質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

こんにちは。
大学院の成績はほとんど優が普通なのでしょうか?
というのも、私は学部の成績は優・良・可がそれぞれ1/3の割合です。
しかし大学院の成績は一つ良で後はすべて優です。
どこの大学でも大体こんな感じなのでしょうか?
ご教授ください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

少なくともわたしの大学ではそんな感じですね。

私も似たようなもんです。
ある教授曰く、「大学院は出席点が半分、後はレポートが半分の絶対評価」。つまり、全部出席して、レポートが並程度にできていたら必然的に80点以上のA評価(優)になります。

ちなみに私の大学では90点以上のAAがありますが、これはあんまりでない様です。

特に理系の大学院では講義うんぬんで時間を取られるよりは実験をしてほしいというのがどの教授でも共通でしょうから、学部時代よりはそのあたりはわりかしいいかげんなのでしょう。
これでも昔よりは厳しくなったのだそうです、文部省から単位認定の厳格化をしろとのお達しだそうで。(むかしは出席点オンリーというのも珍しくなかったそうですよ。今はレポートかテストを課さなければならないというガイドラインができたそうです。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>ある教授曰く、「大学院は出席点が半分、後はレポートが半分の絶対評価」。つまり、全部出席して、レポートが並程度にできていたら必然的に80点以上のA評価(優)になります。

どこもそんな感じなのですね。
参考になりました。

お礼日時:2003/04/15 23:00

理系大学院生です。



はい、そのとおりです。
うちの大学でも大学院の成績はほとんど優です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>うちの大学でも大学院の成績はほとんど優です。

どこも同じですね。
参考になりました。

お礼日時:2003/04/15 23:03

私は、今年から理系の大学院生になりました。


まだ、講義はないんですが、
先輩や友達、他大学の友達に聞いてみたら
成績はほんとど優がもらえるそうです。
講義の内容も自分たちで関連ある論文を探して発表するような形式らしいので
出席と発表ができればよいらしいです。
もちろんテストもないらしいです。
やはり、院生は実験中心なんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>やはり、院生は実験中心なんでしょうね。

私も理系の院生です。
院生はやはり研究がメインなんですね。

お礼日時:2003/04/15 23:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学院の成績と就職活動時の面接について

大学院の成績と就職活動時の面接について

私は今、国立大学の理系大学院修士の1年生です。
前期の成績が開示された為確認したところ、専門科目で可と良の成績を一つずつ取ってしまいました。
大学院の講義は、優もしくは秀を取るのが当たり前と聞いていたのですが、
私が来年就職活動で企業の面接を受けた時に、面接官に大学院の成績を見られて可や良があるのを確認されたら
その時点で大きなマイナスの印象をもたれるものなのでしょうか?

知り合いに相談したところ、
『企業によってはかなりマイナスに取られるところもある』
と言っていた為、非常に怖くなってしまったのですが…
一方で、
『一つや二つなら可を取ってしまう事もある、何個も可を取ったりしない限り問題ない』
という意見も頂いたので、良く分からなくなってしまいました。

ちなみに学部生の頃の成績は8割がた優以上で、大学院のその他の成績も優以上は取得しています。
どうかご意見を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

院に進学する人は通常、優が一般的ですが、絶対ではないと思います。

私は修士の時、かなりの単位を取得しました。保険のつもりもありましたし、がむしゃらに勉強したい気持ちもありました。その結果、良も不可もありました。
就職の面接ではシラバスでは内容が理解できなかったので、履修登録をして授業に出ましたが、直接研究に関係がないと思い、真摯に取り組みませんでした。

自分の研究に関することは真剣に取り組みましたと伝えました。

いいんじゃないですか。気にしなくても。
研究成果で勝負だと思ってください。可があるからと難色を示す企業はレベルが一定で新しい想像が出来る企業ではありません。アインシュタインだって成績は悪かったのですよ。その他の有名人だって一つのことに秀でていたからこそ名を残したのです。

気にしないで。

Q成績の悪い学生が有望

23年生きてきた私は考えてみました。研究面で、成績の良い学生と成績が悪い学生について、
成績の良い学生⇒保守的で、伸びない

成績の悪い学生⇒遊んでいたり、要領が悪い学生が多い。このため研究は頑張る気持が強い。このため、新しい研究を創出する素地ができている。

後者は小柴昌俊 、戸塚洋二、広中平祐。。。。。。などです。
ノーベル賞クラスの研究者よりもが勉強だけならばはるかにできる人がたくさんいますよね?
間違ってますか?

Aベストアンサー

>研究面で、成績の良い学生と成績が悪い学生

研究面で成績がいいとは、どういうことでしょうか?

もし、これまでの義務教育的な「勉強」の成績が良い悪い学生ということであるのであれば、

研究能力とは、義務教育的な「勉強」の成績では測れない部分もあるというだけだと思います。
会社に入って成功する人とそうでない人を、これまでの学歴だけでは語れないのと同じかと思いますが、いかがでしょうか。

そもそも、小柴昌俊 、戸塚洋二、広中平祐さんたちは、義務教育的な勉強はできる人だと思いますが。

Q大学の成績、優・良が8割は成績が良いか?

私は、ただいま就職活動中の大学4年生です。よく面接で学生時代に頑張ったことや自分の強みを聞かれます。私の強みは、自己分析や友人・家族の意見を踏まえて、「まじめ」ということだと思います。自分でも、わたしはコツコツ派だなと実感しています。今までは面接で、学生時代に頑張ったことは、ボランティアや資格取得だと答えていました。その方が、面接受けがよさそうだし、かっこいいかなって思ったからです。ですが、一番頑張ったことを考えると、大学の勉強だったかな、と最近考えるようになってきました。私は大学の成績は、約8割がAA(優)、A(良)で、単位は一回も落としたことがありません。ちなみに私は文系ですが、単位の取りやすい授業ばかりを取っていたわけでもないです。
 そこでお聞きしたいのですが、私の成績は良い成績と胸を張って言えるでしょうか。あまり友人や他の方の成績を知らないので、自分が成績が良い方なのかわかりません。大学生の方、大卒の方のご意見を頂ければ嬉しいです。

 

Aベストアンサー

学士を取るための単位数は約120単位と文科省により定められていますが、教科目数は各大学が定めます。

成績重視する一般企業がすべての教科に目を見張るかどうかは疑問です。もちろん「優」が多い少ないというのは一見してわかるので、少ないより多い印象を与える方がいろんな意味で有利だと思います。

たとえば、エンジニア選抜で工学系学生が志望すれば、専門科目の工学系の成績が優秀な者に有利だと思います。これは語弊があるかもしれませんが、語学を除いて文系でその特殊性、専門性をあらわす専門科目の優位性というのは一概にいえないところもあるので何を見るかということもありますが、要は「欲しい人材、能力と関係が深い専門科目の成績を重視することもある」ということです。

極端な例では、体育実技の成績よりも、健康診断や適性検査で身体的、精神的状態を把握した方がより客観的ですから。

Q修士の研究テーマは自分で見つけるものなのでしょうか

私は工学系の大学院生博士前期課程1年なのです。
私の指導教官は「大学院生ならば研究テーマは自分で見つけるもの」という方針なので、
修士の学生にも自分で研究テーマを探させています。
研究テーマを探すのは非常に時間と労力がいるため、これまでのM1の時間のほとんどは文献調査に費やし、最近なってようやく研究テーマになりそうなネタを発見できたという状況です。

しかし他の研究室を見ると入学してすぐ教員から研究テーマが与えられるというところが多いみたいで、さらに研究テーマを自分で考えなくて良い分、その時間を実験などに費やせるので研究もかなり進んでいるようで成果も出ているようでした。

そうすると時間を文献調査に費やして研究テーマをゼロから考えた学生よりも、最初から研究テーマを与えられて研究を進めた学生のほうが実験などを多くこなしている分、より多くのスキルが身についているのではないかという疑問を持ちました。

就職活動で研究をアピールするのにもずっと文献調査に時間を費やしましたなどというよりも、~を実験するために~のような工夫をしましたなどと言ったほうが説得力があるような気がします。

こんなふうな状況なので2年間という限られた時間で研究を行う修士の学生にとっては時間を費やして研究テーマを自分で探すことが本当に有意義なことなのかどうか疑問に思いました。

皆さんどう思われますか。

私は工学系の大学院生博士前期課程1年なのです。
私の指導教官は「大学院生ならば研究テーマは自分で見つけるもの」という方針なので、
修士の学生にも自分で研究テーマを探させています。
研究テーマを探すのは非常に時間と労力がいるため、これまでのM1の時間のほとんどは文献調査に費やし、最近なってようやく研究テーマになりそうなネタを発見できたという状況です。

