http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/01/012/01201. …
上記に
【小日向氏】が越後橘姓を称する。
と記されていますが、もっと詳しいことを知りたいです。

●小日向氏とはいかなる氏族なのか?
●小日向氏の本拠地はどこ(やっぱり越後?)で、どのようなことを行ったのかなど・・・

小日向氏に関することならば、どんな情報でも結構です。
教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

新潟県上越市安塚区にある直峰城の城主だったようで、直江兼続の実家である樋口氏の前の城主のようですね。

下記にそれが記されています。どういう経緯で城主が交代したのか等、詳しいことは分かりません。

参考URL:http://ishigakiotoko.web.fc2.com/shiro/niigatak/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答をありがとうございますっ♪
新潟県上越市安塚区にある直峰城の城主が小日向氏だったのですね。
ということはやはり越後を本拠地としていた氏族であると
考えられそうですね。

越後橘姓を称したということなので
奈良時代に臣籍降下した橘氏の一派なのかと思いますが
小日向氏の祖は誰なのか、興味があります。

Willytさんの回答は大きな解決の糸口となりそうです。

大変参考になりました。
ありがとうございます!

お礼日時:2009/08/25 18:22

http://www.digistats.net/z/index.php?%BD%F4%BB%E1
上記HPでは、敏達天皇末裔となってますね。

この回答への補足

スイマセン、返礼の文章に間違いがありました。

橘諸兄は敏達天皇の5世(もしくは4世)の子孫であったが、
736年に母・橘三千代の姓氏である橘宿禰を継ぐことを願い出たのだそうです。

したがって、橘諸兄は正確には橘氏の祖ではないです。

ウィキペディアには初代橘氏長者と記されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%98%E8%AB%B8% …

しつれいしました!

補足日時:2009/08/26 15:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。

敏達天皇の後裔で大宰帥美努王の子であった葛城王が臣籍降下して
橘姓をたまわりました。
これが橘諸兄です。

つまり、橘諸兄が橘氏の祖です。

ここからさらに
橘家 大原家 豊岡家 吉野家 芳野家 池上家 春日家 香山家 甘南備家 守山家 路家 飛多家 国見家 大宅家 英多家 田中家 若林家 古曽部家 田辺家 有良家 後藤家 広岡家 正玄家 井出家

(伊賀橘姓比自岐氏) 比自岐家 岡波家 摺見家 森界家 外上家 阿波家 下阿波家 富永家 根延家 平松家 猿野家 湿付家

(越後橘姓)小日向家

と分かれていったわけですが
橘諸兄ののち、誰を祖として小日向家が成立したのか
ということを調べているのです。

ご紹介くださったサイトは大変参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/08/26 12:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今日放送された「メレンゲの気持ち」の小日向文世さんについて!

いつもお世話になっております。
今日のお昼に放送された「メレンゲの気持ち」に俳優の小日向文世さんが出演されていたらしいのですが、残念なことに見逃してしまいました。番組をご覧になった方がいらっしゃいましたら、トークの内容を教えていただけないでしょうか。どんなに些細なことでも構いません。気になって仕方ないので、どうぞ宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

覚えている限り羅列してみますので、判りにくいところがありましたら、補足要求してください。

まず、メレンゲ写真館は20歳ぐらいの時の長髪(ふんわりカールさせた感じ)の写真でした。松本明子が「フォークシンガーみたい」と言ってました。

もともとはグラフィック・デザイナーになりたかったそうですが、いろいろあって高校卒業後、写真の学校へ行って卒業したそうですが、なんか違うな~、という感じで文学座の試験を受けたそうです。

しかし、不合格になり、アルバイト生活をしていた時に、そのバイト先の社長(?)が中村雅俊さんの知り合いで、ライブなどのバックステージ・スタッフを探しているから、お前やってみないか?と言われ(もしかしたら雅俊さんのコネで文学座に入れるかも?という気持ちもあって)裏方として参加したそうです。

その後、雅俊さんの付き人になったそうで、大船の撮影所で雅俊さんと並んで撮った写真も公開されました。
そして、雅俊さんからビデオレターで、「小日向が自由劇場に入ったあと、はじめて主役をもらったって言って、電話をかけてきて、見に言ったら結構前の方の席で、舞台で演技している小日向がすごく眩しかったことを覚えてます。こんど共演しましょう」というメッセージがありました。

自由劇場(吉田日出子さんがいた劇団です)での同期は男3人ぐらい名前を言ったんですが忘れました。女性は「余貴美子」さんが同期だそうです。
で先輩の笹野高史さんがめっちゃこわくて、舞台の大道具の責任者が笹野さんで、小日向さんは図面を引く役目だったそうです。

で、徹夜みたいな感じで舞台を作っている作業の途中で、笹野さんと一緒に小日向さんが仮眠をとっているときに、笹野さんとケンカをしている夢を見て、ふと目を覚ましたら、となりで笹野さんも目をさまして「今、お前に首を絞められている夢を見てた」と言ったそうです。怖い話ですけど笑えました。

HEROでキムタクと共演をした頃、子供が幼稚園に通っていて、子供の父兄たちから、キムタクと共演している人、として結構人気があったそうです。

子供は5年生と年長さん、だったかな。39歳で結婚して41歳の時に上の子供が生まれたそうです。奥さんも自由劇場の女優さんだったそうです。
自由劇場には23歳から42歳で劇団が解散するまで19年間在籍したそうです。

その自由劇場には、久本さんの妹(朋子)も一時期在籍していたそうです。

覚えている限り羅列してみますので、判りにくいところがありましたら、補足要求してください。

まず、メレンゲ写真館は20歳ぐらいの時の長髪(ふんわりカールさせた感じ)の写真でした。松本明子が「フォークシンガーみたい」と言ってました。

もともとはグラフィック・デザイナーになりたかったそうですが、いろいろあって高校卒業後、写真の学校へ行って卒業したそうですが、なんか違うな~、という感じで文学座の試験を受けたそうです。

しかし、不合格になり、アルバイト生活をしていた時に、その...続きを読む

Q織田信長は平氏?源氏?藤原氏?橘氏?忌部氏?

『尾張の織田家は元々は藤原氏、橘氏に連なるものであり、熱田神宮とも深いつながりがあったようです。
尾張の物流を司る津島神社の宮司家に連なる者であり、津島港を押さえていたため、尾張守護の斯波氏や尾張守護代の織田本家もうかつに手を出せない立場にあったようです。

尾張における海運の発祥は、日本武尊が東国遠征から帰ったあと婚姻すると約束した美夜受比売の兄、建稲種命。
この人が尾張水軍を率いてた人で、尾張氏。
藤原氏を中心とした物部連に連なる人です。
この美夜受比売がのちに日本武尊から預かった剣こそ、通称、「草薙の剣」と呼ばれる「天叢雲剣」です。
そして、その剣を収め、祀ったのが熱田神宮です。
今でも熱田神宮の奥には「天叢雲剣」が御神体としてあるらしい。
このように熱田神宮は常に、尾張の物流の根幹を握っていたようです。」

という内容を読み聞きしたのですが、本当に織田氏は藤原氏=熱田神宮に関係する家系なのでしょうか?
(信長が平氏を名乗ったのは知っています。)

Aベストアンサー

『織田系図』・『織田家譜』では平重盛の子資盛の遺児、親真を祖とし、初めは近江国津田荘に、そして越前国丹生郡織田荘の織田剣神社の神官へ養子となり織田氏を称したとあります。
 しかし、永正15年(1518)に守護代織田達勝が円福寺に出した禁制では「藤原達勝」とあり、信長も天文18年(1549)に出した禁札に「藤原信長」と署名しています。信長が平姓を名乗ったのはご承知の通り天下統一に向けて、源氏である足利家への抵抗からでしょう。そのため、平氏の落胤に結びつけた系図を作成したというのが妥当ですね。

 ですから織田氏は、藤原氏であり越前国丹生郡織田荘を本拠としていたというのが、通説となっています。ただ信長が途中から平と氏を変えたように、「織田は藤原氏だった」というよりも、「織田は藤原氏を名乗っていた」ぐらいに見るのが妥当ではないでしょうか。昔は地方ほど無姓の者は「藤原」を名乗って、ステータスとしていた時代もあったのですから。それが大量に藤原氏の流れを汲む一族が生まれる一因となります。

 また藤原だったから攻めなかったというのも、後世の後付の域を出ない内容でしょう。今目の前にいる肉親ですら平気に争っていた時代に、そんな大昔の氏族つながりがどれほど意味があったでしょう。

「氏神というものは複数存在するものなのでしょうか」
氏神が本来の“氏の祖神、祖先を祀った神社、あるいは神”という意味ではなく、郷土の産土神や有力神を氏族の守護神としたものという意味で使われているのであれば、複数存在してもおかしくはないでしょう。それ以前に藤原氏であれば氏神社は奈良の春日神社ですが、藤原といっても鎌足や不比等の流れを汲むものではなく、ステータスとして名乗っていた藤原であれば、そほど意識はしないでしょうね。

 尾張氏(おわりうじ)は天火明命を祖神とし、本宗家は天武天皇13年(684)に姓(かばね:氏とともに朝廷より賜る称号)を連(むらじ)からより高いの宿彌(すくね)に改められます。

 熱田神宮は当初、尾張氏が奉斎していましたが、12世紀初頭からは藤原南家の熱田大宮司流が大宮司を勤めます。

『国史大辞典』吉川弘文館
『日本史諸氏諸家系図大辞典』講談社

『織田系図』・『織田家譜』では平重盛の子資盛の遺児、親真を祖とし、初めは近江国津田荘に、そして越前国丹生郡織田荘の織田剣神社の神官へ養子となり織田氏を称したとあります。
 しかし、永正15年(1518)に守護代織田達勝が円福寺に出した禁制では「藤原達勝」とあり、信長も天文18年(1549)に出した禁札に「藤原信長」と署名しています。信長が平姓を名乗ったのはご承知の通り天下統一に向けて、源氏である足利家への抵抗からでしょう。そのため、平氏の落胤に結びつけた系図を作成したというのが妥当で...続きを読む

Q小日向氏 越後橘姓

http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/01/012/01201.htm
上記に
【小日向氏】が越後橘姓を称する。
と記されていますが、もっと詳しいことを知りたいです。

●小日向氏とはいかなる氏族なのか?
●小日向氏の本拠地はどこ(やっぱり越後?)で、どのようなことを行ったのかなど・・・

小日向氏に関することならば、どんな情報でも結構です。
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

新潟県上越市安塚区にある直峰城の城主だったようで、直江兼続の実家である樋口氏の前の城主のようですね。下記にそれが記されています。どういう経緯で城主が交代したのか等、詳しいことは分かりません。

参考URL:http://ishigakiotoko.web.fc2.com/shiro/niigatak/nomine/nomine.htm

Q橘氏と立花氏

橘氏と立花氏はつながりがあるのですか?

橘氏は皇族の出で 橘諸兄や奈良麻呂などがいます
立花氏は戦国時代に立花道雪と義理の息子の宗茂が名乗っています

しかし道雪も元は戸次姓だし宗茂も高橋姓です


この両家は同じ 「たちばな」 なのでしょうか?

Aベストアンサー

いわゆる源平藤橘の「橘」姓と豊後大友氏の庶流である「立花」氏との関連という意味で理解しました。
つながりはありません。まったく別の「たちばな」です。

立花氏は、大友氏の一族が立花山城に居住するようになったことから名乗るようになったといわれています。つまり、地名由来の名字です。
また、大友氏は藤原姓とされており、橘姓とも関係ありません。もちろん大伴姓とも関係ありません。

なお、戸次道雪の戸次氏も筑後高橋氏も橘姓ではありません。

Q小日向文世さんについて

「さよなら、小津先生」に出演している小日向文世さんがすごく好きでファンレターを送りたいのですが、どこに送ればいいかわかりません。知ってる方がいれば教えてください。よろしくお願いします。その他、小日向情報があれば感激です。

Aベストアンサー

mimi6 さん、こんばんは~☆♪

> ファンレターを送りたいのですが、どこに送ればいいかわかりません。

小日向文世(こひなた ふみよ)さんが所属されておられる事務所は、
『ファザーズコーポレーション』です。

手紙なら、下記の住所に出されてはいかがでしょうか。

住所 150-0042 東京都渋谷区宇田川町12-3 ニュー渋谷コーポラス701
TEL:03(3464)7175 FAX:03(3464)6873

【ファザーズコーポレーション】
http://www.tokyokandenchi.com/fathers_info.html

メールなら、coolguys さんがご紹介されておられる
URLのメルアドしかわかりませんねぇぇ。


> その他、小日向情報があれば感激です。

1954年1月23日生まれ北海道出身でO型。
出身校-東京写真専門学校
代表作-リング・徳川慶喜・神様もう少しだけ・愛を乞う人
元自由劇場出身

下記のURLで主な出演作品が見れますよ。

【小日向文世プロフィール】

http://www.tokyokandenchi.com/profile/kohinata.html

少しでもご参考になれば、幸いです。


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -

mimi6 さん、こんばんは~☆♪

> ファンレターを送りたいのですが、どこに送ればいいかわかりません。

小日向文世(こひなた ふみよ)さんが所属されておられる事務所は、
『ファザーズコーポレーション』です。

手紙なら、下記の住所に出されてはいかがでしょうか。

住所 150-0042 東京都渋谷区宇田川町12-3 ニュー渋谷コーポラス701
TEL:03(3464)7175 FAX:03(3464)6873

【ファザーズコーポレーション】
http://www.tokyokandenchi.com/fathers_info.html

メールなら、coolguys さん...続きを読む

Q関東管領の上杉禅秀(氏憲)と越後の上杉氏

 前(?)関東管領の上杉禅秀は、
足利義嗣と共謀して、鎌倉公方の足利持氏を駿河に追い出しましたが、
後に足利義満と越後の上杉氏に討たれ、自害したと認識しています。

 この上杉禅秀と、越後の上杉氏は、
同じ上杉姓ですが、何か関係あるのでしょうか?
ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウィキによると、越後上杉氏は上杉氏憲の犬懸上杉家の分家にあたるようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%89%E6%B0%8F

御存じだとは思いますが、上杉謙信は越後上杉氏の系譜ではなく山内上杉氏にあたります。

Q小日向文世さん主演の映画タイトル

小日向文世さんが主演されていた映画で、
ストーリーの最後が、小日向文世さん演じる主役と奥さんと子供が、サーカスを観客席から見ながら、「どれだけ貧乏でも幸せと感じながら生きる事が大切(?)」のようなメッセージを残して終わる映画のタイトルが思い出せません。
どなたかご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

少し違うかもしれませんが…小日向さんが「楽しそうに生きていれば重力なんて消してしまえる」と話す「重力ピエロ」でしょうか?
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/report/2008/07/4284/

Q伊達氏、真田氏、徳川氏、豊臣氏、毛利氏、武田氏、北条氏

伊達氏、真田氏、徳川氏、豊臣氏、毛利氏、武田氏、北条氏
は今でも続いているんでしょうか?それとも滅んだんでしょうか?

Aベストアンサー

大名家は直系の子孫は絶えることが少なくなく、親戚周りから養子が入って血脈を継ぐことで氏族としては繋がっています。
北条氏も狭山藩1万石の大名として幕末まで続き、創価学会の北條浩(4代目会長)などが出ています。
徳川氏は家光の(男系の)血脈は館林藩越智清武で絶えていますが、8代将軍吉宗の血脈として、德川恒孝氏が徳川宗家でしょう。
豊臣氏は氏(うじ)ですから、木下家が豊臣氏であり、足守藩木下家として幕末を迎えます。
血筋としては、真田信繁の3男に秀次の血が入っており、出羽亀田藩の家臣として三次氏を称しています。

Qある俳優さんの名前がわからなくて・・・

ある俳優さんの名前が思い出せずに困っています。
たまにTVドラマに出ていたと思うのですが、そのドラマ名も思い出せません。

うろ覚えなのですが、最近では映画「キャシャーン」に出ていたかもしれません。
少し前のTVブロスの中で「この役は美輪明宏さんでもよかった・・・」みたいなインタビューを受けていました。
確かに美輪さんのような雰囲気を持った方です・・・。

キャシャーンでいろいろ検索してみたのですが、
伊勢谷友介/麻生久美子/寺尾 聡/樋口可南子/小日向文世/宮迫博之/
佐田真由美/要 潤/西島秀俊/及川光博/寺島進/大滝秀治/三橋達也/唐沢寿明・・・
の中にはこの人の名前は含まれていません。

断片的な情報ですみませんが、どなたか教えて頂ければ助かります!

Aベストアンサー

篠井英介(ささい・えいすけ)さんです。

TVブロスの5月15日号の5ページに載っています。

インタビューの内容をそのまま転記すると著作権に
抵触する可能性があるので、一部分だけ書かせていただきます。

「(略)ジルだと美輪明宏さんがピッタリだと思いません?
僕も見てみたいくらい!
でも美輪さんだとすごく圧倒的な存在感になると思うんです。
だから、僕はその逆にシンプルでノーマルなジル(以下略)」

Q山名氏の本拠地

室町時代・戦国時代の山名氏の本拠地はどこにあったのでしょうか。どこの町を訪ねれば山名氏関係の史跡を見ることができるでしょうか。

Aベストアンサー

山名時義が但馬守護になってから山名氏の惣領家は但馬出石郡の此隅山城を本拠にしました。
以来七代二百年余りの間、出石を本拠にしています。

此隅山城
http://www2.harimaya.com/sengoku/zyosi/konosumi_jo.html

出石は大きな町であったにもかかわらず鉄道が通らなかったので、昔の雰囲気がよく残っており、「但馬の小京都」と呼ばれています。
しかし、それも江戸時代のころの雰囲気です。
私は何回か訪れましたが、山名氏の史跡についてはよく知りません。
思いつくままに書きます。
山名裕豊が天正2年(1574)に此隅山城から有子山に移り、そこに築いた有子山城(出石城)からの眺めはよいですね。
江戸時代初期の名僧・沢庵は、裕豊の家臣秋庭綱典の出石に生まれ、宗鏡寺で修行しています。
「たくあん漬け」で有名です。静かで落ち着いた庭があります。

出石の観光
http://www.izushi.co.jp/map/index.html

出石から少し離れますが、兵庫県香美町の村岡陣屋も山名氏に関係があります。
この陣屋のある町なみは明治時代以降の建物が多いですが、山名氏の雰囲気を感じます。
村岡陣屋
http://www.siromegu.com/castle/hyogo/muraoka/muraoka.htm

山名時義が但馬守護になってから山名氏の惣領家は但馬出石郡の此隅山城を本拠にしました。
以来七代二百年余りの間、出石を本拠にしています。

此隅山城
http://www2.harimaya.com/sengoku/zyosi/konosumi_jo.html

出石は大きな町であったにもかかわらず鉄道が通らなかったので、昔の雰囲気がよく残っており、「但馬の小京都」と呼ばれています。
しかし、それも江戸時代のころの雰囲気です。
私は何回か訪れましたが、山名氏の史跡についてはよく知りません。
思いつくままに書きます。
山名裕豊が天...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報