能性があります。
(1)分子が存在する場合でも、種々の理由によって、分子式で表すのが困難な場合には組成式で表します。
たとえば、ダイヤモンドやイオウは高分子ですので、分子式で表そうとすれば構成している原子数を知る必要がありますが、それは個々のダイヤモンド等によって異なっており、正確な原子数を知ることは不可能です。したがって、ダイヤモンド:C、イオウ:Sのように表します。
また、高分子以外でも、種々の理由によって、たとえばベンゼン:C6H6などを、CHという組成式で表すこともあるでしょう。

(2)分子を形成しない物質の場合には、組成式で表します。たとえば、食塩をNaClと表しますが、これはNaClという分子があるのではなく、Na原子(あるいはNa+)とCl原子(あるいはCl-)が1:1で含まれていることを意味します。イオン結合を形成する物質の中には、このように組成式で表されるものが多いと言えるでしょう。

分子式というのは分子が存在する物質に限って用いられ、その分子に含まれている原子をその数とともに示したものです。
たとえば、水:H2O、アンモニア:NH3といった感じです。


組成式というのは、その物質を構成している原子を最も簡単な整数比で表したものですが、それには2つの可能性があります。
(1)分子が存在する場合でも、種々の理由によって、分子式で表すのが困難な場合には組成式で表します。
たとえば、ダイヤモンドやイオウは高分子ですので、分子式で表そうとすれば構成している原子数を知る...続きを読む


人気Q&Aランキング