私達は悲しいと涙をこぼします。動物もきっとこぼしますよね。

私達の祖先は三葉虫だと言われていますが、涙をこぼす機能は進化の過程のいつ頃備わったものと予想できるのでしょうか。詳しい方教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

先の方が説明されているのは涙を流す直接の原因、至近要因ですね。

それに対して涙を流すことが生物の生存や繁殖にどのような役割を果たしているのか、と言う説明を進化的機能(進化要因)と呼びます。

ウミガメが泣くのは塩分排出のためと言われていますね。これは進化的機能です。ウミガメが産卵するときに涙を出させるなんらかの生理的なプロセス(先の方が仰る「刺激」)があるのでしょう。そのプロセスが至近要因です。至近要因と進化的機能は別の次元の説明なので区別しないといけません。

人の涙の進化的機能は不明ですが、一番有力視されているのは表情と同様に、仲間に自分の心的状態を伝えるコミュニケーション信号として進化したという仮説です。先の方が仰るように類人猿はなきませんし、その他にもコミュニケーション信号としてなく動物はいませんから、泣くことが進化したのは間違いなく600万年以内、もしかしたら200万年から、25万年以内かも知れません。

人の場合泣くと確かにストレスが軽減されるようですが、ストレス物質が排出されるためではありません。おそらく泣く行為がコミュニケーション信号として進化した後に、泣くとストレスが解消されるという新たな機能が加わった(外適応と言います)のでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しいご回答、本当にありがとうございます。 コミュニケーション、人間には本当に大事な事ですよね。私は泣いているんだよ、悲しい、と相手に分かるように表現できる手段を何万年も前にわたしたちは得ることができたんですね。凄く納得しました。感情のコミュニケーションをするようになってきた時だったのでしょうね。今以上わたしたちが進化するならどんな機能が付け加えられるでしょうか。お二人とも詳しいご回答をありがとうございました!!

お礼日時:2009/08/20 11:29

こんにちは。


魚類で涙腺を持つものはほとんどいません。
爬虫類、鳥類、哺乳類など年代的には両棲類以降、涙腺の発達は動物が陸上に進出してからであり、これが「涙の起源」と考えられます。
涙には
「生理分泌」
「刺激分泌」
「情動分泌」
があります。
「生理分泌」とは眼を保護するため常に一定量が供給されるものであり、何らかの刺激によって一時的に分泌量の増えるのが「刺激分泌」です。そして、「情動分泌」といいますのは喜怒哀楽など脳における感情の発生によるものです。

爬虫類以降の高等動物、哺乳類、鳥類の脳では人間と同様の情動機能が発達しています。ですが、人間以外の動物ではこれによって感情の涙を流すことはできません。
ウミガメが産卵のときに流す涙は情動分泌ではなく、あれは苦痛による「刺激分泌」です。果たして「情動分泌」といいますのは他の動物ではまだ一例も確認されておらず、感情の涙を流す動物は我々人間だけと考えられています。従いまして、悲しみの涙を流すようになったのは少なくとも600万年前、我々の祖先が霊長類から人類に進化したあとということになります。

このように、感情の涙を流すのは我々人間だけです。そして、どうして人間が情動によって涙を流すのかは、残念ながらこれはまだ解明されていません。悲しくて泣くのはストレス物質を排出するためだという説も一時はありましたが、これは何の根拠もないデタラメです。因みに三葉虫は我々の祖先ではないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に詳しいご回答ありがとうございます。私のぜんぜん知らない事ばかりですごく勉強になり、感動してしまいました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/08/20 11:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【生物学】「生物の進化はメリットだけの進化だけではなくデメリットの進化もある」 質問: 進化のデメリ

【生物学】「生物の進化はメリットだけの進化だけではなくデメリットの進化もある」


質問:

進化のデメリットの例を挙げてください。

Aベストアンサー

人間の「スギ花粉症」なんか、その典型でしょう。

Q「ヒトの祖先」と「チンパンジーの祖先」、何れが強者?

「ヒトの祖先」と「チンパンジーの祖先」、何れが強者?

「ヒトの祖先」と「チンパンジーの祖先」は共通で、サルだったといいます。
また、アフリカの森林の後退が原因となって平原に降りたサルがヒトに進化したのだとも言います。

さて、私見です。
一般に、野生にあっては環境が悪化したとき、既得権を強者は保持できますが弱者は放棄させられるのだと思います。この考えからすると強者は森林に残り、弱者は平原に追放されたことになります。よって、ヒトの祖先となったサルの群れはチンパンジーの祖先となったサルの群れより非力だったことになります。
また、こうも考えます。非力で軟弱な群れは閉じ込められる形で森林に残り、積極果敢で豪胆な群れは森林を見限る形で平原へ降りたと。こちらの考えによればヒトの祖先となったサルの群れはチンパンジーの祖先となったサルの群れより優勢だったことになります。

生物学の見地からすると何れの推理が妥当ですか。どちらも的外れですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まあサルの生態からすると、群れの力の弱いほうが追い出されたと考えるのが自然なように思います。
まあ弱い群れというのが何を意味するのかはわかりません。
たまたま森野外側に位置したため、徐々に群れが弱っただけかもしれませんし。
そのなかで平原に適応できたものが生き残ったということでしょう。
森林が全て駄目になるわけではないので、森林を見限るといった考えはちょっと理解できません。

世代交代するときに親の世代が新しい土地を求めて移動する生き物はいます。
ただサルの場合ほとんどの種で、基本的に群れの血統的な主体となるメスは群れを移動しないので、群れが新しい土地を探しに能動的に出て行くといった行動様式はちょっと想像がつかないです。


ナイルワニなどは、数が増えすぎると若い弱い固体が海の沿岸を泳ぎ別の河を探すらしいです。

Q魚~両生類、進化の過程

魚類から両生類へ進化する過渡期の生き物と思われる化石が発見されたそうですが、
手首らしき関節があるとのこと。
両生類への進化は、何故あったのでしたか?
(習った気もするのですけど、不得意分野だった為、よく分かりません)
何故地上に出てきたのでしょうか?
また何故、現在も魚類は地上に出てこないでいるのでしょうか?

※カテ違いでしょうか? 子どもみたいな質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

何故というのを説明するのは難しいです。
1つには、生活圏の拡大が挙げられるでしょう。海に棲んでいた軟骨魚類(現在のサメなどの仲間)の一部が、餌場や敵から身を守る生活圏として淡水に適応進化し、(ミネラル分の保持の為)硬骨魚類となります。硬骨魚類の一部はやはり狭い河川から、生活圏を得るために、海に戻るもの(スズキ科の魚類など)と陸上に新たに適応するもの(肺魚など)へと広がっていきます。この陸上への生活圏を求めたものの一部が両生類となって様々な形態へと多様化していきます。
・・・というのが仮説です。

これまで見つかっていたものは、両生類に近い形質をもつものだったのですが、今回見つかったものは、より魚類に近い形態をもっていました。進化の歴史は、こうした中間体の発見により、連続性を明らかとしていくものです。

Q進化の過程で染色体数が変化する時

 我々人間を含めあらゆる生物が世代を重ねる度に少しずつ形態を変化させてゆき、いつしか新しい種に進化するとして、
 いくら少しずつ形態を変化していってもいつしか染色体数に変更がされる
世代と世代の境があると思うのです。
 例えば2n=30の染色体数をの生物はいくら世代を重ねても基本的にその数は変わらないですが、でも進化の過程で染色体数がが変化する場合があるはずですからその時は ・・(2n=30)→(2n=30)→(2n=30)→(2n=30)→(2n=30)→(2n=32)→(2n=32)→(2n=32)→(2n=32)→・・・
となると思うのですが、
 どうもその時のイメージがうまく出来ません。
(1)ある時、一組の番いから子供が産ま。その子供が両親と染色体数が違っていた。しかしその子には立派に繁殖能力が備わっていた。
(2) でも、いくらその子に繁殖能力があるとはいえ、その子の配偶者はいったい
どこから現れるのか

(1)と(2)が私にとっての謎ですが、(1)のような事はありえるのか?(2)その子の配偶者はどうやって見つけるのか? 生物学ではどのように考えられているのでしょうか? ご存知の方よろしくお願いいたします。

 我々人間を含めあらゆる生物が世代を重ねる度に少しずつ形態を変化させてゆき、いつしか新しい種に進化するとして、
 いくら少しずつ形態を変化していってもいつしか染色体数に変更がされる
世代と世代の境があると思うのです。
 例えば2n=30の染色体数をの生物はいくら世代を重ねても基本的にその数は変わらないですが、でも進化の過程で染色体数がが変化する場合があるはずですからその時は ・・(2n=30)→(2n=30)→(2n=30)→(2n=30)→(2n=30)→(2n=32)→(2n=32)→(2n=32)→(2n=32)→・・・
と...続きを読む

Aベストアンサー

生物の進化は小グループの中で起こるのが原則です。そのなかで主流派になった血統が他のものより優れていたら主流派として他のグループを駆逐します。

で、染色体数の違い。主に減数分裂の時の紡錘糸の異常により、染色体が両極に均等に分かれずに生じます(倍化という現象も別にありますが、これは2倍体が4倍体、8倍体となる現象です。2倍体と4倍体の雑種が倍化して6倍体になったりもします。コムギ類やシダのイタチシダ類などは有名な例です)。

で、小グループの中で紡錘糸に異常を持つ系統が一定以上のの比率生じた場合、(2n=30の生物を例にとると)2n=30からn=16とn=14の配偶子が一定比率で生じ、2n=32(もしくは28)の繁殖能力を持った個体が生じる事になります。大きな集団の中では2n=31とか2n=29という非対称の子供が大半を占めることとなり、繁殖能力を持たないために次の世代は生まれませんが、たまたま小集団の中にこのようにn=16とn=14の二種類の配偶子を作り出す系統があったら、繁殖能力を持つ子孫を産む可能性が高まるわけです。

哺乳類では、南西諸島のネズミ類で、島ごとに染色体数が異なる例が知られています。本州に広く分布するアカネズミでも、西日本と東日本で染色体数が違います。もっと大型の哺乳類でも西と東で染色体数が違う例が明らかになってきています。

生物の進化は小グループの中で起こるのが原則です。そのなかで主流派になった血統が他のものより優れていたら主流派として他のグループを駆逐します。

で、染色体数の違い。主に減数分裂の時の紡錘糸の異常により、染色体が両極に均等に分かれずに生じます(倍化という現象も別にありますが、これは2倍体が4倍体、8倍体となる現象です。2倍体と4倍体の雑種が倍化して6倍体になったりもします。コムギ類やシダのイタチシダ類などは有名な例です)。

で、小グループの中で紡錘糸に異常を持つ系統が一定...続きを読む

Q今の人類へ進化するまでの過程が知りたい

先日、本を読んでいたら
ネアンデルタール人は今の人類の直接の祖先ではなく
クロマニョン人が今の人類の祖先だと書いてありました。
ちょっと興味があって、サルから人間への進化の過程を詳しく書いてあるサイトを探そうと思ったのですが
なかなか見つかりません。

どなたか知りませんか?

Aベストアンサー

色々ありますね。
http://www.kataoka-el.co.jp/jinrui.html

http://contest.thinkquest.jp/tqj1998/10098/noframe/5.html

http://www.biowonderland.com/OmoshiroBio/JapBasic13.html

http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/evo_hito.html

http://www2s.biglobe.ne.jp/~t_tajima/nenpyo-1/se-0-6.htm

http://spaceinfo.jaxa.jp/note/shikumi/j/shi04_j.html

http://www.s.u-tokyo.ac.jp/gai/pdf/56.pdf


アフリカにいた、たった一人の女性が「イヴ」であるというのは、定説と化してますね。
ただし、反論を唱える人もいまして、断言はできません。
http://www2.tba.t-com.ne.jp/nakada/takashi/scripts/anthropol.html

あと、だいぶ前ですが、NHKのテレビで、もしも氷河期が無かったら、哺乳流である人間の代わりに恐竜人間なる爬虫類が繁栄していた可能性があると言ってました。
(脳が発達しかけた爬虫類の化石が見つかっていたそうな。)


二足歩行は、気候の変化がきっかけらしい。(これもNHKでやってました。)

http://www2s.biglobe.ne.jp/~t_tajima/nenpyo-1/se-0-6c.htm

http://www.crn.or.jp/LIBRARY/EVENT/EVENT10/TAIDAN02.HTM

(おまけ)
ちょっとアブない人達による説(笑)
http://www12.plala.or.jp/yonemoti/p2shinzitu.html
http://www.chojin.com/

色々ありますね。
http://www.kataoka-el.co.jp/jinrui.html

http://contest.thinkquest.jp/tqj1998/10098/noframe/5.html

http://www.biowonderland.com/OmoshiroBio/JapBasic13.html

http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/evo_hito.html

http://www2s.biglobe.ne.jp/~t_tajima/nenpyo-1/se-0-6.htm

http://spaceinfo.jaxa.jp/note/shikumi/j/shi04_j.html

http://www.s.u-tokyo.ac.jp/gai/pdf/56.pdf


アフリカにいた、たった一人の女性が「イヴ」であるというのは、定説と化して...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報