今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

金魚を飼っています、特に知識があるわけではありません。
知り合いが、売り物にならない錦鯉の小さいの(金魚くらいの大きさ)を2匹くれるというので、見た目もキレイなのでもらって、金魚と同じ水槽に入れました。
金魚2匹、鯉2匹で、水槽はホームセンターのMサイズで循環ポンプ式です。
エサは金魚用を1日1回与えていました。
(エサは子供担当なので、聞くと毎日やってたと言います)
1ヶ月くらいでしょうか、ふと気がつくと鯉が1匹いなくなっていました。
あまりにも部屋の一部のように気にしない存在になっているので、全く気づきませんでした。
水槽内に痕跡もなく、きれいさっぱりいないので、実際はどうか、たぶん、共食いとかしたのか・・と想像しました。
(逃げた、というオチはないです)
鯉にはエサ不足だったのか、かわいそうなことしたな~と思います。
熱帯魚だと、大きさ違いで同じ水槽で飼ったりしているのを見たことがあるので問題ないかと思っていたのですが。
実際はどうだったのでしょうか。
金魚と鯉は一緒に飼えないものだったのでしょうか。
詳しい方、教えてもらえると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.1で回答したものです。



この手の管理は親父っていうのが多いですよね。私もその一人です(汗)

もう1匹もいなくなってしまったのは残念ですね。

>水質に、鯉の方が敏感なのでしょうか。
私の経験上、錦鯉や良質の金魚は弱いように思います。黒い鯉(川などにいるもの)や普通の?金魚(フナを赤くしたもの)は強いです。ですから生き残るのはその手が多いですね。

フィルター交換や清掃の場合のアドバイスを。
交換前に水槽内の砂利などをかき回してゴミや糞などをフィルターに吸い込ませてから作業してください。その方が良いように思います。
ウチはそのようにして、60cm水槽の全清掃はGWに年1回で最長11年生きている金魚が1匹います。
また、金魚の数にもよりますが夏場フィルターは週1回清掃した方がよいでしょう。
私は60cm水槽2個(金魚)、池、35cmプラスチック水槽2個(赤腹イモリ6匹。5年前子供が近くの川から採取。昨日新たに2匹仲間入り(汗))のフィルターを毎週1時間以上かけて清掃してます(泣)

minollinnさんも私のようにならないよう注意しながら生き物を飼わせるようにしてくださいね(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度重なるアドバイス、ありがとうございます。
全く知識も無く飼い始めて、(多少はネットで調べましたが)
金魚も鯉も同じようなものか・・と飼ったら、突然1匹が消える、という事態に驚き、結局2匹目も死ぬ(金魚はずっと生きています)
親父としてはどうしよう・・みたいな感じでした。

フィルター交換式(使い捨て)の小さいポンプですので、自腹(笑)で時々はフィルターを換えてますが、水槽掃除などは・・・・してませんでした。
見た目、水はキレイな感じで、多少、緑色のコケ?が水槽に付着する程度で、それはたまに拭いてやりますが、その程度の管理です。
何事もそれなりの知識が必要ですね。
子供は、金魚すくい自体が面白いらしく、その後はあんまり・・ですが、エサだけは担当させているのですが。
これからは金魚のみを長生きさせてやりたいと思います。
回答をもらい、何となく安心しました、ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/24 13:15

質問に対する回答というわけではないのですが…



『ホームセンターのMサイズ』水槽というのは
もしかしてメーカー側でMと言っているものではないかと思うのですが。
メーカーは違えど、S/M/Lの大きさ(容量など)は
ほぼ同じだと思います。
そうだとすると、各水槽のサイズは

S:W310×D180×H250(12L)
M:W355×D215×H265(18L)
L:W395×D250×H280(23L)
 ※コトブキ工芸の場合。他メーカーも容量はほぼ同じようです

この一覧でのMサイズだったとすると
4匹でも過密ではないかと思えます。
ちなみに45センチ規格水槽の場合は
W450×D300×H320(38L)
と、容量が倍以上になっています。

金魚や鯉は考えているよりも大きくなるので
一般に言うMサイズ水槽だと
すぐ小さくなってしまうのではないでしょうか。

質問者様の言われるMサイズが先ほど記した
Mサイズより遥かに大きい=45センチ規格水槽と同等であれば
まだ大丈夫だとは思うのですが
少々心配になりましたので書き込ませて頂きました。