しかし他の研究室を見ると入学してすぐ教員から研究テーマが与えられるというところが多いみたいで、さらに研究テーマを自分で考えなくて...続きを読む

Aベストアンサー

数年前に電機メーカーに就職した者です。私も似たような状況だったので参考意見を書いておきます。

最も理想的なのは、自分自身でテーマを見つけ、よい結果を残し、修了する、ということだと思います。しかし、現実に修士の2年間という限られた時間の中でそれを行うのは極一部の人間しかいません。テーマ決めから始めると、テーマが決まらずに1年を過ぎてしまった、M2の夏になってもテーマが決まらない、という話も多く耳にしました。

(マスターとしては初めての「研究」を行う場ですので、個人的には曲がりなりにもテーマありきで研究してみたかったですけどね。その中で新しいテーマを見つけることもあるでしょうし。0からのテーマ決めがメインでは研究の面白さを学ばずに終えることになってしまいます。そのせいか私の周りではドクター、研究職志望はいませんでした。皆がテーマが与えられたほうがいいと言っていました。)

しかし、テーマが先生から与えられる環境でも問題はあります。私の周りでは終わってみたら雑用ばかりやっていた、一貫性のあることを与えられなかった、という理由から修士論文が書けないと嘆いている人もいました。テーマあるなしにかかわらず問題は起こるようです。それらに比べればM1のこの時期にテーマが決まるのは、少なくとも最低レベルのことではないと思います。

テーマあるなしに関わらず共通して言えるのは、そもそも先生を頼りすぎてはいけないということです。NO.7の方が言っているように学生が有意義だろうが、就職できなかろうが、先生には関係ないのです。そこに気がつく必要があります。悪いテーマが与えられた場合はそれを拒否しなければなりませんし、テーマが与えられない場合は自分で見つけるしかありません。先生を頼りすぎてはいけません。私も授業の延長で考えていたので「最終的には先生がなんとかしてくれるだろう」という意識がありましたが、そんなことありませんでした。言ってしまえば、先生なんて「利用してやる」くらいの認識でよいと思います。
初めからそういう意識で自発的に動いておけば、もう少しよい結果が出ていたかなあと今では思っています。

>就職活動で研究をアピールするのにもずっと文献調査に時間を費やしましたなどというよりも、
>~を実験するために~のような工夫をしましたなどと言ったほうが説得力があるような気がします。

これについては「文献調査」よりも「実験するために~のような工夫をしました」というほうが「説得力のあることを言いやすい」だけだと思います。自らの力で文献調査し、学んだことをきちんと伝えることができれば認めてくれる方はいると思います。前向きにがんばれば結果はついてきます。

以上の話は研究分野、企業によっても違ってくると思います。参考にしてください。

数年前に電機メーカーに就職した者です。私も似たような状況だったので参考意見を書いておきます。

最も理想的なのは、自分自身でテーマを見つけ、よい結果を残し、修了する、ということだと思います。しかし、現実に修士の2年間という限られた時間の中でそれを行うのは極一部の人間しかいません。テーマ決めから始めると、テーマが決まらずに1年を過ぎてしまった、M2の夏になってもテーマが決まらない、という話も多く耳にしました。

(マスターとしては初めての「研究」を行う場ですので、個人的には曲がりな...続きを読む

Q大学院の延期

修論発表をしたり、修論を書いた場合でも、もし授業単位が1単位足らない場合は、
留年になると思いますが、翌年度は実験などをせずに1単位の授業と就活だけを
して過ごしても宜しいのでしょうか?つまり、研究室に行く必要がない可能性はありますか?
(先生に今は言いにくい状況です)

Aベストアンサー

No.4,5の同業者の方々のお答えを拝見して。

制度的には「単位不足の状態で修論だけ合格はない」です。しかし実際の手続としては,修論提出期限が12月末~1月中旬くらいであれば,2学期期末試験結果がでる前に修論審査に入ることになるでしょう。審査中に単位不足が発覚すれば審査中止,発表会も中止となるんだろうと思いますが・・・ぼくの経験ではこんな事例は皆無なんですよ,質問者がいうようなことは。

>「せっかくM3までやるなら,もっといい修論を仕上げようね」

これは審査の前の段階で,「修論を受理しないよ」という意味です。かつ,「M3でも研究をきっちりやれ」。

上述のように審査中止となり,それまで審査委員会も「合格」の方向で動いており,指導教員の心証もとてもよければ,「修論はこれで通せるからさ,来年おなじものを再提出してちょうだしね。M3では就職活動にがんばりなさい」。

Q大学院の入学式について

大学院の入学式での服装はスーツが一般的なのですか?
また、出席した方がよいのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

ほぼ全員スーツでした。普段着の人が一人いましたが、かなり浮いてました。

自分は前期課程、後期課程共に入学式自体には出席しませんでしたが、その後のガイダンスにはスーツで出席しました。恐らく、式の後には学生証の配布や履修登録等についての事務的な説明があると思うので、学校には行った方が良いと思います。

Q大学院(修士)での研究テーマ。

今年から情報工学系の院に入ったものです。

自分の希望で、学部の時とは違う研究室に入りました。何となく研究したい分野があり、そこの研究室を選んだのですが、勉強不足で具体的なテーマは持てませんでした(早く決めなければとは思っていたのですが…)。

そして、この前、指導教官にテーマについて指導を受けたのですが、与えられたテーマについて、「何か違うなぁ」という漠然とした気持ちを持っています。というか、ここに来て(多分必要に迫られて、いやでも考えるため)自分の興味が少しずつ変わっていると思いました。しかし、研究したいことについて、具体的に何か話せるといったレベルではありません…。

せっかく院にまで入ったのだから、自分がやりたいことを研究したいのですが、それが明確にならない不安と、2年間をだらだらと過ごしてしまうのではないかという不安があります。

質問なのですが、修士での研究テーマが決まってから、後でテーマが2転3転するということはあるのでしょうか?
研究テーマに不安を持つということは皆あるのでしょうか?
ある場合、現在のテーマを進めながら他のテーマも考える、という風に平行して進めているのでしょうか?

経験談ですと、特に嬉しいです。
よろしくお願いします。

今年から情報工学系の院に入ったものです。

自分の希望で、学部の時とは違う研究室に入りました。何となく研究したい分野があり、そこの研究室を選んだのですが、勉強不足で具体的なテーマは持てませんでした(早く決めなければとは思っていたのですが…)。

そして、この前、指導教官にテーマについて指導を受けたのですが、与えられたテーマについて、「何か違うなぁ」という漠然とした気持ちを持っています。というか、ここに来て(多分必要に迫られて、いやでも考えるため)自分の興味が少しずつ変わって...続きを読む

Aベストアンサー

旧帝大で教員をしています。

今までどんな優秀な学生であっても、M1の時点で自分でテーマを決めれた人間は見たことありません。
よって、教員側がテーマを設定しています。
また、4回生の時よりも広がりのある研究をするべきだと思いますので、
半年で結果が出るような短絡的なことはさせません。
だから、修士の学生とは徹底的に話し合ってからテーマを走らせるようにしています。
もちろん、大まかなプランはありますが、具体的な手法については今もディスカッション中です。

学生としては自分のやりたいことを説明できさえすればよいのではないでしょうか。
その後は最初の案に従ってディスカッションを深めながら論文探索をして、
5月ぐらいから具体的に動き始めるのがよいのではないでしょうか。

Q大学院博士課程の合格率について

今年は私立大学の大学院修士2年になり博士課程の受験をします。
1学外の博士課程を考えるとき合格率ってどのようなものですか
2難しいですか?
3.たいていは外国語なんですがどのような内容ですか一般的な英語
それとも論文を読まされるのか
そして
4.どのくらい出来たら合格できるのですか?
5.面接の方がウエイトが高いというのですか本当ですか
質問が5つの要点に別れていますがよろしくお願いします

Aベストアンサー

まず前提として,院試のようすは大学によってかなり異なります。

それをふまえた上で,一応それぞれの質問に答えてみますと,
1.院によりけりでしょう。ほぼ受かるところもあれば,3分の1程度のところもあったりするようです。
2.これもまちまちだと思います。
3.理系の院試,それもドクターとなると,その専門分野の英語の最新の論文がでることが多いようです。
雑誌にのったばかりの長い論文を読ませて,1000字とか2000字で要約させる,というのがよくあるパターン(なお原論文のうちAbstractの部分はしっかり削除してあります)。
しかし,1次と2次と両方で英語の試験がある場合,1次は一般教養的な英語の試験という場合もあります。その場合は,その専攻とは関係のない語学の教員が出題・採点するので,傾向がつかみにくくなります。
4.私が昔聞いた話では,語学は6割といっていました。(3で書いた一般教養的な試験の場合)
5.これもまちまちですが,面接と称して修論の中間発表的なものをさせるところでは,かなりウェイトが高いといっていいでしょう。そうでないところでも,博士課程となれば,今後一生研究者としてやっていく(と思われる)人を採用するわけですから,今後の心構えとか研究テーマなどはしっかり聞かれますので,そのへんがあやふやですと「この学生は大丈夫だろうか」とあとで議論になったりするかもしれません。(私の場合がそうだったと後から聞かされた)

いろいろと書いてきましたが,最初に書いたように院によってかなり個性がありますので,No.1の回答にもありますように,まず受けたい院に行って質問してみるとよいと思います。
院によっては過去の試験問題を公開しているところもあります(事務でコピーさせてくれたり,販売しているところも)。
また,研究テーマはどの程度自由に選べるのか,施設・設備はどの程度整っているか,机・本棚などの個人スペースがどの程度あるか,寝泊まりしやすいか等,下見の意味も込めて一度研究室をたずねて,先生や院生にきいてみるといいでしょう。
特に試験の傾向や面接のポイントなどは,院生に尋ねてみるといろいろ教えてもらえるのではないでしょうか。

まず前提として,院試のようすは大学によってかなり異なります。

それをふまえた上で,一応それぞれの質問に答えてみますと,
1.院によりけりでしょう。ほぼ受かるところもあれば,3分の1程度のところもあったりするようです。
2.これもまちまちだと思います。
3.理系の院試,それもドクターとなると,その専門分野の英語の最新の論文がでることが多いようです。
雑誌にのったばかりの長い論文を読ませて,1000字とか2000字で要約させる,というのがよくあるパターン(なお原論文のうちAbstractの部分はし...続きを読む

Q大学院入試に落ちてしまいました。それで研究生になりたいのですが

 某有名国立大学院を受験したのですが、合格できませんでした。それでも、どうしてもそこの研究室に行きたいので研究生にって、来年にもう一度挑戦したいと考えています。けれども研究生についての知識があまりありません。

・いつ頃お願いしにいけばいいのでしょうか?
・研究生は勉強に集中できるのでしょうか?
・研究生になったら、そこの研究室以外は受験できなくな
るのでしょうか?
・研究生の立場はどうなんでしょうか?

などなど、多くの不安があります。
 経験者の方や、事情に詳しい方、どんなことでもいいので教えてください!!!
 よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

私は修士課程修了後、進路が決まらず、一年間研究生をしてました。(化学系です。)
修士課程とは別の学部です。修士課程のときの指導教授に紹介をお願いしました。

私が研究生をしていた所は、その当時は願書を出して教授がOKすれば入れてもらえるという感じでした。今はどうかわかりませんが。

研究生の実態は、同じ大学でも学部(研究科)、学科(専攻)によっても違います。積極的に研究生を受け入れてくれる所もあるし、消極的な所もあります。ある大学では外国人で大学院入学を希望する学生は一年間研究生をさせるのが慣例化していた所もあります。企業から派遣された人を研究生として受け入れている所もあります。

また入学するときも、私の場合のように教授がOKしてくれれば入れてしまう所もあるし、試験、面接、書類審査などがある所もあると聞いています。
ですから、希望する大学の希望する研究室の教授をお訪ねして、聞いてみるのが良いと思います。(制度として可能であっても、その教授が研究生を受け入れることに消極的な場合もありますので。)

入学してしまえば、研究生活の実態は大学院生と変わりません。実験科学系の場合、講義は義務として受けなければならないものはありませんが、受講したい講義があれば、オブザーバーとして受講するのは問題ないと思います。担当教授も「研究生は受けるな」とは言わないでしょう。学位はもらえない代わりに制約も少ないです。自分がその気になれば、研究は十分できるはずです。
実験化学系では、大学院生も研究生も、「労働力」ですから、このコは役に立つ、と教授に認められ、気に入られれば、研究生といえども見通しは明るくなります。実際、博士課程のない大学で研究生して教授に気に入られ、他大学の博士課程に紹介してもらって進学した人もいます。

そこで成果をあげ、教授に認められれば、翌年大学院を受験して、晴れて大学院生として入学することも可能でしょう。

>研究生になったら、そこの研究室以外は受験できなくな
るのでしょうか?

法的には可能です。ただ、そこの指導教授に推薦状を書いてもらうことになりますし、いずれにしても、指導教授との信頼関係ができる必要があります。この点も大学院生とあまり変わらないと思います。

とりあえず、現在の指導教授に相談するのが先決です。
先方の先生をお訪ねするなら、現在の教授に紹介状を書いてもらって、予約を取ってからお訪ねすべきです。

あっ、もうひとつ、たいした問題ではないですが、研究生は学割が使えません。正規の学生ではないので。。。
授業料は大学院生と同じくらいだったと思います。
入学金もあったかもしれません。

その大学の院は2次募集はないのですか?
それも確かめてみて下さい。
私の知り合いにも「敗者復活戦」でみごと院に入った人は何人かいますよ!

進路が確定するまで、何かと落ち着かないと思いますが、がんばって下さい。

院生として入れればもちろん一番ですが、もし研究生としてでも入れてもらえれば、それは将来に向けてのチャンスであることに変わりはありません。どういう状況になっても、与えられたチャンスを生かすようにがんばって下さいね。

私は修士課程修了後、進路が決まらず、一年間研究生をしてました。(化学系です。)
修士課程とは別の学部です。修士課程のときの指導教授に紹介をお願いしました。

私が研究生をしていた所は、その当時は願書を出して教授がOKすれば入れてもらえるという感じでした。今はどうかわかりませんが。

研究生の実態は、同じ大学でも学部(研究科)、学科(専攻)によっても違います。積極的に研究生を受け入れてくれる所もあるし、消極的な所もあります。ある大学では外国人で大学院入学を希望する学生は一年間...続きを読む

Q大学院生ってそんなに忙しいですか?

こんにちは。私はつきあって2年の彼氏がいます。
私は社会人で、彼氏は某有名大学の大学院生(化学専攻)です。

彼が「学校がいそがしい、レポートがいそがしい」といっているので、1ヶ月以上会っていません。少なくても2週に1度は会っていました。

メールで連絡をとるのも1日おきぐらいです。
電話は以前からする習慣がありません。

私が会いたいと言っているわけではないのですが、ここまでほっとかれていると、「つきあっている」という意識が薄れてきてしまいました。

彼のことは信頼してきたのですが、だんだん信じられなくなってきました。

大学院生って、そんなに忙しいのでしょうか?彼女のことが大切なら、忙しいけど平日の夜とかに時間を割いてあってくれたりしますよね?どうなんでしょうか・・・

Aベストアンサー

大学院で物理学専攻の修士2年♂です。
基本的に院生は皆忙しいと思いますが、私の通っている大学では化学が一番忙しいと言われています。話によると、何かの締め切り前(学会etc.今なら修士論文でしょうか。)は一週間家に帰れない人もいるとか。風呂などは大学近くに住んでいる友人に借りるそうです。

大学の研究費を使い研究室の看板を背負う以上、研究において責任が問われその出た結果のみが評価される、そんなところが大学院です。少なくとも、学生だからといって学部生と同じ扱いをしては彼がちょっとかわいそうかな・・・。人にもよりますが、忙しい時は本当に他のこと一切何も出来ないぐらいになります。といいますか、やるべきこと以外は考えたくない、という気持ちにまでなります。

もし今の時期、彼が修士論文を抱えているとなると、平日の夜に時間を割くなど正気の沙汰ではないです。その時間、研究室内はおそらくサバイバル状態だと思いますよ。もう少し待ってあげて、彼に余裕ができた時にじっくり話し合われてはいかがでしょうか。

少々偉そうな事書いてしまい失礼致しました。理系の院生や研究者でも彼氏彼女ときちんとしたお付き合いをしている人は大勢おられます。sakana22様達が良い恋愛ができることを祈りつつ・・・。頑張ってください。

大学院で物理学専攻の修士2年♂です。
基本的に院生は皆忙しいと思いますが、私の通っている大学では化学が一番忙しいと言われています。話によると、何かの締め切り前(学会etc.今なら修士論文でしょうか。)は一週間家に帰れない人もいるとか。風呂などは大学近くに住んでいる友人に借りるそうです。

大学の研究費を使い研究室の看板を背負う以上、研究において責任が問われその出た結果のみが評価される、そんなところが大学院です。少なくとも、学生だからといって学部生と同じ扱いをしては彼がちょっとかわ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング