1.サッカ-は、ヨ-ロッパと南米が盛んですね。
2.バスケットはやはりアメリカでしょうか。
3.野球は日本とアメリカということなんでしょうか。

このような、スポ-ツの人気と国の関係について、教えてください。
また、この辺の情報が解説されているお勧めのURLがあれば
あわせて教えてください。

ではでは。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 これは「国力」つまり世界の覇権と大きな関係がありますね。

とにかくアメリカって国は自分がNo.1でないと気が済まない国なんですね。だからカート(自動車レース)でも野球でも<ワールド・シリーズ>なんて言ってますからね。全然ワールドじゃねえじゃん!^^;・・って思いませんか?。(笑)
 南米でサッカーが盛んになったのはとにかくボールひとつと,あとは平らな土地があれば練習が出来るって事。お金がかからないし,スター選手になれれば貧乏から抜け出すことが可能です。貧困の国では,ウエアーだのブーツだの,と贅沢を言うことは出来ません。食べることが最優先です。
 野球についてはプロがあるのはアメリカの他には日本と韓国,そしてキューバあたりしかないです。実はボウリングもアメリカの他には日本と韓国にしかプロが存在しません。つまり日本はアメリカの真似っ子をして,それを弟分の韓国も真似してきたって事です。でも野球がもはや日本の「国技」と呼んでもおかしくないほど発展したのは,やはり日本の国民性にマッチしたと言えるでしょう。独特の「間」がありますからね。あれは武士道にも通じるものがあると思います。サッカーにはないです。プレーが連続していますから・・。
でも最初はアメリカに占領されたというきっかけがあってのことだったと思います。マッチしないものは発達していませんから(例えばアメリカンフットボールなど)全てを取り入れたとも言えません。
 バスケットはほとんど(白人系)アメリカ人のスポーツと言うより,黒人の独壇場じゃないですかね?。だって白人のプレーヤーがほとんどいないでしょ?。本当はスポーツは何をやらせても黒人にはかなわないのじゃないでしょうか?。もっとも運動性能の優れた民族ですからね。
 結論としてまずは人種の違いによって得手不得手がある・・と言うこと。
 次に相手に勝てそうな分野には挑戦してみるけれど,あえて負けると分かっている勝負には手を出さない・・と言うところじゃないでしょうか?。
 アメリカが長い間サッカーに手を出さなかったのも,長いヨーロッパの歴史にあえて挑戦しようとは思わないでいたのかもしれません。それ以外の経済や軍事はすでに世界のNo.1なのですから,ヨーロッパの最後の砦であるサッカーに,勝ってしまえばばつが悪いし,負ければカッコつかないですし。手を出さないのが一番だと判断したのでしょう。
 
    • good
    • 0

すみません。

ぱっとそういうページは浮かびません。
でも、「国技」や「Nashonal Sports」で検索すれば、それなりのところが見つかるかもしれません。
ごめんなさい、いいかげんな回答で。
    • good
    • 0

あまり的を得ない回答ですが、そのスポーツがどこで生まれたものなのかを調べると何となくわかってくるような気がします。

例えばアメリカで生まれたスポーツはオフェンスとディフェンスがはっきりと分かれていますがヨーロッパで生まれたスポーツはオフェンスとディフェンスが同時に進行していきますよね!まともに調べたわけじゃないのですが、そんなところにもスポーツの栄えていく背景が見えるような気がするのは私だけでしょうか・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ3大スポーツで総合的に米国内で人気NO.1はどれ?

アメリカには野球、バスケットボール、アイスホッケーの3大メジャースポーツがありますが・・
収入、放映権料、選手年棒、視聴率etc様々な要素を総合的に見て
真の米国内人気NO.1スポーツはどれでしょうか?
またその簡単な理由も私見で構いませんので併せてお教えください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 他の方も指摘されているように、なぜフットボールを抜かして
いるのか、まったくもって不思議なのですが……。

 そして結論も、言うまでもなくフットボールです。調査会社の
ハリスインタラクティブやギャラップのレポートでも明らかです。
ちなみにプロなら NFL>MLB>NBA>NHL ですね。
アマチュアだと フットボール≒バスケット>ホッケー>野球でしょう。

 視聴率と放映権料は相関関係にありますが、NFLがズバ抜けて
います。月曜日夜のマンデーナイトフットボールだけで、実に年間
5.5億ドルの放映権料となります。先日、パッカーズ@ヴァイキングス
の因縁の対決がESPNで放映されましたが、この試合は米CATV
史上で最大の視聴者数を記録しました。

 そしてNFLの放映権料総額は、年間20億ドルを超えています。他の
スポーツだと、サッカーW杯は直近のドイツ大会で 1350 億円でしたから、
サッカー界最大の祭典全体より、NFLという1リーグの年間放映権料の
ほうが高額なんですね。ちなみに北京五輪は全体で25億ドルでした。

 年俸の比較はちょっと難しいです。それぞれのスポーツでチームの
選手数が大きく違いますし、選手個人とチーム総額でも異なります。
たとえばNBAは同チームとの契約更新では年俸が青天井になるので、
たまに年俸 30 億円なんて契約も生まれます。またMLBはチームの
差が激しく、ヤンキースと下位球団では年俸総額が5倍も異なります。

 NFLは選手数が多いので、平均年俸ではMLBにおよびませんが、
最低給与はもっとも高く、チーム総額の平均ももっとも大きいです。

 なお、フットボールが米国人気トップになったのは 1970 年代で、
それまでは野球( MLB )のほうが人気でした。NFLが旧AFLと
合併したのを機にスーパーボウルが始まったあたりから人気が逆転して
います。その後、MLBは何度もストライキしたりして、人気を落として
しまいました。

 なおカレッジでは、平均的に見るとフットボールが一番人気ですが、
NCAAトーナメントの時期になるとバスケットのほうが話題になります。
3月に開催される準決勝・決勝は「ファイナル4」と呼ばれ、これを
テレビ観戦する人が多いため、この時期は病欠(つまり仮病)する人が
年間で最多となります。こういった現象をマーチマッドネスと呼びます。

 いっぽうでNFLスーパーボウルは日曜日の開催なのでズル休みはあり
ませんが、試合前日の土曜日は、1年でもっとも食料品が売れる日です。
みんな大量に買いこんでホームパーティーに備えるからです。また試合の
当日は、宅配ピザがもっとも売れる日でもあります。

 MLBもけっこう高人気ですが、実は東西格差が大きいんです。証拠に
エンゼルスが全米制覇した2002年のワールドシリーズは、史上最低の
視聴率を記録しました。フットボールやバスケが全米で人気なのとは
微妙に事情が異なっているのです。

 他の方も指摘されているように、なぜフットボールを抜かして
いるのか、まったくもって不思議なのですが……。

 そして結論も、言うまでもなくフットボールです。調査会社の
ハリスインタラクティブやギャラップのレポートでも明らかです。
ちなみにプロなら NFL>MLB>NBA>NHL ですね。
アマチュアだと フットボール≒バスケット>ホッケー>野球でしょう。

 視聴率と放映権料は相関関係にありますが、NFLがズバ抜けて
います。月曜日夜のマンデーナイトフットボールだけで、実に年...続きを読む


人気Q&Aランキング