言語学を勉強するにあたって、読んでおくべき必読書のようなものがありましたら、教えてください。なんだか奥深そうでどこから手をつけてよいかわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

大修館書店が出している「言語学への招待」を先に読むといいでしょう。


この本をよんで、概要を把握して、好きな科目に行くといいと思います。
統語論なら英語でいいなら、Andrew CarneyのSyntaxのテキストがいいと思います。音声学ならラッドフォッギドのvowels and consonantsは必読書です。
    • good
    • 0

私もearlybirdさん同様、


田中春美の「言語学入門」をおすすめします。
はじめに読むには、一番だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
アドバイスいただいた本を読んでみます。

お礼日時:2001/03/17 18:21

とりあえず,下記の本も入門書としてよろしいのでは。



1.言語学入門/田中春美[ほか]著 大修館書店刊

もしも,世界の言語の歴史,系統に関心がおありなら,それは「比較言語学」の
領域に入りますので,

2.比較言語学入門/W.B.ロックウッド著 大修館書店刊
3.比較言語学入門/高津春繁著 岩波書店刊

をお読みになるとよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
今は、何から手をつけてよいのやら分からない感じなので、
具体的にアドバイスをいただいてかなりありがたいです。

お礼日時:2001/03/17 18:23

 ソシュールの『一般言語学講義』は、間違いが有ろうが無かろうが


その間違いうんぬんを論じている場合もあるので、読んでいないこと
には話になりませんので、まずは必読ですが、読んでも面白くないの
で、如何にこの学問が面白いかを実感させてくれる、この著者の以下
のものを読まれることをお勧め致します。


ことばの樹海     千野栄一 青土社   2,200 B6 99/05
言語学への開かれた扉 千野栄一 三省堂   1,750 B6 94/11
プラハの古本屋    千野栄一 大修館書店 1,400 B6 87/03
言語学の散歩     千野栄一 大修館書店 1,900 B6 87/02
注文の多い言語学   千野栄一 大修館書店 1,602 B6 86/02
言語学のたのしみ   千野栄一 大修館書店 2,200 B6 80/02
世界ことばの旅;地球上80言語カ 千野栄一 研究社出版 6,200 B6 93/07
https://www.honya-town.co.jp/yurindo/index.html


http://www.threeweb.ad.jp/logos/#toc-j

http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/gogaku.html

参考URL:http://www.threeweb.ad.jp/logos/#toc-j,http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/gogaku.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
紹介していただいたホームページものぞいてみました。
面白そうです。

 千野先生の本を多く紹介してくださっていますね。
本屋に行って探してみます。

お礼日時:2001/03/17 18:37

ソシュールの『一般言語学講義』(小林英夫訳、岩波書店、1972)


は必須といいたいところですが、いろいろと問題の指摘されている
書(実際にはソシュール自身が執筆したわけではない)でもあるの
で、丸山圭三郎あたりから入ってみるというのはいかがでしょう。
あるいはもっと全体を概観したいというのであれば、『現代言語論
:ソシュール フロイト ウィトゲンシュタイン』(立川健二、山田
弘明、新曜社、1990)あたりの方がいいのでしょうか。

参考URL:http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=90017 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 やはりソシュールは避けて通れない王道だろうと思いつつ、
手を出しかねていました。『現代言語論』のほうからいってみようかと思います。

 ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/17 18:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三字熟語とか4字熟語を調べるには、 国語辞典で合ってますか?

三字熟語とか4字熟語を調べるには、
国語辞典で合ってますか?

Aベストアンサー

国語辞典では足りません、四字熟語辞典がいいでしょう。歳をとると知ってて当たり前、となるから必要ですね。
恋文を書くにも便利だけど、今やなんでもスマホですからね、でもスマホって信用出来ますか?我々昭和の漢字世代が見ると、時々怪しいのもあります。
大切な恋文はちゃんとした辞書を使いましょう。引くのが大変?でもストライクゾーンは何処にあるか、は知らなくてもいいから大切に考えた文、というのは心に訴えます。

QMQL4というプログラム言語について。 どうにかこのプログラム言語が学びたいのですが、何からしたら

MQL4というプログラム言語について。

どうにかこのプログラム言語が学びたいのですが、何からしたら良いのか、わかりません。自分でMT4用のインジケーターを作りたいという思いがあります。

Aベストアンサー

プログラムの基礎からでしたらここがおすすめかと思います。
http://jidoubaibai.com/burogu7.html

実際にどういう関数があるかはこちら
http://mt4-traders.com/reference/
http://www.metasys-seeker.net/MQL4_Reference_ver1/MQL4_Reference_Contents.html

あとはどのプログラム言語を学ぶ上でも同じですが
ひたすらにグーグル検索力を磨くということです。

Q潜在意識という4字熟語は、おかしい?!

駿台文庫の「現代文頻出課題文集」について質問です。

この本のP126の評論に潜在意識というのがあって、国語辞典で調べてみると「自分では、少しも意識していないが、その人の行動や考えに影響を及ぼしてる心の

働き」と書いてあったのですが、この意味なら潜在心理とかになりませんか?潜在(潜んでいる)のは、心の働きなわけですし(1)

また、この4字熟語が具体的にどういう現象をさすのかが?です。そんなことってあるのか?という感じです。

だれか、詳しい人は、教えてください!!

Aベストアンサー

こんにちは。
潜在意識とは「活動はしているが自覚されない心理現象」と定義されます。質問者さんの仰る通り、心の深層に潜在しているのはその働きです。

意識といいますのは「随伴現象」であり、脳内で作られる心象を自覚するために発生するものです。ですが、実際に意識の中で扱われるのはほんの一部分でしかなく、我々の脳内に自覚されない心理現象の存在することは明白です。潜在意識とはこれを指します。
では、意識というのが自覚を行うための現象であるならば、自覚を行わない潜在意識に意識は発生していないということになります。ならば、意識の在る無しに関わらず我々の脳内に何らかの心理現象が発生するのであるならば、それは顕在・潜在ではなく、「意識・無意識」によって区別されなければなりません。

我々の脳内に無意識が存在するというのは、それは意識に上らない心理現象を扱う機能が構造的に存在するということです。無意識行動といいますのはその結果であり、これは「無意識領域」の働きによるものです。これに対しまして、意識行動が執られるならば更に意識領域の働きが加わることになり、そこに自覚という現象が伴います。
では、同様にこれを「潜在意識領域」と捉えたらどうなるでしょうか。ところが、我々の脳内には記憶情報など、意識に上る前の「前意識」というものが格納されており、これでは決して意識に上ることのない無意識領域の定義と区別することができなくなってしまいます。
このように、最初に述べました通り潜在意識とは即ち心理現象であり、その働きとは、厳密には無意識領域の機能として脳内に存在するものです。ですが、潜在意識といいますのは意識を中心とした考え方であり、意識と対比するならば分りやすいのですが、これでは脳内にその存在や構造を示すのには不十分です。このため、ここでは意識ではなく、常に無意識を中心とした考えが優先され、従来の心理学で潜在意識という用語が用いられることはほとんどありませんでした。

恐らく、これが潜在意識という言葉の位置付けであり、厳密には学術用語ではないです。因みに「顕在意識」という言葉は国語辞典にも載っていません。
ご質問を拝見したときから気になっていたのですが、質問者さんがお調べになった「考えや行動に影響を及ぼす」という部分は、これはどう見ても潜在意識の定義には不必要な拡大解釈に当たり、わざわざこのような説明を載せている辞典はちょっと珍しいです。今では頻出文例でも扱われるほど巷に飛び交っており、専ら経営学や能力開発などの分野に派生していますが、ただ単に都合の良い解釈として用いられているものも少なくありません。経営学や能力開発といいますのは人間の営みを扱う学問です。ですが、それが必ずしも人間にとって都合の良い結果になるとは限りません。このため、ここで都合の悪い部分を改変してしまいますと、科学としての客観性が著しく損なわれる結果となります。

こんにちは。
潜在意識とは「活動はしているが自覚されない心理現象」と定義されます。質問者さんの仰る通り、心の深層に潜在しているのはその働きです。

意識といいますのは「随伴現象」であり、脳内で作られる心象を自覚するために発生するものです。ですが、実際に意識の中で扱われるのはほんの一部分でしかなく、我々の脳内に自覚されない心理現象の存在することは明白です。潜在意識とはこれを指します。
では、意識というのが自覚を行うための現象であるならば、自覚を行わない潜在意識に意識は発生してい...続きを読む

Q文学・栄養学・住居学・歴史学・環境学を学ばれている方、お願いします。

現在高校生なのですが、大学に進学をするのかまだ決めかねています。自分なりに調べて興味を感じる分野は、文学(小説を読むことが好きなので)、栄養学(料理をするにあたって栄養学には前々から興味があったので)、住居学(建築学ではなく、女性視点の住居の見方というのに興味を感じたので)、歴史学(昔から歴史が好きなので)、環境学(環境問題に関心があるので)があります。
もしも、大学に進学するのであれば将来の就職に関係する学部にいきたいと考えています。在学中に何か他のものが見つかるということもあるかと思いますが、入学時に明確な目標をもっていたいんです。なんとなく・・・という気持ちであれば進学しようとは思っていません。
今のところ、上で挙げた分野に「これが一番・・・」という順位はありません。私はまだ受験生ではないので決断までに時間はあるのですが、時間いっぱい悩んで決めたいです。
上で挙げた学問を実際に学ばれている方に、質問したいのです。その分野に興味をもったきっかけ、実際に大学で学んでみて想像と違ったこと、卒業後どうしようと考えているか、等なんでも良いので可能な範囲で聞かせて下さい。ぜひ、参考にさせて頂きたいと思います。

現在高校生なのですが、大学に進学をするのかまだ決めかねています。自分なりに調べて興味を感じる分野は、文学(小説を読むことが好きなので)、栄養学(料理をするにあたって栄養学には前々から興味があったので)、住居学(建築学ではなく、女性視点の住居の見方というのに興味を感じたので)、歴史学(昔から歴史が好きなので)、環境学(環境問題に関心があるので)があります。
もしも、大学に進学するのであれば将来の就職に関係する学部にいきたいと考えています。在学中に何か他のものが見つかるという...続きを読む

Aベストアンサー

文学を専攻していました。現在も研究中です。
高校三年まではまったく勉強せず、大学もお金の無駄だと思って行くつもりがなかったのですが、行きたい大学があり受験を決めました。ただしその際に親から私立ならここらへん、あと国公立も必ず受けるように、と指示されしぶしぶ従い、予備校に1年通ったもののまともな勉強は2ヶ月程度しかせず最悪なことに志望校以外も全部受かってしまい、親から「頼むから、●●大に行ってくれ」と言われ、がーん…と思いつつも学費を出すのは親なので…泣く泣く第一志望をあきらめ文学部に進学しました。本当は密教学科に行きたかった…。

そんな感じで進学しました。なので興味もへったくれもありません。ただ、はいるからには勉強に心身捧げるつもりでした。それは今も変わっていません。
今は文学をやっていますが、大学に入って一番驚いたのは、(どの学部も同じだと思いますが)最先端の研究に触れられます。特に文学は、今まで国語として習ってきたものが如何に古くさい知識だったかを痛感します。歴史もそうですよ。全然やることが違うんです。そして、その道の専門の先生が(私の大学は、教員に関しては文句の付け所のそれほどない学校でした)、教えてくれる最先端の研究はどれもあまりに真新しく、斬新で、一年生の時は毎日が驚きと感動であふれていたように思います。
これは決して高校時代には味わえない経験です。ただ、それなりの教授がいなければならないですが…。

卒業後は修士に進学しました。私は家も裕福で、親も就職して欲しいとは思っていないので、お言葉に甘えて博士まで進学するつもりです。

ですが、「大学に進学するのであれば将来の就職に関係する学部にいきたいと考えています。」ということならば、文学・歴史はおすすめしません。就活に何ら有利になる学部ではないからです。
でも、好きなことをするには、これ以上の学部はないと私は思っています。
あなたが知らなかったことがどんどんどんどん判りますよ。その興奮は、筆舌に尽くしがたいものがあります!

文学を専攻していました。現在も研究中です。
高校三年まではまったく勉強せず、大学もお金の無駄だと思って行くつもりがなかったのですが、行きたい大学があり受験を決めました。ただしその際に親から私立ならここらへん、あと国公立も必ず受けるように、と指示されしぶしぶ従い、予備校に1年通ったもののまともな勉強は2ヶ月程度しかせず最悪なことに志望校以外も全部受かってしまい、親から「頼むから、●●大に行ってくれ」と言われ、がーん…と思いつつも学費を出すのは親なので…泣く泣く第一志望をあきらめ...続きを読む

Q4字熟語

鏡自不照とはどういう意味でしょうか。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「鏡は自らを照らさず」とか、「鏡は自らを照らせず」とかの意味ではないかと思いますが・・・。
「周囲を照らしている鏡は、周辺のことは隅から隅まで見て理解できるが、自分のことを照らすことは出来ない。したがって、周囲のことがわかっている割に、自らのことは見えていない」と解釈しました。

*「世間のことは判っている人でも、自分のことは判らないものだ」という解釈なのでしょうか?

全く知らない熟語ですが、そのように字面からは受け取れます。

自信なし!参考にはならないかも。

Q自分は勉強する前に、その勉強に必要なこと(間違えに付箋を貼る、もう少し早く解くべきなど)を忘れてしまいます。どうすれば?

自分は勉強する前に、その勉強に必要なこと(間違えに付箋を貼る、もう少し早く解くべきなど、接続詞に注意して問題に取り組むなど)を忘れてしまいます。どうすればいいでしょうか?
携帯電話のアラームは時間ぴったりにその問題集をやるわけでないので挫折しました。

Aベストアンサー

自分が忘れそうなこと(しなければならないこと)を、勉強を始める前に紙に書き出して、
その紙を問題集などの横に置いておいてはどうですか?
そうすれば、勉強しながら横を見れば、自分がしなければならないことを
確認できるので、忘れないと思います。

Q4字熟語

一龍一蛇の読み方と意味は

Aベストアンサー

イチリョウイチダ

時の流れのままに自在に変化し、一つの立場に執着しない

Q言語学に興味を持ちました

最近、言語学に興味を持ち始めました。そこで、何か本を読んでみたいと思っています。

今比較言語学が面白そうだなと思っているのですが、膠着語って何?辞書で調べても分からない…というレベルなので、初心者にも分かりやすい言語学の基礎的な本がありましたら、ぜひ教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
比較言語学おもしろいですよねー☆
私も一時期専門にしようと思ってました。
黒田龍之助さん著の『はじめての言語学』、良いですよ。
新書なのですぐ読めるし、語り口調も親切でとってもわかりやすいです。
言語学の基礎のキソはほとんど網羅していると思います。ただ比較言語があったかどうか・・・はっきり覚えてないです、ごめんなさい。まずはこれでキソ用語を学んでみてください。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061497014/qid=1126361638/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-3520175-6553911

その後比較言語学については
ロマンス語に興味がおありでしたらこちらをオススメします。
『ロマンス語入門』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4469211087/qid=1126361784/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/249-3520175-6553911
ちょっと難しいですが、少しでもわかるとなかなか感動を得られる本だと思います。

こんにちは。
比較言語学おもしろいですよねー☆
私も一時期専門にしようと思ってました。
黒田龍之助さん著の『はじめての言語学』、良いですよ。
新書なのですぐ読めるし、語り口調も親切でとってもわかりやすいです。
言語学の基礎のキソはほとんど網羅していると思います。ただ比較言語があったかどうか・・・はっきり覚えてないです、ごめんなさい。まずはこれでキソ用語を学んでみてください。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061497014/qid=1126361638/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/24...続きを読む

Q書道で書くかっこいい言葉

習字で書いてあったら『こいつはすげぇぇ!!』と思うような字があったら教えて下さい!!!
2文字~4文字のでお願いします!!!!

Aベストアンサー

ベタなところでは「風林火山」とか?

他、4字熟語から探してみればいいのでは?
http://blogs.yahoo.co.jp/jack91g

ちなみに大人で書道している人は6文字以上がほとんどだと思いますよ。

風林火山も文章ごと書きます。
「疾如風徐如林侵掠如火不動如山」

Q言語学の観点から・・・

ある言語を「母語」と言った場合と、「母国語」と言った場合ではどういった捕らえ方の違いがあるでしょうか?違いを教えてください。
また「普遍文法(Unuversal Grammar)」って何ですか?
さらに「認知言語学的な言語の捕らえ方とはどのようなものか?」教えて下さい。わからなすぎて頭がパンクしそうです。
私って言語学むいてないのかも・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
1)「母語」というのは、人には一つの人格と自我があり、人格統合が行われているとすると、その人格・自我が思考するときに使用する基本言語のことです。

思考と言語は別個のものではなく、世界の認識や把握も、思考を通じて行われ、その意味で、世界の把握も、言語と別個のものではなくなるのです。基本的な「概念(コンセプト)の言葉」とその意味的システムが、世界を把握する、一種の網になり、これは、統合された人格の場合、一つの言語で行われるのです。

バイリンガルの人などはどうなるのかと言うと、どちらかが母語になるか、または、どちらの言語も、十分な母語にならないで、中途半端な構造になってしまいます。たいていは、どちらかに主要機能が分極し、どちらかの言語で、基本的な思考・世界認識を行います。

年齢を取ってから、別言語を習得し、その言語で思考できるようになった場合は、ある程度独立した、別の世界把握のシステムが、サブシステムとして、言語能力のなかに構成されるということになります。

バイリンガルなどの場合は、二つのシステムが最初は混同されていて、区別されて行くにつれ、どちらかにウェイトが移って行くのです。二つのサブシステムになってしまうと、単一言語、つまりモノリンガルの人の思考や世界把握からすると、劣化した思考や、世界把握になります。

人間は、二つの言語では、思考や認識ができないのです。この場合、根源的な意味の思考や認識です。この言語が「母語」です。

「母国語」というのは、例えばドイツ系アメリカ人がいるとすれば、母語は英語だが、母国語は、アメリカ英語なのか、ドイツ語なのか、それは、その個人の考えで決まるとも云えます。何故なら、例えば、在日韓国人の人で、アメリカ市民権を取って、アメリカ国民になった人の場合、母国語は何かというと、韓国語だということになる可能性があるからです。

こういう人の場合、母語は日本語だということもありえます。日本に住んで育つと、どうしても、日本語が母語になってしまうのです。無論、韓国語が母語の在日韓国人もいるかも知れませんが、珍しいとも云えます。

「母国語」というのは、国籍のある国の言語ではなく、その人にとって、「母国」の言語であって、母国と思えるものがない人は、母国語がないのです(または、失われた国があれば、かつて過去にあった母国の言語が、母国語でしょう)。在日韓国人の人で、アメリカ国籍を取得した人の場合、母語は日本語、母国語は、韓国語ということになる例が基本だと思えます。

2)「普遍文法」は、最近は、色々な考えがあるようですが、基本的に、ノーアム・チョムスキーが提唱した概念です。無論、こういう考えは、彼以前にも、哲学者は普遍言語というものを構想していましたし、言語の人類普遍的な構造の可能性は考えられていました。

しかし、そういう構想を、理論的にモデルとして提示したのはチョムスキーです。これは、猿に幾ら言語を教え込もうとしても覚えないのに対し、人間の子供は、人種・民族・教育階層などに関係なく、言語環境が与えられると、その言語環境の言語を、母語として習得する能力があるので、「言語獲得」は、人間の脳の普遍的構造だと考えられるという事実から構想されます。

つまり、英語、日本語、ドイツ語などの「個別言語」に対し、人間の子供は、それらの個別言語環境に応じて、どの個別言語でも習得できることが、観察事実から出てきているので、あらゆる個別言語の個別文法の基礎に、人間の脳に起源がある、普遍的な「言語習得・獲得」の構造があると考えられ、この構造が持つ、根源的・基礎的な文法構造を、「普遍文法」と呼んだのです。

チョムスキーは、「生成文法」が、その普遍文法の一端を示していると考えました。すべての言語は、生成構造を持つからで、生成文法的に、同じ構造があることが、確認できるので、これが、個別言語の文法の基礎にある、普遍文法であるし、更に、詳細にその構造を研究しようとチョムスキーは試みたと云えます。

チョムスキーとは違うアプローチで普遍文法の研究をしている人たちもいるようですが、チョムスキーは、言語事実に即して、「統辞論的」に普遍性構造を確認しているので、これを無視するのは、おかしいでしょう。

3)「認知言語学」とは、わたしはよく知りません。しかし、言葉が新しいだけで、基本的に、このようなアプローチは過去から、ずっと存在しました。チョムスキーは言語研究において、シンタックス(統辞論)とセマンティックス(意義論・意味論)の二つの領域を当然考慮し、言語の行動的、表現的、機能的意味というものも研究対象に掲げていました。

しかし、彼は統辞論的な、普遍文法構造の分析に多くの研究を費やしたのです。しかし、後になって、シンタックス的な普遍構造以外に、意味論的な普遍構造の研究も重要であるとして、これを取り上げますが、十分な成果は、シンタックスの生成文法の提示のようには達成できなかったのです。

つまり、実は、ここからすでに「認知言語学」と新しく名前を付けた学問の基本研究対象は出ていたのです。チョムスキーの生成文法や、その統辞論的な普遍文法だと、「意味不明」の文章が幾らでも作られます。しかし、現実には、子供は、言語習得の過程で、「無意味な言葉や文章」は使用しなくなります。

つまり、「意味論的な」普遍性の問題があるのです。この言語の「意味機能」「世界把握機能」については、感覚運動シェーマや主観知覚が重要な役割を果たします。そう云った話を、参考URL4と5のページで見てください。5は、わたしの回答があります。参考4は、回答 No.2 を見てください。

言語の意味的・機能的側面では、感覚運動系や主観知覚が大きな役割を果たしており、例えば、比喩として、従来、直喩(シミル)と暗喩(メタフォア)が区別され、シンタックス的には、これは、比喩内容が明文で示されているのが、シミルで、示されていないのがメタフォアです。

従来の意味論では、メタフォアは、詩や人間の想像力・創造力のパワーと密接に関係するものと捉え、比喩の内容が、「隠されている・暗闇にある」という把握でした。しかし、例えば、「狼の魂を持つ男」という暗喩では、狼を知らない人にとって、これは一種の形式的な文章になるのですが、狼と出会った経験があり、その知恵や行動を目の当たりに経験した人にとっては、自分の知覚経験や運動感覚経験、色々な主観的な感情把握の総体として、この暗喩が理解されるのです。また、逆に、そのような把握経験に基づいて、このようなメタフォアが生成されるのだとも云えます。

言語は、思考と共に発達し、思考は言語を通じて「世界把握」を行うのだと最初に述べました。世界把握は、実は、「質問:参考4」の回答者が述べているように、世界の感覚運動的把握、更に、感覚・知覚把握、そして、感情や価値などの意味付けで把握されてもいるのです。

このような、言語と思考と世界把握の発達の様式を念頭におけば、言語の普遍的意味論的構造とは、感覚の認知、対象の認知、更に、意味の認知という人間の行為と密接に関係があるというか、実は、認知を通じて、思考・言語、世界把握は展開するのだとも云えるのですから、「認知心理学」とは、いまさらに、時代錯誤な発想だとも云えるのです。

時代錯誤とは、何か「新しい学問」のように考えていて、実際は、そういう方向の言語研究は、言語学の出発時点から存在していたと言うことです。色々なデータが集まって来て、チョムスキーの研究や、ソーシュールやピアジェの研究なども存在して、ここで、初めて、科学的に、世界把握(認知)と言語学・思考の関係を研究する道筋が出来あがったというか、「学問としての承認」が成されて来て、そのためには、従来にない、別の「学問名」を作ったのだということです。

>参考1:普遍文法-ノーム・チョムスキー
>http://kamakura.ryoma.co.jp/~aoki/paradigm/fuhenbunpou.htm

>参考2:RIKEN (The Institute of Physical and Chemical Research)
>http://www.brain.riken.go.jp/bsinews/bsinews10/no10/issue1_1.html

>参考3:認知言語学
>http://www.kyoto-su.ac.jp/~hiratuka/classes99/cognitive-j.html

>参考4:No.203636 質問:ヒトの言語獲得について
>http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=203636

>参考5:No.261953 質問:“考える”ということについて。
>http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=261953
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=203636,http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=261953

 
1)「母語」というのは、人には一つの人格と自我があり、人格統合が行われているとすると、その人格・自我が思考するときに使用する基本言語のことです。

思考と言語は別個のものではなく、世界の認識や把握も、思考を通じて行われ、その意味で、世界の把握も、言語と別個のものではなくなるのです。基本的な「概念(コンセプト)の言葉」とその意味的システムが、世界を把握する、一種の網になり、これは、統合された人格の場合、一つの言語で行われるのです。

バイリンガルの人などはどうなるのかと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報