素人ですが、控訴期限について勉強させてください。

過去質問を読みましたが、控訴期限は送達の日から起算するのが
正解との事でした。(判決期日に出頭しなかった場合、もしくは正本を受け取らずに帰った場合)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3737280.html

この送達の日についてですが、特別送達で郵送されるとの認識ですが、
不在あるいは故意に受け取りを遅らせ、郵便局預かり期日ギリギリに
受け取った場合、あるいは、更に悪質(?)に送達をスルーした場合、
これらの場合は、以下の解釈で合ってますでしょうか?

(1)受け取った日から起算する。
(2)スルーした場合は、預かり期日満了日から起算する。

不勉強で(2)が特に自信ないです。
もしかして、裁判所に返送された日から起算するのかな、という
疑問もあります。
あるいは、期日呼び出し状のように、再送~更には勤務先への
再々送等するのでしょうか?

更に追加ですが、控訴期限というのは刑事/民事、あるいは地裁判決を受けての控訴/高裁判決を受けての控訴で、それぞれ違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

特別送達の場合は、当然、受取った日が送達日となり、その日から起算されます。



判決を特別送達郵便で発送したが、配達されず裁判所に戻された場合、書留郵便等に付する送達(付郵便送達、民訴107条1項)で、再度送達をします。

この場合は、付郵便送達の発送した時点で送達が完了したことになります(同条3項)ので、発送日が起算日です。

訴状や第1回期日の呼出状の送達と違う点は、訴状や呼出状などが一度でも送達されれば、そこを送達場所として届け出たのと同じ効果が生じますから、特別送達郵便が配達されなければ、なんら新たな調査などをする必要なく、直ちに同じ住所に付郵便送達することが可能になります。

控訴期限は、民事でも刑事でも14日ですね。

なお、高裁判決については、高裁が第一審の場合もすべて最高裁への「上告」となります。上告期限も14日です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q判決文の書留郵便等に付する送達について

法人に対し訴訟を提起し、判決が出て、原告に判決文が送達されましたが、被告に判決文が送達されません。
あてどころに尋ねあたらず、や転居先不明でない場合で戻った場合、次に附郵便送達(書留郵便等に附する送達)することになりますが、この場合、原告の現地調査は必要になりますか?

訴状は登記簿上の法人本店所在地に送達されています。
法人代表者からは送達場所の届け出は出されていないようです。

そうすると、送達場所は届けていないけども、実際に訴状は本店所在地に送達されていますから送達場所が固定化され、以後の送達もその本店所在地になり、判決文について送達できず留め置き期間経過で戻った場合は、現地調査は必要でなく担当書記官が事務的に附郵便にすると思いますが、有識者の方、お教えください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

教科書では、送達は「裁判所書記官が」となっていますが、実務では、職権発動を促す上申によって送達しています。
何故ならば、送達方法は幾つも用意されており、ある程度「順序」があるからです。
今回の場合も、訴状は届いたが判決書が届かないわけですから、原告で、ある程度調査し、その旨報告し、送達方法として民事訴訟法107条が適当だから当該方法による送達してほしい旨の上申書を提出して下さい。

Q簡易裁判所の判決に対する控訴裁判(地裁)結果に対してさらに上訴はありますか?

簡易裁判所判決後に新しい事実が判明し、控訴中ですが、新証拠に対する判決に対しては上訴可能なように思いますが、改めて簡易裁判からやり直すことになるのでしょうか?損害賠償訴訟で、賠償金は些少です。

Aベストアンサー

簡易裁判所の判決に対しては地方裁判所に控訴、控訴審である地方裁判所の判決に対しては高等裁判所に上告、上告審である高等裁判所の判決に対しては最高裁判所に特別上告をすることができます。
原告が被告に対して金100万円の貸金返還請求訴訟を東京簡易裁判所に提起したところ、簡易裁判所が原告の請求を全部棄却する判決をしたとします。そこで原告が東京地方裁判所の控訴し、審理の結果、
1.原審の判決が正当と判断した場合は、「控訴人(一審原告)の控訴を棄却する」という判決をします。
2.原審の審理が不十分等で、原告の請求に理由があるかどうか判断するには熟してないと判断した場合は、「原判決を取り消す。本件を東京簡易裁判所に差し戻す。」という判決をします。
3.原審及び控訴審で提出された主張及び証拠だけで原告の請求に理由があると判断した場合、「原判決を取り消す。被告は原告に対して金100万円を支払え。」という判決をします。

ちなみに、2の判決も判決ですから判決が確定しないと、簡易裁判所の審理が始まりません。

Q東京簡易裁判所から特別送達が

今日、東京簡易裁判所から特別送達が届きました。

内容は消費者金融のことだったのですが、
私はその金融の会員になった覚えがないのです。

送達の中にその金融の会員、入会申込書があって確認したんですが、住所は今住んでる場所の住所なんですが、書いてある携帯の電話番号やメールアドレスが使っているものと一致しないのです。
契約日も平成27年の5月からになっていました。


こう言うのはどうしたらいいでしょう?
簡易裁判所の書記官さんに連絡したほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

消費者金融から少額訴訟を起こされたものと思われます。

一審に出廷しないと欠席裁判で敗訴で、それで結審します。
結審すれば、なんらかの強制回収がなされます。

なので出廷してください。

メールアドレスはともかく、電話番号の違いは決定的でしょう。

その番号は違うと証言しましょう。
そうすれば、その番号がどの店で発行され、誰が使っているのかわかるでしょう。
基本的に請求書送付先を確認すれば犯人が判明しますので、その違うという点を主張すればよいのです。
その調査は検察でするでしょう。
※審議はその日だけですので、その日の内に検察官が調べます。

相手が違えば、勝訴です。
それであなたへの疑いは晴れます。

Q特別送達の発送について。

初めまして。少し不安があり質問させて頂きます。

数日前に東京簡易裁判所から特別送達が届きまして相手方とは電話で和解、解決したのですが判決は出るので同じく裁判所から届くとの事でした。彼氏と同棲しているので出来れば知られたくありません。一回目に届いた時はどうにか誤魔化せました。そこで質問なんですが…出頭日に和解の旨を相手方が裁判所へ出すとの事で、それが金曜日なのです。その場で判決が出たらそのまま金曜日には特別送達が発送されるのでしょうか?それとも土日も関係なく発送されるのか、挟んで月曜日か火曜日に発送されるのか……発送された場合は何日で届くものなのでしょうか?(当方、宮城県です。)届く日が何となくでも分かっていれば少し安心出来たもので…。また発送されたかどうかは裁判所に電話して確認出来るものなのかも教えて頂ければ有難いです。

Aベストアンサー

もしかして、判決ではなくて和解に代わる決定ではないですか。裁判外で和解したにも関わらず、相手方が裁判所に判決を求めるというのは矛盾していますし、裁判上で和解をするつもりであれば、御相談者が第一回口頭弁論に出席することを相手方は念押しするはずだからです。
 そうなると、どのタイミングで決定をするか(決定書を作成して送達するか)は、予測しづらいと思います。(東京簡裁で和解に代わる決定をしょっちゅうもらっている人ならば、代替の日数が予測できると思いますが)信頼できる友人がいるのならば、裁判所に送達受取人を友人、送達場所を友人の自宅とする旨の届出をすれば、その友人宅に送達してくれます。

民事訴訟法

(和解に代わる決定)
第二百七十五条の二  金銭の支払の請求を目的とする訴えについては、裁判所は、被告が口頭弁論において原告の主張した事実を争わず、その他何らの防御の方法をも提出しない場合において、被告の資力その他の事情を考慮して相当であると認めるときは、原告の意見を聴いて、第三項の期間の経過時から五年を超えない範囲内において、当該請求に係る金銭の支払について、その時期の定め若しくは分割払の定めをし、又はこれと併せて、その時期の定めに従い支払をしたとき、若しくはその分割払の定めによる期限の利益を次項の規定による定めにより失うことなく支払をしたときは訴え提起後の遅延損害金の支払義務を免除する旨の定めをして、当該請求に係る金銭の支払を命ずる決定をすることができる。
2  前項の分割払の定めをするときは、被告が支払を怠った場合における期限の利益の喪失についての定めをしなければならない。
3  第一項の決定に対しては、当事者は、その決定の告知を受けた日から二週間の不変期間内に、その決定をした裁判所に異議を申し立てることができる。
4  前項の期間内に異議の申立てがあったときは、第一項の決定は、その効力を失う。
5  第三項の期間内に異議の申立てがないときは、第一項の決定は、裁判上の和解と同一の効力を有する。

もしかして、判決ではなくて和解に代わる決定ではないですか。裁判外で和解したにも関わらず、相手方が裁判所に判決を求めるというのは矛盾していますし、裁判上で和解をするつもりであれば、御相談者が第一回口頭弁論に出席することを相手方は念押しするはずだからです。
 そうなると、どのタイミングで決定をするか(決定書を作成して送達するか)は、予測しづらいと思います。(東京簡裁で和解に代わる決定をしょっちゅうもらっている人ならば、代替の日数が予測できると思いますが)信頼できる友人がいるのな...続きを読む

Q病人相手への公示送達と強制執行

アドバイス頂ければと思います。

約3年前、知り合いに150万を貸しました。
借用書などの書面はなく、口約束で動いてしまいました。
毎月3万円ずつの返済で、残り80万円ほどになりました。
これまで期日遅れはあったものの、とりあえず順調に返済してくれていました。

しかし、ここにきて体調を崩したということで、2ヶ月ほど返済がストップしています。
そのため仕事も休んでおり、今は捻出が出来ないと言ってきました。
電話したところ、確かにひどいガラガラ声で、検査結果も写メで見せてもらいました。
変声できるアプリや他人の検査結果でない限り、言っていることは本当のようです。
遠方のため2年会っておらず、ずっと携帯でのやり取りです。
他でも借金している人なので、資金繰りが回っていないようです。

ここまで書き出すと、あたかも順調な返済と見えるのですが、心配な点があります。

1. 返済が遅れた際に催促しても、返信がほとんど無い。この度に、逃げられるんじゃないかと不安になる。

2. 以前、1ヶ月滞納した際、「どうにもお金が作れない。このままじゃ自己破産するしかないかも」と言っていた。

3. とにかく嘘が多い。そのため、返済期日を守るのは全体の5割くらい。「◯◯日に返すから待ってくれ」というのが多いが、いつもあてにならない。

4. 教えてもらっていた名前の1文字が銀行名義と異なってた。読み仮名は合っていたが・・・ 前述3の嘘のうちの1つととらえるべきか、何かあった時に足がつかないようにするためか?

5. 以前、住所を教えてほしいと伝えたが返信が得られなかった。
そのため、今も正確な住所は知らない。

病気になったと言われてから2ヶ月、向こうからの連絡はありません。
こちらから連絡すれば返信はあるかもしれませんが、「治っていない」と言われるのは目に見えています。
このまま進展が無いようなら、公示送達からの強制執行も考えています。
その場合、住所や勤務先等は興信所などで調べるつもりです。
(興信所が高額でお金がもったいないというのは承知の上です)

そこで心配しているのが、病人相手に公示送達や強制執行というのは
例え内容がもっともだとしても勝ち取れるものなのか?という点です。
相手が病気で返済能力が見出せないため却下、という判決にはなりませんか?

アドバイス頂ければと思います。

約3年前、知り合いに150万を貸しました。
借用書などの書面はなく、口約束で動いてしまいました。
毎月3万円ずつの返済で、残り80万円ほどになりました。
これまで期日遅れはあったものの、とりあえず順調に返済してくれていました。

しかし、ここにきて体調を崩したということで、2ヶ月ほど返済がストップしています。
そのため仕事も休んでおり、今は捻出が出来ないと言ってきました。
電話したところ、確かにひどいガラガラ声で、検査結果も写メで見せてもらいまし...続きを読む

Aベストアンサー

公示送達は調査を尽くしても住所居所が判明しない場合の例外的方法ですので、公示送達ではなく、訴訟提起して判決を得た上での強制執行を考えることになります。
(履行確保の方法としては、例えば相手に協力させて公正証書を作成する方法なども考えられます。)
訴訟で勝訴判決を得られるかは証拠次第であり、相手の病気は関係ありません。また、強制執行については、執行対象財産が分かるかどうかがポイントで、こちらも相手の病気は関係ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報