気象予報士の資格を取りたいんですけど、どんな参考書や問題集(ありますよね?)を使ったらいいかわかりません。教えてください。             ちなみに僕は今年から大学にはいるんですけど、高校でも入試でも物理と化学しかならって(使って)ないので、ほとんどわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず,高校で物理・化学をとったということであれば,いきなり気象予報士の勉強にかかっても大丈夫だとは思いますが,一応高校の地学の教科書や学習参考書程度は,もし機会があれば見ておくとよいでしょう。

ただある程度大きな書店に行かないとないのが難点です。(取り寄せなら,どの店でもできますが。)
あるいは,安齋政雄「新・天気予報の手引」(日本気象協会)は,数式をほとんど使わない天気予報の本としてはおそらく最も詳しく,レベルも高いと思います。前もってこれを読んでおくと,数式も出てくる本格的な勉強に入った時に,イメージがつかみやすくなるでしょう。

さて,その本格的な勉強ですが,まず教科書的なものとしては
 小倉義光「一般気象学」東京大学出版会
をお薦めします。単なる数式の羅列ではなく,実際の天気図などの図が豊富で,式の計算も丁寧に説明してあります。「気象予報士試験のバイブル」とまでいう人もいます。
また,これとあわせて天気予報技術研究会編「最新 天気予報の技術」(東京堂出版)もよく教科書として紹介されています。ただ,すこし説明が簡潔過ぎるので,文字どおり学習会の教科書として使うなど,まわりに質問する人がいるときはいいのですが,完全独学のときはちょっと難しいかなと思います。

問題集は,東京堂出版やオーム社(http://www.ohmsha.co.jp/data/books/list/2w.htm)から出ています。また,試験を実施している財団法人気象業務センター(http://www.jmbsc.or.jp/)からも発売されています。

実際の問題でネックになりやすいのが計算問題と,そして多種多様な天気図です。
計算は,気象業務センターから「計算問題の解き方」が出ています。ただ,個人的には数式の印刷がもう少しきれいにならないかなと思います。(余計なことでした)
また,二宮洸三「気象が分かる数と式」(オーム社)は気象学で登場するさまざまな数式について,導出方法や応用も含めて非常に丁寧に書かれており,ハンドブック的に便利に使えます。
天気図は,新田尚監修「よくわかる天気図の読み方・考え方」や,長谷川隆司ほか「天気予報の技術」(いずれもオーム社)が,実例が豊富で良いでしょう。
また,個々の天気図の種類を詳しく説明したものとして下山紀夫「気象予報のための天気図のみかた」(東京堂出版)をあげておきます。

あとは,テレビの天気予報や新聞の天気図欄などを日々見て,さらには屋外に出て天気の変化を常に気にする習慣を付けることも大切です。気象予報は机上の勉強ではなく,現在起こっている気象現象とつながっているのですから。
ただこれだと,専門的な天気図が出てきませんので,そんなときはインターネットを活用しましょう。
今起こっている気象現象を,リアルタイムに近い形で知ることができます。
国際気象海洋(http://www.imoc.co.jp/),国土環境(http://www.metocean.co.jp/kisho/html97/kisho/ind …)などのサイトでは,地上・高層天気図,アメダスなどの情報が得られます。
さらに詳しい天気図やデータが必要ということであれば,IBCWEB気象情報(http://com.ibcweb.co.jp/wx/)があります。
会員制で有料(個人会員の場合,入会金12,000円+月額2,100円)ですが,現場の予報官や気象予報士がリアルタイムで気象庁から配信されている天気図がほぼすべて見られます。
人にもよるでしょうが,これだけ見られて2,100円(1日に缶コーヒー1杯にも満たない)というのは安いほうではないかと思っています。
午後の実技試験では,さまざまな種類の図面がどっと出てきて戸惑う人が多いらしいのですが,日ごろから実際のお天気に即して,高層天気図や渦度予想図や温位分布図などを見慣れておくと,あわてずに済むと思います。

月刊誌「気象」(日本気象協会)も気象関係の情報にまめに接するという点ではよいでしょう。

最後に,気象関係の膨大なリンク集を一つ。
気象情報のページ http://www.asahi-net.or.jp/~er7m-ymmt/
予報士の方の開いたサイトなども載っています。(asucaさんの紹介されたところも面白いですね。)

なお,気象予報士と直結するわけではありませんが,季節の移ろいを言葉で表現した,歳時記のたぐいも個人的には好きです。
いわば,気象を理系的にだけでなく,文系的にも味わう本といえばいいでしょうか。まあこれは私の趣味ということで。
気象学を学ぶと,日々の天気の変化について,今までとはまた違った見方ができて,生活が楽しくなる気がします。がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に詳しい説明ありがとうございます。もう二件もきたので、あとからもまだきそうですが、もうあげちゃいます。

お礼日時:2001/03/15 04:43

結構役に立つサイトがあります。


実は私も勉強中だったりします。

サイトの名前は「文系のための気象予報士受験対策室」です。
参考書の紹介もされていて良いですよ。

それ以外では
http://www21.freeweb.ne.jp/photo/kumosuke/cwf/ma …
もりようしています。こちらも色々な情報があります。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/batayan/kisyo.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。とりあえず、batayanさんのホ-ムペ-ジにいってきました。結構役に立ちそうです。                                                              それにしてもまさかこんなに早くくるとは思ってもいませんでした。      とりあえず約1カ月ぐらい時間があるので自分なりにがんばって見るつもりです

お礼日時:2001/03/15 04:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気象予報士さんって、何者?

 テレビに出てくる気象予報士さんは、どこかに所属しているの?(気象予報士の資格ができる前は、日本気象協会と肩書きがついていましたが。)それとも、気象予報士さんは、占い師さんみたいに、個人の資格で、個人的に予報して出しているの?とすると、スタッフがたくさんいないと困りそう。また、予報の元になる情報は、どこから、どうやって得ているの?どこかが出している気象予報などを、ご自分なりに、アレンジしているだけ?もし、予報が大きく外れた場合は、個人責任?
 NHKのニュースでは、気象予報士の○○さんと他人行儀に敬称をつけていますから、非常勤職員ではなく、外の人という扱いなんでしょうが、どういう身分?待遇?か、どなたか、教えてください。ニュースで、気象予報士の○○さんと聞くたびに、不思議な気分です。

Aベストアンサー

> テレビに出てくる気象予報士さんは、どこかに所属しているの?
基本的にタレントさんと同様に、事務所所属の方が殆どだと思います。

> 予報の元になる情報は、どこから、どうやって得ているの?
気象庁が定期的に予報を発表していますから、その情報をを基に、気象予報士さんが予報を行います。朝5時以前の予報は、前日の午後5時気象庁発表の予報を、朝5時以降は、朝5時気象庁発表の予報を使います。

> どこかが出している気象予報などを、ご自分なりに、アレンジしているだけ?
気象庁発表の予報には逆らえませんから、実質的にはそうなります。

> もし、予報が大きく外れた場合は、個人責任?
基本的には、予報の基情報を発信した、気象庁の責任でしょう。

> どういう身分?待遇?
事務所所属のキャスターの方なので、基本的にはタレントさんの扱いに準じると思われます。
例えば NHKで言えば、「おはよう日本」の加藤祐子さんは、ウェザーマップ所属、橋詰尚子さんは、ライフビジネスウェザー所属、「ニュース7」の半井小絵さんは、ウィング所属、と言った具合です。

> テレビに出てくる気象予報士さんは、どこかに所属しているの?
基本的にタレントさんと同様に、事務所所属の方が殆どだと思います。

> 予報の元になる情報は、どこから、どうやって得ているの?
気象庁が定期的に予報を発表していますから、その情報をを基に、気象予報士さんが予報を行います。朝5時以前の予報は、前日の午後5時気象庁発表の予報を、朝5時以降は、朝5時気象庁発表の予報を使います。

> どこかが出している気象予報などを、ご自分なりに、アレンジしているだけ?
気象庁発表の予報には...続きを読む

Q気象予報士試験に向けて

大学一年生です。

なにか実りあることをしようと思い、思い立ったのが気象予報士資格取得です。

私は文系ですが、高校時代に地学を選択していたため気象に興味があり、今年の一月に独学で試験を受けてみようと思い立ちました。

気象予報士のバイブルと呼ばれる『一般気象学』は、夏の間に一応すべて理解したのですが、これからどうすべきかの指針が立ちません…

いきなり過去問題集を解き始めるべきなのでしょうか?それとももっと他の参考書をあたってからの方がいいのでしょうか?その場合おすすめの参考書(学科(一般、専門)、実技)も教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

「一般気象学」は理論書ではありますが、気象予報士試験合格のための本ではありません。

参考書や問題集にある程度あたり、力試しとして過去問にあたるのが一般的かと思います。ただ、参考書や問題集は人によって相性がありますし、そもそも気象予報士試験があまりすそ野の広い試験ではなく参考書の種類も多くありませんので、何冊も参考書にあたるなら通信講座などを受講してきっちり取り組んだ方がいいかもしれません。

http://www16.plala.or.jp/SnowDrop/sankousyo.html

一般気象学を理解されているということは、学科(一般)の先行合格は狙えるかもしれません。実技まで含めて全科目を一発合格する人はほとんどいません(私自身もそうでした)ので、ある程度段階的に目標を据えて進めていきましょう。ただ、先行合格による学科試験の免除は1年間のみですので、先行合格後1年間はとにかく必死になってやるしかありません。

がんばってください。

Q気象予報士の仕事場は・・?

気象予報士の職場はテレビ局しかないのでしょうか?
テレビに出なくても気象予報士になられるのでしょうか。あまりテレビに出たくない!という理由で気象予報士への道をあきらめる・・という人もいるのでしょうか。
宜しく御願い致します!!

Aベストアンサー

企業向けに(たとえば東京ディズニーランド)気象情報を提供する会社は、少なからずあります。
気象予報士をとったからといって、ダイレクトにそれを活かす人もいればそうでないひともいます。

気象予報士の資格はもっていないですが、僕の恩師は、気象学の権威で、スペースシャトルの打ち上げの際の気象状況判断などにも参加したことがあるそうです。あと、海洋気象に長けた友人は船会社に入りましたよ。気象の世界もいろいろあるってことで。

Q気象予報士のお薦めテキスト

気象予報士の受験をするのに、よいテキスト・教材を探しています。ご教示ください。
合格者様の経験談歓迎です。
通学する学校の情報も歓迎です。

Aベストアンサー

まずは、『一般気象学 小倉義光 (著)』でしょう。

これに書かれてる、物理が理解できない場合は
『真壁京子の気象予報士試験数式攻略合格ノート―数式大嫌いの人に贈る!真壁 京子 (著)』
こういうので補完するといいでしょう。
また、視覚的・空間的な理解が苦手ならユーキャンの気象予報士講座もいいですよ。
丁寧な解説つきのビデオがあります。ただし、高価ですが…。

専門試験対策には
『気象予報のための天気図のみかた 下山紀夫 (著)』
もいいです。

あとは、ひたすら過去問演習。
基本的には一般気象学と過去問演習でOKかと。
あとは苦手分野の補完を。

>>通学する学校の情報も歓迎
学校行かなくても気象予報士になれますよ。
問題は取得の目的は何なのか?です。
趣味ですか?それなら学校に行かなくても大丈夫です。
就職目的ですか?基本的に単に気象予報士だから採用するという会社なんかないと思いますよ。
気象庁職員採用でも、あんまり関係ないみたいですから。

質問とか他にあればどうぞ。

Q気象庁と気象予報士の役割分担は?

TVで各局の天気予報が放送されますが、予報の内容に余り差異が無いように思います。
確か放送局では気象予報士でなければ天気予報をして放送することができないようになっていると聞きました。
気象予報士の役割が良く分からないということだと思いますが、気象庁から各局に提供される情報はどこまでで、その情報を気象予報士がどのように分析して放送するのでしょうか?
余り差異が無いので全て気象庁から提供される情報のような気がしております。

Aベストアンサー

国立病院と民間の開業医と言えば良いのでしょうか?
気象予報士も医師も国家資格でして、気象予報士については「指定試験機関が実施する知識及び技能についての試験に合格した者であって、気象庁長官による登録を受けた者」しか予報業務の許可を受けることが出来ません。

これまでは気象庁にしかその業務が許されませんでしたので、いわゆる勤務地も気象庁しかなく、予報内容の発信も同様でしたが、1993年の気象業務法改正によって、気象庁以外の者に対する予報業務の許可が一般向け予報業務についても実施されることになったために、民間の気象予報士も存在し業務を行えるようになりました。

医師免許を持つ物がどこでも勤務・開業しているのと同様、気象予報も気象庁に限らず存在、営業しているわけです。

例えが良いのか悪いのか、医師同様に技量や経験の差はあってもしかるべき?あるいはどの予報士も見立てにそう大差はないとも言えます。

Q今年、私は危険物乙種第4類の試験を受けるのですが、参考書は2006年に発行された参考書でも使えるんですか?  

 今年、私は危険物乙種第4類の試験を受けるのですが、参考書は2006年に発行された参考書でも使えるんですか?その参考書は2006年4月22日に発売されたマンガで合格!乙種第4類危険物取扱者試験です!どうか回答お願いします!

Aベストアンサー

この場合、気になるのは法令ですよね。
仕事の関係で、毎年、消防署の保安講習会に出席しておりますが、私の記憶では改正は無かったはずですから、大丈夫ですよ。

合格を目指して頑張って下さい。

Q気象予報士は必要?

気象予報士は必要でしょうか?
温暖化などで過去のデータに当てはまらない事例が多いので
予想が外れるのは仕方ない面もありますが、
それならば尚更不用であるように感じます。

そして外れてもヘラヘラ笑いながら後付の理由説明…。
(しかも義務教育で習うレベルの説明が多い)
月間、週間予報なんて全く当たらないし当日の予報すら外れることも多々。
そんな気象予報士なら国の予算を東京アメッシュなどのデータを更に
より詳細したものを迅速にネット配信する方に予算を回した方が良いような気がします。
つまり気象庁の発表≒気象予報士の予想(当たらない可能性大)と
後は迅速に自己判断できる詳細なデータ提供だけで良いのではと思うのです。

デイトレーダーや証券マンは難しい要素でも外れれば責任を問われ下手すれば破産や解雇すらあるのに対して、
気象予報士(気象庁も含め)は外れても「ごめんなさい」で済む
(それすら言わないで言い訳だけの予報士も多いが)
なんて楽な職業なのかと思います。
そんなタレントまがいの気象予報士を高額にで雇うなら公共の電波を独占しているTV局などは
一般国民に還元すべきことが他にたくさんあると思います。

天気予報が重要となる企業では専門のプロ天気予報会社に予報を高額で依頼している事も多いそうですが、
そういう職が成立すること自体がTVなどの気象予報士の不要性を証明しているように思います。

そういった予報専門会社のサービスに劣らない機関に国やTV局は予算を割くべきなのではないでしょうか?
国民の誰でも利用できる少なくても予報専門会社程度の精度を持ったサービスを。

みなさんは不要、必要、どちらだと思いますか?
私は今の精度の予報なら気象予報士は少なくても不要だと思います。

もしくは的中率による出来高制にすれば良いと思います。
とは言っても精度の高い予報には大企業や国レベルの観測情報が必須でしょうから非現実的でしょう。
だったら気象予報士なんて不要で代わりは高学歴のアナウンサーで十分だと思います。

気象予報士は必要でしょうか?
温暖化などで過去のデータに当てはまらない事例が多いので
予想が外れるのは仕方ない面もありますが、
それならば尚更不用であるように感じます。

そして外れてもヘラヘラ笑いながら後付の理由説明…。
(しかも義務教育で習うレベルの説明が多い)
月間、週間予報なんて全く当たらないし当日の予報すら外れることも多々。
そんな気象予報士なら国の予算を東京アメッシュなどのデータを更に
より詳細したものを迅速にネット配信する方に予算を回した方が良いような気がしま...続きを読む

Aベストアンサー

気象予報士という職業を誤解されていませんか?

>天気予報が重要となる企業では専門のプロ天気予報会社に予報を高額で依頼している事も多いそうですが

これをするのが気象予報士の本来の仕事であり、テレビに出ているのはほんの一部の人だけです。

>(しかも義務教育で習うレベルの説明が多い)
そのレベルで解説しないと、テレビを聞いている人は理解できないでしょう。

>なんて楽な職業なのかと思います。
大多数の気象予報士が働いている気象予報会社は、はずれが多くなれば仕事が来なくなります。

Q22歳から天気予報士を目指すのって無謀ですか?

22歳から天気予報士を目指すのって無謀ですか?

ただでさえ合格率低いので…
もう遅いですか?

よろしく御願いします。

Aベストアンサー

資格自体は別に遅くないと思いますよ
今テレビで天気予報をしている方達が取得したのもつい最近です
(資格試験がなかったから)

その資格をどう使うか? で 年齢が関係するかもしれません
美人予報士みたいなことをウリにするなら若いほどよいかもすれません…

合格者の平均年齢は35歳くらいらしいですよ

Q各TV局や番組毎に、天気予報のコーナーがあり、担当の気象予報士が天気予報を解説していますが…??

各テレビ局や、それぞれのTV番組や、それ毎の天気予報のコーナーで、各々の担当している気象予報士達が天気を予想し解説してますが、これらの予報って、それぞれの気象予報士によって=各局・各番組によって、異なっていることもあり得ているんでしょうか?

フトそんな疑問を感じたのは、各局の各番組の天気予報コーナーの、それぞれの気象予報士の予報と解説って、チャンネルを細めに切り替えて見比べても、全く同じ一緒としかの感覚しかないんで、とても不思議な感じを覚えてしまったからで…。

天気予報って、気象予報士が各々それぞれの資格に基づいた上で予想して、その見解を予報として述べて発しているんではないのですか?

それとも、例えば気象庁とかの公的機関が発したデータと予報をソノママそのとおりに言うことになっている、なんていう決まり事でも存在してるんでしょうか?

要するに、気象予報士という試験に合格した資格を取得した人が、その資格をもってして、自由に独自に気象を予想して、それを予報することが出来ない、又は許されていない、ということなんでしょうか?

実際・実態・真相って、どうなっているのでしょうか、是非とも教えてくださいますか。

各テレビ局や、それぞれのTV番組や、それ毎の天気予報のコーナーで、各々の担当している気象予報士達が天気を予想し解説してますが、これらの予報って、それぞれの気象予報士によって=各局・各番組によって、異なっていることもあり得ているんでしょうか?

フトそんな疑問を感じたのは、各局の各番組の天気予報コーナーの、それぞれの気象予報士の予報と解説って、チャンネルを細めに切り替えて見比べても、全く同じ一緒としかの感覚しかないんで、とても不思議な感じを覚えてしまったからで…。

天気予報っ...続きを読む

Aベストアンサー

「予報業務のうち現象の予想については、気象予報士に行わせなければならない。」
つまり、気象庁の出した予報をしゃべるだけなら気象予報しでなくても構いません。だから東京MXでは鈴木奈々や変な外人が天気予報をしています。あと今は知りませんが日テレでも菊川怜が予報していましたね。
あれは気象庁発表内容を読むだけだからOKなんです。
しかし解説やもう少し狭い範囲の予報をする場合は気象予報士の資格が必要になります。例えば「予報では曇りですが、場所によっては雨が降る可能性があります」なんていうのは気象予報士の資格が必要な訳です。資格がなければ原稿通り「曇りです」としか言えない訳です。

それでも気象庁のデータに基づいているので大きな違いは無いはずだし、あまり違いがあってはおかしいですね。そういった細かい部分だけの違いなので、見ていても気がつかないことが多いと思います。
また気象に関する詳細な説明も資格者か研究者でなければなりません。最近解説で面白いのは私はTBSひるおびに出ている森朗(もりあきら)さんですね。理解力のない人に説明する事の難しさを教えてくれます。

「予報業務のうち現象の予想については、気象予報士に行わせなければならない。」
つまり、気象庁の出した予報をしゃべるだけなら気象予報しでなくても構いません。だから東京MXでは鈴木奈々や変な外人が天気予報をしています。あと今は知りませんが日テレでも菊川怜が予報していましたね。
あれは気象庁発表内容を読むだけだからOKなんです。
しかし解説やもう少し狭い範囲の予報をする場合は気象予報士の資格が必要になります。例えば「予報では曇りですが、場所によっては雨が降る可能性があります」なんて...続きを読む

Q将来、警察官になりたいんですけど、自分はレスリング部に入ってるんですけど、レスリングは警察官になるた

将来、警察官になりたいんですけど、自分はレスリング部に入ってるんですけど、レスリングは警察官になるために必要になりますか?あと、警察官の給料は高めですか?(高卒で警官になりたいと思っています) お願いします

Aベストアンサー

レスリングは警察官になるために必要になりますか?
   ↑
必要かどうかは問題ですが、格闘技経験者は
それなりに有利です。




あと、警察官の給料は高めですか?
   ↑
ハイ、一般の公務員よりは高いですよ。
そして、公務員は一般の民間よりも高いです。

福利厚生関係も恵まれています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報