安いという理由で選ばれたとすれば
ジェックス社の『金魚のお部屋』あたりでしょうか。
(参考URLを貼っておきます)

参考URL:http://www.gex-fp.co.jp/fish/catalog/aquarium/co …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
金魚のお部屋MとM用のフィルター交換式外付け型循環ポンプです。
大きさと価格が手ごろで買いました。
砂利を薄くしいて、人工の草みたいなのを入れてあります。
フィルターは2~3週間で換えています。
フィルターが汚れるとポンプの水たまりからあふれてくるのを目安にしています。
確かに、小さいと言えば小さい気もします。
これで、1番多いときで6匹の金魚を入れてました。
今、金魚2匹になってしまい、よく見ると、ちょうどいいのかな~なんて気もしてきました。
なかなか面白いものですね。

お礼日時:2009/08/22 23:19

サイズが同じくらいなのですよね?共食いでしたら行方不明にはならないと思います。


つつきまわされて殺された(死んだ?)金魚を見たことはありますが、鱗がはげていたりはしても形はそのままでした。
ピラニアならともかく鯉も金魚もあんな口ですから、食べれないと思います。

水槽周りにいないのなら…うーん。フィルター内とかにもいないですか?
あとは猫が入って取ってったとか、ですかね…。
ピチピチはねてひからびてないか、広範囲を探してみてください。

この回答への補足

水槽の中をよ~く見回してみたら、作り物の水草に少しですがウロコみたいなのが引っかかってるのを発見しました。
結局、残りの1匹も死んでしまいました。
金魚2匹は生きています。
思い出してみると、鯉を入れてからフィルターの汚れるのが速くなった気がします。
水質に、鯉の方が敏感なのでしょうか。
それで死んで、つつかれて、解けて、循環ポンプなどでろ過された・・?
なぞですが、水質管理が悪かったのは事実のようです。

補足日時:2009/08/22 22:54
    • good
    • 3
この回答へのお礼

上手にやれば、金魚と鯉は共存できることが解ってよかったです。
水槽で鯉を飼う・・なんてことは間違ってるようなイメージがあり(鯉=池で飼う)
結局、私の管理が悪く、ふだんも良く見ていなかったせいだと思います。
ありがとうございます、勉強になりました。

お礼日時:2009/08/22 23:23

私も金魚数匹と錦鯉数匹、7~8cm程度のものを60cm水槽で一緒に2度飼った事があります。


現在、鯉は水槽では厳しくなりましたので池で今も元気に泳いでいます。

私も知識があるわけではありませんので・・・。

水槽がホームセンターのMサイズがどのくらいのものか?
錦鯉や金魚の大きさもわかりませんので何とも言えませんが、
水槽Mサイズが45cm、金魚・錦鯉共に10cmだったとすると私的には4匹は余裕があるとは言えません。余裕がないとも言えませんが・・・。
だからといって、鯉の行方不明とは結びつきません。共食いとも関係ありません。単なる水質悪化の問題です。

行方不明って鯉が飛び出して水槽の裏とか、水槽の台の後ろに干からびてなんて事ないでしょうか?特に鯉はジャンプしますからね。
私の家の池は猫・鳥対策も含めネットを張ってます。

今、池では金魚・鯉・フナ・ハヤが共存していますので
金魚と鯉は一緒に飼えないか?
と聞かれたら私は「大丈夫でしょ」と答えます。

ご参考まで。

この回答への補足

回答ありがとうございます、失礼しました。
子供が金魚を飼いたいといって始めて、結局、管理は親父・・と言うパターンです。
金魚は3~4cmが2匹、鯉は5cmくらいが2匹でした。
ホームセンターの水槽はSとかMで売っていたので、てっきり基準でもあるのかと思っていました。
たしかに幅45cmくらいのものです。
見た感じ、調度いい雰囲気です。
上にふたがあるので、まさか飛び出す可能性は考えてもいませんでした。
ふたも、循環ポンプとか両角に隙間があります。
居間のローボードの角に置いてありますから、裏側とかをしっかりチェックしていませんでした、よく見てみます。
家族で「謎だ・・」「きっと食べたんだ・・」という話になり、一応は管理責任者?の親父としては何がわるかったのか?一緒には飼えないものだったのか・・
一緒に買うことは可能で問題は無いということがわかってホッとしました。

補足日時:2009/08/21 17:39
    • good
    • 2
この回答へのお礼

さっそく、家に帰ってから水槽周りを調べましたが・・発見できませんでした。
なぞです・・
水質が悪くて死んで、それを食べたのでしょうか・・
フィルターは定期的に交換しているんですが。

魚が減ったので、子供が「また金魚すくいで持ってくる・・」と意気込んでいます。
私の飼い方が悪かったんだな~と思いました。
回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/21 20:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金魚と鯉をいっしょに飼えますか

金魚(ワキン、コメット)の水槽に同じくらいの大きさの鯉を入れても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

同じくらいの大きさなら大丈夫だと思います。
うちの池でも数年間一緒に泳いでいました。
ただ、そこへ小さい金魚を入れたら食べられていました。
共食いするんだー、とびっくりしました。
将来鯉が大きくなったときに口に入らない大きさかも考えた方がいいかもしれません。

Q鯉が金魚を食べる?

実は最近鯉を頂いて、金魚の水槽に入れたのですが、はじめ4匹いた金魚が半分に減ってしまったのです。近所に猫がうろうろしてはいるのですが、以前からいる猫ですし、鯉を水槽に入れたときから金魚がいなくなったので、猫であるという線は考えにくい思います。しかし鯉といっても12~13センチの稚魚ですので、大きさ8センチくらいの金魚を食べるということは考えられないのですが、ひょっとしたら?と思いメールしました。
過去の質問の中で金魚がめだかを食べるという例はあったのですが…。
鯉が金魚を食べるものなのか、教えてください!

Aベストアンサー

魚って、共食いもしますよね。
鯉が金魚を食べても不思議じゃないと思います。
餌は不足の無いようにやっていますか?
小さい頃に飼っていた金魚は共食いしていた記憶があります。
残っている金魚をよく観察してください。
しっぽがちぎれていたりしていませんか?
もしそうなら、やっぱり鯉が怪しいとおもいます。

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む

Q池の水をきれいに保ちたい 良い方法を教えてください

水をきれいに保つには、プレコ?なる魚がいいとか、タニシがいいとか、聞いたとこがありますが、
他に何か良い方法はあるでしょうか?
かなりの大きい池(250cm×200cmほど)とスイレン鉢(60cmほど)に魚がいます。

Aベストアンサー

決してあなたを非難するわけではないのですが、現状ではただの貯まり水です。
設置後一ヶ月とのことですが、見た目とは別に魚の糞や食べ残しなどが腐敗し水自体は目には見えぬとも、かなり「酸性化」が進んでいるはずです。
石や壁面に生える「コケ」とは別に、水中にその腐敗物を栄養とし、酸性を絶好の環境として「アオコ」が日に日に増殖し、水自体が青緑に変化しそれも加速度的に濁っていくかと思います。
コケとアオコは全く別なものですよ。

放っておきますと酸性化しきった水自体が魚に有害な上、アンモニアなどの濃度も増し有毒な水となる上に、その増殖したアオコは日が差し込む間は光合成により水中に酸素を放出しますが、夜間は逆に酸素を多量に取り込み水自体が低酸素となり、魚たちは水中では呼吸困難にて水面に口を出しての「鼻上げ」をするようになり、さらに悪化するとある日突然次々と天国へ・・・。

見た目の汚れと水質の汚れもまた別なものです。
早めに手を打たれますよう。

Q錦鯉全滅 なぜ?

体調5cm程の錦鯉を20匹譲り受けました

半分は水槽へ、もう半分は庭の鉢へ入れました

水槽に入れた分は全員元気ですが、鉢へ入れた方は1ヶ月程で全て落ちてしまいました

鉢の水量は約300リットル
何年も前からメダカやタニシを飼っていて、自然と世代交代を繰り返しています

丁寧に水合わせも行いましたが、徐々に落ちて全滅です

原因は何が考えられますか?

Aベストアンサー

当歳魚でしたら眠り病による死因や個体のサイズによる環境順応性の低さの可能性が高いと推測します。

特に水温の上下幅が大きくなる時期では白点病の発生も多くなります。

コイヘルペスなどでは無いと思いますが出荷している養殖場がヘルペス陰性個体だけを出荷しているかの検査も気になるところですが、現状新規に錦鯉など無加温の環境に入れて個体の場合は春先までは加温した方が得策です。

1年(厳密には7、8ヶ月)ぐらいかけて夏場に体力を付けさせておき、その年の冬を越えさせるというのがもっと無難だと思います。

Q金魚の寝かた(休み方)を教えて下さい。写真の状態は寝ているのですか?

金魚の寝かた(休み方)を教えて下さい。写真の状態は寝ているのですか?

家の金魚(娘がお祭りですくった白オランダ)は
時々、水槽の端にある水草(たまにヒーターの配線の隙間)に
挟まってジーッとしています。

頭が下の状態で動かないので最初は病気かと思ってビックリしましたが
普段は元気に泳いでいるし白点病など目に見える病気もないし
たぶんエラ呼吸も普通だし・・・寝ているのかな?思います。

みなさんの飼っている金魚はどうてすか?

飼育環境は40cm水槽・外掛フィルター・ブクブク(エアカーテン)
ヒーター26度・人口水草&水草(マツモ)です。

Aベストアンサー

金魚の睡眠とはなんぞや?という問題があります。
これに対して、東京医科歯科大学生体材料工学研究所所長、井上昌次郎先生は著書「動物たちはなぜ眠るのか」の中で、魚類の睡眠はレム睡眠で、脳は活性化していると研究結果を書かれています。
睡眠は、脳を休憩程度に軽く休めるものから、人間のように昏睡状態(ノンレム睡眠)近くまで脳の機能を停止するものまで、生物の種類により大きな開きがあると書かれています。
「霊長類・哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類・軟体動物・昆虫」が以下の特徴を示している時間帯を睡眠と定義できるようです。
(睡眠の基本的な特徴)
・長い不活動期
・反応の低下・安全な場所の選択
・特有の姿勢
・1日の中でほぼ同じような時刻に眠る
以上より、魚は睡眠状態に入ると、何も考えないでボーとしている。
恐らく目も見えているけど、ボケーとしている。
金魚は、運動機能、脳の活性を最低限まで落とし泳ぎながらボーとしている。
無理やり人間に当てはめると、声を掛けられればすぐに目覚めるくらいの、リラックスして気持ちよい浅い眠りについている状態。
もしも、自分の体に危害が加わるような緊急自体になると即、危険回避行動が取れるように準備しながら休憩している状態のようです。

参考:
井上 昌次郎 著「動物たちはなぜ眠るのか」(丸善ブックス)
http://www.athome-academy.jp/archive/medicine/0000000201_01.html

写真の金魚は(睡眠の基本的な特徴)を示しているようにも思えるので、多分、寝ているのだと思います。

そうすると、次に、何故、このような寝姿なのか?と言う疑問が生じます。
ひょっとすると、金魚にとって、水槽内の水流が強すぎる環境なのかも知れません。
唯一「水槽の端にある水草」部分の水流が弱いく、寝やすい場所なのかも知れません。

3時間ほど、金魚が寝る時間にエアポンプと外掛けフィルターを停止してれば分かります。
(3時間程度エアポンプと外掛けフィルターを停止して問題ありません、一回ではハッキリしないので数日掛けて数回試して見ます)
エアポンプと外掛けフィルターを停止しても、現在の場所で休むことが多いようならば、「水槽の端にある水草」部分が好きなのでしょう。

エアポンプと外掛けフィルターを停止したら「水槽の端にある水草」部分で寝なくなるようならば、水槽内の水流に問題があります。
ブクブクの設置場所や、外掛けフィルターの排水ルーバーの方向や取り付け位置を見直しを行い、水槽内に弱水流域を作った方が良いと思います。

金魚の睡眠とはなんぞや?という問題があります。
これに対して、東京医科歯科大学生体材料工学研究所所長、井上昌次郎先生は著書「動物たちはなぜ眠るのか」の中で、魚類の睡眠はレム睡眠で、脳は活性化していると研究結果を書かれています。
睡眠は、脳を休憩程度に軽く休めるものから、人間のように昏睡状態(ノンレム睡眠)近くまで脳の機能を停止するものまで、生物の種類により大きな開きがあると書かれています。
「霊長類・哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類・軟体動物・昆虫」が以下の特徴を示している...続きを読む

Qめだかと金魚を同じ水槽で飼ったらダメですか?

以前からめだかを水槽に入れて飼っております。
水草も入れておりますし、空気も送ってます。お部屋に置いてあるので決まった時間に餌をあげたり水が濁れば取り替えるなどして、めだかは元気でした。

しかし、数日前子供が金魚すくいをしてきまして、3匹だったので同じ水槽に入れてしまいました。
ただし、水槽の真ん中にネットを張って魚どうしが喧嘩等しないように気を使ってました。
ところがだんだんとめだかの元気が無くなり、餌もあまり食べなくなったんです。そして今日めだかが数匹死んでました。
金魚に変わった様子は見られないのですが、網を張ってあったとしても同じ水ではめだかと金魚は飼えないのでしょうか?このままにしておくとめだかが全滅してしまうのではないか心配です。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

他の回答にもありますが、基本的には一緒に飼う事が可能です。が、金魚のサイズ
によってはめだかを餌と判断する可能性もありますし、色々な原因が考えられます
ね。病気や水質が原因の可能性ももちろんあります。
以下、私の考える原因をいくつかあげておきますね。

まず病気、これについては説明の必要はないかと思います。うつる可能性は充分に
考えられますね。

次に水質の悪化、飼育環境がわかりませんのでなんともいえませんが、魚を飼育す
る場合、水槽の大きさや濾過装置の環境等で、ある程度飼育できる魚の数やサイズ
が決定します。一定の数を超えての飼育は著しく環境を悪化させることがあるため、
それが原因の可能性があります。このサイズの水槽なら何匹といった、絶対的な数
値はありませんが、下記URLを目安に考えてみてください。
参考URL http://www.koketaisaku.com/sakananokazu.html

次に寿命、めだかの寿命は一般的に二夏一冬といわれ、一年程度です。5年近く生
きる事もありますが、環境がよくても2~3年程度が普通ですので、去年生まれた
めだかであれば、寿命を全うしたと考えることも出来ます。

他にも、ネットを張ったとありますが、ネット付近に近づいためだかが、金魚につ
つかれた可能性も考えられますね。(すみません、勝手に柔らかいネットを想像し
てます)

私が思いつく原因はこれぐらいでしょうか・・・

こんにちは

他の回答にもありますが、基本的には一緒に飼う事が可能です。が、金魚のサイズ
によってはめだかを餌と判断する可能性もありますし、色々な原因が考えられます
ね。病気や水質が原因の可能性ももちろんあります。
以下、私の考える原因をいくつかあげておきますね。

まず病気、これについては説明の必要はないかと思います。うつる可能性は充分に
考えられますね。

次に水質の悪化、飼育環境がわかりませんのでなんともいえませんが、魚を飼育す
る場合、水槽の大きさや濾過装置の環境...続きを読む

Q金魚の色が抜ける?のはどうしてですか?

らんちゅうを飼っています。一匹がみるみるうちに色が抜けてしまい、ヒレなどは赤いですが、ウロコの部分はみんな白くなりました。

一匹だけならまだしも、最近またもう一匹も色が抜けはじめました。

もともとカラダに白い部分がない、真っ赤な子達はそんなに色が落ちたとか、薄くなったという印象はありませんが、白と赤のブチ??の子は薄くなってきた感じです。

消えた色はもう戻らないとは思いますが、今の色を保つにはどうしたら良いでしょうか?餌も一応「色揚げ用」みたいなのをあげています。病気でもないと思います。何が原因かなど詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

金魚の色は一度薄くなっても元に戻す事が出来ます。

金魚の色素、とりわけ赤色はカロチンを多く与える事で鮮やかになりますが、金魚は胃が無いので
ちゃんと消化吸収させるには、飼育環境を改善しなければなりません。

餌は、カロチンを中心にバランス良くビタミンが配合された物が色揚げ用として販売されていますが
金魚によって合わなかったりするので、いろいろ試してみて下さい。
消化吸収という面では、フレークタイプの方が優れている気がします。

また、関連して太陽光もある程度は色揚げに必要になってきます。
水槽で飼うなら直射光は絶対避けて、レース越しなど柔らかい光で日光浴させて下さい。
でも、当てっぱなしは駄目です。
池などと違って水槽は、届く太陽光が強烈なので過度のストレスになり得ます。
イヤがっていると思ったら、もっと弱くしたり時間を短くしたり工夫して下さい。

庭の池などで藻がたくさん繁殖したグリーンウォーターでは、適度な日光と栄養豊富な藻のおかげ
でかなり綺麗に色が出ます。

もう一つは水です。
水換えでストレスを与えると見る間に色が薄くなっていきます。
ほんとに見てる間にです。
質問者さんの仰る白と赤のブチ柄だと顕著ですね。
少なくとも換え水の温度は合わせて下さい。
フィルターにちゃんと濾過バクテリアが繁殖していれば、そんなに頻繁に水換えをしなくても大丈夫
なので、1週間に一度1/3くらい換えれば充分水質は維持できます。
驚かせたり水換えのストレスが頻繁にあると色の為にも金魚の為にも良くないので注意して下さい。

それと、真水での交換は避けたほうがいいです。
ペットショップなどでは魚の体を保護する効果のある添加剤が売られているので、水に適量混合し
てあげるとストレス緩和になります。

金魚は熱帯魚より遥かに強健ですが、ストレスは少ないにこしたことはないです。
強健でも苦しい物は苦しいと思います。

僕が金魚を飼っていた経験上で、色についてのアドバイスが出来るのはこの程度ですが、参考にな
ればうれしいです。

金魚の色は一度薄くなっても元に戻す事が出来ます。

金魚の色素、とりわけ赤色はカロチンを多く与える事で鮮やかになりますが、金魚は胃が無いので
ちゃんと消化吸収させるには、飼育環境を改善しなければなりません。

餌は、カロチンを中心にバランス良くビタミンが配合された物が色揚げ用として販売されていますが
金魚によって合わなかったりするので、いろいろ試してみて下さい。
消化吸収という面では、フレークタイプの方が優れている気がします。

また、関連して太陽光もある程度は色揚げに必...続きを読む

Q金魚の水槽の砂利(底砂)は何がいいでしょうか?

金魚を飼育する水槽の砂利は何がいいのでしょうか?

色々あり、富士の大理石を砕いたものや、黒の砂利(川にあるようなものでした)と、サンゴを砕いた物がありました。
後は時々ある高そうなお家の庭に敷いているような石(白・茶・黒の石が混合)でした。

黒い砂利だけのはどの魚にも適用とかかれていて、
サンゴを砕いた物はアルカリ性のものだけとかかれていました。
どれがいいのでしょうか?サンゴを砕いたものは熱帯魚系かなって思ったのですがどうでしょう?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

hiro06_08_kさん、こんOOは。

砂利は何か溶け出すものでなければ何でもよいと思います。サンゴ砂はアルカリ性の成分が溶け出すので金魚には不向きです。
また、何でもいいといっても、白っぽいものは金魚が落ち着かなくなりますし体色が白っぽくなります。逆に黒っぽい方が金魚が落ち着きますし、体色がはっきりと出るのでお勧めです。
底砂の効用としてバクテリアの住処になります。バクテリアが水中のアンモニアや有機物を分解して水質維持に貢献するので、大粒のものより小粒のものの方が、またガラス玉などの人工物より天然の石や砂の方が、全体水槽の底砂の表面積が広くなるのでバクテリアの住処が増え、結果として水質維持に繋がります。

結論としてはNo.1の方と同様に大磯砂をお勧めします。色も黒めで何も溶け出さず、(新品では若干アルカリ成分が溶け出すことがありますが金魚には大丈夫)バクテリアの住処としても良い(昔はろ過材としてもしようしていました)と飼育する上では一番だと思います。
ただ、大磯砂以外がだめかといえばそうでもなく、飼育者の好みで他の天然砂でもよいでしょう。

hiro06_08_kさん、こんOOは。

砂利は何か溶け出すものでなければ何でもよいと思います。サンゴ砂はアルカリ性の成分が溶け出すので金魚には不向きです。
また、何でもいいといっても、白っぽいものは金魚が落ち着かなくなりますし体色が白っぽくなります。逆に黒っぽい方が金魚が落ち着きますし、体色がはっきりと出るのでお勧めです。
底砂の効用としてバクテリアの住処になります。バクテリアが水中のアンモニアや有機物を分解して水質維持に貢献するので、大粒のものより小粒のものの方が、またガラス玉...続きを読む

Q魚のフンを食べてくれる生き物っていますか?

現在鯉の稚魚を飼っています。水も週一回くらい三分の一ずつ交換していてきれいな状態を保っています。フンもスポイトで吸い取っています。
今後、もう少しいろいろな魚を一緒に飼いたいと思っています。そこで、考え付いたのですが、魚のフン等を食べてくれる生き物っているのでしょうか?また、鯉と一緒に飼えるお勧めの魚等があれば教えてください。
ご存知の方がいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

魚を飼い始めたのは、初めてのことでしょうか?水槽であれ、池で飼っているのであれ、ろ過サイクルができあがらないと、その中で魚を飼うのは難しいですが、知っているでしょうか(たぶん、池は環境が出来上がっていると思いますが)?
 
 水の換水周期の話からすると水槽だと思うのですが、その前提でいくと、ろ過フィルターを入れていると思うのです。基本的に、フンなどはそのろ過フィルターや、水槽内にいるバクテリアによって分解されます。後は、底に砂利などをひいていると、そこで増えたバクテリアもフンを分解してくれます。これ以外で、”フンを食べる”という行為をしてくれるものは僕は知らないです。土の上ではフンコロガシなどがいますが、やはり、ほとんどは土中のバクテリアが分解していると理解しています。
 
 淡水魚は飼ったことがないのと、小型魚オンリーでやっているので詳しく知らないのですが、鯉はフンが多いと思います。稚魚でも多いのですか?そうなると、バクテリアの分解能力を超えることがあるので(フィルターを強いものにするようですが、そうしても多いのだと思います。)、吸い出す必要があると思います。スポイトでやっているということですが、スポイトより便利なものがあるのはご存知ですか?換水時に排出する水と一緒にそれらを排出するというものです。僕の知っている品名では、水作プロホースというものがあるので検索なりして調べて確認してみてください。

 換水の量のことに触れている人がいましたが、熱帯魚のマニュアルでは大きい水槽(横幅が60cm以上)の水槽だと週1/4以下と載っていると思います。小さい水槽だと、また、変わってきて、足し水で対応し、一~数ヶ月単位で少なめに換水してみるとか、大きい水槽でも1/5~1/6とかと色々あります。鯉の水槽でもろ過サイクルが出来上がってきたら、1/4以下で対応できると思います。フンに気をつければ、換水量は減らせるのではないかと推測します。鯉に詳しくないので推測になります。すいません。

 鯉と同居する魚も詳しくないので、今まで触れてきた中で言ってみると、鯉は池とか沼だと思うので、フナとかはいいと思います。あとは、タナゴの大きくなる種類は一緒に飼ってもきれいで見ごたえがあるのではないかと思います。外産のタナゴが日本の湖で繁殖し、小さい日本種をおびやかしているそうです。(こんな話はごろごろありますが。例えば、熱帯魚飼育者が、かなりの頻度で飼えなくなった魚を湖に放ってしまって、1年間の調査の投網で湖固有の種がかかることが無かったとかあります。)ま、そんな外産のタナゴなら鯉が大きくなっても一緒に飼えるのではないかと思います。先のカッコで気づいたかもしれませんが、やろうと思えば熱帯魚の大型種とも一緒に飼えますね。そこはyu_i_1980さんの飼育技術と美意識で成り立つものでしょうか。ただ、大型種を稚魚で一緒にスタートすると成長スピードの違いで食われてしまったり、気の荒い種だと同居できないので、そいうのは、気に入った種ごとに調べる必要はあると思います。素敵な飼育ライフになるといいですね

魚を飼い始めたのは、初めてのことでしょうか?水槽であれ、池で飼っているのであれ、ろ過サイクルができあがらないと、その中で魚を飼うのは難しいですが、知っているでしょうか(たぶん、池は環境が出来上がっていると思いますが)?
 
 水の換水周期の話からすると水槽だと思うのですが、その前提でいくと、ろ過フィルターを入れていると思うのです。基本的に、フンなどはそのろ過フィルターや、水槽内にいるバクテリアによって分解されます。後は、底に砂利などをひいていると、そこで増えたバクテリアも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング