【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

目上の人に対して、
お疲れ様です、や、頑張って下さい、を言うのは失礼だと聞きます。

では、一体、何と言うのが正しいのでしょうか?

知人が、最近読んだ本の中に、
お疲れ様です、を目上の人に向けて言う場合は、お疲れの出ませんように、と言うのが正しい、とあったようなのですが、
例えば、お疲れ様です、を言う場合「こんにちは!」の意味合いで言ったりしませんか?
なのに、会っていきなり、「お疲れの出ませんように」と言うのは変ではないでしょうか?
ビジネスメールにしても、
文頭に、「○○殿、お疲れ様です」と打つところを、
「○○殿、お疲れの出ませんように」と打つのですか?
何か、違う気がします。

頑張って下さい、という中に、「では失礼します」の意味が込められてたりします。
本当に大変な状況の中、頑張っておられるなぁ、と感じたから口から出た言葉なのに、言ったら失礼なのでしょうか。

日本語って難しいですね。
一体、何と言うのが正しいと思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

こんにちは。

ご参考までに少しお話しさせてください。

> お疲れの出ませんように、

この表現に代わるものとして「~~、お体にはくれぐれもご自愛ください」という文が私の頭に浮かびました。

> 「○○殿、お疲れの出ませんように」と打つのですか?

これであれば慣用化されていることもあり、あまり悩むことなく使えるのではないでしょうか^^
また、「お疲れ様です」をもう少し丁寧な物言いにしたい場合には、「お疲れでございました」などとされるのが無難なところだろうと思います^^


親しい間柄の場合は別として、通常のビジネスメールにおいて当たり障りのない、そして「お疲れ様です」の代用になりそうな表現としては、お礼や感謝の意を表す決まり文句もあるのではないでしょうか。

・「この度は格別のお力添えを賜り、厚く御礼申し上げます」
・「平素はひとかたならぬご愛顧を賜り、心から感謝申し上げます」
・「日頃は何かとお引立てくださり、謹んで御礼申し上げます」
・「いつもひとかたならぬお引立てを頂きまして、誠にありがとうございます」

> 例えば、お疲れ様です、を言う場合「こんにちは!」の意味合いで言ったりしませんか?

おっしゃるように、特に疲れているわけでもない場合でも使われているようですし、一部の人たちの間では、本来の意味からは少し離れてしまって挨拶言葉になっている感じも受けますね。この辺りの状況が、その使用において少し戸惑いを感じさせる原因なのでしょうね^^;

最後に、言葉のマナーとして、上位者に用いるべきではないとされているものを挙げておきます。この場合の「上位者」とは必ずしも“年上”だけを指しません。「年少のお客様」「債権者」「自分より学識経験が豊富だろうと認める人」場合によっては「年長の部下」など、上位待遇の人たちも含みます。

(1)上位者をほめる言葉
(2)上位者をねぎらう言葉
(3)上位者の能力を聞く言葉
(4)上位者に許可を与える言葉

「ねぎらう言葉」には「お疲れ様です」も当てはまるのではないかと思われるかもしれませんが、微妙なニュアンスをいうと、「ご苦労様=ねぎらいの言葉」、「お疲れ様=思いやりの言葉」となるようです。「ねぎらいの言葉→慰める」「思いやりの言葉→同情」の意味をそれぞれ含むようなので、「お疲れ様=思いやりの言葉=同情」…“心で思っているだけ”なら失礼には当たらない、という理由になるのではないでしょうか^^
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お体ご自愛ください、
この言葉は音の響きが好きです。(柔らかい印象)

お疲れ様です、
お世話になります、
今まで、この二言で片付けてたのですが、
今回回答を頂いて、バリエーションが増えました。

・「この度は格別のお力添えを賜り、厚く御礼申し上げます」
・「平素はひとかたならぬご愛顧を賜り、心から感謝申し上げます」
・「日頃は何かとお引立てくださり、謹んで御礼申し上げます」
・「いつもひとかたならぬお引立てを頂きまして、誠にありがとうございます」

なるほど、自然に、スッと入って来ますね。
見習いたいです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/17 09:25

No.8です。

何度もすみません^^;
サイトを添付しようと思っていたのに貼るのを忘れました。

> 私だけかなぁ、
> お疲れ様より、ご苦労様の方が、何となく、
> 頑張ったね、って言ってもらってる気がするのは・・・

質問者様と同じように感じている人の意見を載せているブログがありました。
もしよかったら、参考までに一度覗いてみてください^^

ttp://nihon.at.webry.info/200608/article_13.html
> 「ご苦労様」vs「お疲れ様 」 ねぎらい表現
>
> 3.夫婦の会話、妻が夫に(あるいは夫が妻に)、「お疲れ様でした」というか、「御苦労様でした」というかで、相手の「骨折り」の内容に違いがあるのでは?「御苦労様」のほうに「感謝の気持ち」、「私(たち)のためにありがたう」というニュアンスを感じる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ、ありがとうございます^^

URL拝見しました。

ご苦労様と、お疲れ様について、詳しく書かれてますね。
勉強になりました。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/08/17 09:26

一般論で言えば「お疲れさま」は少しも失礼ではありませんが、純粋のビジネスメールでは、先方をいたわる文章は使いません。

「殿」のあとに「ねぎらい語」が続くのは、とても奇妙です。

「目上」という概念は非常に多様であり、個々のケースで判断するしかありません。上は、非常に身分の貴い方から、下は、1年先輩で軽い冗談が自由に言える間柄まであります。
あなたと相手の関係を分かりやすく定義した上で質問すべきです。それでも回答は必ずばらつきますよ。
敬語は、それほど難しいものです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

はい、勉強不足でした。
以後、気をつけます。

特定のケースではなくて、
いろいろな目上の人に言う場合を想定して質問をさせて頂きました。

仰るように、敬語と言うか、言葉って本当に難しいな、と改めて感じました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/17 09:17

私自身、勉強になると思って読んでおりましたが、いろいろ読むうちに、結局のところ分らなくなってしまいました(笑)。


ただ、「○○殿」には笑えました。上司(あるいは年長者)にそれはマズイですよ(「殿」だから、相手を持ち上げていると思ったのでしょうけど)。
「殿」で思い出したのですが、時代劇なんかで、殿様かなんかが下の者に「足労である」なんていう場面がないでしょうか。あれは「労(ねぎら)い」の言葉です。
「お疲れさまです」というと、下手をすると、その「労い」の言葉ととられてしまうおそれがあるので(実際そうなのですが)、目上の者に対しては「避けた方がいい」となるのではないでしょうか。
「労い」というのは 上→下 という方向性があるみたいで、下→上 は不相応な感じを伴ってしまうみたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あはは、仰る通りです。

まぁ、要するに、
目上の人に対しての、「頑張って下さい」「○○殿」は絶対に無い、という事ですね。

お疲れ様でした、ご苦労様です、
は、相手との信頼関係によって、また場合によっては、使っても可。

こんなまとめ、かと思います。

ねぎらいの言葉。その通りだと思います。
以後、気をつけようと思います。

「お疲れ様です!」って言いながら職場の人と会うのって、
ウチの会社だけなのかなぁ?

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/15 06:48

質問者さんの誤解もあったようですが、もう一つ誤解があるようなのでそれだけ。



「ご苦労様」の「ご苦労」という部分。
広辞苑によれば「他人の苦労を敬っていう語」と、敬語として解説されています。
私の住う田舎でも、上下の隔たりなく敬語として使っている言葉でもあります。

この誤解がどういうところからきたのかは分かりませんが、誤解や間違いも大勢が共有すれば常識になってしまうという例にはなっているんだろうと思われます。
その意味でも、状況に応じた使い方を知るということが大事なんだなぁとか思いました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですね、
ご苦労様は、敬語なんですね。

いろいろ回答戴いてるのを読むと、
何だか見下した言い方のように思えて来て、やはり使わない方が良いのだろうな、と思ってました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/14 16:48

何で目上や上司にお疲れ様が失礼なの?ご苦労様は上から目線での物言いで侮辱的に取られるからNGは当然だけど、お疲れ様はねぎらいだもの、普通に使うんじゃない。


会っていきなりお疲れ様やお疲れの出ないようになんて挨拶ないでしょう。仕事が一段落したり帰る時にお疲れ様でしたって挨拶するんだから。

がんばってくださいはそれこそ下に見ているって言葉だから何考えてるのになっちゃうよ。
>頑張って下さい、という中に、「では失礼します」の意味が込められてたりします。て、どういう意味?がんばってくださいね、自分はお先失礼って意味??それ最低。
がんばってくださいはそれこそがんばってくださいであって、自分は遊び行けまーすは関係ないでしょう。励まし語なんだから上司や目上に使うもんじゃない。
>本当に大変な状況の中、頑張っておられるなぁ、と感じたから…自分は無関係でーすに聞こえるよ。無責任に聞こえる。

社内の人に殿も変に聞こえるね。さん。または様。でいいと思うけど。

業者さんに対しては「お世話になってます」「お世話さま」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、
私の学が無さ過ぎた為に、ご指摘頂いたような状況です。

以後、気を付けたいと思います。

回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/14 16:46

中年の、質問者さんよりちょっとばかし人生経験の長いオジサンです。



「お疲れ様です」は本来、仕事を終わって帰る人に対して使われるものです。文字通り、お仕事を終えたんですね、お疲れ様、って意味。だから最近よく耳にする「おはようございます」や「こんにちは」代わりに使うのはおかしい訳です。

ましてeメールで文頭に、「○○様、お疲れ様です」と書くのは宛先の社内、社外を問わず、私は絶対にしませんし、部下がそう書いていたら厳しく注意します。馴れ馴れしいし、先ほども書いたように出会いの挨拶には全く相応しくないからです。

ある会社を経営していますが、毎年の新入社員には歓迎の挨拶としてこのことを話しています。なぜなら前述の本来の意味と違うことと、「おはようございます」など美しい言葉があるのだから、それをちゃんと使って欲しいからなんですよ。

さて本題。退社する時の挨拶では目上の人に「お疲れ様でした」を使うのは問題なし。労(いた)わりの意味がありますからね。

既にご指摘があるように、目上に「ご苦労様です(でした)」を使うのはやめたほうがいいでしょう。大半の人は、上から目線と感じます。無礼だと思う人もいるでしょう。

「頑張って下さい」を目上の人に使っていいかどうかは、うーーーん、判断に迷います。

しかしこの表現にはworitoさんがお書きの「失礼します」の意味は含まれないと思います。もし会社から帰る人に向かって使おうとしたならそれは誤りでしょう。また、居残る人に向かって、帰る側の自分が使うと、それはちょっと無神経にも思います。「オレは帰るけど、あなたは残って仕事をしてね」と聞こえますから。

何か一仕事をするために進んで行こうとする人に向かっては「大変なお仕事ですね。頑張って下さい」と一言付け加えると、受け止め方が随分代わると思います。付け加える言葉もぜひ考えて下さい。

ま、こんなこと書くと、「言葉はどんどん変わるんだ。今はそう使われているからいいじゃないか」とお感じになる方がいらっしゃるかもしれないけど、言葉と言うのは本来的な意味を忘れて使ってはいけないんです。出会いも別れにも、それに相応しい挨拶の言葉が日本語にはたくさんあります。難しいけど、日本語はそれだけ豊かな言語なんですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まず、
詳しく説明して下さいまして、ありがとうございます。

読ませて頂いて、
あぁ、自分って本当に勉強不足だなぁ、と感じました。

一言付け加える、というのも大変良いな、と思います。
頑張って下さい、と、
大変なお仕事ですね、頑張って下さい、では、随分印象が違いますね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/14 14:09

> 社内では、「様」を使うよりは、「殿」だ、と習ったような・・・


いや、そう言う風に社内講習を受けたのなら、それで良いんじゃないですか?
ボクがそう言う習慣の会社に勤めたことがないだけで・・・。(苦笑)
大体、「To:○○課長」とか「To:△△さん(様)」って感じで使っていたので・・・。

> ご苦労様です、は、業者さんには言いますね。
> 多分、年上の人だろうという人にも。
これはどうでしょうね。  発注者と納品者という立場で考えれば、「ご苦労様」で良いのかも知れないけど、
「お疲れ様です」って言葉はねぎらいの言葉ですからね。

どうでしょ? 自分が「ご苦労様」って言われるのと、「お疲れ様」って言われるのは、どっちが良いかなと・・・。
ボクは使い分けるのがめんどくさいし、全部「お疲れ様です」で統一です。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえ、多分、私の勘違いだろうと思います。
以後、気をつけようと思います。

ご指摘、ありがとうございました。

私だけかなぁ、
お疲れ様より、ご苦労様の方が、何となく、
頑張ったね、って言ってもらってる気がするのは・・・

言い方にもよるんでしょうけど。

回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/14 14:05

「お疲れ様です。

」は失礼じゃないと思いますが、たまに目上の人に「ご苦労様です。」って言う人がいて、驚きます。(笑)
「ご苦労様」ってのは、目上の人が目下の者に言う言葉ですので、注意しないとダメでしょうね。

「頑張って下さい。」ってのは、どうかなぁ・・・。
人によってはイラッと来るかも知れないですね。 その人との関係にもよるかも知れないですね。
残業している目上の人がいて先に帰る場合だったら、「頑張って下さい!」って言うよりは、「すみません、お先に失礼します。」と言う方が、印象は良いような気がします。

> 文頭に、「○○殿、お疲れ様です」と打つところを
相手の敬称に「殿」をつけるって・・・、上司や上長、先輩に?
それはちょっと、ボクにとっては異文化・・・(^-^;; 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あ、あれ・・・
すみません、常識が無くて・・・(汗)
今まで、上司というか先輩に対しては、○○殿、と平気でメール打ってました。
これって、マズイのかしら・・・
社内では、「様」を使うよりは、「殿」だ、と習ったような・・・

ご苦労様です、は、業者さんには言いますね。
多分、年上の人だろうという人にも。
これも、ダメっぽいですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/14 12:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお疲れの出ませんようにって言葉は一般的に使う?

お疲れの出ませんように。

これって頑張って下さいの尊敬語らしいけど、使っている人を見たことありますか?

私はこんな言葉が存在することすら最近知りましたし、もちろん使いもしません。

「お疲れの出ませんように。」こんなこと言われて、それが「頑張って下さい」の意味であると理解出来る人って一般的にいますか?

「俺は知っていた」とか「私は毎日使っている」とかの個人的なことは書いてもらわなくていいんで、普通はどうなのかを教えて下さい。

どう考えても、普通に頑張って下さいと言えば済む話をあえて難しくしているようにしか思えない。


「お疲れの出ませんように。」っていうのはカッコつけたい人が使う言葉ですか?

Aベストアンサー

>「俺は知っていた」とか「私は毎日使っている」とかの個人的なことは書いてもらわなくていいんで、普通はどうなのかを教えて下さい。 嫌なら回答をするなよ。

私が勤めている会社の先輩からは、あまり疲れが出ない程度でって言われますが、
お連れの出ませんようには、多分いい子ぶっている感じだとおもいますよ。

Q上司へ体調を気遣うとき。。

出張先の上司の体調を気遣うときの、最後の締めくくりで悩んでいます。
「ゆっくりお休みになってください」では何か違和感を感じるのですが、
ほかの言い方など教えてください。

Aベストアンサー

では今日もお疲れ様でした。ゆっくりおやすみください。で良いと思います。
何よりも貴方がこんなに心配し、気遣いしてくれることを喜ばれると思います。
貴方の心遣いが伝わるのを祈っています。

Q目上の方に「お疲れさまでした・ご苦労様でした」は失礼ですか?

言葉遣いについて、実際にあった出来事からの疑問です。

退職する上司の送別会にて、若い社員が記念品贈呈の際に「お疲れさまでした」や「ご苦労さまでした」と言いました。
これは失礼な事なのでしょうか?主人は失礼だといいます。「ありがとうございました」「お世話になりました」と言うべきだと言います。
もちろん、私もありがとう等の感謝の言葉も必要だと思いますが、「お疲れさま・ご苦労様」を使うことに対しては、失礼な事とは感じませんでした。

実際、自分も会社では、その言葉を使って送り出した場面を見たことがあるような気がします。

どなたか、言葉遣い・マナーにに詳しい方ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。元研修担当のスコンチョといいます。(^_^)

ビジネスマナーでは仕事が終わった人を見送るときには
「お疲れ様でした」で送り出す習慣をつけるよう教えます。
これは、先の回答者の方たちも書かれてますが「ご苦労
様」は元来目下の人に対しての言葉だからです。しかし、
時代の流れとともに「ご苦労様でした」も容認されるレベ
ルになってきているようです。

さて、本件では退職時の挨拶として適切かどうかという問
題ですね。退職者に御礼だけで挨拶とするのか、慰労の
言葉をかけるべきかは個人の判断で、「お疲れ様でした」
が取り立てて失礼にあたるとは思えません。特に、直接的
な関わりが少なかった人から御礼だけ伝えられても心が
こもった言葉とは受け取れないでしょうし、その方の業
績に敬意を表する意味でも「お疲れ様でした」と笑顔で
送り出してあげてはいかがでしょうか。

Q上司に「仕事がんばってください」と書きたいときどのような言葉を使う?

