Fe3O4を燃焼以外で作る方法をいくつでも教えて下さい。
その時の反応式も教えて下さい。おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

分解 熱」に関するQ&A: 酸化銀の熱分解実験

A 回答 (2件)

液相沈殿法によるFe3O4の作製方法です。


2価と3価の鉄イオンの混合水溶液に当量以上のアルカリを加えれば、
10nmくらいのFe3O4が生成します。
(例)
FeSO4 + 2FeCl3 + 8NaOH → Fe3O4↓ + Na2SO4+ 6NaCl

また、他の方法としては、
(2)価のFeイオンを含む水溶液に当量以上のアルカリを加えて、空気で酸化しても
100nm程度のFe3O4が生成します。
    • good
    • 0

 簡単な熱分解法です。


 水酸化鉄(3)の加熱分解
 2Fe(OH)3 → Fe2O3 + 3H2O
 硫酸鉄(3)の加熱分解
 Fe2(SO4)3 → Fe2O3 + 3SO3
その他の塩の加熱分解、2価の塩の加熱分解も可能です。
 坩堝で普通のガスバーナーでの加熱で十分です。 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFe2O3とCr2O3はpHを下げればFe2+とCr3+になりますか?

ステンレスは錆びないのではなくて錆びにくいということで、錆の中にはFe2O3とかCr2O3が含まれていると思います。これらを除去したいのですが、pHを下げればこれらが溶けてFe2+とCr3+になりますか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

> ステンレスは錆びないのではなくて錆びにくい

すでにここがおかしい.
ステンレスは,錆びないのではなく,もう錆びているんだけど,その錆層が厚くならないというもの.

> 錆の中にはFe2O3とかCr2O3が含まれていると思います。

錆層の中に Fe2O3 の部分と Cr2O3 の部分があると考えているなら,それは間違い.Fe2O3 の Fe が部分的に Cr に置換されたような形になっているはず.

> これらを除去したいのですが、pHを下げればこれらが溶けてFe2+とCr3+になりますか?

表層の酸化物層を溶解したいというなら,熱濃塩酸にでも漬ければ溶けるでしょう.ただし,溶け出てくるのは Fe3+ であって,Fe2+ はほとんど出てこないでしょうけど.pH を下げるというのが,とにかく pH だけ低く,というなら,それだけではほとんど無理(無限に時間をかけられるなら可能かもしれないが).Cl- のような,強力な配位成分が必要.

QFe2O3とFe3O4のどっち?

Fe2O3とFe3O4の利用について調べているのですが、Fe2O3は顔料に用いられるとか、Fe3O4はフェライト磁石に用いられるというのは知っているのですが、ビデオテープや切符,銀行のカードなどの磁気記憶部はどちらが使われているのでしょうか?
多くはFe2O3と記されているのですが、色が腑に落ちず、Fe3O4と記されているHPもあり、混乱しています。お教えください。
あと、Fe2O3(ベンガラ)は鳥居の着色に使われているとも聞きますが、HgSとも聞いたことがあります。今でも水銀が使われているのでしょうか?

Aベストアンサー

>Fe3O4はフェライト磁石に用いられる

用いられてませんよ.フェライト磁石は主にバリウムフェライトです.合成原料としてはFe2O3を使うことはありますが,Fe3O4 を使うことはないでしょう.

>ビデオテープや切符,銀行のカードなどの磁気記憶部はどちらが使われているのでしょうか?

Fe3O4 を磁気記録材料に使うこともありません.

>多くはFe2O3と記されているのですが、色が腑に落ちず、

磁気記録に使われているのは Fe2O3 ですが,赤色顔料などに使われるものとは結晶構造が異なるγ-Fe2O3 というもので,これは磁石になります.通常の顔料やフェライト原料などに使われる Fe2O3 はα-Fe2O3 です.

>HgSとも聞いたことがあります。今でも水銀が使われているのでしょうか?

