私達は悲しいと涙をこぼします。動物もきっとこぼしますよね。

私達の祖先は三葉虫だと言われていますが、涙をこぼす機能は進化の過程のいつ頃備わったものと予想できるのでしょうか。詳しい方教えてください!!

A 回答 (2件)

先の方が説明されているのは涙を流す直接の原因、至近要因ですね。

それに対して涙を流すことが生物の生存や繁殖にどのような役割を果たしているのか、と言う説明を進化的機能(進化要因)と呼びます。

ウミガメが泣くのは塩分排出のためと言われていますね。これは進化的機能です。ウミガメが産卵するときに涙を出させるなんらかの生理的なプロセス(先の方が仰る「刺激」)があるのでしょう。そのプロセスが至近要因です。至近要因と進化的機能は別の次元の説明なので区別しないといけません。

人の涙の進化的機能は不明ですが、一番有力視されているのは表情と同様に、仲間に自分の心的状態を伝えるコミュニケーション信号として進化したという仮説です。先の方が仰るように類人猿はなきませんし、その他にもコミュニケーション信号としてなく動物はいませんから、泣くことが進化したのは間違いなく600万年以内、もしかしたら200万年から、25万年以内かも知れません。

人の場合泣くと確かにストレスが軽減されるようですが、ストレス物質が排出されるためではありません。おそらく泣く行為がコミュニケーション信号として進化した後に、泣くとストレスが解消されるという新たな機能が加わった(外適応と言います)のでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しいご回答、本当にありがとうございます。 コミュニケーション、人間には本当に大事な事ですよね。私は泣いているんだよ、悲しい、と相手に分かるように表現できる手段を何万年も前にわたしたちは得ることができたんですね。凄く納得しました。感情のコミュニケーションをするようになってきた時だったのでしょうね。今以上わたしたちが進化するならどんな機能が付け加えられるでしょうか。お二人とも詳しいご回答をありがとうございました!!

お礼日時:2009/08/20 11:29

こんにちは。


魚類で涙腺を持つものはほとんどいません。
爬虫類、鳥類、哺乳類など年代的には両棲類以降、涙腺の発達は動物が陸上に進出してからであり、これが「涙の起源」と考えられます。
涙には
「生理分泌」
「刺激分泌」
「情動分泌」
があります。
「生理分泌」とは眼を保護するため常に一定量が供給されるものであり、何らかの刺激によって一時的に分泌量の増えるのが「刺激分泌」です。そして、「情動分泌」といいますのは喜怒哀楽など脳における感情の発生によるものです。

爬虫類以降の高等動物、哺乳類、鳥類の脳では人間と同様の情動機能が発達しています。ですが、人間以外の動物ではこれによって感情の涙を流すことはできません。
ウミガメが産卵のときに流す涙は情動分泌ではなく、あれは苦痛による「刺激分泌」です。果たして「情動分泌」といいますのは他の動物ではまだ一例も確認されておらず、感情の涙を流す動物は我々人間だけと考えられています。従いまして、悲しみの涙を流すようになったのは少なくとも600万年前、我々の祖先が霊長類から人類に進化したあとということになります。

このように、感情の涙を流すのは我々人間だけです。そして、どうして人間が情動によって涙を流すのかは、残念ながらこれはまだ解明されていません。悲しくて泣くのはストレス物質を排出するためだという説も一時はありましたが、これは何の根拠もないデタラメです。因みに三葉虫は我々の祖先ではないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に詳しいご回答ありがとうございます。私のぜんぜん知らない事ばかりですごく勉強になり、感動してしまいました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/08/20 11:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qまぶたのくぼみ・目の下のくまに効果のあるアイテム

加齢とともに目のくぼみ・クマが気になってきました。
メイクでもごまかせないので困ってます。
アイクリームなどおすすめのアイテムを教えてください!!

Aベストアンサー

コエンザイムQ10はどうでしょうか。
しかも、塗るほうではなく、服用するタイプが良いと思います。
クマの原因は血行不良なので、コエンザイムQ10が皮膚の血流を良くしてくれます。実際、私もクマで悩んでいたんですが、コエンザイムQ10を飲みはじめてだいぶ解消されました。
それから、くぼみに関しては皮膚底のコラーゲンやヒアルロン酸が衰えているのだと思います。ですので、コラーゲン、ヒアルロン酸の補給が必要だと思われます。こちらも塗るほうではなく服用するタイプの方が良いと思います。そしてコエンザイムQ10を同時に摂ることでこれらをさらにバックアップしてくれるようです。

参考URL:http://yobo-igaku.jp/face/index.html

Q【生物学】「生物の進化はメリットだけの進化だけではなくデメリットの進化もある」 質問: 進化のデメリ

【生物学】「生物の進化はメリットだけの進化だけではなくデメリットの進化もある」


質問:

進化のデメリットの例を挙げてください。

Aベストアンサー

人間の「スギ花粉症」なんか、その典型でしょう。

Q目の下のくぼみがヤバイです❗ふっくらさせたいです!どうしたらよいですか?

目の下のくぼみがヤバイです❗ふっくらさせたいです!どうしたらよいですか?

Aベストアンサー

美容外科でヒアルロン酸又はアクアミドを入れて見ては❓

Q「ヒトの祖先」と「チンパンジーの祖先」、何れが強者?

「ヒトの祖先」と「チンパンジーの祖先」、何れが強者?

「ヒトの祖先」と「チンパンジーの祖先」は共通で、サルだったといいます。
また、アフリカの森林の後退が原因となって平原に降りたサルがヒトに進化したのだとも言います。

さて、私見です。
一般に、野生にあっては環境が悪化したとき、既得権を強者は保持できますが弱者は放棄させられるのだと思います。この考えからすると強者は森林に残り、弱者は平原に追放されたことになります。よって、ヒトの祖先となったサルの群れはチンパンジーの祖先となったサルの群れより非力だったことになります。
また、こうも考えます。非力で軟弱な群れは閉じ込められる形で森林に残り、積極果敢で豪胆な群れは森林を見限る形で平原へ降りたと。こちらの考えによればヒトの祖先となったサルの群れはチンパンジーの祖先となったサルの群れより優勢だったことになります。

生物学の見地からすると何れの推理が妥当ですか。どちらも的外れですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まあサルの生態からすると、群れの力の弱いほうが追い出されたと考えるのが自然なように思います。
まあ弱い群れというのが何を意味するのかはわかりません。
たまたま森野外側に位置したため、徐々に群れが弱っただけかもしれませんし。
そのなかで平原に適応できたものが生き残ったということでしょう。
森林が全て駄目になるわけではないので、森林を見限るといった考えはちょっと理解できません。

世代交代するときに親の世代が新しい土地を求めて移動する生き物はいます。
ただサルの場合ほとんどの種で、基本的に群れの血統的な主体となるメスは群れを移動しないので、群れが新しい土地を探しに能動的に出て行くといった行動様式はちょっと想像がつかないです。


ナイルワニなどは、数が増えすぎると若い弱い固体が海の沿岸を泳ぎ別の河を探すらしいです。

Qメイクに詳しい方…目のくぼみ

四十代に突入し、目のくぼみが気になります。
昔はもっとぱっちり二重だったのに、今は目が小さく落ち込んで
いるように感じます。
アイシャドーをどんな風に使えば、カパー出来るでしょうか?

メイクに詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

目の周り全体にファンデではなく、コンシーラ(柔らかめのもの)で整えます。
幾分明るめのものを選ばれるといいと思います。

アイシャドウは、明るめのベージュ系やピンク系をアイホール全体に。
目の淵は少しダークなブラウンでパール感のあるものを使用するといいと思います。

プチプラのものは粒子が荒いので、そこそこのブランドのものを使うことをお勧めします。

http://www.sofina.co.jp/aube/products/product27.html

濃い色をくぼんだ所につけると余計影が出来ます。
明るいパール感のお色でくすみを飛ばす感じでつけられるといいと思います。

ご参考になれば幸いです。

http://xbrand.yahoo.co.jp/category/beauty/7996/14.html


似たような質問
http://chieco.cosme.net/board/board_id/4025

Q魚~両生類、進化の過程

魚類から両生類へ進化する過渡期の生き物と思われる化石が発見されたそうですが、
手首らしき関節があるとのこと。
両生類への進化は、何故あったのでしたか?
(習った気もするのですけど、不得意分野だった為、よく分かりません)
何故地上に出てきたのでしょうか?
また何故、現在も魚類は地上に出てこないでいるのでしょうか?

※カテ違いでしょうか? 子どもみたいな質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

何故というのを説明するのは難しいです。
1つには、生活圏の拡大が挙げられるでしょう。海に棲んでいた軟骨魚類(現在のサメなどの仲間)の一部が、餌場や敵から身を守る生活圏として淡水に適応進化し、(ミネラル分の保持の為)硬骨魚類となります。硬骨魚類の一部はやはり狭い河川から、生活圏を得るために、海に戻るもの(スズキ科の魚類など)と陸上に新たに適応するもの(肺魚など)へと広がっていきます。この陸上への生活圏を求めたものの一部が両生類となって様々な形態へと多様化していきます。
・・・というのが仮説です。

これまで見つかっていたものは、両生類に近い形質をもつものだったのですが、今回見つかったものは、より魚類に近い形態をもっていました。進化の歴史は、こうした中間体の発見により、連続性を明らかとしていくものです。

Q目の上のくぼみは眼科?

ここ数カ月、ストレスや多少の体重が落ちる事があったのですが、
気づくと目の上がくぼんでいました。

朝から、上瞼が眼球の上に乗っている感じで目が重く、
周りから疲れているように言われますし、自分でも瞼が重い感じで
眠い気がします。

色々調べてみると、目の上のくぼみは整形外科で手術して…
というのがあるのですが、そこまでする勇気はありません。

何か、眼科に行って治療したり、自分で何かすることにより改善する方法はないでしょうか。

Aベストアンサー

>上瞼が眼球の上に乗っている感じで目が重く、周りから疲れているように言われます

それは飽くまでも目に見えている現状であって、そのこと自体が疾患の本質ではないでしょ?

>ここ数カ月、ストレスや多少の体重が落ちる事があった
こっちが問題の本質なんでしょ?

ほんとにストレスが原因なら精神科系だし、疲労や他の病気で体が衰弱したり体重が減少しているのなら内科系でしょ

>目の上のくぼみは整形外科で手術して
それは、外傷などでの話であって、疲労衰弱で目が落ち込んだのに対して外科手術でまぶたに脂肪注入しても意味なし

体重が落ちるというのが、1~2キロ程度なら疲れてるんですねぇで済むだろうし
5キロとか10キロならすぐに受診すべきで、「自分で何かすることにより改善」という範疇ではない

Q今の人類へ進化するまでの過程が知りたい

先日、本を読んでいたら
ネアンデルタール人は今の人類の直接の祖先ではなく
クロマニョン人が今の人類の祖先だと書いてありました。
ちょっと興味があって、サルから人間への進化の過程を詳しく書いてあるサイトを探そうと思ったのですが
なかなか見つかりません。

どなたか知りませんか?

Aベストアンサー

色々ありますね。
http://www.kataoka-el.co.jp/jinrui.html

http://contest.thinkquest.jp/tqj1998/10098/noframe/5.html

http://www.biowonderland.com/OmoshiroBio/JapBasic13.html

http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/evo_hito.html

http://www2s.biglobe.ne.jp/~t_tajima/nenpyo-1/se-0-6.htm

http://spaceinfo.jaxa.jp/note/shikumi/j/shi04_j.html

http://www.s.u-tokyo.ac.jp/gai/pdf/56.pdf


アフリカにいた、たった一人の女性が「イヴ」であるというのは、定説と化してますね。
ただし、反論を唱える人もいまして、断言はできません。
http://www2.tba.t-com.ne.jp/nakada/takashi/scripts/anthropol.html

あと、だいぶ前ですが、NHKのテレビで、もしも氷河期が無かったら、哺乳流である人間の代わりに恐竜人間なる爬虫類が繁栄していた可能性があると言ってました。
(脳が発達しかけた爬虫類の化石が見つかっていたそうな。)


二足歩行は、気候の変化がきっかけらしい。(これもNHKでやってました。)

http://www2s.biglobe.ne.jp/~t_tajima/nenpyo-1/se-0-6c.htm

http://www.crn.or.jp/LIBRARY/EVENT/EVENT10/TAIDAN02.HTM

(おまけ)
ちょっとアブない人達による説(笑)
http://www12.plala.or.jp/yonemoti/p2shinzitu.html
http://www.chojin.com/

色々ありますね。
http://www.kataoka-el.co.jp/jinrui.html

http://contest.thinkquest.jp/tqj1998/10098/noframe/5.html

http://www.biowonderland.com/OmoshiroBio/JapBasic13.html

http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/evo_hito.html

http://www2s.biglobe.ne.jp/~t_tajima/nenpyo-1/se-0-6.htm

http://spaceinfo.jaxa.jp/note/shikumi/j/shi04_j.html

http://www.s.u-tokyo.ac.jp/gai/pdf/56.pdf


アフリカにいた、たった一人の女性が「イヴ」であるというのは、定説と化して...続きを読む

Q目の周りのくぼみを改善したい

現在、30代半ばですが、20歳のころから、目の周りが黒く見えるようになりました。どうもくぼんでいるようです。鏡で客観的にみても体調が悪いように見えてしまいます。日中は化粧でごまかしていますが、すっぴんで友人に会った時、このくぼみを指摘されてしまいました。
なにか改善策がありましたら、ご伝授ください。

Aベストアンサー

参考に
http://www.cess.co.jp/advise/0602.htm

こんな方法もあります。

参考URL:http://www.kinugasaclinic-japan.com/wak_02.htm

Q生物進化の過程で化け物の化石が残らないのは何故でしょう?

生物進化が、「突然変異-->自然選択-->突然変異-->自然選択」の繰り返しだとすると、突然変異の段階で、圧倒的多数の化け物生物が生じ、その化石が残っているはずですが、実施には、それなりにまともな生物の化石しか残っていないのは何故ですか?

(注)化け物生物とは、頭が4つ、目玉が3つ、左右の骨格が大幅にアンバランス、お尻に首が付いている、首に肛門が付いているなどの通常の生物の構成から極端にはずれていて、如何にも生存できそうもない動物など。

Aベストアンサー

やはり突然変異、また進化というものに誤解があるように思います。

突然変異というと質問にあるような「化け物生物」を連想するのかもしれませんが、自然状態でそのような「化け物生物」が突然生じる可能性は極めて低いのです。
例えば、目を3つ持つ生物が生じるためには、眼球をもう一つ形成するような遺伝子の変異と共に、その眼球を収めるように頭蓋なり体躯なりも変化しなければなりませんし、神経系統や脳の構造もそれに合わせて変化しなければなりません。しかもこられが“全て同時に”です。自然状態での遺伝子や染色体の変異はランダムに起こりますから、これらが全て同時に整合性をもつように変異するというのは、あり得ないくらいに低い確率でしか起こりません。複数の遺伝子が同時に変異したとしても通常はそれらは致死的に働き、個体としては発生しません。ですから質問者さんのおっしゃる、

> 突然変異の段階で、圧倒的多数の化け物生物が生じ

> 生まれてくる可能性は圧倒的に高いのではないかと思います

というのが誤っているのです。もちろん確率的には 0 ではありませんので生命の歴史の中ではそのような極端な突然変異体が生じたかもしれませんが、それは化石として残っていなくてもまったく不思議ではないくらいの頻度だったでしょう。そしてこれは質問者さんも認めていますが、そのような個体が発生したとしても子孫を残す確率はやはり極めて低い、というかそのような個体であれば元の種の個体と交配不可能になっているでしょうから、そこから数が増えることはありません。

> もし、自然淘汰の網をくぐる生物の方が、化け物より多く生まれてくるとすれば、
> それは、突然変異に方向性がある(適者だけが生まれてくるという)ことを
> 意味すると思います。

これも違います。「化け物生物」が生まれることが少ないのは上述のように突然変異の結果としての表現型の変化が受ける制約からであって、適者でないからではありません。適者かどうかというのはあくまでも発生した個体と環境との相互作用で決定するものです。

漸進的進化の結果としてなら質問者さんのおっしゃるような「化け物生物」が地球上に生じた可能性はあったと思います(結果的には生じなかった訳ですが)。実際、カンブリア紀には“生命の実験場”と言われるほど多様な、現存の生物と比べればそれこそ化け物とも言えるような生物が存在していたことが判っています。しかしそれらの生物はオルドビス紀にはほぼ姿を消しました。もしもそれらの生物が絶滅することなく残っていたなら、その後の生物の姿は全く異なっていたかもしれず、それらが化石記録として残ったことでしょう。ただ、その系統として生じた生物から見ればそれらは「化け物生物」には見えないと思いますが…。

やはり突然変異、また進化というものに誤解があるように思います。

突然変異というと質問にあるような「化け物生物」を連想するのかもしれませんが、自然状態でそのような「化け物生物」が突然生じる可能性は極めて低いのです。
例えば、目を3つ持つ生物が生じるためには、眼球をもう一つ形成するような遺伝子の変異と共に、その眼球を収めるように頭蓋なり体躯なりも変化しなければなりませんし、神経系統や脳の構造もそれに合わせて変化しなければなりません。しかもこられが“全て同時に”です。自然状態での...続きを読む


人気Q&Aランキング