関税というのは、どのような場合に課税されるのでしょうか?
大ざっぱで良いので、教えて下さい。
輸入される物の大きさや重さで変わるのですか?
それとも金額で変わるのでしょうか?
課税されない場合はあるのでしょうか?
何も知らないので、教えて下さい。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

http://usa.cmclub.com/shopping/html/shp_b03.htm

詳細は、下記のページをご覧下さい。

参考URL:http://www.world-catalog.com/kanzei.htm,http://w …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
参考URLも拝見し、よく分かりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/17 00:07

関税は国内産業の保護という意味合いが大きいため、品目によって税率が大きく変わるものです。


ところが、同一品目であっても、輸入先国が特恵関税対象国である場合は原産地証明(GSP)の添付により、関税を免除されるものもあります。
中国やブラジルなどの中・後進国が特恵国として認定されています。その国の指定や対象品目の指定については、公報や官報において公表されています。
また、協定関税や暫定関税など、同じ品目であっても、複数の関税率を計算する場合もあります。これは実行関税率表に詳細が書かれています。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、「特恵関税対象国」というのがあるのですね。
始めて知りました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/17 00:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキューバ器材の輸入関税

ダイビング用品のインターネットでの個人輸入(海外通販)をしたいのですが安いといってもけっこう高額です。
オーダー前に関税について教えてください。

1.スポーツ・レジャー用品で無税だから5%消費税のみか?
2.そのほかの品目になるのでしょうか?

Aベストアンサー

元国際貨物運送屋です。スキューバ・ダイビング器材の輸入、でよろしいのでしょうね。
この場合、やはりスポーツ・レジャー用品にあたり、関税はかかりません。輸入消費税として、本体価格+運賃+保険料に5%をかけたものが徴収されます。運賃は本体価格に含まれていれば、計算されませんし、保険もかけていなければ、同じくです。
かなりの重量が予想されますし、空港に到着後、通関という手続きが必要になります。よほど安いか、日本では絶対に手に入らないもの、でなければ海外からの購入はお勧めできません。特に、海上保険は必ずかけて下さい。破損事故はしょっちゅうです。

Q個人輸入・マクラーレンのドリンクホルダーの関税は?

ベビーカーにつけるメッシュ製のバッグを10点ほど個人輸入しようと考えています。(マクラーレンのドリンクホルダー・オーガナイザーという商品です)
素材はメッシュがメインで、プラスチックが少しついています。
関税でいうとどの扱いになるのかが不明です、ベビーカーは無税ですがベビーカーのアクセサリーも無税と考えて良いのでしょうか?

また、無税の商品であったとしても、商品総額-送料が1万円を超えていた場合は消費税と関税がかかると考えたほうが良いのでしょうか?
もしくは、無税の商品であれば消費税だけがかかるのでしょうか?

調べてみましたが、商品の分類・輸入金額が1万円以上になった場合・複数輸入の場合の関税がどうなるのかよくわかりませんでした。
同じ商品を個人輸入されたことがある方、いらっしゃいましたらぜひお教えください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アメリカ在住で、輸入代行業しています。

数ヶ月前に、オークションで売りたい、という方から相談があり、
マクラーレンのオーガナイザーを10点、発送しました。

1つ20ドル程度なので、10点で200ドル、
送料は、万一の紛失時に備え、保険・追跡付きの国際速達郵便(EMS)で40ドルでした。

直接業者から購入する場合は、
商品の合計金額が100ドルを超えると関税がかることが多いようですが
この取引の場合は、私の個人名で「ギフト」として発送しましたので、
関税はかからなかった、とのことでした。


ちなみに、マクラーレンのオーガナイザー、
野村貿易さんの方で、今秋から日本でも取り扱いを始めるようです。

Q海外サイトからのタバコの個人輸入〔関税&タバコ税〕

『タバコの個人輸入』節約のために海外のサイトからタバコを輸入しようと思うんですが、関税がかかるのは何箱からでしょうか?どれぐらいの周期で何箱ずつ買えば関税がかからないでしょうか?
また、タバコ税はどうなるんでしょうか?
ちなみに経緯を説明しますと、関税やタバコ税がかからなければ輸送料金含めて日本で買うより安く日本の銘柄のタバコを買えるサイトをみつけました。
せいぜい一カートン買って一箱浮くぐらいなんですがヘビースモーカーのため少しでも節約したいところです。
クレジットカードのポイントもたまるので長期でやると結構ちりも積もるもん出ないかと考えております・・・

Aベストアンサー

関税は掛かります。
多少、情報が古いかも知れませんが、参照URL:をどうぞ。

参考URL:http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/c-answer/kojin/012kojin4103_jr.htm

Q消費税の仕組み:非課税事業者の仕入れに課税/非課税があるのはなぜ?

素人ですが、消費税について勉強しております。

消費税は、”多段階課税+仕入れ税額控除(課税仕入れ額の控除)が徴税技術上大変重要ですが、非課税事業者の場合には(仮に非課税売上しかないとします)でも、以下のような差が出ます。

1.土地を売買する不動産業者
土地を仕入れる際には消費税は掛からず、販売する際にも消費税を転嫁しない。よって、消費税には全く関係なく、”消費税の負担はない”

2.利子のみ銀行(実際には今時こんな銀行はないが・・・)
預金者から例えば100万円預り、2000円の利子を払う(これが仕入れ)。預かった100万円を”A社”に融資し、3000円の利子を得る(これが売上)。仕入れの2000円にも売上の3000円にも消費税は掛からず、上記不動産業者同様”消費税には関係なく、消費税の負担はない”

3.医者(開業医)
診療に必要な薬・医療機器を仕入れる際に消費税を払っているが、診療の対価にはその消費税を転嫁できない。結果として医師が仮払消費税を負担している。(課税仕入れであるにもかかわらず、仕入れ税額控除が認められない。)

4.大家(住宅用)
借家に必要な建物・維持に必要な管理料・修繕費・光熱費等(これが仕入れ)に消費税を払っているが、家賃には消費税を転嫁できない。結果として、大家が仮払消費税を負担している。(課税仕入れであるにもかかわらず、仕入れ税額控除が認められない。)

同じ非課税アイテムを扱っている”非課税事業者”でありながら、なぜ上記のような差がでるのでしょうか?

唯一想像できるのは、非課税アイテムとは1)本来消費の概念にそぐわないもの:土地や利子 と2)政策的に非課税にしたもの(本来は課税:診察料や家賃)に分かれるので、前者の場合は、事業者は消費税負担なし、後者は”最終消費者ではなく、事業者”が消費税を負担する、ってことでしょうか?

この”法律的・学問的根拠”って何でしょうか?

素人ですが、消費税について勉強しております。

消費税は、”多段階課税+仕入れ税額控除(課税仕入れ額の控除)が徴税技術上大変重要ですが、非課税事業者の場合には(仮に非課税売上しかないとします)でも、以下のような差が出ます。

1.土地を売買する不動産業者
土地を仕入れる際には消費税は掛からず、販売する際にも消費税を転嫁しない。よって、消費税には全く関係なく、”消費税の負担はない”

2.利子のみ銀行(実際には今時こんな銀行はないが・・・)
預金者から例えば100万円預り、2000円...続きを読む

Aベストアンサー

 法の理念と法技術をごっちゃにしてはいけません。

 税法は,大変技術的な法律です。法の理念(こうあるべきだ)をできるだけ忠実に立法することは大切なことですが,他方で,法律は,わかりやすく,使いやすいものでなければならないのです。

 そうした場合に,立法の技術として,理念とは異なる仕組みを作ることも可能です。それは全く否定されることではありません。

 消費税法の仕組みはそのようなものなのです。

 ですから,解釈でできるだけ理念に近づけることは必要ですが,それは第2段階の問題(条文の解釈に問題が生じたときに,どのような解釈をとるかの問題)です。

 理念に合わないから,実際にある法律がおかしいといっても,立法論としてはともかく,実際の適用を論じるには,あまり意味がありません。

 第1段階では,法律の条文をよく見て,法律の基本的な仕組みを理解することが必要です。

 たとえば,多段階課税と仕入税額控除を原則論だといわれますが,その原則論は,実際に作られた法律には採用されていない,そういうことなのです。それを論難しても,現行の消費税法がある以上は,どうしようもありません。私に不同意だといわれても,今ある法律が,今あるままで変わるわけではないのです。

 今の日本で,売上税を作ってはいけないという理由はありません。売上税を作って,それを消費税的・付加価値税的に運用して,それを消費税と称しても,別に何の悪いこともない,ということです。

 法律なんて,そんなものです。特に行政法といわれる分野はそのようなものです。

 法の理念と法技術をごっちゃにしてはいけません。

 税法は,大変技術的な法律です。法の理念(こうあるべきだ)をできるだけ忠実に立法することは大切なことですが,他方で,法律は,わかりやすく,使いやすいものでなければならないのです。

 そうした場合に,立法の技術として,理念とは異なる仕組みを作ることも可能です。それは全く否定されることではありません。

 消費税法の仕組みはそのようなものなのです。

 ですから,解釈でできるだけ理念に近づけることは必要ですが,それは第2段...続きを読む

Q通勤手当の非課税金額について

会社で給料の明細を見ると通勤手当が課税対象になっていますが、
友達に聞いたら「おかしい」と言っていたので、詳しい方教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

通勤手当の非課税枠って
公共交通機関とかマイカー通勤で
非課税枠が全然ちがいます。

でも共通していることは非課税枠
は必ずあるので全額課税であれば
たしかにおかしいですね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報