人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

こんにちは。
先日出会った文章に魅力を感じてしまって私の心は汗顔の至りなのですが、このような文体の本を読みたいのです。
なぜ恥ずかしがっているのかといいますと、それは某掲示板で発見した「コピペ」だからです…。

しかしそのような文体の小説なり何なりがあってもおかしくないと思い立ち、希望を込めて投稿させていただきます。

では、どうかよろしくお願いします。
以下がその「コピペ」でございます…。


四十年勤め上げた會社を退職し、何やら張り合いの無い日々を送る内、大學生
の孫に「退屈しのぎに遣って見たまへ」と勸められた弐チヤンネル。
當初は「こんな電腦?示板、何たる幼稚加減」と莫迦にしてゐたものの、
遣つて見ると存外に面白ひ。
華やかな色彩の髪と目を持つうら若き乙女に「ゆとり乙」と何度と無く罵られるにつけ、
食ふや食はずやで慌しく過ぎ去つた學生時代が自ずと思ひ返され、
「戰爭さえ無ければ、小生もこのやうな青春が送れたやも知れぬ」
と獨りごちることも屡々。
すつかり?となつた今では、孫の部屋から白銀色の電腦計算機をせしめては書齋に篭もり
存分に「祭り」を堪能する毎日を送つている。
「小四女兒遺棄事件」なるスレツドを拜讀した際には、その餘りに不憫な境遇と過酷な運命に
落?し、臺所で葱を刻む家内に「かような理不盡が許されていいものか!」と
熱辯を振るって呆れられる始末。年甲斐もない、とはこのことと後で赤面すること
しきり。
下手の横好きとはいえ「繼續は力なり」の言葉通り、最近ではブラクラの回避
やコピペの管理にも慣れ、「好きこそものの上手なれ」を座右の銘として
弐ゲツトに勵んでいる。
同年代の友人達が癡呆や重い病に惱まされるなか、老いて尚矍鑠としてオフ會に
向かえるのも、ひとえに弐チヤンネルのおかげかと思えば、再三に渡る「半年ROMつてろ」の
罵り文句も、何やら「まだまだ死ぬには早いよ」と言われているようで愉快極まりない。
ひとつ間違えれば自らが乗り込んでいた機體と同じ名前を持つコテハンに出會える日を
樂しみにしつつ、今日もデスプレヱに向かう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

文語調ということでしょうか。


文語体の小説というと、森鴎外や樋口一葉などが有名だと思います。

言文一致の現代において文語で書いている小説家はパッと思い浮かびませんが、いたとしてもかなり少数ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございあmす!!
森鴎外がいましたね…

お礼日時:2009/08/27 17:17

塚本邦雄さんは数年前に亡くなった歌人・作家ですが、旧字・旧仮名遣いで作品を発表されていました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
読んでみますね!!

お礼日時:2009/08/27 17:18

内田百(うちだひゃっけん)が、近いかな。

夏目漱石の弟子。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

漱石の弟子ですか!
ありがとうございます!!

お礼日時:2009/08/27 17:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング