ネットワークの勉強をはじめたのですが、パソコン通信とインターネットの違いの所で少し詰まっています。内容はパソコン通信での通信は無手順、インターネットはTCP/IPと書いてあったのですが、なぜパソコン通信は無手順で、インターネットはTCP/IPを使用するのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。

hirasakuです。

インターネットとパソコン通信の違いについてお答えします。

インターネットは大小規模を問わず、たくさんのネットワークが相互に接続されているものです。ですからネットワークのサービスについて一箇所が管理しているわけではありません。
パソコン通信は一箇所でサービスを管理しているところがあって、そこに接続してサービスを受けることです。

無手順、TCP/IPなどは接続するための通信制御手順(プロトコル)です。
無手順の場合、OSI参照モデルの物理層のみで接続することをいいます。つまり、電気的な信号、ケーブルの形態、データの形などの規格はあるのですが、それ以外に関しては決まりがないということです。
つまり、1対1でつながればいいだけです。

TCP/IPはOSI参照モデルでいいますと、トランスポート層に(厳密にはちょっと違いますが)位置するプロトコルです。
TCP/IPは2つのプロトコルから構成されています。
TCPで誤り制御(正しく相手に渡す)役割をします。(UDPというプロトコルも使っていますが)
IPは主にアドレスを管理しています。つまり、相手の場所、自分の場所を管理しています。
と簡単にいいますとこんなもんでしょか。(詳しく書くと書ききれないです。(^^ゞ)

TCP/IPはUNIX OSのBSDに実装されてました。インターネットの始まりはアメリカの国防総省のネットワークがはじまりです。たくさん散らばっているUNIXワークステーションというコンピュータをネットワークにつなぐ手順としてTCP/IPを使いました。
インターネットでの物理層はイーサネットが多く使われています。

ネットワークの勉強をするのであれば、この辺のOSI参照モデル(7階層)や、TCP/IPについての本がたくさんありましから、ご購入されてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

答えていただいてありがとうございます、非常によくわかりました。
本には調歩式だとかしか書いてなかったので助かりましたありがとうございました

お礼日時:2001/03/15 11:32

 「パソコン通信とインターネットの違い」


 インターネットが普及する以前、パソコンと電話回線を利用して不特定多数の
相手と情報の提供を行う手段がパソコン通信でした。これは、パソコン通信
サービスを提供している企業(NIFTY-ServeとPC-VANが主流でした)の
ホストに接続することで実現できます。すなわち、その企業がホストの所有者で
あり、管理者です。当然、その企業と契約した者しか接続できません。
 これに対し、インターネットの場合ホストやネットを一律して所有する者も
管理する者もいません。ここが一番大きな違いじゃないでしょうか。個人で
インターネットを利用する場合、一般的にプロバイダと契約しますが、違う
プロバイダと契約している人とやりとりできないってことはないですよね。
でも初期のパソコン通信では、不可能でした。
 ただインターネットの普及に伴い、パソコン通信会社も自分の所有するネットに
限定していたのでは商売にならなくなり、相互乗り入れという形を取りました。
したがって今では、インターネットからパソコン通信サービスを利用することも
可能です(パソコン通信の契約をしていれば)。
 たしかに昔は、MS-DOS上で通信ソフトなど起動し、ATコマンドを使って
パソコン通信会社のホストへ接続したりしましたが、今や時代はインターネット。
TCP/IPの設定だけでOKです。パソコン通信とインターネットの垣根は、実質
なくなったと言っていいでしょう。というか、パソコン通信という言葉のほうが
今後死語になっていくと思われます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFTTHでインターネットとフレッツ網での速度測定をしましたが。。

Bフレッツマンションタイプを
導入しました。プロバイダはぷららです。
うちのマンションにおいては下り最大100Mbpsときいています。

下りの速度について、

インターネットでは概ね15Mbps
フレッツの速度測定では86Mbps
でした。

この差は何(どこ)が原因と考えられますか?
また改善することができるのでしょうか?
せっかく光にしたのに、今のところインターネットでも意外と遅くて残念です。

Aベストアンサー

インターネットの速度を測定する場合、各測定サイトの混雑具合などによって速度が大きく変わることがあります。
ですから複数のサイトで測定してみましょう。
Yahooなどで「スピードテスト」で検索すれば測定サイトがたくさん出てきますよ。

ちなみにBフレッツの構成は以下のようになってます。
[PC]----[フレッツ網]----[プロバイダ]----[測定サイト]


どのサイトでも遅いとなるとプロバイダ側の問題も考えられます。こうなるとプロバイダを変えるしか方法はありません。

Qパソコン通信とインターネットの違いって?

パソコン通信とインターネットの定義の違いについて質問され、回答に困ってしまいました。
アスキーの用語辞典とかみてもそれほど違いはないような気がするのですが……。
パソコン通信とインターネット、どこが違うのでしょう?ご教授ください。

Aベストアンサー

私もそれほど詳しくはないのですが、簡単に言えばネットワ-クの経路が違うということではないでしょうか?
パソコン通信の場合は端末のPCとホストとの接続が専用線を使うにしろ、電話回線を使うにしろどちらも直線的に直接繋がりますが、インターネットの場合はプロバイダまでは直線でも、それ以降は複数のルートの中から適宜最適なルートが選択されるという違いです。
元々、インターネットは軍事利用においてネットワークの耐性を高めるために開発された技術だと聞いています。つまり、ネットワークの一部が破壊されても、別のルートに迂回することによって「繋がらない」状態にならないようになっているそうです。非常に極端にいえば、パソコン通信は複数の端末とホストがそれぞれ1対1で繋がっているのに対し、インターネットは端末とホストの間に複数の接続点があり、接続点それぞれが繋がっているために、どこか一部の接続が出来なくなっても、迂回することで端末とホストの接続を保つように出来ています。

他にも通信プロトコルの違いなどがあるかも知れませんが、大きな違いとは以上のことだと思います。

Qインターネット通信速度はプロバイダーによって差があるか?

インターネット通信速度はプロバイダーによって差があるのでしょうか?どこも同じだと思って数年前にNTTから別の通信会社に変えました。最近重くなったのはPCのせいと思っていましたが、ある家にいき、そこのNTTの回線を利用したところ、とても快適でした。インターネット通信速度はプロバイダーによって差があるのか教えて頂けませんか?スマホも同様にNTTが通信速度は速いのでしょうか?NTTが速いなら全ての回線をNTTで統一したいと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NTT東日本によると、

どのプロバイダであっても速度は同じだそうです。

速度が異なる要因はプロバイダよりも、
使用者の利用環境の影響が大きいそうです。


すなわち回線の安定性・・


ネット回線の安定性とは「インターネットが回線が遅くなったり、ネットの接続が
切れたりしないで安定した接続が可能か」ということです。

プロバイダの通信速度が安定するか否かは、ユーザーの利用状況に左右されます。

・安定性があるのは

→プロバイダのキャパシティ>利用者
・安定性がないのは

→プロバイダのキャパシティ<利用者


ですので、同じプロバイダであっても地域や時間帯が異なると
速度の安定性が異なるということです。

Qパソコン通信とインターネットの違い。

パソコン初心者です。両者の違いについて、次のような記述がありました→「インターネットが『ネットワーク同士のネットワーク』であるのに対し、パソコン通信はその前段階の『単独のネットワーク』であるといえる。」
でも、それじゃぁ、パソコン通信のネットワークをつなげたらインターネットになるのでしょうか?多分ならないと思います、というか出来ない気がします。
素人なりに推理するに、両者は共に電話線を使っているけど、その電話線の中を通る信号の種類(プロトコル?)が違うのではないでしょうか。

(1)そう考えれば、インターネットはTCP/IPプロトコルという信号を使っている世界規模のパソコン通信と考えることもできるのではないか?と思うのですがどうでしょうか。
(2)また、通常の電話の時に使用する信号と、インターネットの時に使用する信号(TCP/IPプロトコル?)は別物であるにもかかわらず、TCP/IPプロトコルで電話と同じことをしちゃうのが、最近よく聞くIP電話なのではないか、と思うのですがどうでしょうか。

多分、二つとも間違っていると思うので訂正してください。

パソコン初心者です。両者の違いについて、次のような記述がありました→「インターネットが『ネットワーク同士のネットワーク』であるのに対し、パソコン通信はその前段階の『単独のネットワーク』であるといえる。」
でも、それじゃぁ、パソコン通信のネットワークをつなげたらインターネットになるのでしょうか?多分ならないと思います、というか出来ない気がします。
素人なりに推理するに、両者は共に電話線を使っているけど、その電話線の中を通る信号の種類(プロトコル?)が違うのではないでしょうか。...続きを読む

Aベストアンサー

むか~~しパソコン通信した事がありました・・・
ちなみに文字しか表現できないので地味な画面でした

たとえばプロバイダーでニフィティに入ったら
ニフティーが提供しているカテゴリーを開いて興味がある物があったら文字を入力して参加できます
これは、同じプロバイダーに加入している者同士しか出来なかった様な気がしますが
その頃は、殆どニフティーか現BIGLOBEしかなかったかな・・・

勿論メールもありました

今は、世界中の人が例えば私のHPでさえも見れますが
昔は、確立されていなかったので国内しか見れなかった

それを世界共通の仕組みを作り(規格(プロコトル))発展したわけですね

Qchromeでインターネットができなくなりました

私は結構古いWindowsで
google chrome使ってます
しかし、インターネット接続中(?)
サイトの移動中に子供に強制終了のボタン
押されて強制終了されたんですよ
その後再起動してインターネットに接続すると
『問題が発生したためchromeを終了します
ご不便をかけて申し訳ありません』
とでてインターネットを開けません
どうすればいいでしょう?助けてください!

Aベストアンサー

【google chrome】を一度、アンインストールされては如何でしょうか?
そして再起動してもう一度インスト-ルされては。

もし、Internet Explorerを消されていたも、、XPだしたら、「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」→「Windowsコンポーネントの追加と削除」の中にあるIEにチェックが入った状態で追加すればバージョンは古いですがInternet Explorerは使えるようになると思います。
それで、【google chrome】はダウンロードできますから。

Qパソコン通信やキャプテンシステムとインターネットの違い

今やインターネットは世界中に広まり、インターネットの用途さえも多方面に広がってきました。

本題ですが、一昔前はパソコン通信とかキャプテンシステムとかいった機能が存在していました。これらはインターネットの普及などで縮小・消滅してしまいましたが、インターネットがなかった時代や発展途上だった時代はこれらのサービスも利用されていました。
どちらも電話回線を通して接続し、インターネットも電話回線利用するダイヤルアップや電話回線を利用して広帯域幅の接続をするADSLがありますが、パソコン通信やキャプテンはインターネットとどう違うのでしょうか?
パソコン通信は接続できるコンピューターがホスト内だけであることは知っており、キャプテンもインターネットと似た部分を持っていたように思えますが、ほかにはどんな違いがあったのでしょうか?

Aベストアンサー

>パソコン通信やキャプテンはインターネットとどう違うのでしょうか?

大きな違いの一つは、インターネットはTCP/IPを使用し
たネットワークの集合体ですが、パソコン通信はTCP/IP
を使用しない、少なくとも、使用する必要が無いと言う
ことです。
シリアル通信というのをご存じでしょうか?PCにRC-232C
というポートがついていることがありますが、それを使
用してPC同士の通信を行うことが出来ます。通信の設定
が、「9600bps,8bit,パリティ無し」とか設定するやつ
です。そうしたシリアル通信を電話回線を使用して遠距
離化、巨大化させたのが初期のパソコン通信です。です
ので、初期のパソコン通信では基本的に1対1の接続です。
一つのホストに多くの人が接続するので、1対多ではない
かと思われるかもしれませんが、接続する口は基本的に
アクセスする人数分必要です。一つのIPアドレスに多く
の人が同時にアクセスできるTCP/IPの仕組みとは全く違
います。

# 自宅でパソコン通信のホストを運営していた人なんか
# 10,20回線分契約していたりとかね。

で、他の人が指摘しているパソコン通信の特徴は、「シ
リアル通信である」「通信速度がとても遅い」ということ
から出ています。
シリアル通信なので、通信方法を高機能化出来ませんし、
速度が遅いので大量のデータを送れません。で、必然的
に文字中心の通信方法になってしまうわけです。

キャプテン通信は、そうした低速回線上で絵を効率的に
送信するための「取り決め」であり、その取り決めに
従った端末を結んだネットワークを便宜的にそう呼んで
いたと理解しています。基本的には取り決めであるので
パソコン通信やインターネットとかとは、全くレベルの
違う概念です。

>パソコン通信やキャプテンはインターネットとどう違うのでしょうか?

大きな違いの一つは、インターネットはTCP/IPを使用し
たネットワークの集合体ですが、パソコン通信はTCP/IP
を使用しない、少なくとも、使用する必要が無いと言う
ことです。
シリアル通信というのをご存じでしょうか?PCにRC-232C
というポートがついていることがありますが、それを使
用してPC同士の通信を行うことが出来ます。通信の設定
が、「9600bps,8bit,パリティ無し」とか設定するやつ
です。そうしたシリアル通信を電話...続きを読む

QNTT西日本の光回線は全く使ってない期間 インターネットを休止して料金

NTT西日本の光回線は全く使ってない期間 インターネットを休止して料金を安くする等は可能ですか??

Aベストアンサー

出来ません。固定電話と違って、休止という物が存在しません。
一旦解約すると、次回は新規ではなく再契約扱いなので、次回は工事費が全額自己負担(かつ、各種キャペーンは対象外)になります。
なので、使わない間の金額と、工事費の額を比べて、解約するか継続するかを決めましょう。
なお、プロバイダはwith契約でない限り解約しても問題ないので、使わないのならプロバイダのみ解約、フレッツ光の基本料のみ継続使用で支払う、であれば、気持ち安く維持出来ます。

Q外出先でインターネットをはじめたいと思い、通信方法をドコモのFOMAデ

外出先でインターネットをはじめたいと思い、通信方法をドコモのFOMAデータ通信を検討しています。今現在使われている方の、使い勝手などの感想を教えて下さい。ちなみにパソコンはモバイルパソコンを購入予定です。

Aベストアンサー

利用者です。比較的快適ですよ。メールなら問題なし。Webもよほど重いページや通信状況の悪い場所(簡単に言えばFOMAがつながりにくい場所)以外でしたらストレス無く見ることができます。

通信方法ですが、
1.附属のソフトウェアで、まずPC上でdocomo端末(要するに電話)を通信状態にします。
2.次に別の附属ソフトで、定額のアクセスポイントに接続します。接続自体は自動です。

この間、10秒ほどでしょうか。それだけで接続できます。難しい設定は何もありません。ソフトをインストールして、表示通りにボタンを押すだけでした。費用はいわゆるパケ放題と同じで、月額が6000円(くらい)上限となっています。あっという間に上限まで行きますね(笑)。

むしろ、購入時にdocomoの通信専用端末の費用(店によっては無料でくれるところもある)がどの程度かかるか、プロバイダをどうするかを慎重に考えた方が良いです。現在契約しているプロバイダとは別にMoperaと契約をする必要がある場合(私はそうです)があり、それらを含めると月額8000円くらいになると思います。

Qインターネットに接続できません。WANミニポート(PPPoE)経由で接続エラーになります。

インターネット接続で教えて頂きたい事があります。

会社でインターネットが出来なくなり、原因を調べてみたところプロバイダーとの契約が切れており、新規で契約してログインIDやパスワードを発行してもらったのですが、WAN ミニポート(PPPoE)経由で接続しようとするとエラーがでてしまい接続できません。

ネットワークのセットアップを行い新しいIDなどを入れたのですが接続できませんでした。

初心者で申し訳ありません。

OS:WINDOWS VISTA
プロバイダー:ビジネスぷらら

です。

わかる方がいらしゃいましたらご教授下さい。

Aベストアンサー

>他に試す事があれば教えて頂ければ幸いです。

2番目の回答者様とのやりとりにありますように、もしかしてルーターや
モデムの中にネット接続の設定がされていませんか? どうもその可能性が
高い気がしてきました。

それですと、そっちの方のIDやパスワードを今回新しく取得したものに
替えないとダメですね。前述しましたPPPoE接続の設定は、そういったものが
されていないことが前提です。

そちらの方をご確認ください。

Qインターネットでのホストとパソコン通信でのホストの違い。

パソコン通信でのホストはニフティなどにあるホストコンピュータですが、インターネットでは各ノードをホストと呼んでいるみたいですが、何が違うのでしょうか。先ほど質問した無手順とプロトコルの部分にあたるのでしょうか。
私の考えでは、データの処理を行うPCをホストと呼ぶと今は考えていますが、実際のところはどうなのでしょうか。
呼び方が違う理由がいまいち本などには書いてないので困っています。

Aベストアンサー

こんにちは。hirasakuです。

ホストについてお答えします。
というより、お答えになった皆さんの補足として書き込みます。

ホストコンピュータとは、現在のようにインターネットが普及する前に集中管理システムというネットワーク形態で利用していたときに使われました。
ホストコンピュータはネットワーク環境において、サービスを提供する側のコンピュータです。例として、高速な演算処理ができる性能を持っていて、データベースサービスなどを提供する汎用大型コンピュータなどを指します。
単にホストと略して呼ばれることが多く、そのほうが一般的です。
サービスを提供するネットワークの中心となるコンピュータという意味では、サーバも同じですが、サーバはそれぞれのネットワークに接続していない状態でも使用できるコンピュータを接続するという違いがあります。
つまり高性能PCやワークステーションを利用した分散処理システムでは、サービスを提供するコンピュータは一般にサーバと呼ばれ、ホストコンピュータとは呼びません。
インターネットは分散処理型のネットワークです。サービスを提供する側のコンピュータをサーバーと呼んでいますから、それに対して集中管理システムで使用していた大型汎用コンピュータなみに高性能化したPCおよび接続機器のことをホストと呼ぶようになったのでしょう。

参考になったでしょうか。

こんにちは。hirasakuです。

ホストについてお答えします。
というより、お答えになった皆さんの補足として書き込みます。

ホストコンピュータとは、現在のようにインターネットが普及する前に集中管理システムというネットワーク形態で利用していたときに使われました。
ホストコンピュータはネットワーク環境において、サービスを提供する側のコンピュータです。例として、高速な演算処理ができる性能を持っていて、データベースサービスなどを提供する汎用大型コンピュータなどを指します。
単にホス...続きを読む


人気Q&Aランキング