HgS は非常に溶解性が低いため,使っても問題になることはないのでしょうけど,実際には今は使っていないでしょう.一部の特殊な用途(文化財の復元修復とか)なら別ですが.

Q高1の化学の問題です 水を燃焼させると以下の反応が起こる。 2H2+O2→2H2O 4.0gの水素を

高1の化学の問題です

水を燃焼させると以下の反応が起こる。
2H2+O2→2H2O
4.0gの水素を燃焼させるのに必要な酸素と生成する
水の質量をそれぞれ求めなさい。です。
わかる方いたら係数の比を使ったやり方でお願いします( ˃ ⌑ ˂ഃ )

Aベストアンサー

H=1.0
O=16.0 で計算します

1molについて
水素H2の1mol=2.0g

問題は、4.0gの水素H2なので、2.0molになります。

水素H2の完全燃焼は、水素2:酸素1なので、
2.0molの水素H2を完全燃焼させるのに必要な酸素O2は1.0molです。

つまり、4.0gの水素H2を完全燃焼させるのに必要な酸素O2は…

O2:1mol=16.0×2=32.0g

生成する水H2Oは、4.0g+32.0g=36.0g
となります。

QFe3O4かFe(OH)3か判断する方法

鉄化合物がFe3O4かFe(OH)3か判断する方法は何がありますか?
XRDで測定してみたらFe3O4とピークが一致したのですが、
Fe(OH)3が結晶化していなくてXRDでは検出できないだけだと指導教官に言われてしまいました。

XPS、SEM-EDS、XAFSぐらいしか思い当たらないのですが、これらの中で結晶化しているかどうかを気にすることなくFe3O4かFe(OH)3を判断できる分析方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

Fe2+ があるかどうか分析するのが一番でしょう.

窒素雰囲気下で酸溶解して,そのまま酸化還元滴定するとか,還元剤なしで o-phen と反応させて比色するとか,手はいくらでもあるでしょう.還元剤入れてFe3+を還元してから同じことをやれば全Feが求められるので,Fe2+/(全Fe) を見ればいいでしょう.
もっとも,non-stoichiometric な magnetite になっているという可能性は残りますが.
あとは,TGもとっとくといいでしょう.どのくらい脱水するかで,hydroxide 量を推定できます.
ちなみに,そもそもFe(OH)3ってのは,stoichiometric な固体としては存在しません.non-stoichiometric に脱水してます.

Q化学反応式について:AlN_s + 3/4O_(2g) = 1/2Al_2O_(3s) + 1/2N_(2g)

AlN_s + 3/4O_(2g) = 1/2Al_2O_(3s) + 1/2N_(2g) equals -ΔH_298 = 124.6 ± 0.0370 kcal/mol
という式について質問です。

1.下添え字の、s, 2g, 3s, 2g, 298とは何を表してるのでしょうか。

2.-ΔH_298 というのは反応により吸熱したということでいいでしょうか。つまり、124.6 ± 0.0370 cal/molのエネルギーを与えることによってAlNが酸化されアルミナと窒素になるということでしょうか。

3.ΔH_298のように反応熱や吸収熱(?)は実験的にはどのように求めるのでしょうか。

4.実験データを使わずに、理論的に左辺から右辺の反応の差が-ΔH_298 = 124.6 ± 0.0370 kcal/molと求めることはできますか。電子のポテンシャル計算か何かから求めるのでしょうか。

Aベストアンサー

式から判断すると
s:solid
g:gas
の意味です。
だから引用されている化学式が間違っています。
AlN(s)+3/4O2(g)=1/2Al2O3(s)+1/2N2(g)
です。

equalsが何かはわかりません。でも反応式とequalsとの間で切れているように思います。

298は温度です。298K=15℃です。

両辺のエネルギーを比較する場合の熱化学方程式では量の比較ですから「=」をっつかいますが反応式だけの時は→です。

○+○→○+○   △H=・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報