「未必の故意」とはどのようなことをいうのでしょうか?
できれば、具体的に教えてください。
あと、法律用語辞典なんかが載っているようなURLがありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

用語 辞典」に関するQ&A: 英語版現代用語辞典

アンサープラス

こちらに詳しく記載がありました


【コトバンク 未必の故意】https://kotobank.jp/word/%E6%9C%AA%E5%BF%85%E3%8 …

A 回答 (6件)

masatoshi-mさんの回答を少々噛み砕きましょう。


>未必の故意について知りたい
 ということですから、刑法上の説明でよいと思います。

 「故意・過失」という言葉を聞いたことがあると思います。「未必の故意」について理解するには、故意と過失について理解する必要があります。
1 故意
  「自分の行為が犯罪にあたることを知りながら、これを容認してその行為に出 る意思」を言います。
  簡単に言えば、「盗もうと思って盗む・殺そうと思って殺す」ことです。悪い ことと判っていて、なおその行為を行うこと(犯罪を犯す意思)ですね。
2 過失
  「注意を欠いたため、(犯罪となる)結果の発生を予見しないこと」を言いま す。平たく言えば「不注意」ですね。 故意との違いは、「自分の行為が犯罪で あることを判っているか」(認識)「犯罪となる行為を行ってもいいと思ってい るか」(認容)という点で、両方ともない場合が本来の過失です。
  「殺そうとは思っていなかったが、殴ったら死んでしまった」(過失致死)と か、「周りをよく確かめないでゴルフクラブを振ったら、近くにいた人に当たっ て怪我をさせてしまった」(過失傷害)という場合がそうです。
  刑法では、故意犯を罰することを原則としていますので、刑法上に「過失犯を 罰する」旨の規定がないと過失犯は罰せられません。過失が罰せられるには
     注意義務違反の有無・予見可能性・因果関係・期待可能性
 などが必要ですが、これは長くなるので割愛します。

3 未必の故意
  殺人を例に取れば、「このナイフで相手を刺せば、相手は死ぬかもしれない。 でも、死ぬなら死んでもいいや。と思って人を刺した場合」などが端的な例で  す。 この場合、「死ぬかもしれない」と人が死ぬ結果になることを予測しなが ら(認識)、「それでもいいや」と思って(認容)人を刺すのですから、相手が 死亡すれば「殺人罪」に問われます。「殺してやろう」と思っていない(積極的 に結果の発生を意欲していない)から、「未必の故意」なわけです。
  1で説明した「故意」があったと認められるわけです。

  「認容」するかしないかが大きな違いで、「死ぬかもしれない」とは思いなが ら、「まさかそんなことになるはずはない」と考え(認容しない)、その行為を 行った場合は「認識ある過失」といって、「過失」とされます。

と、こんなところでどうでしょうか。舌足らずですみません。
 法律用語のURLはわかりません。 私の知識は、もっぱら書籍によります。
  
  
    • good
    • 30
この回答へのお礼

具体例を示してくださってありがとうございます。
非常に分かりやすい説明でした。
またよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/03/16 09:50

「未必の故意」についての法律用語的解説は皆さんが書いてくれているとおりです。



 ただ、なじみがないので、分かりにくいのも事実・・。 それで、分かりやすく具体的な例を書いてみます。

   ビルの屋上から、歩行者天国で人があふれている辺りに、石を投げる。
  (当たるかも知れないし、当たらないかも知れない。   でも、当たる可能性が当然あると分かっており、そうなってもいいと思って投げる。)     

 というような場合で、多分に自己中心的な運試しともいえるような行為の場合が多いと思われます。
 結論的には、「結果発生を不確実なものと認識していても、その認容があれば故意(わざとすること)が成立する。」ということです。

 蛇足ですが、過失とは「あやまち、不注意、失敗」のことで、法律用語的には、「犯罪の構成要件該当事実を不注意により発生させること」。さらに、結果発生の予見や結果回避が不可能な場合は過失にもなりません。 
    • good
    • 23
この回答へのお礼

わかりやすい回答をありがとうございます。
またよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/03/21 12:57

 リンク先は参考URLのところです。



 なお、法律用語については、用語数が少なかったりして、いいのはあまりないようです。
http://members.aol.com/keikokuw/yougo00.htm
http://www2.odn.ne.jp/badtz/yougo.html
http://www.turuga.co.jp/i/yougo.htm
など
用語ではありませんが、次のサイトは参考になります。

http://www.law.kanazawa-u.ac.jp/DOC/v6.html#top_ …
http://www.urban.ne.jp/home/nob/

参考URL:http://ha2.seikyou.ne.jp/home/ando/note.htm
    • good
    • 4
この回答へのお礼

参考になるURLを掲載してくださってありがとうございます。
またよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/03/21 12:58

 補足しますと、未必の故意と(認識なき)過失との間には認識ある過失というのがあります。



参考URL:http://ha2.seikyou.ne.jp/home/ando/keihou/inga.txt
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考URLはどこからリンクしているのでしょうか?
とても参考になるのですが、このページと関連しているようなHPがあれば教えてください。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/16 09:48

明確な意思のもと、結果を求めて犯行すれば、「故意」


犯行の意思がないのに、”うっかり”したため犯罪を犯せば「過失」

その中間にあるのが、質問の「未必の故意」です。
行為を実行する際、”罪になるかも知れないけれど、それでもイイや”という
意識を持ちながらあえて、行為を実行したため犯罪となった場合をいいます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/16 09:51

 行為者が、犯罪事実の発生することを積極的に意図したわけではないが、自分の行為から場合によってはその結果が発生するかも知れないし、そうなってもしかたがないと思いながら、なおその行為に及ぶときの意識。


ということです。下記URLにてフリーソフトをダウンロードできます。

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se13 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

上記の内容は、『未必の故意』の定義でしょうか?
参考URLを掲載してくださってありがとうございます。

お礼日時:2001/03/16 09:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飲酒運転と未必の故意

「未必の故意」について、分かりやすく教えてください。
どうして、飲酒運転による交通事故死の加害者に「未必の故意」が適用されないのか、疑問に思っています。

Aベストアンサー

No.4,5です。

正確に犯罪の成否を検討するのでしたら、
「故意が成立するかしないか(未必の故意でも確定的故意でも)」の前に
「その行為と結果がどんな犯罪を構成するか」をまず検討する必要があります。

たとえば、飲酒運転して他の車にぶつけて人を死なせたって場合に、
・飲酒運転(「酒を飲んで運転すること」で犯罪の構成要件該当。)
・危険運転致死傷罪(「危険な運転をすること」によって「結果として人を傷つけたり死なせたりする」と犯罪の構成要件該当)
・殺人(「人を死なせる行為によって人を死なせた」で犯罪の構成要件該当)
というように、まず行為がどんな犯罪になり得るかを考えた上で、
その行為に故意があるかどうかを検討するわけです。

で、それぞれ

・飲酒運転→飲酒して運転することに故意があれば成立(「結果」という概念がない。強いて言えば、運転した瞬間に結果も発生って感じ)
・危険運転致死傷罪→危険な運転をして人を死傷させれば成立だが、危険な運転に故意があればよく、人の死傷という結果には故意は不要
・殺人→行為だけでなく、人が死ぬという結果まで認容していて、初めて故意ありとされる

というように、少しずつ違いがあります。

なので、

>「未必の故意」はプロセスに対する故意ではなく、「結果に対する故意」がポイントなんですね。

これは「未必の故意」かどうかが問題なのではなく、元の犯罪の種類にによって変わる、が正解です。
「結果に対する故意が必要」といったのは、殺人罪や傷害罪を検討するなら、ということです。
危険運転致死傷罪や過失致死傷罪は結果(人の死傷)に対する故意がなくても成立します。
これは確定的故意でも未必の故意でも変わりません。

No.4,5です。

正確に犯罪の成否を検討するのでしたら、
「故意が成立するかしないか(未必の故意でも確定的故意でも)」の前に
「その行為と結果がどんな犯罪を構成するか」をまず検討する必要があります。

たとえば、飲酒運転して他の車にぶつけて人を死なせたって場合に、
・飲酒運転(「酒を飲んで運転すること」で犯罪の構成要件該当。)
・危険運転致死傷罪(「危険な運転をすること」によって「結果として人を傷つけたり死なせたりする」と犯罪の構成要件該当)
・殺人(「人を死なせる行為によ...続きを読む

Q未必の故意について

未必の故意について
私の彼女は1人娘なのですが、15年程前に母親がリュウマチにかかり
幼いときより父親と共に家事の手伝いや母親の世話をしておりました。
母親は食事や排便などは1人でも出来るのですが、入浴や外出などは手
伝いがいないと出来ない状態です。

数年前から両親の仲が悪化し、父親が世話をしなくなりまた母親も父親
に世話をされることを嫌がるようになりました。
そのため彼女の負担が増え、仕事にも影響が出るようになりました。

また母親も病気の苦痛から彼女への暴言が絶えなくなり、最近ではスト
レスで塞ぎ込むようになりました。

そこで彼女は家を出る決心をし母親に伝えたところ、子供は親の面倒を
見る義務があり、このような状態で出て行くと自分が生活できないのは
目に見えているため明らかに違法だ、出て行けば訴えると言われました。

そこで質問なのですが、不仲とはいえ両親が同居している状態で子供は
親の世話を見る義務があるのか、また上記のような状態で家を出ると法
的に違法なのでしょうか。
教えてください、よろしくお願いします。

未必の故意について
私の彼女は1人娘なのですが、15年程前に母親がリュウマチにかかり
幼いときより父親と共に家事の手伝いや母親の世話をしておりました。
母親は食事や排便などは1人でも出来るのですが、入浴や外出などは手
伝いがいないと出来ない状態です。

数年前から両親の仲が悪化し、父親が世話をしなくなりまた母親も父親
に世話をされることを嫌がるようになりました。
そのため彼女の負担が増え、仕事にも影響が出るようになりました。

また母親も病気の苦痛から彼女への暴言が絶えな...続きを読む

Aベストアンサー

直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある(民法877条)。また、老年者、幼年者、身体障害者又は病者を保護する責任のある者がこれらの者を遺棄し、又はその生存に必要な保護をしなかったときは、三年以上五年以下の懲役に処する(刑法218条)。
問題は彼女が家を出るかどうかではなく、如何にして彼女の負担を軽減するかだと思います。それには、母親が介護保険の適用を受けて居ないようなので、介護保険の申請をして認定を受けることをお薦めします。

Qこのたびの新幹線で焼身自殺したオッサンに殺人罪?未必の故意!ウーン…教えてください

新幹線車内で焼身自殺した男、これに対して神奈川県警が殺人罪=未必の故意あった=こんなことをしたら乗客が巻き添えで死ぬかもしれないけどソレでも構わないという気があった、との見方で捜査しているとのことですが、ライターで火をつける前に周りの乗客にコノおっさん「あなたも危ないから逃げなさい」と言い回っていた、うん?!、未必の故意がある奴がこんなコトするか?!
神奈川県警か、アホちゃうかと思ってしまったのですが、法律的にはどうなんでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

「未必の故意による殺人」まで立証できるかどうかはわかりませんが、「未必の故意による傷害致死」は十分に立件可能でしょう。

逆に言えば、(「あなたも危ないから逃げなさい」と言い回っていた)わけですから、これから行うことが十分に回りにも危険が及ぶことを認識していたということです。

もしも、他の乗客全員が他の車両へ退避後に火をつけたのだが、運悪く一人の乗客がその車両に戻ってしまって巻き添えになったのであれば、「未必の故意による傷害」までは問えないかもしれません。
が、声を掛けただけでは十分に他の乗客の安全を配慮をしたとはいえないでしょう。

Q「未必の故意」と「私人逮捕」が矛盾しない理由は?

殺す目的でなくても、
「もしかしたら死ぬかも知れない」と認識して、
店員が泥棒や強盗を取り押さえ、
実際に死亡に至った場合、
殺人罪になるんですか?

泥棒や強盗を取り押さえて死なせた場合で、
現行犯逮捕として相当な限度を
超えた有形力行使があった場合は、
傷害致死罪に問われる可能性があるとされ、
同容疑で実際に店員が逮捕された事例もあります。

日本国では「未必の故意」は、
刑事上「故意」という扱いとなり、
店員が望まずとも犯人死亡の可能性を
少しでも予知していたと万一判明した場合、
上記のような事例では傷害致死罪ではなく
殺人罪に切り替えられるいうのは本当でしょうか?

単なる傷害致死罪とどのくらい量刑が違うのでしょうか?

これでは恐ろしくて私人逮捕(常人現逮)なんか出来ません。

「しおかぜ事件」の判例(昭50.4.3)が、
「未必の故意」を刑事上「故意」と扱う規定と
矛盾しないのはなぜでしょうか?

判例は、現行犯人を取り押さえるためには、
警察官と私人の別を問わず、
社会通念上必要かつ相当な実力行使を認めています。

法律屋は、
「社会通念上」警察官と私人とでは、
逮捕のために必要かつ相当と
評価される基準がそもそも違うと言い、
「素人に法律は分かりやしない」と
フン反り返って威張っています。

一体どうなっているのでしょうか?

殺す目的でなくても、
「もしかしたら死ぬかも知れない」と認識して、
店員が泥棒や強盗を取り押さえ、
実際に死亡に至った場合、
殺人罪になるんですか?

泥棒や強盗を取り押さえて死なせた場合で、
現行犯逮捕として相当な限度を
超えた有形力行使があった場合は、
傷害致死罪に問われる可能性があるとされ、
同容疑で実際に店員が逮捕された事例もあります。

日本国では「未必の故意」は、
刑事上「故意」という扱いとなり、
店員が望まずとも犯人死亡の可能性を
少しでも予知していたと万一...続きを読む

Aベストアンサー

なんか質問を読みとるのに苦労したんですが、
混乱している原因はここにある気がしたので、こっちの回答を最初に。

>「しおかぜ事件」の判例(昭50.4.3)が、
>「未必の故意」を刑事上「故意」と扱う規定と
>矛盾しないのはなぜでしょうか?

矛盾のしようがないというか…
被告人がやったことに傷害の(確定的、未必的関係なく)故意があったことについて、判決は何ら否定していません(というか言及していない。故意があったのは当たり前だから)。

あくまで、被告人がやったのは、この状況=相手が3回も船ごと体当たりしてくるわ、ロープをスクリューにからませるわの抵抗をしたうえで逃走しようとした=における現行犯逮捕のための行動として必要限度範囲内と認められるから、刑法35条正当行為(違法性が阻却される)として無罪としたわけです。

刑法35条に該当するもので行為について故意のないケースってちょっと思い浮かばないです。普通は故意はあるでしょう。

>法律屋は、
(中略)
>一体どうなっているのでしょうか?

その「法律屋」がどこのだれで、どういう状況で何について語ったのかわかりませんので、コメントは控えます。

逮捕のために必要かつ相当と評価される基準は、私人か警察官かというよりも、置かれた状況で決まるでしょう。

相手がただ逃げているか、
抵抗しているか、
抵抗する力はどうか、
武器とか持っているか、
それを押さえる自分側の力のバランス(ここで私人と警察官の差はあるかもしれない)
etc、etc...

んで、最初に戻ると、

>殺す目的でなくても、「もしかしたら死ぬかも知れない」と認識して、

これだけだと、未必の故意になりませんよね。
未必の故意は可能性の認識だけじゃなくて認容「死んだってかまわないや」も必要ですから。

>殺人罪になるんですか?

相手の死の可能性の認識だけでなく、死という結果を認識していたかどうかで決まります。

で、相手の死という結果を認容していた、つまり「死んでもいいや」まで考えて行動している場合、
まぁたいていは必要最小限度を越えた有形力を使っているでしょう(そうでないケースがリアルに想像できないです)。

相手に殺されそうになるほどの抵抗を受けたのであれば話は別ですが、これはむしろ36条正当防衛の問題かと。
これまた故意の有無の問題ではありません。

なんか質問を読みとるのに苦労したんですが、
混乱している原因はここにある気がしたので、こっちの回答を最初に。

>「しおかぜ事件」の判例(昭50.4.3)が、
>「未必の故意」を刑事上「故意」と扱う規定と
>矛盾しないのはなぜでしょうか?

矛盾のしようがないというか…
被告人がやったことに傷害の(確定的、未必的関係なく)故意があったことについて、判決は何ら否定していません(というか言及していない。故意があったのは当たり前だから)。

あくまで、被告人がやったのは、この状況=相手が3回も船...続きを読む

Q未必の故意

AとBがXを殴っていて、AはBに内緒でXが場合によっては死んでもかまわないと思っていることは、AはXに対して殺人の未必の故意ですか?それともただの故意ですか?

Aベストアンサー

まず最初に断っておくと、「未必の故意」は「故意の一種」です。したがって、「未必の故意かただの故意か」という設問はおかしいです。「ただの故意」という発想は刑法理論上ありません。
理論的に区別する場合は、例えば「(不確定的故意の一種である)未必の故意か確定的故意か(確「信」ではありません。確信的故意などという概念は刑法理論上ありません)」という言い方をします。

#いずれも故意であることに変わりはないので情状の問題以外としては法律効果に何の影響も与えません。

「故意とは何か」という話をすれば、それ自体争いがあるわけですが、概ね通説的な説は、簡単に言えば、「自分のやっていることが何だかわかっていて、その結果について是認している」状態を言います。
そこでよくある故意犯というのは、一定の犯罪行為とその結果の発生を「意図して」行う場合です。しかし、時に「結果が起こることはわかっているがそれを意図してまではいない」という場合があります。いいかえれば、「別にその結果を意図しているわけではないが起こり得ることは分かっているし仮にその結果が生じたならそれはそれで構わない」という心理状態。これを「未必の故意」と呼び、「意図している」場合である確定的故意と区別することがあるわけですが、それだけの話です。これもまた「故意犯処罰の対象とすべきである故意である」ということに変わりは一切ありません。

というわけで、「行為者本人に殺す意思がない(死亡の結果が起こると思っていない状態)」のであれば「いかに客観的に死亡しうる状況を"一般的に認識しえた"状態であったとしても故意はない」です。あるといっているのは間違いです。故意というのはあくまでも「行為者本人の内心における認識」の問題であり「一般的にどう認識するかという話ではない」のです(もっとも、訴訟手続き上、事実認定の問題として一般的に認識しえればたとえ本人が否定していてもそれは嘘で実は本人も認識していたであろうという推定は働きます。しかし、これはあくまでも事実認定の問題で、もし仮にその推定が間違っていれば即ち「冤罪」ということになります。故意犯において故意の立証が非常に面倒なのはこういう事情があるからです。一般人基準だけで立証が済むのなら「自白の強要をしてまで故意があったことを示す証拠を収集する」必要はないのです)。

ところで後学のために少し補足をしておきます。
故意の要素として何を要求するか、という話があります。
幾つか学説がありますが、主なところは大雑把に言うと以下の通り。
1.表象説=犯罪事実を認識していれば足りる。
2.蓋然性説=結果発生の蓋然性の認識を基準とする説。
3.動機説=認識が行為者の行為動機となったことを要する。
4.認容説=結果が発生してもやむを得ない程度の認容が必要。
5.意思説=結果発生を望んでいることが必要。
ここで気をつけねばならないのは、「いずれの説も認識は絶対必要」だということです。その上で、「認識のみで足りるか。足りないなら何が必要か。足りるとしてその認識の程度はどうか」という区別が各学説の違いです。従って、設問は若干不明確な部分もありますが、自分の暴行で相手が死亡することが起こりうることを知っていてそれならそれでいいと思っているのですから、5以外の説ではほぼ間違いなく故意があるとなります。ちなみに、「認容しているのだから当然認識している」(認識しないで認容はあり得ません)です。認容云々は認識が前提です。ですから、「いずれの説も認識は絶対必要」なのです(そもそも故意犯の処罰根拠の本質論から言って、認識しない行為に故意責任を問うことはできないのです)。

まず最初に断っておくと、「未必の故意」は「故意の一種」です。したがって、「未必の故意かただの故意か」という設問はおかしいです。「ただの故意」という発想は刑法理論上ありません。
理論的に区別する場合は、例えば「(不確定的故意の一種である)未必の故意か確定的故意か(確「信」ではありません。確信的故意などという概念は刑法理論上ありません)」という言い方をします。

#いずれも故意であることに変わりはないので情状の問題以外としては法律効果に何の影響も与えません。

「故意とは何か...続きを読む

Q未必の故意?危険運転

危険運転致死罪、というのができたということなのですが、
そもそも、運転免許を取得する時点で、車は走る凶器であること、年間1万人の日本人が交通事故で死んでいること、飲酒は危険であること、みんな納得した上で運転している(塩爺みたいに「忘れました」というやつは更新できない)わけですから、それを知りながら、飲酒運転や暴走によって人を死なせるのは「未必の故意」による殺人罪にならないのでしょうか。

町なかを刀を抜いて走り回るより、車の方が危険だし、じっさいに刀で切られて死ぬ人は何人もいない。「殺すつもりはなかった」といっても刀で死なせたら殺人で、車で死なせたら殺人でない、という区別の根拠がわかりません。

あえて、「致死罪」をつくることで、かえって罪が軽くなるような気もするのですが。

Aベストアンサー

 未必の故意は、科刑上、故意と同等に扱われますから、その判断は厳格になされる必要があります。殺人罪であれば、「自分の行為によって人を殺してしまうかもしれないが、それでも構わない」と認識することを要します。ご質問にあります、飲酒運転や暴走等の無謀な運転をする者の中には、たしかに上記のような認識を抱きつつも、そのような行為に及ぶ者も存在すると思います。このような者に対しては、未必の故意を認めて、殺人罪を適用することは、理論上も問題ないでしょう。ただ、飲酒運転や暴走等の無謀な運転をする者の多くは、「自分の行為によって人を殺してしまうようなことはないだろう」と認識しているはずです。このような、無謀な運転をしてはいるが、人を殺してしまうというほどの認識までは抱いていない、という者に対して、未必の故意を認めて殺人罪を適用するのはいささか横暴です。

 問題は、殺人罪の未必の故意を抱いているかどうかをどうやって判断するかということです。これがたとえば、ご質問にあります、刀を振りまわす行為であれば、客観的に判断して、彼には殺人罪および傷害罪に関する未必の故意があったと言えます。刀を降りまわしておきながら、「人を傷つけるつもりはなかった」という抗弁は認められないでしょう。しかし、これが車の運転であった場合、その行為(車を運転すること)自体は、たしかに危険な行為ではありますが、社会上認められた正当な移動行為です。車の運転をしている者すべてに、殺人罪や傷害罪の未必の故意を認定することは問題がありますし、実際上も不可能でしょう。

 飲酒運転によって命を奪われた者の無念は如何ばかりかとは思いますが、飲酒運転という行為そのものは多くの人が行っている行為です。この人たちすべてに、殺人罪の未必の故意を認定することはできないでしょう。これを認めてしまうと、飲酒運転で事故を起こした者すべてに殺人罪もしくは傷害罪が成立してしまいます。お酒を飲んで車を運転することは、非常に危険な行為であり、慎むべきことは言うまでもありません。しかし、だからといって、この行為に殺人罪と同等の危険性を認めることはどうでしょうか。少し行き過ぎの様に思います。

 殺人罪が成立しないとしても、以前の最高刑5年の業務上過失致死傷罪では、悪質な交通事故に対して対応できないことは私も十分に認識していました。今回の改正は実に妥当なものであると思います。しかし、危険運転をしたというだけで、最高刑死刑の殺人罪が適用されるのはやはり行き過ぎだと思います。交通事故は、被害者も苦しいですが、加害者も苦しいはずです。自業自得といえはそれまでかもしれませんが、車を運転している以上、いつ誰が起こしてもおかしくないような犯罪です。今回の改正の原因となった事件は私も知っています。多くの国民が、この加害者に対して酌量する必要などないと感じたと思います。しかし、交通事故を起こす加害者の多くは、ごくありふれた、どこにでもいるような人たちです。「うっかり」でやってしまったのです。過失であることを考えれば、やはり刑罰のバランスを考えるべきではないでしょうか。
 

 未必の故意は、科刑上、故意と同等に扱われますから、その判断は厳格になされる必要があります。殺人罪であれば、「自分の行為によって人を殺してしまうかもしれないが、それでも構わない」と認識することを要します。ご質問にあります、飲酒運転や暴走等の無謀な運転をする者の中には、たしかに上記のような認識を抱きつつも、そのような行為に及ぶ者も存在すると思います。このような者に対しては、未必の故意を認めて、殺人罪を適用することは、理論上も問題ないでしょう。ただ、飲酒運転や暴走等の無謀な運...続きを読む

Q「未必の故意」とはどのようなことをいうのでしょうか?

「未必の故意」とはどのようなことをいうのでしょうか?
できれば、具体的に教えてください。
あと、法律用語辞典なんかが載っているようなURLがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

masatoshi-mさんの回答を少々噛み砕きましょう。
>未必の故意について知りたい
 ということですから、刑法上の説明でよいと思います。

 「故意・過失」という言葉を聞いたことがあると思います。「未必の故意」について理解するには、故意と過失について理解する必要があります。
1 故意
  「自分の行為が犯罪にあたることを知りながら、これを容認してその行為に出 る意思」を言います。
  簡単に言えば、「盗もうと思って盗む・殺そうと思って殺す」ことです。悪い ことと判っていて、なおその行為を行うこと(犯罪を犯す意思)ですね。
2 過失
  「注意を欠いたため、(犯罪となる)結果の発生を予見しないこと」を言いま す。平たく言えば「不注意」ですね。 故意との違いは、「自分の行為が犯罪で あることを判っているか」(認識)「犯罪となる行為を行ってもいいと思ってい るか」(認容)という点で、両方ともない場合が本来の過失です。
  「殺そうとは思っていなかったが、殴ったら死んでしまった」(過失致死)と か、「周りをよく確かめないでゴルフクラブを振ったら、近くにいた人に当たっ て怪我をさせてしまった」(過失傷害)という場合がそうです。
  刑法では、故意犯を罰することを原則としていますので、刑法上に「過失犯を 罰する」旨の規定がないと過失犯は罰せられません。過失が罰せられるには
     注意義務違反の有無・予見可能性・因果関係・期待可能性
 などが必要ですが、これは長くなるので割愛します。

3 未必の故意
  殺人を例に取れば、「このナイフで相手を刺せば、相手は死ぬかもしれない。 でも、死ぬなら死んでもいいや。と思って人を刺した場合」などが端的な例で  す。 この場合、「死ぬかもしれない」と人が死ぬ結果になることを予測しなが ら(認識)、「それでもいいや」と思って(認容)人を刺すのですから、相手が 死亡すれば「殺人罪」に問われます。「殺してやろう」と思っていない(積極的 に結果の発生を意欲していない)から、「未必の故意」なわけです。
  1で説明した「故意」があったと認められるわけです。

  「認容」するかしないかが大きな違いで、「死ぬかもしれない」とは思いなが ら、「まさかそんなことになるはずはない」と考え(認容しない)、その行為を 行った場合は「認識ある過失」といって、「過失」とされます。

と、こんなところでどうでしょうか。舌足らずですみません。
 法律用語のURLはわかりません。 私の知識は、もっぱら書籍によります。
  
  

masatoshi-mさんの回答を少々噛み砕きましょう。
>未必の故意について知りたい
 ということですから、刑法上の説明でよいと思います。

 「故意・過失」という言葉を聞いたことがあると思います。「未必の故意」について理解するには、故意と過失について理解する必要があります。
1 故意
  「自分の行為が犯罪にあたることを知りながら、これを容認してその行為に出 る意思」を言います。
  簡単に言えば、「盗もうと思って盗む・殺そうと思って殺す」ことです。悪い ことと判っていて、なおそ...続きを読む

Q楽天セールは誇大広告?、詐欺?(未必の故意的な)も

ネット通販ご利用の方は多くが経験されている事と思いますが、先着1名など極少数の販売商品に対して、數十万〜数百万人もの客寄せを行う行為は極めて商道徳に反するものだと思います。
さらに現実は最悪で、一般人は万人中の万人の全てがその目玉商品を入手する事ができません..。アクセス集中で接続不能、やっと繋がった時には売り切れ..って事は数千万人もの方がもう経験済みではないでしょうか。理由は簡単でプロ集団が暗躍しているからです。彼らはソフトウェアを使い 予めセール商品のページにアクセス、複数の接続を確立した上で、販売開始時間には購入ボタンが有効になるまでプログラムから購入ボタンを何度も押下してるのです。それも1秒間に数百万回も・・、とても一般人には太刀打ち出来るものではありません。恐らく決済手続きにも0.1秒もかかっていないのでしょう。

さて、ここで問題となるのがモール経営会社の道徳感です。彼らはセミプロ集団のせいで一般人が買えない事は知っているはず。それを承知の上で客寄せを行うのは「未必の故意」による誇大広告、詐欺にも等しい行為だと私は思うのですが、ネットの皆様は如何思われるでしょうか?
ぜひご意見をお聞かせ下さいませ。m(__)m

尚、モール経営会社は出店各社が販売個数を決めるもの、自分は無罪だと言い張るでしょうが、過剰な客寄せ材料にしているのは紛れもなくモール経営側ではないでしょうか。また、未遂の教唆、未遂の幇助などの疑いも尽きません・・。

ネット通販ご利用の方は多くが経験されている事と思いますが、先着1名など極少数の販売商品に対して、數十万〜数百万人もの客寄せを行う行為は極めて商道徳に反するものだと思います。
さらに現実は最悪で、一般人は万人中の万人の全てがその目玉商品を入手する事ができません..。アクセス集中で接続不能、やっと繋がった時には売り切れ..って事は数千万人もの方がもう経験済みではないでしょうか。理由は簡単でプロ集団が暗躍しているからです。彼らはソフトウェアを使い 予めセール商品のページにアクセス、複...続きを読む

Aベストアンサー

深い意味はなく、会社の体質(方針)でしょう!

楽天カード入会で5000ポイント差し上げますとあるが
期間内(一ヶ月?)に使わないと無効、しかも楽天モール内
の商品等が対象です。

他社の場合スイカ等の電子マネーと交換出来ますが
楽天の場合選択肢が少ないのが問題?でしょう。

しかし選択するのは消費者自身の自己責任なのでいやなら
係わらなければ良い訳です。

Q神は未必の故意を犯しているか

世の中には不条理な災害(天災)が時として起こりますが、それは神の意志ですか?
その場合、紙が未必の故意を犯しているということでしょうか?

Aベストアンサー

「未必の故意」とは、人間に害を与える可能性を知っている、という意味でしょうが、神は全能なはずですから「可能性」という概念が、その行為に関わることはないと思います。
どのような結果になるのか明白に把握していなければ「全能」とは言えない。

そもそも、災害は物理的な現象であり、あきらかな因果関係に基づいて起こるものです。
つまり、神が意志したのと同じ結果として天災は起こるわけです。
そうすると天災を、物理的(科学的)な現象と考えるのか、神が人間を懲らしめるために(または、懲らしめることになるかもしれないと思って)起こすものだと考えるのか、どちらの可能性が高いでしょう?
質問者さんは、どう思われますか?
物理的現象であることは証明されていますが、見たこともない神の意志が原因だと考える理由はないと、個人的には思います。

Qすみません、法律を勉強していますが「未必の故意」の意味がよくわかりませ

すみません、法律を勉強していますが「未必の故意」の意味がよくわかりません。
「未必の故意」とは、ある行為が必ずしも犯罪としての結果を生じさせると確信しているわけでは
ないが、もしかしたら結果が生じるかもしれないと思いながら、その結果が生じてもかまわないと
思いつつ行為を行った場合ということですが、、たとえば、Aという人物がインターネットを利用して、Bという見ず知らずのどんな人柄か、どんな人間性の人なのか、もしくは、精神の病気を持っているかとか、どのぐらいの知能かとかが、不明の人から何着も服や雑貨を購入して、それを多数の知り合い(グループC)にAが譲るとします。その後、その服や雑貨の一部には実は毒が塗ってあって多数の人が亡くなったとします。当然、Aは、その売ってくれた人のことを毒を塗るような人だとは多数の人が亡くなるまで思いもしていませんでしたが、ただ、ふと、「世間には色々な人がいるから、万が一、服に毒でも塗ってあったら、どうしよう?」と偶然にその服や雑貨をグループCに譲る前に思っていたとします。この場合、そのAは未必の故意に問われるのでしょうか?
そのAは、Bに対して疑っていたり、不審に思っていたわけではないし、その服や雑貨によって犯罪や事故が起こっても良いと思って、グループCに譲ってもいません。グループCに何も恨みもありません。ただ、その服や雑貨を譲る前に一般論として、「色々な犯罪を犯す人も世の中にいるので、その服や雑貨によって、もしかして、毒でも塗ってあったらどうしよう?」と、ふと頭によぎっただけとしますと、それでも「ある行為が必ずしも犯罪としての結果を生じさせると確信しているわけではないが、もしかしたら結果が生じるかもしれないと思いながら、その結果が生じてもかまわないと思いつつ行為を行ったという心理状態」という意味の未必の故意に該当して、Aも未必の故意があると、裁判や法律の観点などで、見なされるのでしょうか?

すみません、法律を勉強していますが「未必の故意」の意味がよくわかりません。
「未必の故意」とは、ある行為が必ずしも犯罪としての結果を生じさせると確信しているわけでは
ないが、もしかしたら結果が生じるかもしれないと思いながら、その結果が生じてもかまわないと
思いつつ行為を行った場合ということですが、、たとえば、Aという人物がインターネットを利用して、Bという見ず知らずのどんな人柄か、どんな人間性の人なのか、もしくは、精神の病気を持っているかとか、どのぐらいの知能かとかが、不明の人...続きを読む

Aベストアンサー

質問のケースは未必の故意とは少し違います。

この場合、故意とはイコール殺意ですが、AはグループCに死んでほしいとは思っていません。
従って過失という解釈が妥当です。

未必の故意とは以下のような場合のことです。

AはBに個人的な恨みがあり、殺してやりたいと思っている。
Bは盲目で近所の人にからかわれたりしている。(車が来てるよ、危ないよ、と言われて、よけたところに水溜りがある、といったようなこと。車が来たはウソ)
AはBが道路工事の深い穴に近づくのを見つけた。
左によければいいのだが、AはBが日頃からかわれて疑心暗鬼なのを知っていたので、もしやと思い、「穴がある。左によけろ」と叫んだ。
Bは、だまされてなるものか、と右によけて穴に落ち死亡した。

この場合、Aは必ずしもBが死ぬとは思っていません。
しかしもともと殺意があるので、あわよくば、と思い行動しています。
結果としてBは死に至りました。
こういうのを未必の故意といいます。

例のケースを殺人として立証するのは難しいかもしれませんが、解りやすいとは思います。
お役に立ちましたでしょうか。

質問のケースは未必の故意とは少し違います。

この場合、故意とはイコール殺意ですが、AはグループCに死んでほしいとは思っていません。
従って過失という解釈が妥当です。

未必の故意とは以下のような場合のことです。

AはBに個人的な恨みがあり、殺してやりたいと思っている。
Bは盲目で近所の人にからかわれたりしている。(車が来てるよ、危ないよ、と言われて、よけたところに水溜りがある、といったようなこと。車が来たはウソ)
AはBが道路工事の深い穴に近づくのを見つけた。
左によければいいのだが、A...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング