最近ちょっと堅めの内容のものばかり読んでいて、小説はさっぱり読んでおらず、息抜きに小説も読みたいな、、、と思っています。北村薫さんの本を読んでから、推理物もいいなぁと思うようになりましたが、なかなか他にコレというものに出会えません。私は、人殺しがあるものや、おどろおどろしいものが苦手なのですが、こんな私にオススメの、読後感のいい推理小説の本、または作家さんをご存知ないでしょうか?よかったらお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

>K・グリムウッドの「リプレイ」などは既に読まれていらっしゃいますか?



初版が出たときに読みました(^^)。これは最初から新潮文庫で出ましたが、当時何度か読み返して、実はつい先日、久しぶりに再読したばかりです。推理小説ではありませんが、北村さんの著作を読んでいるのなら、気になる作品かもしれません。

発売当時はやたら人にすすめてました。今回改めて読んでみて、結構内容を忘れてしまっていたのに、自分でも驚きましたが、当時「傑作だ」と思ったほどの感銘は正直いって受けませんでした。それでも1度は眼を通してもいい作品だと思いますよ。広義のSFということになるんでしょうが。

そういえばSFで読後感がいいというと、おすすめがあります。質問から外れるので恐縮ですが、多少推理的要素も含んでいますし、「リプレイ」的な面も許されるようならば、これもありかなと。広瀬正の「マイナス・ゼロ」。集英社から文庫が出ていましたが、もしかすると絶版になっているかもしれません。どこかで見かけたらぜひ1度手にとってみて下さい。

この回答への補足

お答えいただいた皆様、ありがとうございます。
全部の本に目を通してから、ポイントを考えたいところなのですが、
時間的に難しいので、目を通す前に閉じる事にさせて頂きます。
皆様に平等にポイントを差し上げられるといいのですが、
それもできないので、敢えて選ぶなら…というところで選ばせて頂きます。
お時間をさいて頂いたのにあげられない方、ごめんなさい。
また宜しくお願い致します。

補足日時:2001/03/20 21:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼の方にもご返答頂き、恐縮です。
K・グリムウッドの「リプレイ」ですが、以前は傑作に思われたけど、今はそうでもない、というところなのでしょうか。
同じ本でも時間を経ると、感じるところが異なったりしますから。
きっとbenjaminさんは、本の読者として成熟されたのでしょうね。
いろいろな本を薦めて頂いて、とてもうれしいです。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/03/20 21:29

推理物と言うより、スパイものが正しいんですが、ドロシー・ギルマンの「おばちゃまシリーズ」はどうでしょうか、おばあちゃまと言える歳のガーデニングが趣味のアメリカ人女性がCIAに飛び入りでスパイに志願し、採用される所から始まるこのお話、息抜きにはぴったりだとおもいます。

最後は絶対ハッピーエンドで幸せな気持ちで読み終われます。ぜひ、ご一読ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ドロシー・ギルマンの「おばちゃまシリーズ」ですね。本屋さんで何度か手にとって、戻した事があるシリーズです。
幸せな気分で読み終われるのですか?素的ですね。今度は鞄の中に入れてみようかと思います。(万引きではありません。)
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/20 02:52

児童書なんですが、はやみね かおるさんが書いた「名探偵夢水清志朗シリーズ」は、殺人もなく(第6弾を除いて)色々なことを教えてくれます。

(講談社:青い鳥文庫)
でも、はやみね かおるさんは大人向けの本も出していて、「少年名探偵 虹北恭助の冒険」というのがあり、なかなか大人でも楽しめると思います。(講談社)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

児童書のコーナーには久しく足を伸ばしていませんが、子供のためだけに取っておくには、もったいない本もいっぱいありますよね。
仕事で、はやみね かおるさんの本を探したことはあるのですが、未読です。
今度は人のためでなく自分のために探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/20 02:47

殺人はありますが、やはりアガサ・クリスティでしょう。

定番中の定番です。

rayco14さんのご希望にそうのは、海外ではコージー派と呼ばれています。
ちょっとしたお茶会という意味でしょうか。
シャーロッド・マクラウド、リリアン・J・ブラウン が私は好きです。
参考URLを見て下さい。

参考URL:http://www2.plala.or.jp/amy/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アガサ・クリスティは小学生のとき、数ページで挫折して以来、(幼すぎたのですが)読んだことがないです。あまりに沢山出していらっしゃるし。
どこから手をつけるといいのでしょうね?ともあれ、参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/20 02:43

宮部みゆきさんの「ステップファーザーステップ」はどうでしょうか?


ある中年の泥棒が、雷に当たって、間違って双子の家に落ちた事からはじめるいろいろな事件の話しの短編集です。気持ち悪い殺人事件はでてきません。
両親に駆け落ちされた(!)、かしこくて抜かりのない双子の兄弟と父親役をはるはめになった泥棒さんのコミカルな推理小説です。
ちなみに、宮部さんの小説は時代物からSFまでありますが、どれもおもしろいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宮部みゆきさん。気になっている作家さんでは、あります。
友人で大ファンの人がいて、よく薦められるのですが、一度も読んだ事はありません。手始めに「ステップファーザーステップ」から手に取ってみましょうか。
もう嬉しい悲鳴です。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/20 02:38

北村薫さんを読んで気にいったというなら、まず加納朋子さんをオススメします。


初期の2作、「ななつのこ」と「魔法飛行」は創元から文庫が出ています。角川から文庫化された「いちばん初めにあった海」、これは推理というのとは少し違いますが、先の2作がもし気に入れば(ちょっと切ない謎ときなので)ぜひ読んでもらいたい1冊です。

海外でのオススメはトニー・ケンリック(参考URL)。80年代に入ってからは、ハードな著作も多いんですが、70年代に書かれた「スカイジャック」なんてのは傑作ですけどね。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~ue4k-ngt/bnavi/kenri …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どこかの書評で、加納朋子さんの本を見かけて気になり、ちょっと前本屋さんで探してみたのですが、まだ残念ながら見つけていません。あまり創元推理文庫は、本屋で優遇されていないようでして。読んでみたいと思っております。
トニー・ケンリックさんは初耳の方です。こちらもチェックしてみます。
ちなみに、benjaminさんはK・グリムウッドの「リプレイ」などは既に読まれていらっしゃいますか?(北村薫さん繋がりで)いつも手にとっては、戻してしまうのですが、どうでしょうか?これも気にはなっているのですが。
ともあれ、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/19 22:34

我孫子武丸氏の「人形シリーズ」は殺人ばかりではなく、軽めのミステリで楽しめます。

「人形は炬燵で推理する」とか・・・・。
あくまでも「人形シリーズ」ですからね。我孫子氏の他の作品。例えば「殺戮に至る病」とかは、おどろおどろしいので、ご注意ください。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

我孫子武丸さんですか。初めて聞きました。「人形がコタツで推理する」話なんでしょうか?!でも、タイトルがそそりますね。是非探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/19 22:22

ホックの怪盗ニックシリーズ(早川ポケミス)も良いと思います。


価値のないものを盗むのが専門という変な泥棒の話ですが、人は滅多に死ななかったように思います。ユーモラスなタッチで読後感は良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「価値のないものを盗む泥棒さん」の話なんですか?何だか楽しそうですねv
是非チェックしてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/19 22:19

ホームズと並ぶ名作といえばアルセーヌ・ルパン。


ルパンは人を傷つけないことをモットーとしています。なので血が流れたり人が死んだりということはあまりなかったと思います。
彼は怪盗なので基本的に物を盗むために四苦八苦するという内容ですが、そのためのトリックを考えたり誰かが行った盗みを解決するなど充分推理ものと呼べると思います。
作者はモーリス・ルブランという人です。

殺人がおきても読み心地がさわやかだと思うのは赤川次郎さんの本です。
殺人がおきてもドロドロとした感じはなく、殺人のシーンの具体的な部分や検死といった部分もあっさりと会話を中心に書かれています。
『三毛猫ホームズ』のシリーズの人間の主人公(笑)の刑事さんなんかは血を見ると貧血をおこしたりしてとても人間らしいですよ(笑)
『三毛猫ホームズ』のシリーズを読んでいただけるとすれば一冊目はちょっと暗いのでやめておいた方がいいかもしれません。
それからタイトルに「泥棒」というのがはいっているシリーズもあまり殺人はでてこなくてからっと読めると思います。

赤川次郎さんの本はほんとスッキリしていて読みやすいと思いますのでオススメです。

リンク先は赤川次郎さんの本がたくさん紹介されているサイトです。ぜひ行ってみて下さい。

参考URL:http://www.hi-ho.ne.jp/junfuji/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ルパン、と言えば、ルパン三世しか見たことがないです。(ありがちな答えですね) が、ルブランのアルセーヌ・ルパンも推理物の王道ですよね。
あと、赤川次郎さんですね。赤川次郎さんのはかれこれ10年位前、少し読んでました。が、ちょっと鬱々とした人間の心情の描写が辛くなって、それ以来一度も手にしていません。10年前よりは大人になったことだし、小手調べに立ち読みしてみます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/19 22:15

こんにちは。


短編集ですけれど、アイザック・アシモフの「黒後家蜘蛛の会」と、同じくアシモフの「ユニオン・クラブ奇談」などはおもしろいですよ。
短編なので本格推理というのではないかもしれませんが、短いがゆえに結末が気になって、どんどん読み進んでしまいます。
アシモフはSFで有名な作家なのに、私はもっぱらこの人の推理物ばかり読んでいます。
よかったら読んでみてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アシモフさんですか。SFでというなら名前は聞いたことがある気がします。どんな本を書いているのか本屋さんでチェックしてみます。楽しみです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/19 22:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北村薫

北村薫氏の、女子大生シリーズが好きなのですが、
どこまで文庫になっていますか。
最新刊は?

Aベストアンサー

「六の宮の姫君」まででています。
「わたし」と「噺家」シリーズですよね。
創元推理社(漢字があっているかな?)から高野文子さんのイラスト表紙で出てます。
ネット上のブックマーケットでそろうはずです。

Q闘病生活を送る母に読ませたい推理小説ありますか?

こんにちは、福岡に住む会社員(31)です。
現在、家族3人で暮らしてます。
母(62)は入院中ですが2日前に癌の宣告を受けました。
すい臓癌で余命3ヶ月とのこと。本人はまだ知りません。
4日後に本人に主治医の先生と立ち会って話をする予定です。
聞いた帰りにはジョイフルで父と2人して嗚咽してました。
でも精一杯励まして回復を祈りきろうということで、今は
前向きに考えて自分たちにできる最高のことをしたいと
思ってます。

昨日、会社の帰りに病院に寄りいつもと変わらない風に
母と話をしてたところ、推理小説があればもってきてほしい、
といわれました。
(入院前より顔色は良く、僕と話すのを楽しそうにしてました、現在痛み等はない様子)

無趣味でまじめな母ですが、美空ひばりの唄やTVの
ミステリものを観るのは好きなんです。
私も学生の頃はエラリークインやアガサクリスティを
何冊か読みましたが日本人作家のものはほとんど知りません。

母としては何でもいいから持ってきて、という感じだと思うのですが、
私としましては、気晴らしの読書とはいえその世界に入り込んでいくものですから
できれば質のいいものを読ませたいんです。
できれば読後に憂鬱にならないようなものがいいです。

もし詳しい方で、「これはおすすめ」というものがありましたら
教えて下さいませ。もちろん参考程度でもかまいません。

美空ひばりが好きなわりにCDを1枚も持っていないので
さっきアマゾンでベスト盤(50曲入)を注文しました。
これから闘病生活を送る母に、毎日の楽しみを少しでも増やしてやりたいです。

どうかよろしくお願いします。

こんにちは、福岡に住む会社員(31)です。
現在、家族3人で暮らしてます。
母(62)は入院中ですが2日前に癌の宣告を受けました。
すい臓癌で余命3ヶ月とのこと。本人はまだ知りません。
4日後に本人に主治医の先生と立ち会って話をする予定です。
聞いた帰りにはジョイフルで父と2人して嗚咽してました。
でも精一杯励まして回復を祈りきろうということで、今は
前向きに考えて自分たちにできる最高のことをしたいと
思ってます。

昨日、会社の帰りに病院に寄りいつもと変わらない風に
母...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
お母様の年齢や状況を鑑みて、是非読んで頂きたい推理小説が頭の中に浮かんできました。

歌野晶午さんの「葉桜の季節に君を想うということ」という本です。

読み終わったあと、意外なオチに「えっ!?」と思い、同時に元気を出してもらえると思います。
是非一度、読んでいただいてください。
読みやすいので、あっと言う間に読み終えてしまうかも。
でも、夢中になって夜更かしされると困りますね。

どうぞ、看病にご無理をなされませんよう。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31110653

Qおすすめの推理小説、ミステリー小説

おすすめの推理小説、ミステリー小説を教えてください。

好きな作家は東野圭吾さん、乙一さん、田中芳樹さん、秦建日子さん、松岡圭祐さんです。

海外の作家さんでもOKです。

お願いします。

Aベストアンサー

・天藤真 大誘拐 創元推理文庫
 「文藝春秋・20世紀ベストミステリ・国内部門」第1位をはじめ、多くのミステリ関係の賞に選ばれている誘拐をテーマにしたユーモアミステリー
・川端裕人 夏のロケット 文春文庫
 ロケットをテーマにした第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞受賞の青春ライトミステリー
などどうでしょうか

Q推理小説のシリーズキャラクターもの

こんにちは!よろしくお願いいたします!

今回は推理小説のシリーズキャラクターモノについてお伺いいたします。
私は推理小説が好きで特に「シリーズキャラクター」モノを好んでいるんですね。
感情移入とかしやすいので・・・。
で、皆さんのオススメのシリーズキャラクターものを教えていただきたいんです!
有名どころは
京極夏彦 京極堂シリーズ、森博嗣 犀川シリーズ、島田荘司 御手洗シリーズ、
有栖川有栖 火村、江神シリーズ、綾辻行人 島田シリーズ 東野圭吾 加賀シリーズ

あたりでしょうか。この辺りは読んでいるのですが、他にオススメがあったら
ぜひぜひ教えて下さい!魅力溢れるキャラクターをお待ちしてます(笑)。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

三度戻って参りました!!
調べましたよーーーー!!笑

私かなり読み漁ったので
勘違いしておりました。

<1冊づついろいろなモチーフが決まってあり
<(ザッハトルテのようなケーキやガラス工芸、中国茶器等もあり)
<それにまつわる殺人事件がおきて
<なぜか探偵ではなく小学生が解決してしまうんです。

これは同じ作者が書いた別の小説でした!!
小学生の話とモチーフの話は別々です!!
失礼致しました!!

それでは本題に
私が最初に言っていた俊介くんが主人公の小説は
太田忠司(徳間書店)の
狩野俊介(かのうしゅんすけ)シリーズでした。
★月光亭事件
★幻竜苑事件
★夜叉沼事件
★玄武塔事件
★天霧家事件
★降魔弓事件
★狩野俊介の冒険
★狩野俊介の事件簿

などのシリーズものです。
やはり徳間さんが出してるので
低年齢向きだったです。
けどそこがまたほのぼのしてて
(殺人事件がおきるのに『ほのぼの』ってのもどうかな?)
読み物としては面白いと思います。
すぐ読めるし!!

それから私が勘違いしてて面白かった
モチーフごとに殺人事件がおこるのは

祥伝社から出ている
霞田志郎シリーズです。
もちろん作者も同じ太田忠司です。

こちらはしがない文書屋さんが
なぜか事件に巻き込まれ
妹ともども珍道中を起こしながら
解決していく話です。

★巴里人形の謎
★東京「失楽園(エンジェル)」の謎
★倫敦時計の謎
★上海香炉の謎
★稚内オルゴールの謎

です。うーーん確か
ユダヤ人ホロコーストがモチーフになった話が
あって、それはすんごい面白かったっていうか
うーーーーーんって考えさせられました!!

あ~~また推理小説読みたくなったなぁ。
けど只今風邪引いてるんで全快してからだな!!笑

ご参考になれば幸いです!!
何度も登場しまして申し訳ありません!!
ぜひお暇があったら読んでくださいね♪

三度戻って参りました!!
調べましたよーーーー!!笑

私かなり読み漁ったので
勘違いしておりました。

<1冊づついろいろなモチーフが決まってあり
<(ザッハトルテのようなケーキやガラス工芸、中国茶器等もあり)
<それにまつわる殺人事件がおきて
<なぜか探偵ではなく小学生が解決してしまうんです。

これは同じ作者が書いた別の小説でした!!
小学生の話とモチーフの話は別々です!!
失礼致しました!!

それでは本題に
私が最初に言っていた俊介くんが主人公の小説は
太田忠...続きを読む

Q名コンビが探偵役の推理小説(できればシリーズもの)を教えてください

こんばんは。
タイトル通り、名コンビが探偵役の推理小説を探しています。
(頭が切れる探偵と、ワトソン的な助手といった組み合わせ)
面白ければ続けて読みたいので、できればシリーズものがいいのですが、そうでなくてもかまいません。
事件のタイプは問いません。
(大掛かりなトリックものでも、日常の些細な謎を解くようなものでも)
どちらかというと、謎を解くまでの間のコンビのやりとりが面白いものが好きです。

例えば、
有栖川有栖さんの火村英生とアリス
島田荘司さんの御手洗潔と石岡和己
作者失念・・・猫何とか先輩?とか
※他にもあったと思うのですが、思い出せません・・・。

好きな作家は
乃南アサさん
若竹七海さん
宮部みゆきさん(時代小説は読まないのですが)

綾辻行人さん、霧舎巧さん、赤川次郎さんなんかも以前読んでいました。

ちなみに、京極夏彦さんのシリーズはちょっと・・・です。
(読むと面白いのですが、本が厚すぎてなかなか読む気になれず・・・)
あと篠田真由美さんの建築探偵系もちょっと苦手です・・・。
(探偵が美形だという描写が多すぎた印象が・・・。)

よろしくお願いします。

こんばんは。
タイトル通り、名コンビが探偵役の推理小説を探しています。
(頭が切れる探偵と、ワトソン的な助手といった組み合わせ)
面白ければ続けて読みたいので、できればシリーズものがいいのですが、そうでなくてもかまいません。
事件のタイプは問いません。
(大掛かりなトリックものでも、日常の些細な謎を解くようなものでも)
どちらかというと、謎を解くまでの間のコンビのやりとりが面白いものが好きです。

例えば、
有栖川有栖さんの火村英生とアリス
島田荘司さんの御手洗潔と石岡和己
...続きを読む

Aベストアンサー

北村薫さんの作品はいかがでしょうか?
どれもおもしろいですが、名コンビで言えば
『覆面作家は二人いる』シリーズ
『空飛ぶ馬』など「円紫さんと私シリーズ」
『冬のオペラ』
『街の灯』

本当にどれもオススメです。
上に挙げられた作家がお好きなら、絶対にお気に召すはずです!!
是非どうぞ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報