現在、食品添加物について少し勉強しているものなのですけど、その有用性や有害性について賛否両論となっていて、なかなか自分自身でまとまりがつきません。私自身が考えている所としては、やはり現在の食生活にはなくてはならないものであるという結論に至っているのですが、その安全性に関する報道や、天然志向の食品界の動きには正直、困惑しています。
 どなたか、より良い理解を与えていただけないでしょうか?そして、今後の食品添加物というものの展望について考えていることがありましたら、ぜひお聞かせ願いたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。

当方、食品の研究機関に在籍しております。
食添の質問も様々な方より質問をいただきます。
使用方法、安全性などなど。。。。

先の方々と同様に私も現在の食品業界は添加物なしではありえないと考えます。
世界最高水準といっても良い日本の加工技術は食品添加物とともに歩んできたと言えると思います。実際、乳化剤、安定剤、保存料、pH調整剤、着色料に加えて糖類、調味料類など合成添加物の入っていない製品はまずありません。
加えて、食添はその食品の性能をアップさせるために用いられている訳ですから、
必要悪ではなく必要十分条件といえます。

一部の団体等がこれら食添について問題を提起しておりますが、法律内で普通に使用していれば、ほぼ問題ありません。アレルギー、ガンの増加とかの因果も指摘されていますが、信用できる報告はまだありません(極端な実験での報告はある)。
むしろ、現在では無添加食品がかえって危険な場合も多々あります。

ここでは、有名な話を紹介します。ハムに使用される亜硝酸についてです。
亜硝酸は発色作用、肉フレーバーの生成の他、ポツリヌス菌の殺菌作用等の効果があり、食品衛生法でも数十ppmオーダーで規制されています。確かに発ガン性はあります。ニトロソアミンという有害物質になり強い変異原性をもっています。
しかし、亜硝酸は硝石といわれ起源はかなり古く、また日本よりヨーロッパのほうが肉製品の消費は多いものの西ドイツ人のガンが際だって多いという話は聞いたことがありません。
亜硝酸無添加のソーセージを見たことがありますか?色は灰色、臭いは豚臭い、加えて腐りやすいです。一部の方々には大人気だそうです。しかし!!!亜硝酸については葉物を似たときにでる亜硝酸体窒素の量はハム・ソーセージの比ではありません。ほうれん草や大根のはっぱと肉を一緒に炒めたら、肉が鮮やかな赤になりますよね。あれが自然の亜硝酸の効果です。記憶が定かでないんですが、確か数百ppmくらいだったような。。。しかし、こちらの事実はなぜか有名になりません。

上記の件や寄生虫の件をいうと自然志向の方々は一端引き下がります。しかし、次の矢が来ます。個々では安全、でも複合したら有害物質ができるかもよ。

私も分からないとしか言えません。答えようがありません。ですから、添加物についてはえんえん水掛け論になることが多いです。

本当の食品アレルギー患者(食添を含め卵とかそばとか)に対しては、ケアが必要だとは思いますが、一般の安全志向の方々はそのポリシー(思いこみ)に沿っているだけであり、わざわざ外部に呼びかけるような行動をとるのもまた問題だと思います。それに乗るマスコミもまた同罪です。マクロな考え方ですが、仮に誰かがある食添でアレルギーを起こしたと仮定します。実際は一人なのにマスコミが騒ぐとものすごい危険な物質に変化します。事実は事実ですが全体ではありません。

とりとめがなくなってすいません。
自然志向の人は塩辛は食べたらだめですよ(意味深)。
では。
    • good
    • 0

食品添加物を開発している企業に関係しているのですが・・・。

(私は担当外ですが)

確かに、「安い?」「まずい?」「汚い?」食材をむりやり美味しく見せるような使い方には納得できません。

しかし、現在の商品流通システム、消費者の感覚、要望を考えた場合、「きれい「美味しい」「長持ちする」を満足させるためには使用せざるを得ないのだと思います。
コンビニの弁当、市場のお総菜、お菓子、冷凍食品など食品添加物なしでは、今のような「手軽な食べ物」にはならなかったと思います。お刺身の色落ちを防止して生臭くしない、サラダバーの野菜がパリッとしているのも同様だと思います。

食品添加物の原料は、規格で厳しく使用が制限されており、毒性についても低いものとされているはずです。(国が定めたものなので何とも・・・・)

添加剤の開発現場も大変なんですよ・・・。
配合の違うスポンジケーキやうどんをひたすら食べたり・・・。
毎日野菜を刻んだり・・・。菌の検査をしたり・・・・。
実際の加工と同様の事をしないと判定できないのですから・・・。

今後は、規制が厳しくなっていくでしょうし、今まで安全とされていたものも毒性が疑われる時がくるでしょう。そして、何も使えなくなった・・・、なんて時がきたら関連企業は倒産するのでしょうか?
私は、絶対なくならないと思います。だって、その次の「新しいもの」を開発するのが会社の仕事だと思っているから・・・・。

添加剤を全く口にしないで、1日を過ごすことが絶望的な現在ですが、個人的には薬が嫌いなので、加工食品を選定するときは裏書きを見るようにしています。最後は個人的な好き嫌いが大きく影響すると思いますよ。
過去に色々事件があったのも事実ですが、食品添加剤が社会に貢献している部分もあるのだから・・・。

こんなコメントですいません・・・。
    • good
    • 0

食品添加物といっても、用途は色々ですよね。


その食品の加工の工程でどうしてもはずせないもの。
保存のためのもの。
見栄えを良くするためのもの。
味をごまかすもの。
区別して考えたほうがよさそうですよね。
そこで私はこのように考えています。
○できるだけ合成保存料の使用されたものはとらない。
これは、工場が衛生的で、原料が清潔なら、なくても大丈夫ですよね。
但し、どんなに拘ったものでも、その工場が不衛生なら、保存料が入っていたほうがまだマシです。食中毒のほうが怖いです。
○見栄えを良くするための着色や、味をごまかすための化学調味料などは取らないようにする。
着色料は、天然とあっても、ラック。コチニールなど、?と思うものもありますよね。抽出方法も?ですし…本来の味をごまかすような調味料にも賛成できません。但し、アミノ酸を添加してない食品を捜すのは大変です。
それと、よけいな事ですが、ポストハーベストは食品添加物ではありません。農作物を収穫した後にまく農薬の事です。混同される方が多いのですが・・・
あまりお役には立てませんでしたね。
添加物については、その用途をよく考えた上で、自分で判断していくしかないんでしょうね。
世の中には、卵の黄身を黄色くしたほうが売れるからといって、パプリカ色素をえさに混ぜたりしてるそうですし…見えないところにも沢山・・・その卵を使えば天然の黄色ですから・・・(苦笑)
    • good
    • 0

日本食品添加物協会というところはご存知ですか? ここのHPでは、食品添加物の正しい知識の普及に努めています(参考URLを見てください)。

関連する最新情報、食品添加物の安全性、有用性などについて紹介しているので、参考になるかと思います。小伝馬町にあるので、東京に住んでいるなら、アポをとって直接たずねてみるのも良いかもしれません。以前の仕事で訪れたことがありますが、わりと親切な方が多い印象でした(専門的な話はやや難しすぎる点もありましたが・・・)。

参考URL:http://www.jafa.gr.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に、URLまでつけてくださってありがとうございます。
このURLを見てみての感想なんですが、やっぱり食品添加物の普及に努めているだけあって、詳細に書かれているものでした。ただ、やはりその安全性には非常に注意を払っているなあという印象を受けました。こうなってくると、WHOなどで認可されるに至った結果報告も知りたくなってきますよね。
ちなみに、ここに行っては見たいのですけど、もうちょっと恥ずかしくない程度の勉強をしてからにしたいと思います。

お礼日時:2001/03/17 00:21

動物実験などで食品添加物の有害性は認められているのは事実です。

しかし、少量であれば、問題は認められないという基準で、使用許可が出ています。
しかし、1つ1つの食品は安全基準を下回っているものであっても、それらをまとめて口にすれば多量に摂取することになります。このような食生活では多分、私たちの子孫はどこかしら体に障害(っと言っても見て判るものではない)をもって生まれてくるのではないかと、私は不安です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ところで、私もこの動物実験が存在しているということは、知っていました。
しかし、動物の結果なんですよね?そもそもこの動物っていうのは何なんでしょうか?人間も広義には動物ですけど、その種によっても体内に入ってきた物質の代謝の過程は違うのではないかなと思います。そうなると、私達が食べていること自体が、最終的な動物実験という結果になっているのでは?という疑問を感じます。
合成の添加物なんかについては、登場してまだ歴史が浅いものだと思うので、子孫に関係してくる影響はまだまだ未知な部分が大きいですよね。なんだかちょっと不気味に感じました。

お礼日時:2001/03/17 00:11

kanebanaさん、こんにちは。


日本は食品やその原料の多くを輸入に頼っています。
それらは海外から来るわけですからどうしても安全のために
食品添加物(ポストハーベスト)は必要不可欠です。
ただし、おいしそうに見せようとする発色剤や着色料などは
必要ないと思っています。

「買ってはいけない」は、大人が読むのならまだしも、
子供が、そこにかかれている情報を鵜呑みにしてしまうというのは
問題といえるではないでしょうか。
「疑わしきを認めている」というのは否めませんが、私も「必要」派です。

からだのために安全なものを食べた方がいいのはもちろんなんですが、
スーパーで買えるものをいちいち取り寄せたり、
なによりそのような贅沢はできない私のような学生にとっては、
天然志向など美食家のエゴに思えてきます。
もっと大切なのは、おいしく食べること。
腐りやすいものを工夫して早いうちに食べるのが一番の安全策だと
思っています。人参はしっかり皮をむく、玉の野菜は外側の皮をとる、
加工食品はしっかりゆがくなどそういった工夫で十分ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
必要派ということですが、やはり考えていることは私も同じです。
確かに一言に食品添加物といっても、様々なものがあって、その用途によってはまったく必要ないものもあると思います。しかし、現在の食品事情を考えると一概に否定できないところなんですよね。 生活のスタイルやら何やらで・・・
とにかく、毎日私達が口にしていることは確かなのですから、正しい知識と理解を持って、共存していきたいと私は思います。

お礼日時:2001/03/17 00:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食品添加物の添加法

しょうゆとか清涼飲料水に保存料って入ってますよね。その保存料は、どうやってしょうゆや清涼飲料水に加えているのでしょうか?また、そのときの保存料のpHはどうなっているのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>そのときの保存料のpHはどうなっているのでしょうか?

こちらをご覧下さい。
http://www1.odn.ne.jp/~cak40870/m-ST3.html

http://plaza.rakuten.co.jp/jade1rose/7000

Q食品添加物無添加?

今、保存料について調べているのですが、最近「合成保存料を使用していません」という食べ物を多く見かけます。そしてそのように書いてなくても、原材料のところには「保存料」の文字は見当たらないものが多いです。本当に無添加なのでしょうか?

Aベストアンサー

食品添加物の原材料表示を決めているのは食品衛生法です。
この法律では、その食品の製造業者が添加したのではなく、使用した原料に保存料が含まれていたもので、最終製品に保存料としての効果が及ばない場合(製品の保存性を高めるには量が足りない場合など)は、キャリーオーバーとして、表示義務を免れます。
ですから、原材料表示に無いからといってその食品に保存料が含まれていない、という事にはなりません。

しかしながら、キャリーオーバーで保存料が含まれているにもかかわらず、「合成保存料を使用していません」と表示した場合、これは「不当景品類及び不当表示防止法」に抵触する可能性があります。
実施には保存料が使用されているわけですから、それは不当表示です。
食衛法はキャリーオーバーは原材料に表示しなくても良い、といってるだけで、景表法とは別の話です。
「合成保存料を使用していません」と書いてあるのならば、これはキャリーオーバーも含めて起源原料に遡って全工程で保存料が使用されていないと解釈されます。

Q発酵調味液は食品ですか?それとも食品添加物ですか?

発酵調味液は食品ですか?それとも食品添加物ですか?

Aベストアンサー

食品の表示によく書かれている「発酵調味液」という事でよろしいですか?

広くとらえると、醗酵させることによってうまみを発生させている液体調味料のすべて、
醤油、酢、味醂、ショッツルやナンプラーなどの魚醤、タバスコなどなど、全部「発酵調味液」です。
いずれも食品になります。

このなかのどれが実際使われているかは、その食品の販売会社のお客様相談室にでも問い合わせてみてください。
ナンプラーの事をさす場合が多いようですけどね。

Q食品添加物には発ガン性物質が多いと聞きました。具体的にどんな食品に入っ

食品添加物には発ガン性物質が多いと聞きました。具体的にどんな食品に入っているのでしょうか。ポテトチップスやコンビニのフライドポテト、かまぼこ、ソーセージ、ミートボール、カレー粉などでしょうか。また口に入るのを避ける方法、落とす方法などご存知の方いらっしゃいましたら是非教えて頂けるとありがたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

食品添加物は、無添加を謳うものにでも、何にでも入っていると考えた方が無難です。
無添加と言っても、保存料だけが無添加だったりで、化学調味料が入っていたりと、化学調味料すらも添加物ですよね。

お菓子はもちろん、ベーキングパウダーだって、ラーメンのかんすい、豆腐の凝固剤ですら添加物です。
だから、惣菜にはPH調整剤を始め、普通に考えても日持ちしないような食品が、
無菌状態の缶詰めやレトルトでもないのに、何日も、何カ月も日持ちするのは、
添加物だと考えてよいのでしょう。長く日持ちすればするほど、私は恐ろしく思います。

昔は塩や酢や乾物等で保存が効く保存食などの考えがありましたが、今や、塩分濃度は高くても、添加物が必ずといって入っていると考えてもいいほど、添加物天国です。

安心して食べられるようなものは、スーパーに並んでないと考えるならば、自給自足に走るしかないのでしょう。

特に発がん性物質は、ハムなどを始め、、、着色料、、、とネットで食品の裏側の表示を確かめて
いちいち、ネットで検索するといいですよ。

がんのみならず、妊娠中には胎児に危険性を及ぼす添加物など、知れば知るほど怖い物がありますが、

次第に知識が蓄えられてきますから、どれも食べられな~いと嘆くことがないように、
神経質にならず、それらを食べ続けてきた老人がどれだけ長生きできるか参考にしつつ、
適度に手料理、適度に惣菜を取り入れて、現代社会は手抜きしていけばいいと的外れになりましたが、

ネットでご自分で調べて勉強してくださいませ。本なども探せばありますよ。農薬を落とす?洗剤も販売されてますね。
どれも過信せずに、自己判断で、食品の安全性を見極めなければ生きていけそうにない時代です。

参考URL:http://www.sky-net.or.jp/caiapo/shoku/shokuten.html

食品添加物は、無添加を謳うものにでも、何にでも入っていると考えた方が無難です。
無添加と言っても、保存料だけが無添加だったりで、化学調味料が入っていたりと、化学調味料すらも添加物ですよね。

お菓子はもちろん、ベーキングパウダーだって、ラーメンのかんすい、豆腐の凝固剤ですら添加物です。
だから、惣菜にはPH調整剤を始め、普通に考えても日持ちしないような食品が、
無菌状態の缶詰めやレトルトでもないのに、何日も、何カ月も日持ちするのは、
添加物だと考えてよいのでしょう。長く日持ちす...続きを読む

Q食品の添加剤

食品のいろいろな添加剤が欲しいのですが例えばどこで簡単に売っているのですか?
ビール酵母とかはスーパーでも売っていますが、キトサンは?トレハロースは?粉末麦芽は?乳酸タンパクは?卵黄タンパクは?このような物はどこで販売されているのですか?ドラッグストアにあるんでしょうか?

Aベストアンサー

市場に出回っている物では無いので、業者からの直接購入となります。
ここに原料の供給企業の一覧と素材別・取扱企業一覧が有りますよ
http://www.newmagazine.ne.jp/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報