『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

よくコンビニの弁当などに、酸化防止剤としてビタミンCやビタミンEが含まれています。
カレーなどを大量に作って、そこにビタミンCやビタミンEのサプリメントを入れて溶かし込んだら、日持ちが良くなるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

日持ちは良くなりません。


他の方もご回答されていますように、微生物の増殖が問題となります。
大量に作ったカレーを保存したいのならば、十分全体を加熱した後、急冷して冷蔵・冷凍保管しましょう。
大鍋のまま冷蔵庫に入れても、中まで冷えるまでには相当の時間がかかりますので、小分けにして冷却・保存しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
意味ないんですね。
微生物の増殖を抑える工夫をするべきなんですね。

お礼日時:2009/08/17 15:44

私個人的にコメントしますと、Lアスコルビン酸は油脂の酸化防止に


使われると思いますが、効能はほぼゼロだと思います。
熱いカレーをそのまま冷えておいても、落下菌の増殖は止めれないと
思います。 翌日に火を入れて熱を掛ければ増殖した菌は死ぬかも
知れません。ただ毒素を持った菌が混入していたら、毒素は消えません
食中毒になると思います。 極論になりますが、昔のカレー毒事件の
砒素は、温めたカレーでもヒ素の毒は分解しません。
仮に常温で外気が入らないように、ジップロックで密封すると、
今度は好気性菌、通性嫌気生菌、嫌気生菌が合体して増殖するので、
今度はそのまま翌日ボイルしても、菌も死滅しないし、毒素も出る
最悪の場合、この毒素は神経&筋肉を痙攣するために、死亡することが
有ります。 古くて覚えてないと思うけど、カラシレンコン事件は
死亡者が出てますが、有る大企業が隠蔽工作を謀り、その会社名が出ないように新聞社にも圧力を掛けました。 名誉毀損の反発を食うので、名前は出せませんが、私が実験で実証しました。(同定もしました)
この嫌気性菌は、酸素が無い状態で無いと増殖出来ないし、保管も
難しいです。私の会社と敵対する会社ですので、表に出せませんでした
。各所に圧力が掛けられていて、政治的につぶされると思われた。
国に圧力掛けられると、仕事に妨害になる。(大きな事件です。)

少し横道にそれましたが、私が一番考える保存策は、タッパーに入れて
冷凍保管が一番良いと思います。 冷蔵保管では、通性嫌気性菌で
低温活動タイプで、毒素を持つ菌が、タッパー内の酸素が食われていくと増殖が進むので危ないです。

話が複雑ですが、ご理解できない内容ですね。(キナ臭い話)
これ以上、離せないしね。 国を敵にする事件。
サプリに、保存性は無いと考えてください。
食えなくても良いから保管したいなら、塩やアスコルビン酸を
大量に加えれば、酸で菌の増殖は防げるかもしれません。
実験してないので憶測です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/08/17 15:44

たっぷり入れたら、日持ちがよくなるとおもいますよ。


でも、すっぱくなると思います。
すっぱくなるほど入れないと、菌の増殖を抑えられないと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。
味が変わっては意味ないですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/17 15:45

違ったらゴメンナサイ



ビタミンCって、加熱すると、壊れるんじゃないの?

と思うけど‥‥‥
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/17 15:45

 ビタミンCやビタミンEは、酸化防止のための食品添加物なので、


風味の維持や、変色防止の意味合いが強いです。

 防腐剤としての効果は低い(酸化防止の副次効果としての防腐は若干あり)ので、あまり期待しない方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
あまり効果がないなら、入れないほうがよさそうですね。

お礼日時:2009/08/17 15:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報