本社にいる部長と、しばらく会社の用件で個人的にメールをやり取りしていました。
私はその会社の現場にいて、部長とはあまり面識はないのですが、辞めるにあたりいろいろとお世話になり、今日これが最後になるなというメールを返すことになりました。

部長に
「体に気をつけて仕事をがんばってください」
という内容のことを最後に書きたいのですが、
がんばってという言葉は年上の方には失礼な気がします。

どのような言葉が適切でしょうか?
ご教示お願い致します。

Aベストアンサー

1.堅苦しい文章なら、
 「暑さ厳しい折柄、充分ご自愛をされ、社業益々のご発展にお力をそそがれることを祈っております」

2.柔らかな文章なら、
 「これから一段と暑くなりますが、どうぞお身体に気をつけ、お仕事に励んでください」

Q「お疲れさまでございます」って、正しい敬語ですか?

最近、時々「お疲れさまでございます。」という言葉を耳にします。(試着の後などに、店員さんから言われたり・・・)特に、20代の若い世代が使っているようです。私が20年ほど前、初めて社会人になって、敬語などを研修で教わった際は、確か「お疲れさまです。」だったと思うのですが・・・。確かに、「お疲れさまでございます。」は言われて悪い気はしないのですが、それって正しい敬語ですか?いつ頃から使われるようになったのでしょうか?大したことではないのですが、ちょっと気になったので、ご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

「お疲れ様でございます」は「お疲れ様です」の更に丁寧な表現ですから、語法的な誤りはありません。「私、サザエです」と「私、サザエでございます」の関係と同じと考えてください。
ただし「ございます調」は言わば最上級の丁寧語ですから、無闇に使うと慇懃無礼な印象を与えます。退勤する同僚に「お疲れ様でございます」と言った場合、「もしかして皮肉かしら‥?」と曲解される恐れが無きにしもあらずです ( ^^;

では直属の上司には・・・?
この場合も身内ですから、そこまで丁寧に言う必要はないでしょう。

社長ならばどうか・・・?
会社で一番偉い人ですから特別にそう言ってもいいかもしれませんが、会社の規模とか社内風土にもよるので、ケースバイケースでしょう。

ご質問のケースは相手がお客様なので特に問題はないと思います。むしろ「お疲れ様です」よりも好ましいとさえ言えます。ただ、試着は普通お客様の希望でする(頼んでしてもらうのではない)わけですから、「ございます」の有・無以前に「お疲れ様」そのものが適切な言葉かなという気もしますね。
例えばお客様に記入個所の非常に多い契約書に記入していただく場合、一応ご苦労をおかけするわけですが、書き終えた時にかける言葉としては「ありがとうございます」の方が私はよい気がします。「ご苦労様でした」だと何となく場外れな感じです。
ただ、稀に字を書くのが苦手で本当に苦労してお書きになる方があります。このような場合は慰労の気持ちをこめて「お疲れ様でございました」と言うのは自然だと思います。

言葉というものは過ぎても足りなくても物議を醸すものです。大切なのは、気持ちと表現が一致していることではないでしょうか。
研修で教えるビジネス話法はあくまでその会社の “標準話法” に過ぎず、決してあらゆるケースで通用するものではありません。もちろんしっかり抑える必要はありますが、それに固執することなく臨機応変な対応を心がける必要があると思います。

以上ご参考までに ( ^^

「お疲れ様でございます」は「お疲れ様です」の更に丁寧な表現ですから、語法的な誤りはありません。「私、サザエです」と「私、サザエでございます」の関係と同じと考えてください。
ただし「ございます調」は言わば最上級の丁寧語ですから、無闇に使うと慇懃無礼な印象を与えます。退勤する同僚に「お疲れ様でございます」と言った場合、「もしかして皮肉かしら‥?」と曲解される恐れが無きにしもあらずです ( ^^;

では直属の上司には・・・?
この場合も身内ですから、そこまで丁寧に言う必要はないでし...続きを読む

Q「ことと思います」「ことと存じます」の接続

手紙とかでよく使われる「ことと思います」「ことと存じます」の前の方の接続ですが、例えば「試験の準備で大変だ」に継ぐ場合「試験の準備で大変なことと存じます」ですかそれとも「試験の準備で大変だことと存じます」ですか?「みなさんご無事だ」の場合はまたどうなるのでしょうか。教えていただきたいのですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し文法的な解説になりますが、よろしいでしょうか

大変は名詞と形容動詞として使われますが、
どちらかと言えば形容動詞として使う方が多いのです。
形容動詞の活用は、「大変な」でいいますと、
語幹  未然   連用      終止   連体    仮定   命令

大変  だろ   だっ で に   だ    な     なら    。

後の言葉 う   た ない なる  。   とき こと   ば    。

以上が活用です。

「試験の準備で大変だ。」は終止形でただしいです。

「試験の準備で大変なことと存じます。」大変なは「こと」形式名詞に接続していますので正しい。

無事と言う言葉も名詞と形容動詞があります

「皆さんご無事だ。」は形容動詞終止形で正しいです。

「皆さんのご無事を祈ります」は名詞として使われています。ただしいです。

もし質問者さんが外国の方なら文法では勉強しないので、分かりにくいと思いますが、
質問文から見て、日本人の方と思います。
動詞 形容詞 形容動詞の活用表は検索で出ますので、プリントして覚えると便利です。




    

少し文法的な解説になりますが、よろしいでしょうか

大変は名詞と形容動詞として使われますが、
どちらかと言えば形容動詞として使う方が多いのです。
形容動詞の活用は、「大変な」でいいますと、
語幹  未然   連用      終止   連体    仮定   命令

大変  だろ   だっ で に   だ    な     なら    。

後の言葉 う   た ない なる  。   とき こと   ば    。

以上が活用です。

「試験の準備で大変だ。」は終止形でただしいです。

「試...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q目上の人をねぎらう言葉・・・

目上の人が仕事が終わって帰ろうとしている時にかける言葉で、
「ご苦労様」や「お疲れ様」はいい表現ではないんですよね??

こういう場合にかける言葉として適当な言葉はなんですか?

あと、「ご苦労様」や「お疲れ様」はどんな人に使うのがいいのでしょうか?

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

 元来「ねぐ」という言葉は、上下それぞれの方向に分かれているようです。
1.請(ね)ぐ、祈(ね)ぐ
 祈り願う。「福を祈(ね)ぎ給ひき」(摂津風土記)
2.労(ね)ぐ、犢(ね)ぐ
 ねぎらう。「かきなでそ労(ね)ぎ給ふ」(万葉集)

 従って、骨折りを慰めたり労を謝する労(ねぎら)いとして考えた場合には、同僚や目下のものへの「労(いた)わり」の色が濃く、これが目下の立場で目上の方に向かっては、お願いやお祈りの姿勢がその基本になるものなのでしょうか。

 そう言う意味では「労(いた)わり」言葉は避けて「御礼」やら「お願い」「お祈り」の意味で「ありがとうございました」「またよろしくお願い致します」「お気をつけてお帰り下さい」などや、その組み合わせがいいのかも知れません。

 一方これを、いわゆる挨拶言葉としてとらえれば、もはやその職場や周囲の事情に相応しい言葉遣いが多々あっても、また世間一般的な用法とのズレがあってもおかしくないと思われます。ケースバイケースといいますかローカルルールありと。郷に入れば…であり社風であったり。

 どだい、挨拶は咄嗟となりがちであり、それだけに目下は先に声を出すようにとかの規準はありますが、職場などでは得てして上司の方が切り上げの先手を取って急に「どうもご苦労さん、じゃ、お先に」とでも声かけされたら、目下の方としては即応のタイミングもままならず慌てて詰まってしまい、オウム返しが精一杯という事態も良くあることです。
 その時は同じ返し言葉で構わないからより一層丁寧度を高めて、例えば「こちらこそ。どうもご苦労様でした。どうぞお気をつけて。お帰り下さい」となっても不自然ではない気もいたします。要はどのくらい滑らかに相手に呼応した<弁(わきま)えのある>態度表現ができるかでもありましょうから。

 むしろ恐いのは、目上に接した際の日頃の合いの手や反応言葉のような気がします。
話しかけている上司に対して、「なるほど」「うんうん」「へぇー」「ひゃー」「助かりました」「困りますね」「そりゃ嬉しいですよ」などといった単純な、それだけに何気ない<地>がツイこぼれ出る時なのかも知れませんが…。

 
 

 

 元来「ねぐ」という言葉は、上下それぞれの方向に分かれているようです。
1.請(ね)ぐ、祈(ね)ぐ
 祈り願う。「福を祈(ね)ぎ給ひき」(摂津風土記)
2.労(ね)ぐ、犢(ね)ぐ
 ねぎらう。「かきなでそ労(ね)ぎ給ふ」(万葉集)

 従って、骨折りを慰めたり労を謝する労(ねぎら)いとして考えた場合には、同僚や目下のものへの「労(いた)わり」の色が濃く、これが目下の立場で目上の方に向かっては、お願いやお祈りの姿勢がその基本になるものなのでしょうか。

 そう言う意味では「労(いた)わり」言葉は...続きを読む

Q「よかったです」はなんと言えばいい?

34歳の男で、コンピュータソフトの開発をしています。
文章を書いていて、「よかった」を丁寧に書こうとして、「よかったです」と書きたくなることがあります。現在の若者の間ではこれでいいのでしょうが、年輩の方や国語の先生などは、間違った日本語と思うでしょう。
そこでどう言い換えるか困ってしまいます。
「よろしゅうございました」「よいと思いした」「よいのでした」「良好でした」と言い換える事ができますが、若干ニュアンスが変わってしまったり、堅苦しい言い方になります。ほかに適当な表現は無いのでしょうか。日本語は英語に比べ合理的では無いので、仕方が無いのでしょうか。

Aベストアンサー

昔の学校文法では、「です」は活用のない語に接続し、
形容詞や動詞には付かないとされていました。

丁寧形として「~い・です」の形は使えず、

×よいです  → ○ようございます
×美しいです → ○美しゅうございます
×おいしいです→ ○おいしゅうございます(…岸朝子ふう)
×大きいです → ○大きゅうございます
×危ないです → ○危のうございます

のように、「ウ音便化した連用形+ございます」の形か、
または「名詞形+です」とするしかなかったわけです。
(ただし推量の「でしょう」は例外的に許容)

しかし現在では、「~い・です」は、平明・簡素な丁寧形
として認められています。その根拠は、昭和27年4月の
国語審議会建議「これからの敬語」にある下記の一節です。
--------------------------
7 形容詞と「です」
 これまで久しく問題となっていた形容詞の結び方
 ――たとえば,「大きいです」「小さいです」などは,
 平明・簡素な形として認めてよい。
--------------------------

これ以降、学校文法でも「形容詞+です」を正しい形とし
て認めているはずです。半世紀以上も前のことです。


ただし、過去形についてはどうなのか? という話ですね。

×よいでした   ●よかったです   ○ようございました
×美しいでした  ●美しかったです  ○美しゅうございました
×おいしいでした ●おいしかったです ○おいしゅうございました
×大きいでした  ●大きかったです  ○大きゅうございました
×危ないでした  ●危なかったです  ○危のうございました

この「~かったです」を誤りとする人もいるようですが、
「~い・でした」に比べれば、違和感はないと思います。


なお、「動詞+です」は、今でも正しくないとされています。
×書くです   ○書きます
×食べるです  ○食べます
×するです   ○します

昔の学校文法では、「です」は活用のない語に接続し、
形容詞や動詞には付かないとされていました。

丁寧形として「~い・です」の形は使えず、

×よいです  → ○ようございます
×美しいです → ○美しゅうございます
×おいしいです→ ○おいしゅうございます(…岸朝子ふう)
×大きいです → ○大きゅうございます
×危ないです → ○危のうございます

のように、「ウ音便化した連用形+ございます」の形か、
または「名詞形+です」とするしかなかったわけです。
(ただし推量の「でしょう」は例...続きを読む

Q「お仕事頑張って」 を敬語でいうと??

すいません。
日本人なのにお恥ずかしいのですが、急ぎで回答が欲しいです。

目上の人に「お仕事頑張って下さい」という意味合いの言葉を
メールの最後に書きたいのですが、しっくりくる言い回しが思い当たりません。
ちなみに「下さい」も丁寧語ですが、もっと敬意をはらった言い方がしたいのです。
「くれぐれもご自愛下さい」というのもしっくりきません。
ぴったりの意味合いの敬語表現はありますでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご参考

http://okwave.jp/qa/q2255384.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング