私は中学一年生です。
社会の人物調べで西郷隆盛を調べてみようと思うんですけど、
何か参考になる資料やサイトがあったら教えてください。
知ってることや書いた方がいいことでも構いません。
人物調べは、はじめてなので書き方などもおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

西郷隆盛は歴史を回天(かいてん)させた確かに偉人である。


偉人となった後でも豪奢(ごうしゃ)におぼれる政府高官が多かったなか、質実剛健(しつじつごうけん)を貫(つらぬ)いた姿勢は人間的にも素晴らしい。
しかし西郷の言葉、「私らが維新(いしん)のためにやってきた事は、とても人に語れる事ではありません。」(かなり悪どい事もやってきたという意味。)
これは大事を成すにはやむをえなかった事情もあろうが、内容まではハッキリとはわからない。もしかすると※公武合体論者であった孝明天皇(こうめいてんのう)、その暗殺説もあるが、どうだか?。

※公武合体論(こうぶがったいろん)・・徳川幕府と手を組んで新政府を作り、共にやって行こうとする考え方。もちろん薩摩藩(さつまはん)は倒幕(とうばく。幕府を倒す事)が目的で考え方が違う。倒幕の理由は、独自の新政府を立ち上げるには莫大(ばくだい)な金が必要で、徳川が持っている金や領地(直轄地)が必要だから。

加えて維新後の公務員の士族雇用(しぞくこよう)に関するえこひいきもあった。これは西郷だけには限らないが、これは新政府に対する士族の不満解消の目的が大きな理由であったろう。
蛇足ではあるが、西郷は算盤(そろばん)が得意で計算にも明るく、おおらかなようで案外金勘定(かねかんじょう)には細かく口うるさかった。

しかし雇用だけではその数に限界があり、多くの士族の不満は解消できず、どこにはけ口を求めるかと言えば、海外侵略である。これが征韓論(せいかんろん)につながる。もちろん征韓論には日本防衛の目的もあるが、西郷としては前者の意義の方が大きかったかもしれない。(結局政府は征韓論を却下(きゃっか)し、台湾を侵略する征台論(せいたいろん)をとる。)
しかしこういう考え方は、後に世界恐慌(せかいきょうこう)に基づく大不況、それに対する国民不満やうっぷんを晴らすための満州事変や日中戦争という侵略戦争にもつながる事になる。そしてその結果が、太平洋戦争である。

ともあれ西郷の後半生は、不平士族への対処の苦悩の人生ではあった。
しかし西郷はやはり情が深かったのであろう。自ら不平士族と共に西南戦争で運命を共にした。自己犠牲となり、主(おも)だった不平士族を道連れにした。明治政府のために。
    • good
    • 0

こんにちは。



中学をはるか昔に卒業したものです。
そのため、私が中学のときから知っておきたかった西郷隆盛の話を書きます。

以前、私はこの質問サイトで「同じ韓国支配でも西郷隆盛が目論んだものは政府の方針とは異なるのでしょうか?(質問番号:4461712)http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4461712.html」で質問させていただいたのですが、その質問および回答内容が参考になると思います。

この回答への補足

ありがとうございます!
助かります。

補足日時:2009/08/21 10:19
    • good
    • 0

書くポイントは、akieloveさんがどうして西郷さんを選んだのかというのも書いた方がいいと思います。


また西郷さんのこぼれ話とかを入れるといいのでは
これはテレビで見たのですが、(うる覚えですが
ある会合に時間になっても西郷さんがあらわれません。そこで会合から迎えの人が西郷さんの自宅を訪れます。そうすると西郷さんはその方にむかってい着物がかわくまでいかれないと答えます。
迎えの方は会合に戻りおこられるのを覚悟でその事を伝えると会合にいた大久保さんたちは西郷らしいと笑いました。
このように西郷さんはどんなにえらくなってもご自分の信念を曲げる事はない。昔のままである。ということです。
参考までにどうぞ。

この回答への補足

ありがとうございます
自由研究見たいですねw。
そうなんですかぁー。
参考にさせていただきますね。

補足日時:2009/08/20 18:07
    • good
    • 1

これでも読んで下さい。



http://www.amazon.co.jp/dp/4050036207/
西郷隆盛―官軍の総大将 (学研まんが人物日本史)

この回答への補足

ありがとうございます。
参考にさせていただきますね。

補足日時:2009/08/20 18:06
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同じ韓国支配でも西郷隆盛が目論んだものは政府の方針とは異なるのでしょうか?

授業では「西郷隆盛が中心となって征韓論を唱えるも、欧米視察から帰ってきた岩倉具視を中心としたメンバーが外国のことより国内のことを優先すべしとの方針により、征韓論はつぶされ、その後、機が熟してから韓国併合への道程をとった。」と習っていたので、西郷隆盛の征韓論と後の韓国併合への道程は単に時期が違うだけと思っていたのですが、先日古書店で立ち読みし、興味を持ったので購入した雑誌によく分からない箇所がありました。その箇所とは「私は韓国精神文化研究員の院長をされた李★(★=王ヘンに宣)根さん(故人)と何回もお会いしています。ソウルでも会ったし、東京でも会いました。李院長は反日の巨頭とも言える激烈な人なんだそうですけれども、その李博士がいうのには、とにかく日本には悪いやつが多いが、西郷さんにだけは頭を下げる、西郷さんが礼儀作法正しく、軍隊を連れずに韓国の王宮を訪問するという方針を出したことは、自分の心にちゃんと宿っていると、こう言うんですね。[文芸春秋1986年12月号 日韓大闘論 の記事の村尾次郎氏の発言]」という部分です。この箇所を読むと、西郷隆盛の主張した征韓論と後の韓国併合への道程とは180度方針が違うというように思えるのですが、そもそもこんな話など今まで聞いたこともなくさっぱり意味がわかりません。同じ韓国支配でも西郷隆盛が目論んだものは政府の方針とは異なるのでしょうか?

授業では「西郷隆盛が中心となって征韓論を唱えるも、欧米視察から帰ってきた岩倉具視を中心としたメンバーが外国のことより国内のことを優先すべしとの方針により、征韓論はつぶされ、その後、機が熟してから韓国併合への道程をとった。」と習っていたので、西郷隆盛の征韓論と後の韓国併合への道程は単に時期が違うだけと思っていたのですが、先日古書店で立ち読みし、興味を持ったので購入した雑誌によく分からない箇所がありました。その箇所とは「私は韓国精神文化研究員の院長をされた李★(★=王ヘンに宣)...続きを読む

Aベストアンサー

西郷隆盛は、いわゆる「征韓論」を主張したと学校の歴史の授業ではならいますが、彼の実際の発言を調べるとそうではないことがわかります。

政府の公式な会議の場での発言は、李院長の言う様に軍隊を連れず丸腰で当時の李氏朝鮮に訪れるといったのです。
つまり西郷の本意は、板垣退助らのような軍事力行使ではなく、あくまで外交で決着をつけるというものでした。

後の大久保利通らとの政争の関係で、西郷と板垣たちをまとめて「征韓論」と今までの歴史授業では区分していましたが、西郷の本心が外交にあったとする考えから、西郷だけ「遣韓論」だったという意見が近年になって研究者の間から出てきています。

参考:『(西郷隆盛の生涯)西郷の遣韓論』
 http://www.page.sannet.ne.jp/ytsubu/syougai11.htm

Q調べやすい歴史上の人物

中学生です。夏休みに、歴史新聞という課題を出されました。
条件は、『死んだ人』なら、誰でもいいらしいです。
でも、私は歴史上の人物の誰かにしたいのですが、どれもピンとこず・・・・。
死んでいて、中学生で習う歴史上の人物で、調べやすい人物はいませんか??

Aベストアンサー

歴史新聞の作り方
http://event.kids.yahoo.co.jp/summer2006/study2/society04/index.html

>中学生で習う歴史上の人物で、調べやすい人物はいませんか??

・聖徳太子
・天智天皇
・天武天皇
・源頼朝・義経
・足利尊氏
・織田信長
・豊臣秀吉
・徳川家康
・西郷隆盛

あたりは、エピソードがたくさん残っているので、やりやすいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報