「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

 私は普段、物を買う時に五パーセントの消費税を支払っている。また、両親は消費税のほかにも、所得税や自動車重量税などさまざまな税金を支払っている。こういう影響もあって「税金」と聞いて、良い印象を持つ人はあまりいない。
 では、本当に税金は無駄なものなのかを検証してみよう。
 まず、小学校から中学校までの九年間の間の義務教育がなくなり、教科書代や授業料などをすべて各家庭から支払わなければならなくなったら、家計はどうなるか。さらに私たちが学習、読書でよく利用している図書館も使用料が必要になったり、あるいは運営自体が不可能になったりしたらどうなるか。また地震、火事が起こった際、救急車や消防車がきて我々を助けてくれなかったら…。
 このように考えてみると、あらゆる面において税金はなくてはならない存在になっている。ここでで、これまでの過去を振り返ってみる。
 七〇一年、大宝律令によって国内で初めて租・調・庸という税制度が敷かれた。これから必要に応じて太閤検地、地租改正などで税制度も変化してきた。
七〇一年から今まで、すなわち今から千三百年以上も前から税制度が存在していた。つまり、これらの出来事によっても人々が生活していく中で税金とは必須であったということがいえる。
 これからの社会では、増税が行われるかもしれない。だがその税金が、少子高齢化に対応するためのものであればしようがないと私は思う。しかし、これからも政治家が税金を無駄にする傾向があるのであれば、国民の納税しようという気持ちは薄れるだろう。
 事実として、自分たちが「納めている税」より、自分たちのために「使われているお金」の方が多いと思う。こいうことから、私たちが納めている税金というのは、『無駄に取られているもの』ではなく、私たち国民が日本という大きな輪の中でみんなが『必要最低限の生活を送るための会費』を集めていると考えた方がいいのではないか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

個人的意見としては、このままで良いと思います。


文章も読みやすく、誤解を招く表現も見当たりません。

一箇所だけ、修正してください。
*ここで[で]、これまでの過去を振り返ってみる。 の「で」の部分。
- ここで税の歴史を振り返ってみる。←私ならこうします。

*少子高齢化に対応するためのものであれば[しようがない]と

あなたが納税は必要と思っているのであれば、
「仕様が無い」は使い方を間違っています。
仕様が無い - 諦め の感情を含みます。
http://dic.yahoo.co.jp/search?stype=0&ei=UTF-8&d …

少子高齢化に対応するためのものであれば、
納税するのが当然の義務であろうと私は思う。←私ならこうします。

題名は「納税の必要性について」はいかがですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
付け加えてですが、実はこの作文は原稿用紙4枚以上なのですが、実際は2枚と半分くらいしかいってません。なにか付け加えられる内容がありますかね?すみません^^;

お礼日時:2009/08/11 20:40

そうですね・・・


この作文の(起承転結の)「承」と「結」を、
もう少し増やす、膨らましてはどうですか?

「承」- まず、小学校から・・・
他にも、国を守るための国防費(自衛隊費)や、市民を守る警察費用、
国際社会の一員としての海外援助、国際貢献の必要性とその費用も
税金から払われている とか。

「結」-これからの社会・・・
ノルウェイやキュウバの税率は日本の2~3倍も高いが、
医療費や学費は全額税金から支払われるため、
どんなに家庭が貧しくても希望すれば全額無料で大学で学べるし、
(もちろん、入学試験は有る)
ホームレスや老人でも医療費は全額無料の福祉大国だ。

税金が公務員の無駄遣いや、
天下り職員の利権を守るために使われるのなら1円も払いたくないが、
本当に必要な福祉に使われるのなら、喜んで納税したいと思う。
 とか。

日本と外国の税率や、税の使われ方を比較したり、
あなたの税に対する考えをもっと具体的に書いてみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
どのようにつけたしたらいいかとても迷ってます。
どんな文がいいのか…。

できたら、
例文みたいなのをお願いします。
夏の課題でせっぱつまってます^^;

お礼日時:2009/08/12 10:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夏休みの宿題 税についての作文

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろう。」と思ったこともありました。
 そこで、税金の使われ方について調べてみました。
すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、
私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。
また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。
 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。
と考えてみると、
私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、
私たちはこれから安心して暮らしていけません。
税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、
私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。
他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、
ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、
医療費は今よりも高くなります。
これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。
そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。
 今まで、「税について知りたい!」とか「税金は必要だ。」と思ったことは
一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、
税金は必要だと思いました。
私たちは、いつも「勉強したくないなあ。」と思いながら学校に通っていますが、
こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、
税金があるからできるのだと分かりました。
 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。
税金によって、私たちは色々な面で支えられています。
日本全国の人々が、税金を払い、
その税金によって、私たちは支えられています。
だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
他の人たちを支えたいと思います。

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろ...続きを読む

Aベストアンサー

>消費税くらいしかないし、
>よく分かったし、

この「~し、」というのを書き直しましょう。
作文ではあまり使いたくない言葉使いです。

税金というと、一番身近なのは消費税でしょうか。
良くわかりました。

>だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
>他の人たちを支えたいと思います。

この部分が???となる文章でした。
税金を払うことに支えるとありますが、何を支えるのかを書く。
または最後の〆の言葉自体を変更してもいいかもしれません。


これくらいでいいと思います。
中学生なので十分ではないでしょか。

Q「税についての作文」の書き方を教えてください!!

夏休みの宿題で、税の作文が出ました。

さっさと早く宿題を終わらせたいのですが、
何を書いていいのやらさっぱりよく分かりません((泣

私は文法力もないし、税について調べてみても、ちんぷんかんぷんで
全く進みません。。。

なのでよければ、
作文の書き方のコツや、税について(分かりやすく、まとまったこと)を教えてください!!

ちなみに中学生です。

Aベストアンサー

税についての詳しい知識は不要です。

身近にある税を考えてください。
スーパーやコンビニのレシートを見てください。
うち消費税○○とあるはずです。
これは、買い物の時に商品代のほかに5%の消費税をスーパーやコンビニに払っているのです。
スーパーやコンビニは、この消費税を国に収めています。

また、お父さんやお母さんが、会社とかに勤めていらっしゃるのであれば、そのお給料からは所得税や住民税が差し引きされていると思います。
会社とかに勤めていらっしゃるのでしたら、月にどのくらい引かれているのかを聞けば、年間どのくらいの負担があるのかを知ることができます。

また、郵便貯金をされていませんか。毎年利子がついていますが、税金が差し引きされています。通帳で確認されます。

このような、税金があることを知って、これを支払うことに対する感想を書かれればいいと思います。

そして、その使い道を考えてください。


質問者様の学校は、公立の学校でしょうか?
授業料は無償ですね。
学校の建設費用、電気代、先生の給料などは、税金で負担されています。

私立の中学でも、生徒からの授業料のほかに補助金が税金からでているはずです。

また、公立でも私立でも、教科書は税金で負担されています。
(小学校の時に先生に言われた言葉を覚えています。「この教科書、机、○○は、だれがお金を出してくれているのか? 戦争で勉強したくても学校にも行けなかった人たちも、給料や年金の中から税金として負担してくれているのだ。しっかり勉強しろ。」)

ほか、道路、警察、消防署、公園など身近な施設を想像してください。


税金がない世界であれば、今税金でまかなっているものはどうなるのかを想像してください。

そうすると文章が書けると思います。


また、実は、国の収入のうち、半分以上は借金です。
これは、だれが返済するのでしょうか。
今の年寄りは、返済せずにこの世を去ります。
返済するために新たな借金をするなどして、返済を遅らせれば、ご両親の世代も返済せずにこの世を去ります。
そうなれば、返済するのは、中学生である質問者様たちになるかもしれません。

このあたりのことは、書いても書かなくてもいいですが、知っていれば、いろいろ税について考えることができると思います。

夏休みも、あと2週間!
がんばってください。

税についての詳しい知識は不要です。

身近にある税を考えてください。
スーパーやコンビニのレシートを見てください。
うち消費税○○とあるはずです。
これは、買い物の時に商品代のほかに5%の消費税をスーパーやコンビニに払っているのです。
スーパーやコンビニは、この消費税を国に収めています。

また、お父さんやお母さんが、会社とかに勤めていらっしゃるのであれば、そのお給料からは所得税や住民税が差し引きされていると思います。
会社とかに勤めていらっしゃるのでしたら、月にどのくらい引かれてい...続きを読む

Qなぜ税金制度が必要なの?

昔から疑問に思っていたことがあります。
なぜこの世の中に税金という制度が必要なのかということです。
タバコ税や酒税などはわかるのですが、所得税や相続税はなぜ取られるのでしょう?
もちろん国などを運営する必要経費はあるかとは思いますが、それであれば日本銀行なり造幣局なりでお金を作ればいいのでは?
国民から所得税とかをとるのであれば、ぜひその税収分を日本銀行などから取っていただきたいと考えるのは私だけでしょうか。
ぜひ税金が必要な意味を教えてください。

Aベストアンサー

税金がないなら……と考えてみましょう。

外務省などで私腹を肥やす官僚は一人もいなくなります。天下りもなくなります。
しかし、警察も消防もなくなります。
ということは、警察官も消防車も救急車もなくなるわけですね。
殺人、放火、強盗が日常茶飯事になるわけです。
病人は救われずに死んでいきます。
裁判所もなくなるわけですから、紛争の救済は、決闘でのみ可能になります。
そのとき、生きている日本国民がどれだけいるか……。

最近は、福祉についても税金が必要です。
生活保護、公的年金、健康保険、労災保険、等々、社会福祉に関する税金は税の使い道のかなりの部分を占めます。

所得税、相続税については、「所得再分配」という観点から必要になります。
中には、竹中平蔵のように「国民一律の人頭税にすべき」という意見もありますが、それでは富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなることは間違いありません。
払える人は払える分を払い、「公共のもの」をみんなで利用していこうとする、それが所得税のあり方です。相続税も、努力しない者には払うことができません。払えなければ物納、つまり土地で納めてもらいますから、一戸建てが持てない人も一戸建てが入手しやすくなるのです。
この点について、経済学者の野口悠紀雄が「相続税率100%」を提唱していました。意義について、賛成です。

ちなみに、日本銀行は「日本銀行法」に基づく法人ですので、税金がなければそれ
をコントロールする立法府・行政府もなくなり、存在意義を失います。
また、お金は日銀が作るものなどではありません。現在出回っているお金は造幣局や印刷局などで作られたものではなく、銀行の信用創造によって作られているものが多くを占めます。信用創造については、中学校の公民でやっているはずなので、省略します。
この手の思い込みが国民の間に多いことも、また事実のようです。

税金を払うぐらいなら日本銀行で、というのは、あまりにナンセンスですね。日本銀行の職員の給与はどうしますか?(まあ、一応はジャスダックに日銀株が登録されているんですが)。
公務員の給与も日銀で払え、ということですか?
そうすると、トラック1台に紙幣を積んでも1日の給料が足りなくなりますよ!
(頭の訓練として、無税国家を描いてみるとよいかも)

分からなければ、
佐藤雅彦・竹中平蔵『経済ってそういうことだったのか会議』(日本経済新聞社)
の第1章の冒頭に、佐藤少年の面白い貨幣の話がありますから、読んでみると面白いでしょう。

なお、宮島洋『税のしくみ』(岩波ジュニア新書)は、中高生向けの書物ながら、大学生以上にもわかりやすく税を紹介してくれています。ご一読下さい。

税金がないなら……と考えてみましょう。

外務省などで私腹を肥やす官僚は一人もいなくなります。天下りもなくなります。
しかし、警察も消防もなくなります。
ということは、警察官も消防車も救急車もなくなるわけですね。
殺人、放火、強盗が日常茶飯事になるわけです。
病人は救われずに死んでいきます。
裁判所もなくなるわけですから、紛争の救済は、決闘でのみ可能になります。
そのとき、生きている日本国民がどれだけいるか……。

最近は、福祉についても税金が必要です。
生活保護、公的年金、...続きを読む

Q学校で使われている税金

中学校で税金により

私たちが使えている物を

教えてください。

それについてにサイトもよかったら

教えてください。

Aベストアンサー

公立中学校の場合ですが、
学校施設(用地、校舎、体育館、プール等)は市が市民の税金(と国からの補助金、借入金)でもって建設しています。
もちろん国の補助金は国民の税金ですし、借入金の返済は市民の税金が充てられます。

毎年の学校の運営経費(電気代、水道代、備品、消耗品、修繕費等)は市の税金が充てられます。

先生は県の職員ですので、給料は県の税金が使われています。

(義務教育の)教科書は国の税金を使って無償配布されています。

つまり学級費と給食費以外はすべて国または県または市の税金が使われています。

Q最近の税金の問題点について

最近税金の問題について興味を持ち始めました。

主に不正のことについて皆さんに伺いたいのですが、

どなたか教えてくださいませんか?

随時お待ちしています。

Aベストアンサー

税の不正、切り口はいろいろありますが、税を徴収する側の不正を書かせてください。

今年から、税源移譲のための税制が実施されている。
税源移譲にあたり政府、行政は「税源移譲による個人の税負担は変わらない」と大々的に宣伝した。それは昨年から今年にかけて行われたことで、まだ記憶に新しい。
この場合の税とは、個人が負担する所得税と住民税のこと。
いまこの宣伝が大変な問題となっており、行政には苦情が殺到しているそうだ。

どういうことか。それが大変な不正だからである。
住人税は、昨年の所得をベースに計算し、徴収される。
昨年退職した者の今年の住民税の計算は、新しい税率によるのか従来の改正前の税率によるのか。
今年、所得がないのだから、所得税減税によるメリットは少しもないので、従来の税率で計算した住民税を徴収するという、もっともな救済措置がある。

ところが問題は、今年の年度途中に退職した者には、所得税減税のメリットはあるもののその額は小さい。一方、住民税は倍額になる。当然今年の税負担は、従来の改正前の税率で計算した額より大きくなる。これにも何らかの救済措置があってしかるべきだが、税法は何の救済措置も定めていない。
(注)正確には、今年に所得が非課税となるくらいに少ない者には上記の救済措置が適用される。

昨年より所得減となる者にとっては、「税の負担は税源移譲により変動しない」という宣伝は偽りで、負担増となる。いまこの宣伝が大変な問題となっており、行政には苦情が殺到しているそうだ。
所得減となる者の税負担増は、自治省の国会答弁では最高1人当り9万500円増とのことだ。

年間の離職者数は、総務省の労働調査によると約600万人。そのうち(1)1年以内に就職した人は340万人、
(2)就職した人のうち、離職前よりよい条件で就職した人は120万人、(3)就職できずにいる人は190万人。
この数値から、救済措置を必要とする人は、600万人-120万人=480万人となる。

市役所になぜ救済措置がないかと聞いたところ「事務処理面の煩雑さ」を理由にあげる。
ところが真の理由は、救済措置をとれば、それだけ税収減となることによるらしい。

税の負担増は個々人の所得によるので、最高9万500円の半分として、救済措置を行わないことでの税収増を試算すると
 救済措置を要する人480万人 × 1人当り税負担増5万円=2,400億円

いろいろな事情により退職し、前年より所得が減った気の毒な者から、「税負担は変わらない」と宣伝しながら実際は負担増とし、推定ではあうるが、このような膨大な金額を騙して徴収している。話し半分としても膨大な人数と増税だ。税の問題、不正として、これ以上のものがあるでしょうか。

最近、わたくしも税、特に税源移譲に伴う税に関心をもち、いろいろ調べ、長文となりましたが、以上のようなことが分りました。

税の不正、切り口はいろいろありますが、税を徴収する側の不正を書かせてください。

今年から、税源移譲のための税制が実施されている。
税源移譲にあたり政府、行政は「税源移譲による個人の税負担は変わらない」と大々的に宣伝した。それは昨年から今年にかけて行われたことで、まだ記憶に新しい。
この場合の税とは、個人が負担する所得税と住民税のこと。
いまこの宣伝が大変な問題となっており、行政には苦情が殺到しているそうだ。

どういうことか。それが大変な不正だからである。
住人税は、昨...続きを読む

Q税金が使われている公共施設・団体について

私の学校では、夏休みの宿題として税の作文というものが出されました。
私はよく図書館に行くので税金が使われている公共施設や団体について調べています。
しかし、税金が使われている公共施設がどのようなものか、よくわかりません。

図書館以外の公共施設では、どのようなところに税金が使われているのでしょうか

また、消防署や警察、医療関係の施設では、税金が使われているのでしょうか

他にも、税の作文についてアドバイス等ございましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>消防署や警察、医療関係の施設では、税金が使われているのでしょうか
消防署や警察、もちろん税金が使われています。
〇〇市立病院、〇〇県立病院、国立病院、すべて税金が使われています。

>図書館以外の公共施設では、どのようなところに税金が使われているのでしょうか
公民館、博物館、美術館、動物園、植物園、体育館(アリーナ)、市民プール、球場、陸上競技場、公園、保健所、保健センター、文化センター(文化会館)、老人福祉センター、斎場
などですね。

公立の保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校・大学、国立大学すべて税金が使われています。

市道、県道、国道すべて税金で造られています。

ごみ処理施設、上水道・下水道の設備すべて税金です。

Q宿題に税の作文をてつだってください

宿題で税の作文が出ました
しかし、どこから何を書いていいかさっぱりわかりません
何かアイデア下さい
宜しくお願いします!
追伸 税の事ならなんでもいいです

Aベストアンサー

こういうサイトもあります。
丸写ししても良いでしょうし、自分のケースに当てはめて、考え直すのも良いでしょう。
同じ作文が提出される、すでに提出されていることも視野に入れて参考にしてみてください。

著作権フリー!!自由に使える税金作文
http://www.onda-honpo.com/tax-composition-free/

参考URL:http://www.onda-honpo.com/tax-composition-free/

Q高校生です。夏休みの宿題で税について作文を書きます。少子高齢化と税金の

高校生です。夏休みの宿題で税について作文を書きます。少子高齢化と税金の問題について書きたいのですがどう書いていいのかよく分かりません。何でもいいので教えてください。
あと増税についてどう思いますか、参考にしたいので意見を聞かせてください。お願いします!

Aベストアンサー

まず、少子高齢化が進むとどんなことが起きるか、ということを考える必要があります。
若い活力のある年代(労働者人口)が少なくなっていくということは、日本の企業の労働力が段々と弱っていき、それは日本自体の力が弱っていくことにつながります。
合わせて、高齢化が進んでいくと、高齢者は購買の中心層ではないためモノを買うというパワーも落ちます。
そうなるとモノが売れなくなりますから、企業は活力ある労働力が不足するのに加えて、利益も少なくなっていくという状況になります。

そういう状況に企業が追い込まれていくと、企業が国に納める税金も少なくなり、活力のある年代が少なくなるということは、全体的に収入に対する税金も少なくなるということになります。
国としては税収が少なくなって、行政サービスがまともにできなくなる恐れがあるのに、高齢者が増えていきますから、福祉面でのサービス需要はどんどん増えていきます。

税収がどんどん減っていく一方で、高齢化が加速されますから、高齢者福祉がまともにできなくなるかも知れません。
もしかしたら、日本は先進国から滑り落ちる可能性もあります。

増税ですが、きちんとした理由があるならば仕方ないと思いますが、その前に税金の無駄を徹底的に洗い直して、これ以上無駄は何もない、ということであればいいかも知れません。
税金の使われ方について、今まで国民にきちんと説明してこなかったため、国民は不信感があり、増税と言うと神経質になりますね。
今話題になっている「官房機密費」も、元は税金なのに使途について何の説明もありません。
これからは、増税を口に出すならば、国民に対して今までの使途の完全な説明と理解を得る努力が必要でしょうね。

まず、少子高齢化が進むとどんなことが起きるか、ということを考える必要があります。
若い活力のある年代(労働者人口)が少なくなっていくということは、日本の企業の労働力が段々と弱っていき、それは日本自体の力が弱っていくことにつながります。
合わせて、高齢化が進んでいくと、高齢者は購買の中心層ではないためモノを買うというパワーも落ちます。
そうなるとモノが売れなくなりますから、企業は活力ある労働力が不足するのに加えて、利益も少なくなっていくという状況になります。

そういう状況に企業...続きを読む

Q税の作文についてアドバイスお願いします。

税の作文についてアドバイスお願いします。
少子高齢化と税について書きました。ちなみに高3です。


今日、日本では高齢化が進み、同時に、出生率の低下による少子化も進行しています。
特に、日本の少子・高齢化は、世界に類を見ないほど急速に深刻化し、
このままいけば 2050年には、全人口に対する65歳以上の人口の比率を表す高齢化率が、35%に達してしまうそうです。
つまり、国民の3人に1人が65歳以上の高齢者、という状態です。
また、少子化に伴う人口の減少は、 2006年から始まると言われています。
少子高齢化が進むとどんなことが起きるか。若い活力のある年代の労働者人口が少なくなっていくということは、
日本の企業の労働力が段々と弱っていき、それは日本自体の力が弱っていくことにつながります。
合わせて、高齢化が進んでいくと、高齢者は購買の中心層ではないためモノを買うというパワーも落ちます。
そうなるとモノが売れなくなりますから、企業は活力ある労働力が不足するのに加えて、利益も少なくなっていくという状況になります。
そういう状況に企業が追い込まれていくと、企業が国に納める税金も少なくなり、
活力のある年代が少なくなるということは、
全体的に収入に対する税金も少なくなるということになります。
国としては税収が少なくなって、行政サービスがまともにできなくなる恐れがあるのに、高齢者が増えていきますから、
福祉面でのサービス需要はどんどん増えていきます。
税収がどんどん減っていく一方で、高齢化が加速されますから、高齢者福祉がまともにできなくなるかも知れません。
もしかしたら、日本は先進国から滑り落ちる可能性もあります。
では、どうすればよいのでしょう。私は、社会保障制度の改革が必要だと考えました。
例えば、消費税や国民負担率を上げるということです。
私たちに一番身近な税である消費税は、今値上がりが囁かれています。
もちろん、できるならば消費税が上がるのは避けてほしいところですが、世界各国と比べてみると、日本の税率が低いのは否めません。
増税ですが、きちんとした理由があるならば仕方ないと思いますが、その前に税金の無駄を徹底的に洗い直して、これ以上無駄は何もない、ということであればいいかも知れません。
税金の使われ方について、今まで国民にきちんと説明してこなかったため、国民は不信感があり、増税と言うと神経質になってしまいます。
今話題になっている「官房機密費」も、元は税金なのに使途について何の説明もありません。
これからは、増税を口に出すならば、国民に対して今までの使途の完全な説明と理解を得る努力が必要でしょう
また、多くの資産があったり、まだ元気に働ける高齢者の方には、
自立をしてもらうということも、これから視野に入れて考えていくべきだと思います。
だから、これらが上がるのは仕方がないことだと思いますし、
それで将来、豊かな社会になるのだったら上げてもいいと思います。
これから社会人になり、様々な税金を納める立場になるので、もっと税金の事についての知識を深めていこうと思いました。

税の作文についてアドバイスお願いします。
少子高齢化と税について書きました。ちなみに高3です。


今日、日本では高齢化が進み、同時に、出生率の低下による少子化も進行しています。
特に、日本の少子・高齢化は、世界に類を見ないほど急速に深刻化し、
このままいけば 2050年には、全人口に対する65歳以上の人口の比率を表す高齢化率が、35%に達してしまうそうです。
つまり、国民の3人に1人が65歳以上の高齢者、という状態です。
また、少子化に伴う人口の減少は、 2006年から始まると言...続きを読む

Aベストアンサー

高校生の作文としては水準以上だと思います。
社会人でもここまで書ける人は多くないでしょう。
進学はお考えでないようですので、立派な社会人となって日本を支えてください。


ちょっと気になる点を書きます。
1.官房機密費は政治的には問題ですが、経済や税制上は言及の必要なしと思います。
2.国民負担率について、別添資料をつければよいと思います。財務省のサイトにあります。
  スウェーデン型社会になると増税で社会の活力がなくなるのか?
  老後の心配がなくなり高齢者の消費が増えるのか?
  このあたりに言及して欲しいですね。
3.日本はこの20年GDPがほとんど伸びていません。なぜなら、一つは円高で海外に生産拠点を移したから。
  もう一つは、諸外国と比較して高い法人税により企業が海外に逃避した結果です。
  法人税の高さは、企業の再投資余力を削ぐことになり、半導体や液晶、太陽電池パネルなどの分野で中国・韓国に遅れを取る原因ともなっています。
  こんな状況で若い労働力が不足するのか、欧米のように若い失業者があふれるのか?
4.消費税の税率引き上げは法人税や所得税との直間比率をどうするのか総合的に考えないといけません。
  いまの政府は低所得者への還付を行うカナダ方式を考えています。
  菅総理(来月には前総理)は思いつきで色々言いすぎですが、ほとんどカナダの税制を理解していません。
5.税金の無駄使いは確かにあるでしょうが、歳出の半分以上を国債に頼るのは異常です。
  無駄を削るだけでなく、必要な歳出も削らなくてはならないのです。
  今の政府は無駄を削ればバラマキの財源は無尽蔵に出てくると言って政権を取りました。
  でも、それは嘘だったことが既に明らかになっています。

高校生の作文としては水準以上だと思います。
社会人でもここまで書ける人は多くないでしょう。
進学はお考えでないようですので、立派な社会人となって日本を支えてください。


ちょっと気になる点を書きます。
1.官房機密費は政治的には問題ですが、経済や税制上は言及の必要なしと思います。
2.国民負担率について、別添資料をつければよいと思います。財務省のサイトにあります。
  スウェーデン型社会になると増税で社会の活力がなくなるのか?
  老後の心配がなくなり高齢者の消費が増えるのか?
...続きを読む

Q税についての作文なんですけど… 消費税について

税についての作文を書きたいんですけど 消費税について教えてください。また
消費税増案が可決したそうなんですけどそれについてどうおもいますか?

Aベストアンサー

以下、丸写ししてOK!

野田総理は、「社会保障と税の一体改革」って言っていました。
でも良く考えたら、それは当たり前のコトだと思います。
歳入と歳出の関係なんだから、表裏一体のハズだからです。
もし一体じゃなかったら、それは「税金ドロボー」と言うことになってしまいます。

こんな当たり前のコトを、あえて「一体」と強調するのは、妙に怪しいと思います。
ホントは一体じゃないから、一体を強調してる様な気がします。
実際、社会保障の方は、まだ法案さえ提出されていませんので、怪しすぎです。
おまけに、野田総理は、「近いうちに」解散すると言っていました。

やっぱり、どう考えても「一体」ではなく、増税したかっただけなんだと思います。
野田総理や民主党は「ウソつきだ!」と思いました。

「ウソつきはドロボーのはじまり」と言いますが、ウソをついて税金ドロボーをすれば、ピッタリ当てはまってしまいます。
僕は、そんな大人にはなりたくありません。


人気Q&Aランキング