27歳会社員です。今の勤めている会社の仕事を続けながら会社の同僚と一緒にインターネットカフェを運営しようかと考えてます。
都合のいい考え方かもしれませんが今の仕事にも不満があるわけではないのですが経営の勉強を実践で学びたいという意味も踏まえて考えております。
運営にあったては個人事業で行う方法がいいと思われますが、このまま会社を辞めずに個人事業をすることは法律的には問題ないでしょうか?
もちろん会社の規則では禁じられておりますが…
また現状の会社の仕事をしながら個人事業に携わるもっとよい考えなどアドバイスいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

既に回答が寄せられている様ですので、私はより具体的な部分について突っ込みを入れてみたいと思います。

(笑)

まず、インターネットカフェのオープンと言う事ですので、不動産仲介と言う観点からみると保証金、貸してくれるオーナーとの出会い、事業計画書など存在しますか?

現金を持っていたとしても、メインバンクからキチンと借りて事業を回していなければ、個人の社会的な保証を見られる事になるでしょう。

従って、お友達感覚で賃室して頂ける貸し主でなければ難しいかと思われます。

また、オープンしたとしても待ちの商売であるビジネスモデルだと思いますので(質問の文面から推測)、来る可能性についてのマーケティング調査、誘致モデル、価格戦略、競合優位性の立地条件、ニーズにピッタリの商品と品質・・・などのマーケティングストラテジーを立てておりますでしょうか?

オープンすれば人がどんどん入るとは限りませんよ。
甘くありません。
それに、良い商品が売れるとは限らないんです。

OLをやりながら、お店の経営をする予定なんですか?
昼間オープンしないんですか?
昼間オープンするなら、OLは休むんでしょうか?
OLの仕事が終わってから夜だけオープンするのでしょうか?

夜だけオープンだとしても、基本的には賃貸料金は安くなりません。夜だけオープンと言う事であれば、夜しか入金の可能性が無いと言う事と、家賃を含む固定費をそれで賄うのは更にリスクを高める事になります

このビジネスモデルは飲食のプロであっても、事前に綿密な調査を行いシュミレーションする問題です。
なぜなら人が入らない場所にお店をオープンしても直ぐ移動できない(引っ越し)からです
飲食の場合は消費財を扱う関係上、高利益率商品が少なく、マイナスにするとそれが足かせになってしまうからです

片手間にやるビジネスではありません
もっと慎重に検討すべきかと思います

安易に出来る事は、他の人も手を出しやすい事であり、それは結果として競合を招きやすい事であります

安易にやれる仕事として、SOHOもありますが、それで成功しているケースは極めて少なく(私が知っている成功している所はSOHOを対象としたSOHOビジネスです。(笑))

仕事を安易に考える所から総てがスタートしているのであれば、お薦めできません。

自分でしかできない事をすべきです。
それが無いのであれば、まず自分が何をすべきか?から考えても遅くは無いと思いますよ。

頑張って下さい!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な回答ありがとうございます。
もっといろいろ考えてみます。

お礼日時:2001/03/17 07:14

法律的には何の問題もありません。


就業規則的に問題です。解雇されても何も文句は言えません。

「低リスクの事業を」とありますが、会社をクビになる可能性が
あるのが十分高リスクなのではないかと思いますが・・・

こっそりやるなら、自宅でできるサイドビジネス系しか無いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。
サイドビジネスの方も調べたいと思います。

お礼日時:2001/03/17 07:16

インターネットカフェなら、FCが結構あるので、


加盟したいといって相談してみてはいかがでしょう。
雰囲気もかなり分かるでしょうし、
勉強がてらということなら、まずはFC加盟がよろしいかと。
自分で一から始めるより楽ですしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。
FCにはちょっと抵抗がるので
ほかの線で考えたいと思います。

お礼日時:2001/03/17 07:19

会社の就業規則にもよります。


一般的には会社の業務に関係あることをすることは避けるべきですね。
会社で得た知識を自己の利益に利用することは就業中の場合はまずいでしょう。

それとインターネットカフェですが、これって低リスクの個人事業とは余り思えないのですが。
開業のためには店舗の確保、PC関連の購入もしくはレンタル、机などのハード関係の購入、飲み物食べ物のソフト面の提供のための資金、ノウハウ、宣伝費。
もっとありますがこういった物を1時間数百円の営業でペイするのはかなり時間が掛かります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
確かに採算等考えると難しそうなので
もう少し考えてみます。

お礼日時:2001/03/17 07:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業主でありながら会社員

「個人事業主でありながら会社員」ということは可能なのですか?
それとも会社員するなら事業主は辞めなければいけないのでしょうか。

Aベストアンサー

>「個人事業主でありながら会社員」ということは可能なのですか?

可能です。

>それとも会社員するなら事業主は辞めなければいけないのでしょうか。

法律上は何も問題ないですが。
会社の就業規則は、どうなっていますか?
もしアルバイトや、他の個人事業を禁止されているなら、
税金の申告書の「普通徴収」にチェックを入れて、他の所得がばれないようにすればまず大丈夫です。

Qブログ運営のサポート代の見積もりについて(HP制作をしている個人事業者です)

ホームページ制作を行っている個人事業者です。
現在制作中のHPにブログを盛り込むことになりました。
失礼な言い方になってしまいますが、今回の依頼者はパソコン関連のことはかなり苦手な方で、ミクシイの日記アップといった操作方法も一人ではよくわからない…という状態です。
その方が一人でブログをアップできるようになるまでには大分大変な道のりであることが予想されます。

これからページ制作の見積もりを出すのですが、ブログのサポートをどこまで行うかによって料金が変わってしまうため、どのように見積もりを持っていくか迷っております。
ちなみに遠方でのやりとりのため、直接指導をすることは難しい状況です。
電話やメールでのやりとりでは伝わりにくい部分も多く、また通信費もかなり高額になることが予想されます。「サポートが難しい状況なのでブログ運営は自分で勉強してください」という言い方も無責任ですし、ある程度のパソコンスキルのある方ならブログ運営は特別難しいことではないですが、その方のスキルでは大きなフォローが必要、ということをどう説明すればよいか、それにあわせた見積もりをどのように出せばよいか、またサポート代として皆さんならどの位請求するか、ご意見をお伺いできればと思います。どうぞよろしくお願いします。

ホームページ制作を行っている個人事業者です。
現在制作中のHPにブログを盛り込むことになりました。
失礼な言い方になってしまいますが、今回の依頼者はパソコン関連のことはかなり苦手な方で、ミクシイの日記アップといった操作方法も一人ではよくわからない…という状態です。
その方が一人でブログをアップできるようになるまでには大分大変な道のりであることが予想されます。

これからページ制作の見積もりを出すのですが、ブログのサポートをどこまで行うかによって料金が変わってしまうため、どのよ...続きを読む

Aベストアンサー

私も最近、ブログ付きのサイトを作りました。質問者さんのケースよりは、パソコンの操作はある程度できるクライアントですが、ご心配は分かります。mixiの日記アップができないとなると、相当厳しそうですね。
1)記事の投稿までを有料として請け負う
 →クライアントにはメール等で原稿をもらう
2)立ち上げ時に操作方法を教育するが、その後はサポートしない
 →場合によってはマニュアルを作る
のどちらかがすっきりするでしょうね。パソコンの操作を都度都度電話等で相談されると、かなり時間を拘束されますし、おそらく有料にした方が困るんじゃないでしょうか(それが本業じゃないでしょうし)。

「mixiの日記アップができない」ということを、クライアントご本人が実体験されているのであれば、そもそもブログを運営するにはその程度の知識が必要だと言うことを理解してもらうのが第一じゃないでしょうか。その上で、その操作を身につける気があるかどうかを話し合うところから始めるしかないのでは。
この際勉強するというなら2にすればいいし、そうでないなら1を提案するという方針です。2にした場合は、それでも問い合わせが来ることはあるでしょうが、それほどは多くならないでしょうし、サイト作成のクライアントサービスだと割り切れる範囲にできるんじゃないかと思います。

私も最近、ブログ付きのサイトを作りました。質問者さんのケースよりは、パソコンの操作はある程度できるクライアントですが、ご心配は分かります。mixiの日記アップができないとなると、相当厳しそうですね。
1)記事の投稿までを有料として請け負う
 →クライアントにはメール等で原稿をもらう
2)立ち上げ時に操作方法を教育するが、その後はサポートしない
 →場合によってはマニュアルを作る
のどちらかがすっきりするでしょうね。パソコンの操作を都度都度電話等で相談されると、かなり時間を拘束さ...続きを読む

Qニュースサイト運営事業の事業計画書 雛形について

お世話になります。

とあるジャンルに特化したニュースサイト運営事業を立ち上げるにあたり、
事業計画書を作っているのですが、雛形になるようなテンプレートデータを
探しています。

無料、有料かかわらず、ネット上でダウンロードできるところをお教えください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 あるわけない
 どんなサイトにせよ起ち上げた瞬間から競争にさらされるんだから、必ず独自に考えた部分が必要。それを他人に教えるようなところがあるわけない。
 なに甘えてんだ?

Qネットオークションを本業、個人事業主でいくか個人でいくか

会社員をやめて、インターネットオークションを本業にしていこうと考えています。

その際、個人事業主登録をする必要があるのでしょうか?
個人でもネットオークションは利用できるのですが・・。

Aベストアンサー

継続性、事業性のある場合は届け出が必要です。
あと、チケットなんかを転売すると逮捕されるのでそういうのは気をつけてください。個人として単品で売る場合とは違い、事業性のある場合はダフ屋行為になりますので。

Q個人運営の場合の特定商取引法の開示について

特定商取引法でたとえ個人のオークションの
販売であっても住所、氏名、電話番号などを
表示するように義務付けられていますが、
不特定多数に情報を開示することは
危険だし、避けたいものです。
落札、購入した人のみに開示することは
出来ないのでしょうか。
個人の販売は個人情報保護法に守られないので
しょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

貴方が個人事業主として税務署に届けを出して、利益を確定申告している場合は開示の必要があると思われます。この場合は屋号なども使っているかと思います。私は個人事業主で申告していますので開示しています。

趣味の範囲内で税務署に申告するほどの売り上げがないようならば開示の必要はないでしょう。用は趣味なのか仕事なのかスタンスをはっきりさせればいいことです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報